特別企画

【Windows 11 Tips】「スタート」ボタンをWindows 10と同じ左にする方法

「Windows 11」を便利に使うための基礎をわかりやすく解説していきます。第1回は、「スタート」ボタンの位置を変更する方法を紹介します。

Windows 11の「スタート」ボタンを中央から左にする方法

Windows 11は、Windows 10からデザインが大きく変わりました。違いのひとつが「スタート」ボタンの位置です。Windows 10ではタスクバーの左にありましたが、Windows 11では中央に配置されています。左利きの人でも右利きの人でも使いやすい位置ですが、Windows 10のように左に設定したいという人もいるでしょう。その設定方法を紹介します。

Windows 11の「スタート」ボタンは中央に配置されています

Windows 11の「スタート」ボタンは中央に配置されています

「スタート」ボタンをクリックすると、「ピン留め済み」のアプリや「おすすめ」が表示されます

「スタート」ボタンをクリックすると、「ピン留め済み」のアプリや「おすすめ」が表示されます

「スタート」ボタンの位置を変更しましょう。「ピン留め済み」の中などから「設定」をクリック。「個人用設定」→「タスクバー」を選びます

「スタート」ボタンの位置を変更しましょう。「ピン留め済み」の中などから「設定」をクリック。「個人用設定」→「タスクバー」を選びます

一番下の「タスク バーの動作」をクリックして、メニューを展開します。「タスク バーの配置」をクリックすると、「左揃え」「中央揃え」の2つから選べます。「左揃え」にすると、Windows 10のように「スタート」ボタンを左にできます

一番下の「タスク バーの動作」をクリックして、メニューを展開します。「タスク バーの配置」をクリックすると、「左揃え」と「中央揃え」の2つの選択肢が表示されます。「左揃え」にすると、Windows 10のように「スタート」ボタンを左にできます

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコンソフトのその他のタグ
ページトップへ戻る