特別企画
ゲーム実況やマニュアル動画が簡単に作れる

Androidスマホで画面録画を行う「スクリーンレコード」の使い方

最新のモバイル端末向けOS「Android 11」には、画面を動画で記録する「スクリーンレコード」が標準機能として実装されました。これまでは、サードパーティー製の無料アプリなどを利用することで画面録画を行えましたが、画面内にウォーターマークが入ってしまうことなどもあり、使い勝手がいいとは言えませんでした。

しかし、「スクリーンレコード」がAndroid 11に実装されたことで、誰でも簡単に画面録画を行えるようになっています。ここでは、その方法を解説します。

「スクリーンレコード」の使い方

「スクリーンレコード」を使うには、画面を上から下にスワイプして表示するクイック設定から行います。クイック設定の左下にあるえんぴつのアイコンをタップ

「スクリーンレコード」を使うには、画面を上から下にスワイプして表示するクイック設定から行います。クイック設定の左下にあるえんぴつのアイコンをタップ

画面を下にスクロールすると、「スクリーンレコード」のアイコンがあるので、タップ&ホールドでクイック設定に移動させます。これで準備完了

画面を下にスクロールすると、「スクリーンレコード」のアイコンがあるので、タップ&ホールドでクイック設定に移動させます。これで準備完了

クイック設定の「スクリーンレコード」をタップすると録画の設定が表示されます

クイック設定の「スクリーンレコード」をタップすると録画の設定が表示されます

「録音」は、外部の音声を録音する「マイク」と、端末内の音声を録音する「デバイスの音声」、その両方を録音する「デバイスの音声とマイク」から選択できます

「録音」は、外部の音声を録音する「マイク」と、端末内の音声を録音する「デバイスの音声」、その両方を録音する「デバイスの音声とマイク」から選択できます

「画面上のタップも記録する」は、録画中にタップした場所を白い〇で表示してくれます

「画面上のタップも記録する」は、録画中にタップした場所を白い〇で表示してくれます

最後に「開始」をタップすると、3秒のカウントダウン後に録画スタートです。この間に、録画したいアプリに切り替えれば、冒頭に不必要なシーンが入りません

最後に「開始」をタップすると、3秒のカウントダウン後に録画スタートです。この間に、録画したいアプリに切り替えれば、冒頭に不必要なシーンが入りません

録画中は、画面左上、時刻の右隣にアイコンが表示されます

録画中は、画面左上、時刻の右隣にアイコンが表示されます

録画を終了するときは、通知バーを開いて「タップして中止」をタップするだけ。この録画終了時の動作も録画されるので、必要がない場合はGoogleフォトなどでカットしましょう

録画を終了するときは、通知バーを開いて「タップして中止」をタップするだけ。この録画終了時の動作も録画されるので、必要がない場合はGoogleフォトなどでカットしましょう

ゲーム内の音声も、外部の音声も録音できるので、これだけで簡単な実況動画も作れます。ただし、ゲームによっては、ゲーム内音声の録画ができないものもあるので注意してください

ゲーム内の音声も、外部の音声も録音できるので、これだけで簡単な実況動画も作れます。ただし、ゲームによっては、ゲーム内音声の録画ができないものもあるので注意してください

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る