ニュース
「motorola edge 20」と「motorola edge 20 fusion」

モトローラ、1億800万画素カメラ搭載の5Gスマホ「motorola edge」2機種日本上陸

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2021年10月19日、新型スマートフォンとして、「motorola edge 20」と「motorola edge 20 fusion」の2機種を10月22日に発売すると発表した。すでに海外では発売済みの機種で、同社のスマートフォンのラインアップの中ではミドルハイレンジに位置する。

価格はオープン。同社の直販ストアのMOTO STOREでの価格はmotorola edge 20が54,800円(税込)、motorola edge 20 fusionが43,800円(税込)。

motorola edge 20とmotorola edge 20 fusion

motorola edge 20とmotorola edge 20 fusion

左がmotorola edge 20、右がmotorola edge 20 fusion

左がmotorola edge 20、右がmotorola edge 20 fusion

モトローラ史上最薄・最軽量の5G端末「motorola edge 20」

motorola edgeは、デザインとカメラ、それにディスプレイにこだわった日本初上陸のシリーズ。まずはmotorola edge 20から詳しく見ていこう。

motorola edge 20は、モトローラ史上最薄・最軽量の5G端末。その厚さは6.99mm(最薄部)、重量は約163g。6.7インチの大画面ながら、非常に薄くて軽いボディだ。モトローラのスマートフォンは丸みのあるボディのモデルが多いが、本モデルは角張ったフォルムで精悍な印象だ。カラーはフロストオニキスの1色を用意する。

motorola edge 20はモトローラ史上最薄・最軽量の5G端末

motorola edge 20はモトローラ史上最薄・最軽量の5G端末

最薄部は6.99mm。カメラ部分はやや厚みがある

最薄部は6.99mm。カメラ部分はやや厚みがある

カメラは1億800万画素のメインカメラ(F1.9)、1600万画素の超広角/マクロカメラ(F2.2)、望遠800万画素光学式3倍ズームカメラ(F2.4)で構成されたトリプルカメラシステムを採用。光学式手ブレ補正やLEDフラッシュも備える。

メインカメラは、常時1億800万画素で撮影するわけではなく、「ウルトラピクセルテクノロジー」により、光感度が9倍に向上した状態で通常は撮影する。1億800万画素で撮影できる「Ultra-Res」モードも用意されているが、1枚のデータ容量が大きくなるので注意が必要となる。インカメラは3200万画素(F2.25)とこちらも画素数は高めだ。

motorola edge 20のカメラシステム

motorola edge 20のカメラシステム

従来は4倍のクアッドピクセルテクノロジーだったが、motorola edge 20は9倍のウルトラピクセルテクノロジーを採用する

従来は4倍のクアッドピクセルテクノロジーだったが、motorola edge 20は9倍のウルトラピクセルテクノロジーを採用する

カメラメニュー

カメラメニュー

Ultra-Resモードで背面カメラの解像度を選択できる

Ultra-Resモードで背面カメラの解像度を選択できる

ディスプレイは6.7インチの有機EL。リフレッシュレートが144Hzと高く、ゲームなどを滑らかな映像で楽しめる。画質面ではDCI-P3、HDR10+に対応する。

プロセッサーには「Snapdragon 7785G」(オクタコア)を搭載する。メモリーは6GB、ストレージは128GB。バッテリー容量は4000mAh、外部インターフェイスはUSB Type-C(USB2.0)。ミドルハイレンジにふさわしい充実したスペックだ。

5Gの対応バンドはSub-6のn1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78。SIMカードはnanoSIMタイプで、スロットは2つ。DSDS(5G+4G)をサポートする。なお、SIMカードと排他仕様で搭載されることの多いmicroSDメモリーカードスロットは搭載されない。

弟分の「motorola edge 20 fusion」

motorola edge 20 fusionは、カメラとディスプレイにこだわりつつ、motorola edge 20よりも価格を抑えたモデル。こちらはやや丸みのあるフォルムで、重量は約185g。motorola edge 20より重いが、200gを切っており、大画面スマホとしては軽い。カラーはエレキグラファイト。

カメラは1億800万画素のメインカメラ(F1.9)、800万画素の超広角/マクロカメラ(F2.2)、200万画素の深度センサー(F2.4)で構成されたトリプルカメラシステムを採用。こちらもウルトラピクセルテクノロジーを搭載しており、暗い場所でも明るく鮮やかな写真を撮影できる。インカメラはmotorola edge 20と同じ3200万画素(F2.25)。

motorola edge 20 fusionのカメラシステム

motorola edge 20 fusionのカメラシステム

ディスプレイは6.7インチの有機EL。リフレッシュレートは標準の60Hzより高い90Hz。motorola edge 20の144Hzよりは劣るものの、こちらも滑らかな映像が楽しめる。

スペック面ではプロセッサーにMediaTek Dimensity 800U(オクタコア)を搭載。メモリーは6GB、ストレージは128GB。バッテリー容量は5000mAhと大容量で、急速充電にも対応している。

5Gの対応バンドはSub-6のn1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78。SIMカードはnanoSIMタイプで、スロットは2つ。DSDS(5G+4G)をサポートする。こちらは、1枚のSIMカードと排他仕様でmicroSDメモリーカードスロットを搭載する。

motorola edge 20はプロeスポーツチームのSengoku Gamingのオフィシャル端末に採用される予定だ

motorola edge 20はプロeスポーツチームのSengoku Gamingのオフィシャル端末に採用される予定だ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る