ニュース
新スマートスピーカー「Nest Audio」も登場

Googleが5G対応スマホ「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」を発表

Googleは、オンライン発表会「Launch Night In」を2020年10月1日に開催し、最新スマートフォン「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」、スマートスピーカー「Nest Audio」などを発表しました。それぞれの詳細をレポートします。

5G対応のスマホが2モデル登場

5G対応のスマホが2モデル登場

5G対応スマホ「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」

「Pixel 5」と「Pixel 4a(5G)」は、5G対応(サブ6)のスマートフォンで、前者が699ドル、後者が499ドルで発売されます。現時点では、日本のGoogle Storeで情報が掲載されているものの、価格は示されていません。

どちらも5Gスマートフォンながら手ごろな価格に抑えられているのが特徴です。

追記 2020年10月1日
Google Storeでの販売価格は、「Pixel 5」が74,800円(税込)、「Pixel 4a(5G)」が60,500円(税込)となりました。

Pixel 5

上位モデルとなる「Pixel 5」は、6インチの有機ELディスプレイを採用。リフレッシュレート90Hz駆動、HDR対応、432ppiなどスペックの高いディスプレイになっています。インカメラがパンチホールになったことで、前モデル「Pixel 4」よりもディスプレイが大きくなった半面、ボディサイズは若干縦に短くなりました。

6インチの「Pixel 5」

6インチの「Pixel 5」

基本スペックは、CPUが「Snapdragon 765G」で、メモリーが8GB、ストレージ容量が128GB。バッテリーは4080mAhで、急速ワイヤレス充電のほか、ほかのワイヤレス対応デバイス給電するバッテリーシェアを搭載します。

ほかのワイヤレス充電対応デバイスを充電できるバッテリーシェア

ほかのワイヤレス充電対応デバイスを充電できるバッテリーシェア

カメラは、背面のメインカメラが1220万画素の標準カメラ(F1.7、視野角77°)と、1600万画素の超広角カメラ(F2.2、視野角107°)を搭載。インカメラは800万画素(F2.0、視野角83°)。ベストな瞬間を選べるトップショットや夜景モード、超解像ズーム、Live HDR+などGoogleのソフトウェア技術をフルに活用した機能は前作「Pixel 4」から引き継ぎながらも、ポートレート写真のライティングを調節できる「ポートレート ライト」や「ポートレート×夜景モード」、露出ブラケットとHDRを組み合わせた撮影モードが新しく追加されました。

標準カメラと超広角カメラを搭載

標準カメラと超広角カメラを搭載

また、動画撮影機能には、「ロック」「アクティブ」「シネマティック撮影」という3つのスタビライザーモードが搭載されました。「シネマティック撮影」では、実際の1/2の速度までスローにした動画を撮影でき、映画のワンシーンのような演出が行えるとのことです。

本体は防水ボディ。ボディカラーはJust Black、Sorta Sageの2種類。OSはAndroid 11を搭載し、3年間のアップデート配信が保障されます。

「Pixel」シリーズの特徴であるカメラは高品質のまま、スペックをハイエンドからミドルハイに落としたことで、699ドルという価格に落ち着いたとみられます。

Pixel 4a(5G)

「Pixel 4a(5G)」は、2020年8月20日に発売された「Pixel 4a」の名称を継承していますが、製品の特徴からは「Pixel 5」の廉価版に当たるモデルと言えます。

どちらかと言うと「Pixel 5」の廉価版に当たる「Pixel 4a(5G)」

どちらかと言うと「Pixel 5」の廉価版に当たる「Pixel 4a(5G)」

6.2インチの有機ELディスプレイを採用。このディスプレイは90Hz駆動に対応していないなど「Pixel 5」からは若干スペックダウンしています。基本スペックは、CPUが「Snapdragon 765G」で、メモリーが6GB、ストレージ容量が128GB。「Pixel 5」よりもメモリーが少ないですが、そのほかは同じです。

バッテリー容量は3885mAhで、ワイヤレス充電やバッテリーシェアには対応していません。

カメラに関しては、標準カメラと超広角カメラのデュアルカメラ仕様でスペックなどは「Pixel 5」とまったく同じ仕様です。

本体はポリカーボネイト素材を採用し、ガラス製の「Pixel 5」と比べたら高級感などで見劣りするでしょう。ただし、「Pixel 5」にはないイヤホンジャックを搭載しています。

「Pixel 4a(5G)」は、「Pixel 5」と同等のカメラを備えながら、ディスプレイや基本スペック、基本機能などの部分をそぎ落としたシンプル仕様の5Gスマホと言えるでしょう。カラーはJust Blackの1種類のみです。

なお、どちらのモデルも2021年4月30日までに購入するユーザーには3カ月無料でYouTube Premium3か月無料、Google One ストレージ100GBなど特典として用意されます。

Nest Audio

「Nest Audio」は、Google Homeの後継モデルに当たるスマートスピーカー。75mmのミッドウーファーに加えて、19mmのツイーターを追加し、低音を50%強化したほか、ボリュームも75%大きくなったといいます。チューニングには500時間以上が費やされ、低中高のバランスがとれたクリアな音質を実現したとのことです。

新しいスマートスピーカー「Nest Audio」。124(幅)×78(奥行き)×175(高さ)mmと、小さめのサイズ

新しいスマートスピーカー「Nest Audio」。124(幅)×78(奥行き)×175(高さ)mmと、小さめのサイズ

デザインは丸みを帯びた円筒形に変化。2台利用することでステレオ再生が可能です。聴いているものに応じて自動的にイコライザーを調節する機能や、室内の環境音に応じてボリュームを調整する「Ambient IQ」などGoogleならではのスマート機能も搭載します。

「Nest Audio」はチョークとチャコールの2色展開で、公式サイトの販売価格は11,550円(税込)。発売は2020年10月15日です。

また、このほかにも新しいChromecast「Chromecast with Google TV」が発表されました最大4K HDR、最大60フレーム/秒、Dolby Vision、HDMI pass-throughに対応。新しく音声操作対応リモコンが同梱されます。こちらは日本でも提供予定ですが、発売日などは未定です。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る