隔週スマホニュース
スマホ業界のニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

全国のドコモショップで「LINE」など8アプリの初期設定の有料サービスを開始

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、ドコモショップで始まるアプリの有料初期設定サービス開始など、4つの話題をお届けする。

全国のドコモショップで「LINE」など8アプリの初期設定の有料サービスを開始

NTTドコモは、2020年12月1日より、「LINE」など他社の提供するアプリ8種類を対象に、アカウント移行や初期設定を代行する有料のサポートメニュー「アプリ設定サポート」を開始する。対象となるのは、「LINE」「Twitter」「Instagram」「Facebook」「メルカリ」「モバイルSuica」「ディズニー ツムツム」「Pokémon GO」の各アプリ。1アプリにつき1,650円(税込)で、インストール・初期設定・アカウントの引き継ぎをドコモショップで行う。

ドコモショップのサポート有料化は、昨年12月より「初期設定サポート」として行われている。アプリの初期設定は無償で行われている場合もあったが、ショップスタッフにかかる負担が大きく、ショップが混雑する原因のひとつにもなっていた。

UQ mobileが2020年秋冬モデル「Galaxy A21」、「Xperia 8 Lite」を12月以降発売

KDDIは、2020年11月24日、「UQ mobile」の2020年冬のスマートフォンとして、サムスン「Galaxy A21」とソニーモバイル「Xperia 8 Lite」の2機種を12月中旬以降に発売すると発表した。

「Galaxy A21」は、約71(幅)×150(高さ)×8.4(厚さ)mm、重量約159gのボディに1,560×720のHD+表示に対応した約5.8インチの液晶ディスプレイを搭載する。SoCはサムスン製の「Exynos 7884B」で3GBのメモリーと64GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSは、Android 10。ボディはIPX5/8等級の防水仕様とIP6X等級の防塵仕様に対応する。なお、FeliCaポートも搭載される。

「Xperia 8 Lite」は、約69(幅)×158(高さ)×8.1mm(厚さ)、重量約170gのボディに2,520×1,080のフルHD+表示に対応する約6.0インチの液晶ディスプレイ「トリルミナスディスプレイfor mobile」を搭載する。エントリー向けSoC「Snapdragon 630」に、4GBのRAMと64GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 9。UQモバイルで発売中の「Xperia 8」とハードウェアは共通だが、サウンドエンハンサーの「DSEE HX」が非搭載になっている点が異なる。なお、バッテリー容量も「Xperia 8」が2,760mAhなのに対して、本機は2,870mAhとなっているが、これは計測基準の見直しによるもので実際の容量は変わらない。外寸や形状も同じなので「Xperia 8」用のカバーはそのまま利用できる。

NTTドコモが、通信対応専用ドライブレコーダーを使った「ドコモ ドライバーズサポート」を発表

NTTドコモは、通信型ドライブレコーダーとスマートフォンアプリを組み合わせたドライブレコーダーサービス「ドコモ ドライバーズサポート」を11月18日より実施する。このサービスは、LTE通信機能を搭載した専用の通信型ドライブレコーダー「ドコモドライブレコーダー DDR01」(市場想定価格3万円前後)を使い、事故・トラブル発生時の映像や位置情報を記録するとともに、クラウドサーバーと連携することで、運転中の状況、駐車中の異常を検知してスマートフォンに通知するというもの。実際に利用するには、上記のドライブレコーダーのほかに、月額300円のサービス使用料と月額400円(いずれも税別)の通信プラン「ドライバーズサポートプラン」の契約が必要となる。

リア用のセカンドカメラも用意されている

リア用のセカンドカメラも用意されている

ソフトバンク、福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ優勝を記念して、VRゴーグルやPayPayポイントの当たる抽選を実施

2020年11月25日に、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズで優勝したことを受け、ソフトバンクグループ各社は各種のキャンペーンを発表した。そのうち、ソフトバンクが行うキャンペーンについて紹介しよう。

ソフトバンクは、2020年11月25日から2021年1月31日午後11時59分までの期間に専用フォームからエントリーしたユーザー3,150名を対象に、プレゼントキャンペーンを行う。賞品は以下の6種類。
・ソフトバンクの提供する「ホークスチャンネル」の視聴権6か月分とVRゴーグルのセット(1,000名)
・「AKB48チャンネル」の視聴権1か月分とVRゴーグルのセット(1,000名)
・「GeForce NOW Powered by Softbank」の利用権90日分(1,000名)
・315,000円相当のPayPayポイント(10名)
・1万円相当のPayPayポイント(100名)、
・福岡ソフトバンクホークスの選手の直筆サイン入りグッズ(40名)

なお、このプレゼントキャンペーンには、ソフトバンク以外の通信キャリアを契約している場合でも参加できる。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2020年11月13日から11月26日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話のソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

NTTドコモ

セキュリティアップデートおよび不具合修正など

au・UQ mobile


・LG style3 L-41A(LG)
・Galaxy Note10+ SC-01M(サムスン)
・Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M(サムスン)
・Galaxy Feel SC-04J(サムスン)
・AQUOS sense SH-01K(シャープ)
・Wi-Fi STATION SH-52A(シャープ)
・らくらくスマートフォン F-42A(富士通)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy Note10+ SCV45(サムスン)
・Galaxy S10+ SCV42(サムスン)
・Galaxy S10 SCV41(サムスン)
・Galaxy Note9 SCV40(サムスン)
・AQUOS zero5G basic DX SHG02(シャープ)
・Xperia XZ3 SOV39(ソニーモバイル)
・Xperia 5 II SOG02(ソニーモバイル)
・TORQUE G04(京セラ)
・URBANO V04(京セラ)
・R17 Neo(オッポ)

ソフトバンク・ワイモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3 plus(シャープ)
・シンプルスマホ5(シャープ)
・AQUOS sense3 basic(シャープ)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Find X(オッポ)
・AX7(オッポ)
・R17 Pro(オッポ)
・OPPO Reno A 128GB(オッポ)
・Galaxy Note10+(サムスン)
・Galaxy S10(サムスン)
・arrows RX(富士通)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る