選び方・特集
ウェアラブル端末で日常生活をもっと便利に!

《2021年》人気のスマートウォッチおすすめ13選。使用目的にぴったりな製品を見つける

スマートフォンと連携させることで、コミュニケーションやエクササイズをもっと楽しくしてくれるウェアラブル端末「スマートウォッチ」。スマートフォンへの着信やアプリ通知を確認できたり、電子マネー決済ができたり、毎日の健康管理や運動などに役立てられたりと、日常生活のパートナーとして大活躍してくれます。いっぽうでスマートウォッチは、製品によって機能がさまざま。使用目的に合わせて選ばないと、そのメリットを十分に発揮できないこともあります。そこで、スマートウォッチの機能や選び方を解説し、おすすめ製品を紹介します。

スマートウォッチの機能と使い方

スマートウォッチとは、CPUやOSを搭載した腕時計型のウェアラブル端末のことで、スマートフォンと連携させて、さまざまな機能が利用できます。まずは主要な機能や使い方を見ていきます。

スマホへの着信やアプリ通知を確認できる

スマートウォッチの代表的な使い方のひとつが、コミュニケーションをより便利にすることです。スマートフォンと連携させれば、スマホへの着信やメール、SNSアプリのメッセージ通知などを手元のスマートウォッチで確認できるので、スマホをバッグに入れていたり、パソコン作業をしていたりしても、大事な連絡を見逃しにくくなります。また、スマホへの音声着信に応答できるハンズフリー通話機能付きのものや、通知されたメッセージに定型文を返信できるものもあります。

毎日の健康管理や運動などに活用できる

コミュニケーションとともに、スマートウォッチの主要な使い方となっているのが、健康管理や運動での活用です。装着しているだけで、心拍数や歩数、距離、消費カロリーをはじめ、睡眠の時間や深さなどのデータを計測できる製品も多く、日々の健康管理の目安にすることができます。

幅広い運動やトレーニングに対応できる製品も増えており、ストレッチやウォーキングなどの軽いエクササイズから、ランニングやサイクリングなどの本格的なトレーニング、キャンプや登山などのアウトドアまで、さまざまなスポーツのアクティビティの記録を取ることができます。運動のモチベーションを維持したり、効率のアップを図ったりするのに有効です。

スマホの音楽再生機能やGPS機能と連携できる

スマートフォンと連携させることで、音楽再生や地図表示などの操作が手元で行えるのも、スマートウォッチならではの特徴です(対応機種は限られます)。スマートウォッチ本体にストレージを内蔵し、単体で音楽プレーヤーとして使用できる製品もあります。また、GPSを搭載し、スマートウォッチだけで、自分が歩いたり走ったりしたルートを記録できるものもあります。

電子マネーの決済やチャージが行える

スマートウォッチの中には、FelicaやNFCに対応し、電子マネー機能を搭載したものも多くあります。スマートフォンで利用できる「モバイルSuica」などと同様にして使えるので、スマートウォッチを駅の改札にかざすだけで通れたり、お店に設置してある端末にスマートウォッチをかざすだけで買い物ができたりするので便利です。

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチではできることが多岐にわたりますが、製品によって向き不向きがかなりはっきりしているので、使用する目的によって、選ぶべき製品は異なってきます。そこで、使用目的別に選び方のポイントを解説していきます。

スマホ連携機能をフル活用するなら、同一OSグループやメーカーの製品が安心

アプリ通知や音楽プレーヤー操作など、スマホとの連携機能や、電子マネー決済などを重視する場合は、一般的に、スマートフォンと同じOSグループの製品を使用したほうが便利です。アップルの「iPhone」を使っているユーザーなら、同じアップルの「Apple Watch」が向いていますし、Android系のスマートフォンを使っているユーザーなら、同じメーカーから発売されている製品を選ぶのが安心と言えます。もちろん、それ以外のメーカーの製品でも、スマホ連携機能を重視した製品は多くあるので、使える機能の詳細をチェックするようにしましょう。

軽いエクササイズなら、価格の安いリストバンド型のエントリーモデルでも十分

日常的な健康管理や、ウォーキングなどの軽いエクササイズの記録を取るのがメインの使い方なら、価格の安いリストバンド型のエントリーモデルでも十分に実用的です。こうした用途では、歩数や心拍数の計測と、そこから導き出される積算距離や消費カロリーの表示が必要になりますが、リストバンド型の製品でもほぼこれらの機能は備わっています。機能が絞られている分、バッテリー消費が少なく、電池の充電をあまり気にすることがないというメリットもあります。もちろん、スマートフォンとの連携によって、各種の健康管理メニューを利用することもできます。

本格的なトレーニングに使うなら、運動強度や達成レベルがわかるものを

ランニングやサイクリング、スイミングなど、本格的なダイエットやトレーニングに活用するのなら、運動強度や達成レベルが確認できるスマートウォッチがおすすめです。運動強度や最大酸素摂取量(VO2 Max)などを計測することで、ボディコンディションなどもしっかり把握できるようになります。また、GPSが搭載されたモデルなら、ランニングやサイクリングなどのアクティビティで走行距離や走行ルートを記録でき、走行時のスピードやペースも計測できるので、トレーニングを効率的に行うのに役立ちます。

なお、GPSを使用するとバッテリーの消費が激しくなるので、なるべく長時間駆動する製品を選びたいところ。スイミングなどで使用する場合は、防水性能もしっかりチェックしましょう。

アウトドアで活用するなら、GPSやコンパス、気圧・高度計搭載のものを

キャンプや登山などの、アウトドアアクティビティで活用したいなら、ボディが頑丈で、過酷な使用条件に耐え得るものを選びましょう。米国国防総省の軍事調達基準「MIL-STD-810G」に準拠したものなら、耐熱、耐衝撃、耐水性などにすぐれており、アウトドア用途にも適しています。

また、自分のいる位置や目指す地点を正確に把握するために、GPSやコンパス、気圧・高度計機能が搭載されているものを選びましょう。アウトドア用途では長時間の使用が想定されるので、バッテリー駆動時間の長さも重要な要素になってきます。

スマートウォッチのおすすめ13選。iPhone/Android対応の人気モデルを紹介

以下に、価格.comの人気売れ筋ランキングで上位の製品を中心に、使用目的別におすすめのスマートウォッチをご紹介します。

iPhoneユーザーにおすすめのApple Watch3選

アップル「Apple Watch Series 3 GPSモデル」
Apple Watchを初めて試してみたい人にぴったり

「Apple Watch」シリーズの3代目モデル。2017年秋発売のモデルですが、2020年秋に直販価格が31,800円から19,800円(いずれも税別。GPSモデル)に値下げされ、お得に購入できるようになっています。電子マネー決済の「Apple Pay」に対応するほか、GPSが搭載されており、機能性は十分。Apple Watchを初めて試してみたいという人におすすめです。

ディスプレイ:OLED
耐久性:耐水性能50m
衛星測位:GPS/GNSS
センサー:光学式心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー、高度計
通信機能:Bluetooth 4.2、IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz
電子決済機能:Apple Pay
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、睡眠計測、月経周期記録など
対応OS:iOS
バッテリー駆動時間:最大18時間
サイズ:38/42mm(ケース)
カラー:シルバー/スペースグレイ
その他:緊急通報SOS機能、通話機能付き

アップル「Apple Watch SE GPSモデル」
高い基本性能で価格も安めの人気モデル

一部の機能が省かれて「Apple Watch Series 6」と同時発売されたモデル。「Apple Watch Series 3」と比べて画面の広さが約30%アップしており、ストレージ容量は4倍の約32GBに増加。転倒検出機能やコンパスを搭載し、高度計も常時計測になるなど、基本性能が向上しています。

ディスプレイ:OLED
耐久性:耐水性能50m
衛星測位:GPS/GNSS
センサー:光学式心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー、高度計(常時計測)
通信機能:Bluetooth 5.0、IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz
電子決済機能:Apple Pay
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、睡眠計測、月経周期記録など
搭載OS:iOS
バッテリー駆動時間:最大18時間
サイズ:40/44mm(ケース)
カラー:シルバー/スペースグレイ/ゴールド
その他:転倒検出、緊急通報SOS機能(海外でも使用可)、騒音モニタリング、通話機能付き

アップル「Apple Watch Series 6 GPSモデル」
画面常時表示対応のApple Watch最新・最上位モデル

「Apple Watch Series」の最新・最上位モデル。「Apple Watch Series 5」から採用された常時表示のディスプレイを搭載したほか、血中酸素濃度をチェック※する機能も搭載。医療機器として承認・認証されていないため日本国内で使用することはできませんが、心電図などを表示する機能が用意されるなど、非常に高機能なのが特徴です。ケースの素材や仕上げによって、製品バリエーションが豊富に用意されており、好みに合った組み合わせを選べるのも特徴です。
※ 健康状態の自己診断や医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではありません。

ディスプレイ:OLED
耐久性:耐水性能50m
GPS:GPS/GNSS
センサー:血中酸素ウェルネスセンサー、光学式心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー、高度計(常時計測)
通信機能:Bluetooth 5.0、IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz、5GHz
電子決済機能:Apple Pay
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、睡眠、月経周期記録など
対応OS:iOS
バッテリー駆動時間:最大18時間
サイズ:40/44mm(ケース)
カラー:シルバー/スペースグレイ/ゴールド/ブルー/レッド(アルミニウムケース)、シルバー/グラファイト/ゴールド(ステンレススチールケース)、チタニウム/スペースブラック(チタニウムケース)
その他:緊急通報SOS機能(海外でも使用可)、騒音モニタリング、通話機能付き

健康管理やダイエット目的におすすめのスマートウォッチ4選

ファーウェイ「HUAWEI Band 4」
初めてスマートウォッチを購入する人にもおすすめ

4,000円台で購入できるという手ごろな価格ながら、歩数、心拍数、睡眠、各種ワークアウトのモニタリングから、スマートフォンへの着信やメールの確認、SNSアプリの通知まで多彩な機能を搭載。9日間持続するバッテリーも魅力です。ファーウェイ製スマホはもちろん、Androidスマホとの連携にすぐれており、初めての1台として、スマートウォッチを試してみたい人におすすめです。

ディスプレイ:約0.96インチTFT液晶
耐久性:耐水性能50m
衛星測位:非対応
センサー:3軸センサー、光学式心拍センサー、装着センサー
通信機能:Bluetooth 4.2 BLE
電子決済機能:非搭載
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、距離、睡眠計測など
対応OS:Android 4.4以降 / iOS 9.0以降
バッテリー駆動時間:通常使用約9日
サイズ・重量:約18.5(幅)×12.5(奥行)×56(高さ)mm・約12g(ベルト含まず)
カラー:アンバーサンライズ/グラファイトブラック/サクラピンク

ファーウェイ「HUAWEI WATCH FIT」
1万円強の低価格でGPS機能も装備した高機能&スリムモデル

手首にフィットしやすい細身のスクエア形状のボディに、画面占有率が約70%の約1.64インチAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。メールやSNSアプリなどのメッセージ通知が見やすく、プリインストールされたフィットネスの動画を再生することもできます。1万円台前半の低価格でありながらGPS機能を搭載しており、ランニングやサイクリングなどの走行データをマップ上で確認することが可能。10日間持続するバッテリーも魅力です。ワークアウトモードはプリセット11種類のほか、85種類以上のワークアウトモードがアプリ経由で追加可能です。

ディスプレイ:約1.64インチAMOLED
耐久性:耐水性能50m
衛星測位:GPS/GLONASS
センサー:加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー、環境光センサー 、装着検知センサー
通信機能:Bluetooth 5.0 BLE
電子決済機能:非搭載
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、距離、睡眠計測、ストレスモニタリング、呼吸エクササイズ、月経周期トラッキングなど
対応OS:Android 5.0以降/iOS 9.0以降
バッテリー駆動時間:通常使用約10日間/GPS連続使用約12時間
サイズ・重量:約18.5(幅)×12.5(奥行)×56(高さ)mm・約34g(ベルト含まず)
カラー:グラファイトブラック/サクラピンク/ミントグリーン
その他:リモートシャッター機能(EMUI10.1以降搭載のスマートフォンに対応

ファーウェイ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」
オールラウンドに使えるデザインと長時間駆動を実現

チタン素材のボディとサファイアガラスを組み合わせ、高級感のあるデザインに仕上げられたファーウェイの最上位モデル。「スポーツモデル」にはブラックカラーのフルオロエラストマーベルトを、「クラシックモデル」にはグレーブラウンカラーの本革レザーベルトを採用。スキーやスノーボードも含む計100種類以上のワークアウトモードを備えているので、さまざまなスポーツのアクティビティログを計測・記録できます。GPSオフで約2週間持続する長時間駆動のバッテリーやコンパスなども搭載しているため、アウトドアアクティビティでの使用にも向いています。

ディスプレイ:約1.39インチAMOLED
耐久性:耐水性能50m
衛星測位:GPS/GLONASS
センサー:加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
通信機能:Bluetooth 5.1 BLE/BR/EDR
電子決済機能:非搭載
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、距離、睡眠計測、ストレスモニタリング、呼吸エクササイズ、月経周期トラッキングなど
対応OS:Android 5.0以降/iOS 9.0以降
バッテリー駆動時間:通常使用約2週間/GPS連続使用約30時間
サイズ・重量:約18.5(幅)×12.5(奥行)×56(高さ)mm・約52g(ベルト含まず)
カラー:ネビュラグレイ/ナイトブラック
その他:リモートシャッター機能(EMUI10.1以降搭載のスマートフォンに対応)

サムスン「Galaxy Watch3 Stainless Steel」
高耐久なボディに最新のヘルスケア機能を搭載

米国国防総省の軍事調達基準「MIL-STD-810G」準拠の頑丈なボディに、本革レザーの最高級バンドを採用したハイスペックモデル。ディスプレイのタッチ操作とベゼルの回転操作の両方が行えるのも特徴です。120種類以上の自宅トレーニングプログラムを搭載しており、スマートフォンでフォームなどをチェックしながらエクササイズできるのが便利。このほか、ランニングフォームを分析する機能や、転倒時の検知機能を備えており、日々のトレーニングをサポートしてくれます。

ディスプレイ:約1.4インチSuper AMOLED
耐久性:耐水性能50m/IP68/MIL-STD-810G準拠
衛星測位:GPS/GLONASS/Beidou(CN)/Galileo
センサー:光学式心拍センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、気圧センサー、環境光センサー
通信機能:Bluetooth 5.0、IEEE 802.11b /g/n、NFC
電子決済機能:なし
ヘルスケア機能: 心拍数、VO2 Max、エクササイズ、ストレス、睡眠計測など
対応OS: Android 5.0以降/iOS 9.0以降
バッテリー容量:約340mAh
サイズ・重量: 約45(幅)×11.1(奥行)×46.25(高さ)mm・約53.8g(ステンレススチール、ストラップ除く)
カラー:ミスティックブラック/ミスティックシルバー
その他:Tizen Based Wearable OS 5.5搭載

本格的なスポーツやアウトドアにおすすめのスマートウォッチ4選

ガーミン「ForeAthlete 745」
高度なコーチング機能で効率的なトレーニングをサポート

耐衝撃性の高いボディに、高度なトレーニングの分析機能やコーチング機能などを搭載したガーミンの中級モデル。ガーミンの製品はGPS機能の精度の高さで知られていますが、本機はGPSのほか、GLONASS、みちびき、Galileoの各衛生の信号に対応。世界中のどこにいても、しっかり自分の位置をトレースすることが可能です。各種スポーツアクティビティに対応するプログラムを内蔵しており、高度なコーチング機能も利用可能。「Suica」による決済やチャージが行える「Garmin Pay」や、音楽配信サービスの「Spotify」からプレイリストを同期できる機能も備えています。

ディスプレイ:約1.2インチ液晶
防水・防塵:耐水性能50m
衛星測位:GPS/GLONASS/みちびき(補完信号)/Galileo
センサー:光学式心拍計、加速度計、ジャイロセンサー、コンパス、気圧高度計、温度計
電子決済機能:Garmin Pay
通信機能:Bluetooth/Wi-Fi/ANT+
ヘルスケア機能:心拍数、歩数、消費カロリー、上昇階段、移動距離、週間運動量、VO2 Max、BODY BATTERY、フィットネス年齢、ストレスレベル計測、睡眠計測、生理周期など
対応OS:Android 6.0 以降/iOS 12.0以降
バッテリー駆動時間:スマートウォッチモード約7日間/GPSモード約16時間
サイズ・重量:約43.8(幅) ×13.3(奥行)× 43.8(高さ)mm・約47g
カラー:ブラック/ネオトロピック/マグマレッド/ホワイトストーン

ガーミン「Instinct Dual Power」
ソーラー充電対応で、最大30日間使用できる長時間駆動対応モデル

「MIL-STD-810G」準拠のタフネスボディに、ソーラー充電機能を搭載したガーミンの中級モデル。GPSを使用しないスマートウォッチモードで最大24日間駆動できるほか、ソーラー充電でさらに最大30日間使用することができるバッテリー性能が魅力。ガーミンならではのすぐれたGPS機能を持つほか、水中心拍センサーや高度計、気圧計、コンパスを備えており、さまざまなアクティビティや場所でしっかり活用できます。

ディスプレイ:約0.9インチ液晶
耐久性:MIL-STD-810G準拠、耐水性能100m
衛生測位:GPS/GLONASS/みちびき(補完信号)/Galileo
センサー:光学式心拍センサー、電子コンパス、気圧高度計、加速度計、温度計
電子決済機能:Garmin Pay
通信機能:Bluetooth/ANT+
ヘルスケア機能:ステップ数、スリープモニタリング、消費カロリー、上昇階段、移動距離、週間運動量、ストレススコア、BODY BATTERYなど
対応OS:Android 6.0 以降/iOS 12.0以降
バッテリー駆動時間:スマートウォッチモード最大24日間+30日間/GPSモード最大30時間+8時間
サイズ・重量:約45(幅) ×13.3(奥行)× 45(高さ)mm・約53g
カラー:グラファイト/タイダイブルー/オーキッド/サンバースト/フレイムレッド/グラファイトカモウ(迷彩柄)/ライカンカモウ(迷彩柄)
その他:ソーラー充電システム

スント「SUUNTO 9 BARO」
3つのバッテリーモードを備え、最大120時間GPSオンで使い続けられる本格派

パフォーマンス、エンデュランス、ウルトラという3種類のバッテリーモードを用意しており、GPSを使用した状態でも約25〜120時間のバッテリー駆動が可能。フルマラソンはもちろん、それ以上の長い距離を走るレースにも利用できます。内部には80種類以上のワークアウトモードがプリセットされており、トレーニングからレースまで幅広いスポーツに活用可能。GPSと各種センサーのデータを組み合わせて、軌道と距離の精度を高めているのも特徴です。

ディスプレイ:約1.97インチ液晶
防水・防塵:耐水性能100m
衛生測位:GPS/GLONASS/ Galileo /QZSS(みちびき)/ BeiDou
センサーなど:光学式心拍センサー、速度センサー、デジタルコンパス、傾斜調整、 気圧高度計など
電子決済機能:なし
通信機能:Bluetooth Smart
ヘルスケア機能:心拍数、歩数計 、消費カロリー、ストレス、睡眠計測など
対応OS:Android/iOS
バッテリー駆動時間:タイムモード最大約14 日間/GPS使用時約25〜120時間
サイズ・重量:約50(幅)×16.8(奥行)×50(高さ)mm・約81g
カラー:ブラック/ホワイト/グラファイト/カッパー

カシオ「G-SHOCK ジー・スクワッド GBD-H1000」
人気「G-SHOCK」ブランドのタフネス型スマートウォッチ

カシオの人気腕時計「G-SHOCK」ブランドから発売されたスマートウォッチ。「G-SHOCK」らしい耐衝撃性にすぐれたボディに、直射日光下でも見やすいMIP(メモリインピクセル)液晶を搭載。心拍センサーをはじめとした5つのセンサーやGPS機能を搭載し、各種ワークアウトを高精度にモニタリングします。時刻モードでは約12か月使用できるほか、ソーラー充電システムを搭載するなど、ほかの製品にはないロングバッテリーライフも魅力です。

ディスプレイ: MIP液晶
防水・防塵:20気圧防水
衛星測位:GPS / GLONASS/みちびき
センサー:光学式心拍センサー、方位磁気センサー、気圧高度センサー、温度センサー、加速度センサー
電子決済機能:なし
通信機能:Bluetooth LE
ヘルスケア機能:歩数計測、心拍計測、消費カロリー表示(アプリ)
対応OS:Android/iOS
バッテリー駆動時間:トレーニングモード(GPS連続計測)+心拍計測機能 最大約14時間
時刻モード(歩数計測、通知機能含む)約12ヵ月
サイズ・重量:約55.0(幅)×20.4(奥行)×63.0(高さ)mm・約101g
カラー:ブラック
その他:ソーラー充電システム、世界38都市+UTCの時刻表示

おしゃれにもこだわりたい人におすすめのスマートウォッチ2選

ガーミン「vivomove Style」
女性の普段使いにもぴったりのエレガントなデザイン

アナログ時計の文字盤にタッチスクリーンディスプレイを搭載したハイブリッドモデル。素材やカラーのバリエーションが豊富で、女性の普段使いにも合わせやすいデザインです。スマートフォンからの通知機能などを備えるほか、「モバイルSuica」も利用可能。歩数や心拍数の記録、ストレスレベルや水分補給、さらには生理周期のトラッキングまで行える機能性の高さも魅力です。なお、バッテリーは、スマートウォッチとして4日間駆動した後、アナログ時計に移行し、最大であと7日間時計の針が動くようになっています。

ディスプレイ:AMOLED
耐久性:耐水性能50m
衛生測位:非対応
センサー:光学式心拍センサー、気圧高度計、加速度計、環境光センサー
電子決済機能:Garmin Pay
通信機能:Bluetooth/ANT+
ヘルスケア機能:光学式心拍計、VO2 Max、ステップ数、スリープモニタリング、生理周期トラッキング、水分補給トラッキング、消費カロリー、上昇階段、移動距離、週間運動量、ストレスレベル、フィットネス年齢、BODY BATTERYなど
対応OS:Android 6.0 以降/iOS 12.0以降
バッテリー駆動時間:スマートモード:最大4日間/時計モード:最大7日間
サイズ・重量:約42(幅)×11.9(奥行)×42(高さ)mm・約35g(ナイロンバンドモデル)/約45g(シリコンバンドモデル)
カラー:ブラックペッパー×スレート/ブラッシュピンク×ライトゴールド(ナイロンバンド)、ホワイト×ローズゴールド/モスグリーン×シルバー(シリコンバンド)

ソニー「wena 3 metal」
バンド側に全機能を搭載し、好きな時計が利用できる変わり種モデル

最薄部約6.9mmのバックル部分にスマートウォッチ機能と小型の有機ELディスプレイを搭載し、お気に入りの腕時計の文字盤を装着できるというユニークなモデル。歩数などはもちろん、デュアル光学式心拍センサーと独自のアルゴリズムにより、最大酸素摂取量(VO2 Max)や4段階の眠りの深さ、ストレスレベルやエネルギー残量もチェックできます。スマートフォンからの通知機能のほか、「Amazon Alexa」による音声操作機能を搭載。電子マネー機能も充実しており、「Suica」や「楽天Edy」、「iD」などが利用できます。

ディスプレイ:有機EL+フルカラーLED
耐久性:防水5気圧
衛星測位:非対応
センサー:光学式心拍センサー、加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー
電子決済機能:Suica、楽天Edy、iD、ANAスキップサービス、d point、ヨドバシゴールドポイント、Quicpay
通信機能:Bluetooth 5.0
ヘルスケア機能:心拍数、 歩数、VO2 Max、睡眠計測、ストレスレベル、エネルギー残量
対応OS:iOS 11.0以降/Android 6.0以降
バッテリー駆動時間:約1週間
カラー:シルバー/プレミアムブラック
その他:Amazon Alexa対応

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る