ニュース
大容量バッテリーを搭載する「moto g」シリーズ2機種が登場

モトローラ、トリプルカメラ搭載の高コスパスマホ「moto g9 play」「moto g PRO」を10月30日より発売

モトローラ・モビリティ・ジャパンはSIMフリースマートフォンの新モデルとして、エンターテインメント性を重視した「moto g9 play」と、ビジネス利用を重視したスタイラスペン付きモデル「moto g PRO」の2機種を発表。2020年10月30日より発売する。

基本コンセプトを踏襲したmoto gシリーズの第9世代モデル
「moto g9 play」

モトローラ・モビリティの主力ラインアップ「moto g」シリーズの第9世代モデルとなる「moto g9 play」。トリプルカメラのメインカメラや、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、エンターテインメントや日常での使い勝手を重視しつつ、価格を抑えるなど、「moto g」シリーズの基本コンセプトを踏襲した製品となっている。独自の機能として、Googleアシスタントの起動専用ボタンをボディ側面に搭載しており、音声入力を使ったGoogle検索などを素早く利用できる。

ボディサイズは約75.73(幅)×165.21(高さ)×9.18(厚さ)mm、重量約200gで、1,600×720のHD+表示に対応した約6.5インチの液晶ディスプレイを搭載する。基本スペックは、ミドルレンジ向けSoC「Snapdragon 662」に4Gのメモリーと64GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットという組み合わせ。OSは、Android 10だ。

モバイル通信機能は、2G、3G、LTEに対応で5Gには非対応。LTEの対応バンドはB1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41で、国内の通信キャリアでは、NTTドコモ、au(後日アップデートで対応)、ソフトバンク(ワイモバイル)と、これらの通信回線を使用したMVNO各社のSIMカードに対応する。2基のnanoSIMカードスロットを搭載しており(そのうち1基はmicroSDXCメモリーカードと排他利用)、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応している。

メインカメラは、約4,800万画素の標準カメラ、約200万画素のマクロカメラ、約200万画素の被写界深度センサーという組み合わせのトリプルカメラ。標準カメラは4個のフォトダイオードをひとつの画素センサーとして使用するクアッドピクセルテクノロジーに対応し、高感度撮影にも強い。また、マクロカメラは被写体から2cmという超近接撮影に対応している。フロントカメラは約800万画素だ。

内蔵される5,000mAhのバッテリーは、2日以上のバッテリー持ちを実現(モトローラ・モビリティの基準による)。いっぽう充電については、15Wの急速充電に対応しており、充電時間の短縮化も図られている。

カラーバリエーションは、サファイアブルーとフォレストグリーンの2色。直販サイト「Moto ストア」における販売価格は24,800 円(税込)となる。

ボディ側面にGoogleアシスタントの起動専用ボタンを搭載する

ボディ側面にGoogleアシスタントの起動専用ボタンを搭載する

スタイラスペンを搭載するビジネス向けモデル。本体2年保証と2回のOSアップデートを保証
「moto g PRO」

「moto g PRO」は、ビジネス向けの新シリーズ「g PRO」の第1世代モデル。基本的な設計は「moto g9」シリーズと同様だが、基本性能を高め、ビジネス利用を想定したセキュリティ重視の設計となっている。また、スタイラスペン入力に対応しているのも大きな特徴だ。

ボディサイズは、約75.8(幅)×158.55(高さ)×9.2(厚さ)mm、重量約192gで、2,300×1,080のフルHD+表示に対応した約6.4インチの液晶ディスプレイを搭載する。基本スペックは、SoCに「Snapdragon 665」を採用し、4GBのメモリーと128GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。

OSは、Android 10だが、Googleの「Android One」プラットフォームに準拠しており、発売後2年間は、毎月のソフトウェアアップデートと、Android 12世代までのOSバージョンアップが保証されており、最新のソフトウェア環境で利用できる。また、Googleの定める企業向けの端末管理ソリューション「Android エンタープライズ」の推奨も取得しているほか、モトローラによる製品保証も、通常モデルより1年長い2年保証となっている。もうひとつの特徴であるスタイラスペンは、手書きのメモやイラストを簡単に作成したり、タッチ入力に利用でき、使わないときはボディ本体に収納可能だ。バッテリーは容量4,000mAhで、2日間の駆動と(モトローラ・モビリティ調べ)、15Wの急速充電に対応する。

通信機能は、2G、3G、LTEに対応し、5Gには非対応。LTEの対応バンドはB1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/38/40/41/66。国内の通信キャリアでは、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)と、これらの通信回線を使用したMVNO各社のSIMカードと適合する。2基のnanoSIMカードスロットを搭載しており(そのうち1基はmicroSDXCメモリーカードと排他利用)、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応している。

ビジネス利用を想定しているいっぽうで、エンターテインメント機能もかなり充実している。ドルビーの監修を受けたステレオスピーカーは、mogo g8シリーズと比較して約50%の音量アップを実現しており、より迫力のあるサウンドを再生可能。また、通知の制限などを行うモトローラ独自のゲーム最適化機能「Moto Gametime」も備えている。メインカメラは、約4,800 万画素の標準カメラ、約200 万画素マクロカメラ、約1,600 万画素超広角アクションカメラという組み合わせのトリプルカメラ。レーザーAFを使った高速で正確なオートフォーカスや、クアッドピクセルテクノロジーによる超高感度撮影、視野角117°の超広角動画・静止画撮影、被写体まで2cmまで近づける接写撮影などの特徴を持っている。

カラーバリエーションはミスティックインディゴ1色。直販サイト「Moto ストア」における販売価格は35,800 円(税込)となる。

メインカメラは、標準カメラ、マクロカメラ、超広角カメラという組み合わせのトリプルカメラ。レーザーAFも搭載しており、暗所でも高速で正確なピント合わせが可能だ

メインカメラは、標準カメラ、マクロカメラ、超広角カメラという組み合わせのトリプルカメラ。レーザーAFも搭載しており、暗所でも高速で正確なピント合わせが可能だ

スタイラスペンはボディ内に収容可能だ

スタイラスペンはボディ内に収容可能だ

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る