話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

ファーウェイが「P50」シリーズを発表。5Gには対応せず

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

ファーウェイが「P50」シリーズを発表。「P50 Pro」は最大200倍ズームに対応

ファーウェイは2021年7月29日に新製品発表会を中国で開催。フラッグシップモデルとなるスマートフォン「P50」「P50 Pro」を発表しました。

最大200倍ズームに対応する「P50 Pro」

最大200倍ズームに対応する「P50 Pro」

上位モデルの「P50 Pro」は、6.6インチ(2700×1228)、リフレッシュレート120Hz駆動の有機ELディスプレイを搭載。いっぽうの、「P50」は6.5インチ(2700×1224)、リフレッシュレート90Hz駆動の有機ELディスプレイを採用しており、「P50 Pro」から若干のスペックダウンとなっています。

基本スペックはどちらもCPU「Snapdragon 888 4G」、または「Kirin 9000」を搭載。ただし、アメリカ政府による制裁の影響で5Gチップセットの搭載が制限されているため、どちらのモデルも5Gには対応していません。他社製のスマートフォンが軒並み5Gに対応するなか、4Gのみ対応というのはファーウェイにとって痛手になるでしょう。

ファーウェイの「P」シリーズと言えば、やっぱりカメラ性能の高さに定評があるモデルです。今回のシリーズに関しても、特に「P50 Pro」はメインカメラが5000万画素の広角カメラ、1300万画素の超広角カメラ、6400万画素の望遠カメラ、4000万画素のモノクロセンサーの4眼カメラを搭載し、さらにデジタルズームは驚異の200倍ズームに対応します。

「P50」は、5000万画素の広角カメラ、1300万画素の超広角カメラ、1200万画素の望遠カメラの3眼カメラを搭載し、デジタルズームは最大80倍となっています。

「P50 Pro」は5988元(約101,000円)で中国にて8月12日に発売予定。「P50」は4488元(約76,000円)で9月に発売予定です。なお、日本国内での発売についてはアナウンスされていません。

ソース:YouTube

歌手・アリアナ・グランデさんが「フォートナイト」でライブツアーを開催へ

ゲーム「フォートナイト」を運営するEpoc Gamesが、同ゲーム内で歌手アリアナ・グランデさんのライブツアー「リフトツアー Featuring Ariana Grande」を開催すると発表しました。

「リフトツアー Featuring Ariana Grande」は、日本時間の8月7日〜9日の3日間で合計5回行われる予定です。

ショー1:日本時間8月7日(土)午前7時
ショー2:日本時間8月8日(日)午前3時
ショー3:日本時間8月8日(日)午後1時
ショー4:日本時間8月8日(日)午後11時
ショー5:日本時間8月9日(月)午前7時

「フォートナイト」では、過去にも、Marshmello(マシュメロ)さん、トラヴィス・スコットさんがライブを実施したことがあり、ゲームと音楽が融合したインタラクティブな体験に、全ユーザーが熱狂しました。

今回の「リフトツアー Featuring Ariana Grande」についても、過去のライブと同レベル、もしくはそれを上回るライブになる可能性があり、「フォートナイト」のユーザーでなくとも参加する価値がありそうです。

なお、ライブには全世界からユーザーが参加するため、開始時間の直前だとログインできない可能性があります。参加するユーザーは、開始の1時間前にはログインして待機しておくのがベターです。

ソース:YouTube

電子書籍リーダー「Kindle」の旧端末はまもなくネット接続が不可に

米Amazonは、ヘルプページにて電子書籍リーダー「Kindle」の旧端末が2021年12月をもってネットワークに接続できなくなることを明らかにしました。アメリカでは、通信キャリアが4/5Gネットワークの移行するのにともない、2021年12月に3Gネットワークが終了します。これにともない、「Kindle」の旧端末で3Gネットワークを利用するものは、2021年12月以降、インターネットに接続できなくなる、つまり、端末から電子書籍の購入ができなくなります。

3Gネットワークに加えて、Wi-Fi接続に対応する端末はこれまで通り電子書籍を購入できますが、Wi-Fiに対応していない端末は、PCなどからmicroUSBケーブルで端末に転送する必要があるとのことです。

Wi-Fiに対応していない端末は、「Kindle(第1世代/第2世代)」、「Kindle DX(第2世代)」など。基本的には日本国内では販売されていなかった端末なので、国内ユーザーには大きな影響はなさそうです。なお、日本では、NTTドコモ、au、ソフトバンクの国内主要3キャリアが3Gサービスの終了を明らかにしており、auが2022年3月31日、ソフトバンクが2024年1月下旬、NTTドコモが2026年3月31日に終了予定です。

ソース:Amazon

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る