話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

アップル「WWDC 2021」がいよいよ開幕。ハードウェアの発表はある?

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

アップル「WWDC 2021」が2021年6月8日に開催。iOS 15やiPadOS 15に期待

アップルは年次開発者向けイベント「WWDC 2021」を2021年6月8日(火)午前2時(日本時間)より開催します。2021年は、昨年に引き続きオンライン開催となり、基調講演のほかセッションなどもオンラインで閲覧可能です。

WWDCは開発者向けイベントということで、メインはソフトウェア関連の発表になります。次世代iPhoneに実装予定のOS「iOS 15」関連では、通知システムと「iMassage」について大きなアップデートがあるとBloombergにより報じられています。

通知システムは、運転中や仕事中など状況に応じた細かな設定が可能になるとのこと。たとえば、運転中は通知を一切無効にする、などの設定ができるようになると予想されています。

Bloombergによれば、iPad向けの新OS「iPadOS 15」も発表される可能性があるとのことです。新バージョンでは、ホーム画面の好きな場所にウィジェットを追加できる機能が実装されると言われています。

ハードウェアに関しては、昨年開催された「WWDC 2020」にて独自CPUの「Apple Silicon」(M1チップ)が発表され大きな話題になりました。その後、MacBook Air、MacBook Pro 13インチ、Mac mini、iMac、iPad ProとM1チップを搭載するハードウェアの発売が続いています。

では、M1チップ搭載モデルが発表されていないハードウェアは何なのかと言うと、MacBook Pro 14インチや16インチがこれに当たります。そのため、この2つのMacBook ProのM1チップ搭載モデルが発表されるのでは?といううわさがあります。もしくは、M1チップ搭載の後継モデルが発表される可能性もあると報道されており、ハードウェアの発表に関しても期待したいところです。

いずれにせよ、アップルファンにとっては楽しみな発表になりそうです。そのほか、Apple Watch向けの「watchOS 8」についても何らかの発表があるかもしれません。

なお、価格.comマガジンでは、6月8日、「WWDC 2021」での発表内容を速報でお伝えする予定です。そちらもぜひご覧ください。

Googleが99ドルの廉価版ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を発表

Googleは、現行のワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」の廉価版に当たる「Pixel Buds A-Series」を発表しました。公式サイト(アメリカ)での販売価格は99ドル(約10,800円)です。

2020年8月に発売された「Pixel Buds」は、市場想定価格が20,800円。これと比較すると、「Pixel Buds A-Series」はかなり価格が抑えられています。デザインや音質に関するスペックは「Pixel Buds」と同様ですが、風ノイズ低減機能(マイク)、ケースの防滴仕様、充電ケースのワイヤレス充電、スワイプ操作による音量調節、アテンションアラートといった機能が省かれています。

日本のGoogle Storeでもすでに製品ページが公開されていますが、価格は明らかになっておりません。現状ではウェイティングリストへの登録のみとなっていますが、まもなく公開される見込みです。

Googleは、ハイエンドモデルのスマートフォン「Pixel」においても、ミドルクラスの「Pixel A」シリーズを発売し、Androidスマホでは人気モデルとなりました。今回の「Pixel Buds A-Series」についても、かなりコストパフォーマンスが高いため、完全ワイヤレスイヤホン市場での新たな人気モデルになるかもしれません。

ソース:Google Store

人気FPS「VALORANT」がスマホに登場。「VALORANT Mobile」がリリースへ

2020年6月にリリースされた「VALORANT」は、あの「League of Legends」を手がけるRiot Games初となるFPSとして話題になり、最近はeスポーツの大会が多数実施されたり、Twitchでの視聴数ランキングでも上位に食い込むなど、すっかり人気FPSのひとつとなりました。

現在の対応プラットフォームはWindows PCのみですが、Riot Gamesによれば月間平均プレイヤー数が1400万人を突破し、対戦されたマッチの数も5億回を突破したとのこと。ひとつのプラットフォームのみでここまでの数値をたたき出しているのに驚きです。

そんな「VALORANT」に、今度はモバイル版となる「VALORANT Mobile」がリリースされることが明らかにされました。対応プラットフォームなどの詳細は未定ですが、スマホで遊べるPvPのFPSとして注目のタイトルになりそうです。数々のeスポーツ大会を実施しているRiot Gamesなので、こちらも大きな大会が開かれる可能性もあり、今後の展開に大きな期待が寄せられています。

ソース:Twitter

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る