ニュース
FeliCa、防水・防塵対応! コスパと機能を両立した初の日本限定エントリーモデル

28,765円の5Gスマホ、シャオミ「Redmi Note 10 JE」がauとUQmobileから登場

シャオミは、2021年8月2日、5Gスマートフォンのエントリーモデル「Redmi Note 10 JE」を発表。auおよびUQ mobileから発売する。IPX8等級の防水とIP6X等級の防塵に対応し、FeliCaポートを備えた日本専用モデルだ。

KDDIと共同開発の日本専用エントリーモデル

「Redmi Note 10 JE(レッドミー ノートテン ジェーイー)」は、日本市場専用モデルとして、KDDIとシャオミが共同で設計したエントリー向け5Gスマートフォン。auとUQ mobileで取り扱われ、auでは8月13日から28,765円(税込)で発売される。UQ mobile版は9月に価格や発売日を別途発表する予定だ。なお、au版、UQ mobile版ともにSIMロックのかかっていない状態で発売される。

「Redmi Note 10 JE」は、約76(幅)×163(高さ)×9.0(厚さ)mm、重量約200gのボディに、2,400×1,080のフルHD+表示に対応する約6.5インチの液晶ディスプレイを搭載する。ボディは低価格の「Redmi」ブランドとして初となるIPX8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様を備えるほか、FeliCaポートを搭載するなど、日本市場を強く意識した内容だ。なお、ディスプレイは、リフレッシュレートを50Hz、60Hz、90Hzの3段階で自動調節できるほか、周辺の明るさをきめ細かく感知する「360°周囲光センサー」と4,096段階の輝度調整機能を組み合わせることで、環境に合わせた、きめ細かな明るさの調節が行える。

基本スペックだが、最新のミドルレンジ向けSoC「Snapdragon 480」に、4GBのメモリーと64GBのストレージ、最大1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 11(MIUI 12.5)だ。

パンチホールを備えた液晶ディスプレイを採用。カラーバリエーションはグラファイトグレー(写真左)、クロームシルバー(同右)の2色

パンチホールを備えた液晶ディスプレイを採用。カラーバリエーションはグラファイトグレー(写真左)、クロームシルバー(同右)の2色

FeliCaポートを搭載しており、おサイフケータイのサービスを利用できる

FeliCaポートを搭載しており、おサイフケータイのサービスを利用できる

右側面に指紋認証センサー搭載の電源ボタンが配置される

右側面に指紋認証センサー搭載の電源ボタンが配置される

ボディ上面にヘッドホン端子を配置

ボディ上面にヘッドホン端子を配置

ボディ下面にUSB Type-Cポートを配置

ボディ下面にUSB Type-Cポートを配置

搭載される機能「アダプティブシンクディスプレイ」は、ディスプレイのリフレッシュレートを50Hz、60Hz、90Hzの3段階で自動的に調節するというもの

搭載される機能「アダプティブシンクディスプレイ」は、ディスプレイのリフレッシュレートを50Hz、60Hz、90Hzの3段階で自動的に調節するというもの

バッテリーは容量4,800mAhで、連続通話時間は約1,180分、連続待受時間は約660時間。18Wの急速充電に対応する。auのACアダプター「TypeC 共通 ACアダプタ 01」を使った場合の残量ゼロからのフル充電時間は約150分

バッテリーは容量4,800mAhで、連続通話時間は約1,180分、連続待受時間は約660時間。18Wの急速充電に対応する。auのACアダプター「TypeC 共通 ACアダプタ 01」を使った場合の残量ゼロからのフル充電時間は約150分

本機のメインカメラは、約4,800万画素の広角カメラ、約200万画素のマクロカメラ、約200万画素の深度センサーという組み合わせのトリプルカメラ。フロントカメラは約800万画素となっている。メインカメラは、AIシーン認識機能を備え、用意された27種類のシーン設定の中から最適なものを自動的に選んで撮影してくれる。また、夜景撮影用の「AIスーパーナイトモード」も備えており、夜景撮影にも強そうだ。

メインカメラは、広角カメラ(標準カメラ)、マクロカメラ、深度センサーという組み合わせのトリプルカメラ

メインカメラは、広角カメラ(標準カメラ)、マクロカメラ、深度センサーという組み合わせのトリプルカメラ

以下に、シャオミ提供の広角カメラ(標準カメラ)で撮影した作例を掲載する。

 広角カメラを使って撮影した作例。展望台から外の景色を望む。明暗差の大きな構図だが、ビル内の影から明るい外の様子までキレイに撮影できている

広角カメラを使って撮影した作例。展望台から外の景色を望む。明暗差の大きな構図だが、ビル内の影から明るい外の様子までキレイに撮影できている

こちらも広角カメラを使って撮影した夜景の作例。「AIスーパーナイトモード」を使用したところ、ノイズの少ない夜景だ

こちらも広角カメラを使って撮影した夜景の作例。「AIスーパーナイトモード」を使用したところ、ノイズの少ない夜景だ

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る