ニュース
日本の技術や伝統工芸が生んだ革新的モデル!5G対応モデルも準備中

曲がって小さくなる! 折りたたみOLED搭載の「ThinkPad X1 Fold」実機でチェック

レノボ・ジャパンは2020年9月29日、折りたためる有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したパソコン「ThinkPad X1 Fold」を10月13日に発売すると発表した。同社によると折りたためるOLEDを搭載したパソコンは世界初という。レノボオンラインショップでの価格は363,000円(税別)。発売日は未定だが、5Gモデルも投入する。実機でその折りたたみ具合などをチェックしていきたい。

本のようにディスプレイの真ん中から折りたためるThinkPad X1 Fold

本のようにディスプレイの真ん中から折りたためるThinkPad X1 Fold

折り目が目立たないさすがの完成度

ThinkPad X1 Foldは、折りたためるOLEDを搭載した新しいスタイルのパソコンだ。広げると13.3型のタブレットとして使えるほか、ワイヤレス充電対応のBluetoothキーボードと接続してノートパソコンのように使うこともできる。折りたたんだ状態でBluetoothキーボードを下のディスプレイの上にのせれば、7型クラスのミニノートのように使うことも可能だ。

さらに、折りたたんで本のようにも使えるし、ペン入力対応なのでノートのようなスタイルでも利用できる。折りたたむとコンパクトになり、小さなカバンに収納できるのもぽいんと。折りたためるディスプレイを生かして、さまざまなスタイルで使えるのがThinkPad X1 Foldの魅力と言える。

Bluetoothキーボードを組み合わせてノートパソコンのように使える「ランドスケープモード」。本体単体で大画面タブレットとして使うこともできる

Bluetoothキーボードを組み合わせてノートパソコンのように使える「ランドスケープモード」。本体単体で大画面タブレットとして使うこともできる

革製カバーにキックスタンドが内蔵されており、自立させられる。返しが赤色なのがThinkPadらしい

革製カバーにキックスタンドが内蔵されており、自立させられる。返しが赤色なのがThinkPadらしい

折りたたんで下にBluetoothキーボードを載せた「ミニクラムシェルモード」。Bluetoothキーボードはこの状態で、マグネットで固定され、自動でワイヤレス充電される。キーボードを外して下のディスプレイをタッチ操作することも可能

折りたたんで下にBluetoothキーボードを載せた「ミニクラムシェルモード」。Bluetoothキーボードはこの状態で、マグネットで固定され、自動でワイヤレス充電される。キーボードを外して下のディスプレイをタッチ操作することも可能

ミニクラムシェルモードの天板。本革を使った革製カバーがスライドする仕組み

ミニクラムシェルモードの天板。本革を使った革製カバーがスライドする仕組み

革製カバーにディスプレイ折りたたみ時にスライドする機構が組み込まれているため、別のカバーに付け替えることは難しそうだ

革製カバーにディスプレイ折りたたみ時にスライドする機構が組み込まれているため、別のカバーに付け替えることは難しそうだ

「ブックモード」では、デュアルスクリーンでデータを参照しながらの作業や、データの比較などを1台でこなせる

「ブックモード」では、デュアルスクリーンでデータを参照しながらの作業や、データの比較などを1台でこなせる

本体重量は約973g。Bluetoothキーボードが約173gなので、合計すると1kgをオーバーするが、重量バランスがよくてそれほど重く感じなかった。内部を見ると、片方にバッテリー、片方にメイン基盤が組み込まれている。

内部を見ると半分にメイン基盤、半分にバッテリーが内蔵されている

内部を見ると半分にメイン基盤、半分にバッテリーが内蔵されている

ディスプレイは13.3型のOLED。解像度は2048×1536のQXGA。アスペクト比は4:3で、縦方向に広いディスプレイだ。折りたたみ時にも広い作業スペースを確保するのにも4:3のアスペクト比が役立っている。10点マルチタッチ対応で、ペン入力もサポートする。

折り目が目立たないのは、さすがの完成度。何度か折り曲げてみたが、膨らんだりはっきりとした跡がつくことはなかった

折り目が目立たないのは、さすがの完成度。何度か折り曲げてみたが、膨らんだりはっきりとした跡がつくことはなかった

主なスペックはOSがWindows 10、CPUがCore i5、メモリーが8GB(オンボード)、ストレージが512GB。ネットワークは、無線LANがWi-Fi 6(IEEE802.11ax)、Bluetoothが
バージョン5.0、CTOでは5Gも選べる(時期未定)。外部インターフェイスはUSB Type-C 3.1 Gen1×2。Bluetoothキーボードには充電用のmicroUSBを備える。バッテリー駆動時間は約11.7時間(JEITA2.0)。

外部インターフェイスはUSB Type-C 3.1 Gen1

外部インターフェイスはUSB Type-C 3.1 Gen1

本体サイズはランドスケープモード時が約299.4(幅)×236(奥行)×11.5(高さ)mm、折りたたみ時が約158.2(幅)×236(奥行)×27.8(高さ)mm。

曲がるデバイス、日本の技術や伝統工芸からヒント

ディスプレイが曲がるデバイスは、すでに海外メーカーから発売されているが、ThinkPad X1 Foldは日本の技術や伝統工芸からヒントを得て、ThinkPadならではの高い堅牢性と折りたためる機構を両立している。

ピッチ系カーボンを採用することで、高弾性と機能性を実現。1枚のカーボンを高精度にカットし、それを1セットで使うことで切れ目が見えないフラットで美しい画面を実現している。

1枚のカーボン板のように見えるが、実は中央に切れ目がある

1枚のカーボン板のように見えるが、実は中央に切れ目がある

ヒンジ部分には三軸織物からインスパイアされた構造を採用。正六角形の集合体による高い強度と柔軟性を持たせている。ヒートパイプは寄木細工のように基板に組み合わせることで厚さを抑えるなど、日本の伝統工芸からヒントを得た技術や設計がふんだんに盛り込まれている。

三軸織物からインスパイアされたというヒンジ。高い強度と柔軟性の相反する要素を兼ね備える

三軸織物からインスパイアされたというヒンジ。高い強度と柔軟性の相反する要素を兼ね備える

ヒートパイプが基板の裏側に見えている。基板の上にのせるのではなく、間に挟み、厚さを抑えるための工夫だ

ヒートパイプが基板の裏側に見えている。基板の上にのせるのではなく、間に挟み、厚さを抑えるための工夫だ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る