ニュース
“Big Navi”こと「Radeon 6000」シリーズもチラ見せ

「Zen 3」アーキテクチャー採用! AMDデスクトップ向け最新CPU「Ryzen 5000」シリーズは11月5日発売

2020年10月9日、AMDは独自のオンラインイベントを開催し、「Zen 3」アーキテクチャーを採用したデスクトップ向け最新CPU「Ryzen 5000」シリーズを11月5に発売すると発表した。

最上位モデル「Ryzen 9 5950X」を披露するAMDのリサ・スー氏

最上位モデル「Ryzen 9 5950X」を披露するAMDのリサ・スー氏

最新の「Zen 3」アーキテクチャーでは、既存の「Ryzen 3000」シリーズと同じ7nmの製造プロセスルールを踏襲しつつ、CPUコアをクラスター化したCore Complex (CCX)を「Ryzen 3000」シリーズの4コアから8コアへと変更。8コアで32MBのL3キャッシュを使用する形となり、キャッシュメモリーのレイテンシーをさらに低く抑えることができたという。また、マイクロアーキテクチャーの変更により1クロック当たりの命令処理効率(IPC)も最大19%向上。ワット当たりのパフォーマンスについても、初代Zenアーキテクチャーに比べて2.4倍にまで向上し、競合のインテル「Core i9-10900K」を上回る性能を実現できたとアピールする。

Core Complex (CCX)を8コアへと変更し、8コアで32MBのL3キャッシュを使用する形となった

Core Complex (CCX)を8コアへと変更し、8コアで32MBのL3キャッシュを使用する形となった

ワット当たりのパフォーマンスは初代Zenアーキテクチャーの2.4倍に。競合製品よりも高性能だとアピールする

ワット当たりのパフォーマンスは初代Zenアーキテクチャーの2.4倍に。競合製品よりも高性能だとアピールする

なお、今回明らかになったラインアップは、16コア/32スレッドの「Ryzen 9 5950X」、12コア24スレッドの「Ryzen 9 5900X」、8コア/16スレッド「Ryzen 7 5800X」、6コア/12スレッドの「Ryzen 5 5600X」の全4モデル。TDPは上位3モデルがTDP 105W、6コア/12スレッドの「Ryzen 5 5600X」のみ65Wとなっている。米国での価格は、「Ryzen 9 5950X」が799ドル、「Ryzen 9 5900X」が549ドル、「Ryzen 7 5800X」が449ドル、「Ryzen 5 5600X」が299ドルだ。

最上位モデルとなる16コア/32スレッドの「Ryzen 9 5950X」の主な仕様

最上位モデルとなる16コア/32スレッドの「Ryzen 9 5950X」の主な仕様

「Ryzen 9 5900X」「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 5 5600X」の主な仕様

「Ryzen 9 5900X」「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 5 5600X」の主な仕様

このほかイベント後半では、“Big Navi”こと「Radeon 6000」シリーズの実機も披露された。詳細についてはあまり明らかにされなかったが、ベンチマーク結果の一部を見る限り、かなりのハイパフォーマンスぶりとなっていた。こちらの続報にも期待したい。

サプライズで“Big Navi”こと「Radeon 6000」シリーズをチラ見せ

サプライズで“Big Navi”こと「Radeon 6000」シリーズをチラ見せ

ベンチマーク結果の一部も披露された。こちらを見る限り、なかなかよさそうな予感がする

ベンチマーク結果の一部も披露された。こちらを見る限り、なかなかよさそうな予感がする

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコンパーツのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る