ニュース
2021年10月5日いよいよリリース

静かな船出の「Windows 11」、アップグレード要件などを改めてチェック

マイクロソフトの「Windows 11」がいよいよ本日、2021年10月5日にリリースされました。「最後のバージョンのWindows」とされていた「Windows 10」から6年経過し、Windows 10の次のバージョンとして登場したWindows 11とはどんなOSなのか改めてチェックしていきましょう。

Windows 11とは?

Windows 11とは、現行のWindows 10の次のバージョンのOSです。見た目ががらりと変わり、最新のハードウェアの進化に合わせて、ウィンドウ整理機能が用意されるほか、PCゲームの盛り上がりを受けてゲーム機能も強化されています。セキュリティー面もより強固になっています。

元々、「Sun Valley」という開発コードネームで開発されており、これまでのWindows 10のように、機能アップグレードの一環で提供されると思われていましたが、名称を新たに新バージョンで提供されることになりました。

新しいOSが出たからパソコンを買い替えるという人は、昔のように多くはいないと思いますが、買い換えのきっかけや、消費者の目をパソコンへ向ける効果は期待できるでしょう。マーケティング的には、新バージョンのほうが目を引きますし、ニュースにも取り上げられます。

Windows 11は何が変わった?

Windows 11はいろいろな部分が変わっていますが、まずは見た目が大きく刷新されています。スタートボタンが中央に配置され、デザインもスッキリしています。スタートメニューには、ピン留め済みのアプリと、「おすすめ」という最近開いたファイルが表示されます。なお、スタートボタンを使い慣れた左下に移動することもできます。

中央に配置されたスタートボタンとスタートメニュー。最初は違和感がありますが、すぐに慣れるでしょう。各種サウンドもやわらかい音に変わっています

中央に配置されたスタートボタンとスタートメニュー。最初は違和感がありますが、すぐに慣れるでしょう。各種サウンドもやわらかい音に変わっています

エクスプローラーの上部のリボンはなくなり、よりシンプルでよく使うメニューが並んでいます。よく使う「ダウンロード」「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」のフォルダーは色分けされました。

「設定」や「通知」など細かい部分も整理されており、全体的にわかりやすさを重視している印象を受けます。

エクスプローラーのメニューはイラストを使ったシンプルなものに変わっています。デスクトップやダウンロードなど、よく使うフォルダーは色分けされました

エクスプローラーのメニューはイラストを使ったシンプルなものに変わっています。デスクトップやダウンロードなど、よく使うフォルダーは色分けされました

iPhoneやAndroidのような、シンプルなユーザーインターフェイスが随所に見られます

iPhoneやAndroidのような、シンプルなユーザーインターフェイスが随所に見られます

設定画面も項目が整理された印象です

設定画面も項目が整理された印象です

ウィンドウ整理機能はエクスプローラーやアプリの右上のウィンドウサイズ変更ボタンから利用できます

ウィンドウ整理機能はエクスプローラーやアプリの右上のウィンドウサイズ変更ボタンから利用できます

Windows 11では、Windows 10にあった、「コルタナ」や「タイムライン」などがなくなっています。「Internet Explorer」(IE)も無効になりました(「Internet Explorerモード」を搭載した「Edge」で、IEベースのアプリやサイトにはアクセスできます)。逆に、コロナ禍で多くの人が利用するようになった「Teams」が標準で搭載されるようになりました。

Windows 11搭載パソコンはいつから買える?

Windows 11を搭載したパソコンは、PCメーカー各社から続々と発表されています。NECパーソナルコンピュータは10月7日から、Dynabookは11月上旬から順次発売します。マイクロソフトは「Surface Go 3」を10月5日から、「Surface Pro 8」を11月1日から発売します。

最初からWindows 11が搭載されたパソコンが欲しいという人は、各社の発表をチェックしてみてください。

年末商戦に向けてWindows 11を搭載したパソコンが続々と登場するでしょう

年末商戦に向けてWindows 11を搭載したパソコンが続々と登場するでしょう

当面は、Windows 10パソコンとWindows 11パソコンが店頭に並ぶことになります。Windows 10パソコンの多くは、Windows 11に無償アップグレードできるので、いきなり叩き売りされることはなさそうですが、価格の変動には注目です。

Windows 11へのアップグレードの要件は?

手持ちのWindows 10パソコンをWindows 11にアップグレードしたいという人も多いでしょう。Windows 11の最小システム要件は以下の通りです。

プロセッサー(CPU):1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサーまたは System on a Chip (SoC)
メモリー:4GB
ストレージ:64GB以上の記憶装置
システム ファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)2.0
グラフィックスカード:DirectX 12以上(WDDM 2.0ドライバ)
ディスプレイ:対角9インチ以上で8ビットカラーの720pディスプレイ

マイクロソフトによると「今販売中のほとんどのWindows 10 PCはWindows 11にアップグレードできます」「4年以内に製造されたPCなら、多くはWindows 11にアップグレードできます」としています。

確かに、最小システム要件を見る限り、ここ2、3年に発売されたノートパソコンであれば、問題なくアップグレードできそうです。ただし、セキュリティチップとも呼ばれる「TPM2.0」が必須となると、自作パソコンの場合、マザーボードが対応していてもTPM2.0が有効になっていないケースがあり、少し対策が必要となりそうです。

自分のパソコンがWindows 11の要件を満たしているかチェックするには?

自分のパソコンがWindows 11のシステム要件を満たしているかどうかは、マイクロソフトの「PC正常性チェック」というアプリで確認できます。

マイクロソフトのWebサイト(https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11)からアプリをダウンロードして立ち上げると、Windows 11を実行できるかどうか確認してくれます。気になる人は試してみるといいでしょう。

PC正常性チェックアプリ

PC正常性チェックアプリ

手元の「Surface Laptop 4 15インチ」でPC正常性チェックアプリを実行してみました。結果は、「このPCはWindows 11の要件を満たしています」とアップグレードOKと出ました。数秒で結果が出るので気軽に試せるでしょう

手元の「Surface Laptop 4 15インチ」でPC正常性チェックアプリを実行してみました。結果は、「このPCはWindows 11の要件を満たしています」とアップグレードOKと出ました。数秒で結果が出るので気軽に試せるでしょう

Windows 11へのアップグレードにはいくらかかる?

Windows 10からWindows 11へのアップグレードは無料です。ただし、Windows 10パソコンが、Windows 11の最小要件を満たしていたとしても、何らかの理由でアップグレードできない場合はあるので注意しましょう。

無料でアップグレードできる期間は?

Windows 10からWindows 11に無料でアップグレードできる期間について、マイクロソフトのQ&Aでは「特定の終了日は設けていません。しかし、Microsoftは無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利を留保します。この終了日は一般提供の開始から1 年以内に来ることはありません」としています。

10月5日から1年間は無料でアップグレードできますが、その後は不明ということでしょう。

Windows 10はいつまで使い続けられる?

Windows 11ではなく、Windows 10を使い続けたいという人もいるでしょう。当面はWindows 10を使い続けても何も問題はありません。Windows 10のサポートは2025年10月まで継続されます。あと4年は問題なく使えます。

Windows 11からWindows 10に戻せる?

Windows 11にアップグレード後に、やはりWindows 10に戻したいと思った場合でも、アップグレードしてから10日間は、ファイルとデータを保持したままでWindows 10に戻せます。

10日を過ぎてからでも、データをバックアップしてから「クリーン インストール」できます。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコンソフトのその他のタグ
ページトップへ戻る