ニュース
既存ユーザーすべてが自動で5Gプランに移行。オリジナルスマホ2機種も発表

4Gと同額! 楽天モバイルの5Gサービスが9月30日よりスタート

楽天モバイルは2020年9月30日、5G通信サービスを開始した。既存ユーザーすべてが5Gに移行し、月額料金も4G向けプラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」から据え置かれている。新スマートフォン2機種も発表されたので合わせて解説しよう。

料金据え置きで、すべてのユーザーが手続きや追加料金なしで5Gへ移行

楽天モバイルは、5G通信サービスを9月30日より開始する。料金プランは既存の4G向けプラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を手直しして5Gに対応させた「Rakuten UN-LIMIT V」。同プランは月額2,980円で自社回線なら通信容量無制限、コミュニケーションアプリ「楽天Link」を使用すれば国内の音声通話も無料など、基本的な内容は「Rakuten UN-LIMIT 2.0」から変わっていない。また、先着300万名を対象にした1年間無料キャンペーンも継続される。既存の「Rakuten UN-LIMIT 2.0」のユーザーは、「Rakuten UN-LIMIT V」へ自動で移行されるので、楽天モバイル(MNO)のユーザーは、対応端末を用意するだけで手続きや追加料金不要で5Gに移行できる。なお、「Rakuten UN-LIMIT 2.0」の新規受付は終了される。

既存の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を5G対応にアップグレードした「Rakuten UN-LIMIT V」を用意。月額料金はそのままで5Gを利用できる

既存の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を5G対応にアップグレードした「Rakuten UN-LIMIT V」を用意。月額料金はそのままで5Gを利用できる

気になる5G対応エリアだが、北海道、埼玉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県の6都道府県の一部から、4Gと5Gを併用するNSA方式を使ってスタートし、2021年3月末には全国47都道府県すべてに基地局を設置する。2021年第2四半期には5G単独で動作するSA方式のサービスを開始する予定だ。通信速度は下り最大約870Mbps、上り最大約110Mbpsでスタートし、2020年11月中に下り最大約2.8Gbps、上り最大約275Mbpsまでスピードアップする。なお、サービス開始当初からSub-6とミリ波の両方を使用する。

サービス開始当初からSub-6とミリ波の両方が利用可能。当面の5Gエリアは6都道府県のみでかなり限定される

サービス開始当初からSub-6とミリ波の両方が利用可能。当面の5Gエリアは6都道府県のみでかなり限定される

5G対応「Rakuten BIG」と4G対応「Rakuten Hand」のスマートフォン2機種を発表

5G対応の端末は、すでに発売中のシャープ「AQUOS R5G」(Sub-6のみの対応)と、Sub-6とミリ波の両方に対応した独自モデルである「Rakuten BIG」を使用する。

「Rakuten BIG」は、約80(幅)×174(高さ)×9 (厚さ)、重量約227g のボディに、2,460×1,080のフルHD+表示に対応する約6.9インチの有機ELディスプレイを組み合わせた大型モデルだ。5G対応のミドルハイ向けSoC「Snapdragon 765G 5G」に6GBのメモリーと128GBのストレージを組み合わせ、OSにAndroid 10を使用する。メインカメラは約800万画素の超広角カメラ、約6,400万画素の広角カメラ、約200万画素のマクロカメラ、約200万画素の深度センサーという組み合わせのクアッドカメラ。FeliCaポートおよびIPX8等級の防水仕様、IP6X等級の防塵仕様対応といった「Rakuten Mini」の特徴を継承している。価格は63,455円(税別)で、9月30日に発売する。

カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、クリムゾンレッドの3色を用意する

カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、クリムゾンレッドの3色を用意する

フロントカメラ内蔵ディスプレイを採用しており。ノッチなしの全画面表示を実現している

フロントカメラ内蔵ディスプレイを採用しており。ノッチなしの全画面表示を実現している

シャオミの「Mi 10 lite 5G」と同じSoC「Snapdragon 765G 5G」を搭載。最新ゲームもスムーズに動作するだけの処理性能・グラフィック性能を備えている

シャオミの「Mi 10 lite 5G」と同じSoC「Snapdragon 765G 5G」を搭載。最新ゲームもスムーズに動作するだけの処理性能・グラフィック性能を備えている

4Gスマートフォンの新モデル「Rakuten Hand」も発表された。スペックには不明点も多いが、約63(幅)×138(高さ)mm (厚さは非公開)のボディに、約5.1インチの有機ELディスプレイ、ミドルレンジ向けSoC「Snapdragon 720」を組み合わせたミドルレンジ機となっている。こちらの製品も、おサイフケータイに対応している。今秋の発売を予定している。

「Rakuten Hand」は、手のひらに収まるちょうどよいサイズの4Gスマートフォン。「Snapdragon 720」を採用しているので、「Rakuten Mini」よりも処理性能の向上が期待できる

「Rakuten Hand」は、手のひらに収まるちょうどよいサイズの4Gスマートフォン。「Snapdragon 720」を採用しているので、「Rakuten Mini」よりも処理性能の向上が期待できる

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る