ニュース

ソニーがPC向けゲーミングギアに本格参入! 新ブランド「INZONE」からモニター・ヘッドセット発売

ソニーがPC向けゲーミングギアに本格参入! 新ブランド「INZONE」からモニター・ヘッドセット発売

2022年6月29日、ソニーはゲーミングギアブランド「INZONE(インゾーン)」を新たに立ち上げ、PC向けゲーミング市場に本格参入することを発表した。

同社は「PlayStation」シリーズでコンシューマーゲーム機や周辺機器を手がけているが、PC向けのゲーミングギアブランドは「INZONE」が初。ちなみに、「INZONE(インゾーン)」という名称は、極限の集中状態で没頭する様、ゾーンに入るという英語「in the zone」からきているそうだ。

今回の新ブランドローンチに合わせて発表されたのは、ゲーミングモニター(ゲーミングディスプレイ)2機種と、ゲーミングヘッドセット3機種。いずれも、同社がテレビやオーディオ機器の開発で培ってきた技術を投入し、画質や音質にこだわったプレミアムなゲーミングギアとして展開される。

4K高解像度/144Hz対応の「INZONE M9」とフルHD/240HzのeSports向け「INZONE M3」

ゲーミングモニター(ゲーミングディスプレイ)は、4K解像度で144Hzのリフレッシュレートに対応した「INZONE M9(SDM-U27M90)」と、フルHD解像度で240Hzのリフレッシュレートに対応した「INZONE M3(SDM-F27M30)」の2モデルが投入される。前者は高解像度でRPGやアドベンチャーゲームなどを高画質で楽しみたい人向け、後者はFPSやMOBAなど競技性の高いPCゲームをプレイする人に向けた製品だ。なお、両モデルともIPSパネルを採用し、画面サイズは27インチとなっている。

ソニー「INZONE M9(SDM-U27M90)」

ソニー「INZONE M9(SDM-U27M90)」

ソニー「INZONE M3(SDM-F27M30)」

ソニー「INZONE M3(SDM-F27M30)」

いずれも、「画質」や「ゲーミング性能」「使い勝手」「デザイン」など、プレミアムモデルにふさわしいスペックに仕上げたという。なかでも、「BRAVIA」で培った高画質化技術を投入したというソニーらしさ全開の「画質」については要注目だ。

4K/144Hz対応の「INZONE M9」は、ゲーミングモニターでは珍しい直下型LEDバックライトを採用。VESAのDisplayHDR規格「DisplayHDR 600」に対応するとともに、直下型LEDの部分駆動にも対応することで、ゲーミングモニターとは思えない高輝度・高コントラストを実現している。また、10bitカラー表示に対応し、DCI-P3カバー率95%の広色域表示にも対応している。実際に「INZONE M9」の実機を見てみたが、直下型バックライトのおかげでしっかりとコントラストが出ていたのと、明暗差の大きいシーンでもバックライト制御がしっかりと追従しているのが好印象だった。

「INZONE M9」は直下型LEDバックライトの部分駆動(フルアレイ・ローカルディミング)に対応し、VESAのDisplayHDR規格「DisplayHDR 600」の認証を取得

「INZONE M9」は直下型LEDバックライトの部分駆動(フルアレイ・ローカルディミング)に対応し、VESAのDisplayHDR規格「DisplayHDR 600」の認証を取得

「INZONE M9」は10bitカラー表示、DCI-P3カバー率95%の広色域表示にも対応

「INZONE M9」は10bitカラー表示、DCI-P3カバー率95%の広色域表示にも対応

フルHD/240Hzの「INZONE M3」は、エッジ型のバックライトを採用し、VESAのDisplayHDR規格「DisplayHDR 400」の認証を取得予定とのこと。こちらも10bitカラー表示に対応するが、色域についてはsRGBカバー率99%になるということだ。

「ゲーミング性能」については、いずれも高リフレッシュレートに対応するとともに、可変リフレッシュレート技術もVESA AdaptiveSync、NVIDIA G-SYNC Compatible、HDMI 2.1 Variable Refresh Rate(VRR)とひと通り網羅。応答速度(GTG)も、IPSパネルながら1ms(高速モード)を実現している。

3つの可変リフレッシュレート技術をサポートし、ティアリング・スタッタリング対策もばっちり

3つの可変リフレッシュレート技術をサポートし、ティアリング・スタッタリング対策もばっちり

IPSパネルながら、1ms(高速モード/GTG)の応答速度を実現

IPSパネルながら、1ms(高速モード/GTG)の応答速度を実現

さらに、ゲーミングモニターらしく、白飛びを軽減しつつ、暗いシーンの視認性を向上させる「ブラックイコライザー」や、画面に照準マークを表示する「クロスヘア」、フレームレートを表示する「フレームレートカウンター」といったゲーミング機能もしっかりと搭載。画質モードも、スタンダード、FPSゲーム、シネマ、ゲーム1、ゲーム2の5種類が用意される。なお、これらの設定はOSD(オンスクリーンディスプレイ)からコントロール可能なほか、専用PCソフトウェア「INZONE Hub」を使ってPCからもコントロール可能。「INZONE Hub」を利用すれば、ゲームタイトルごとに設定を保存することもできる。

暗いシーンの視認性を向上させる「ブラックイコライザー」など、多彩なゲーミング機能を搭載

暗いシーンの視認性を向上させる「ブラックイコライザー」など、多彩なゲーミング機能を搭載

OSD(オンスクリーンディスプレイ)から各種設定を変更可能

OSD(オンスクリーンディスプレイ)から各種設定を変更可能

OSD(オンスクリーンディスプレイ)の操作は右背面のジョイスティックで操作する形

OSD(オンスクリーンディスプレイ)の操作は右背面のジョイスティックで操作する形

専用PCソフトウェア「INZONE Hub」を活用すれば、PCから各種設定をコントロールすることができる

専用PCソフトウェア「INZONE Hub」を活用すれば、PCから各種設定をコントロールすることができる

ほかにも、入力機器に合わせて自動で周辺機器の接続先を切り替える「オートKVMスイッチ機能」を搭載(別途USB Type-B/Type-Cケーブル接続が必要)。「PlayStation 5」との接続時に、「オートHDRトーンマッピング」や「コンテンツ連動画質モード」を利用でき、「INZONE M9」は「Perfect for PlayStation 5」にも対応する。

本体デザインは、高さ調整やチルト機能(20度)に対応した特徴的な三脚式スタンドを採用したのがポイントで、モニター下にキーボードやマウスが配置しやすいようになっている。ゲーミングギアと言えば、クールなブラック系統のカラーリングを採用するメーカーが多いが、「INZONE M9」や「INZONE M3」、後述するゲーミングヘッドセットは、ホワイトを基調としたカラーリングを採用している。ゲーミング市場に新規参入するにあたり、真っ白な気持ちで挑戦するという決意、PS5との組み合わせでもマッチすることなどから、こういったカラーリングを採用したという。なお、「INZONE M9」には、背面に13色のカラーから選択できるライティング機能も搭載する。

特徴的な三脚式スタンドを採用

特徴的な三脚式スタンドを採用

高さ調整やチルト機能(20度)にも対応する

高さ調整やチルト機能(20度)にも対応する

モニター下を広く使えるため、キーボードやマウスパッドを配置しやすいという

モニター下を広く使えるため、キーボードやマウスパッドを配置しやすいという

スタンド背面には穴が設けられており、ケーブルを通してケーブルマネジメントできる

スタンド背面には穴が設けられており、ケーブルを通してケーブルマネジメントできる

ゲーミングギアでは珍しいホワイトを基調にしたカラーリングを採用

ゲーミングギアでは珍しいホワイトを基調にしたカラーリングを採用

「INZONE M9」は13色のカラーから選択できるライティング機能も搭載

「INZONE M9」は13色のカラーから選択できるライティング機能も搭載

入出力端子は2モデルとも共通で、DisplayPort×1(Ver.1.4)、HDMI×2(Ver.2.1)、USB Type-C×1(DP Alt Mode、Upstream)、USB Type-B×1(Upstream)、USB Type-A×3(DownStream)、ヘッドホン出力×1(3.5mm)を用意。内臓スピーカーは2W×2だ。

DisplayPortやHDMI、USB Type-Cなど多彩な入力方法を用意

DisplayPortやHDMI、USB Type-Cなど多彩な入力方法を用意

「INZONE M9」と「INZONE M3」の主なスペック

「INZONE M9」と「INZONE M3」の主なスペック

「INZONE M9」は7月8日発売で、市場想定価格は154,000円前後。「INZONE M3」は年内発売予定で、価格は未定となっている。

ノイズキャンセリング機能を搭載したプレミアムワイヤレスヘッドセット「INZONE H9」。ノイキャンなしのワイヤレスモデルや有線専用モデルも

ゲーミングヘッドセットは、ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスモデル「INZONE H9」と、ノイズキャンセリング機能なしのワイヤレスモデル「INZONE H7」、有線モデルの「INZONE H3」の3モデルが投入される。

ゲーミングヘッドセット。左から「INZONE H9」、「INZONE H7」、「INZONE H3」

ゲーミングヘッドセット。左から「INZONE H9」、「INZONE H7」、「INZONE H3」

ゲーミングモニターは、「BRAVIA」で培った高画質技術が投入されていたが、ゲーミングヘッドセットでは、オーディオヘッドホンで培ったソフトウェアとハードウェアの音響技術が投入されたのが大きな特徴だ。

まずソフトウェアについてだが、こちらはソニー独自の360立体音響技術をベースに、ゲーミング向けに最適化した「360 Spatial Sound for Gaming」を搭載したのがポイントだ。ゲーミングモニターでも使用する専用PCソフトウェア「INZONE Hub」を活用し、通常2chに圧縮される音声信号を本体の7.1chで再現する「立体音響バーチャライザー」と、耳画像データから音の聴こえ方の個人差を補正する「立体音響の個人最適化」の組み合わせにより、正確な定位かつ自然な聴こえ方を実現したという。

「360 Spatial Sound for Gaming」の「立体音響バーチャライザー」は、専用PCソフトウェア「INZONE Hub」で立体音響をONにすることで利用可能

「360 Spatial Sound for Gaming」の「立体音響バーチャライザー」は、専用PCソフトウェア「INZONE Hub」で立体音響をONにすることで利用可能

「立体音響の個人最適化」には、「360 Spatial Sound Personalizer」アプリを利用。オーディオ用ヘッドホンで360立体音響を楽しむためにすでに耳を撮影済みの場合は、アカウントを紐づけるだけでも利用できるとのこと

「立体音響の個人最適化」には、「360 Spatial Sound Personalizer」アプリを利用。オーディオ用ヘッドホンで360立体音響を楽しむためにすでに耳を撮影済みの場合は、アカウントを紐づけるだけでも利用できるとのこと

ハードウェアについては、ハウジング内の音響構造を左右対称にすることで、聴こえてくる音の定位を高めたり、ハウジング上にダクトを設けて低域再生をコントロールするなど、これまでのヘッドホン開発で培った音響技術をゲーミング向けに最適化して搭載。さらに、上位モデルの「INZONE H9」と「INZONE H7」には、音楽用ヘッドホンで実績のある振動板形状を採用し、すぐれた高域再生能力とハイコンプライス化を実現することで、ゲーム内の音を余すことなく再生できるという。

低域再生をコントロールするダクトをハウジングに搭載。低側圧なゲーミングヘッドセットでも迫力のある低音を楽しめるという

低域再生をコントロールするダクトをハウジングに搭載。低側圧なゲーミングヘッドセットでも迫力のある低音を楽しめるという

また、最上位モデルとなる「INZONE H9」は、ノイズキャンセリングヘッドホン「1000X」シリーズで実績のある「デュアルノイズセンサーテクノロジー」によるノイズキャンセリング機能とアンビエントサウンドモード(外音取り込み)を搭載。PCファンなどの屋外ノイズを遮断することで、ゲームへの没入感をさらに高めるという。

「INZONE H9」は、ゲームへの没入感をさらに高めるノイズキャンセリング機能を搭載

「INZONE H9」は、ゲームへの没入感をさらに高めるノイズキャンセリング機能を搭載

ノイズキャンセリングとアンビエントサウンドモード(外音取り込み)はボタンでワンタッチで切り替えできる

ノイズキャンセリングとアンビエントサウンドモード(外音取り込み)はボタンでワンタッチで切り替えできる

本体デザインに関してもオーディオヘッドホンで培ったノウハウが生かされており、幅広で厚みのあるヘッドクッションや、快適性を追求した低側圧のヘッドバンド、接地面を増やして圧力を分散したイヤーパッド構造などが採用されている。なお、イヤーパッド素材はモデルによって異なっており、最上位モデルとなる「INZONE H9」は、「WH-1000XM5」にも採用されたソフトフィットレザーイヤーパッド(合成皮革)を、「INZONE H7」と「INZONE H3」は肌触りのよいナイロン素材のイヤーパッドを採用。バンドデザインも、ワイヤレスモデルの「INZONE H9」「INZONE H7」と有線モデルの「INZONE H3」の間で異なっており、最上位モデルの「INZONE H9」のみ、イヤーカップ部にリングLEDも用意されている。

ソニー「INZONE H9」

ソニー「INZONE H9」

「INZONE H9」の側面のデザイン

「INZONE H9」の側面のデザイン

「INZONE H9」と「INZONE H7」はほぼ同じデザインを採用するが、「INZONE H9」のみリングLEDが用意されている

「INZONE H9」と「INZONE H7」はほぼ同じデザインを採用するが、「INZONE H9」のみリングLEDが用意されている

左がソフトフィットレザー(合成皮革)を採用した「INZONE H9」、右がナイロン素材を採用した「INZONE H7」のイヤーパッド

左がソフトフィットレザー(合成皮革)を採用した「INZONE H9」、右がナイロン素材を採用した「INZONE H7」のイヤーパッド

有線モデルの「INZONE H3」

有線モデルの「INZONE H3」

「INZONE H3」のバンドデザインやマイクカラーが「INZONE H9」「INZONE H7」と異なる

「INZONE H3」のバンドデザインやマイクカラーが「INZONE H9」「INZONE H7」と異なる

左が「INZONE H7」、右が「INZONE H3」のイヤーパッド。ナイロン素材使用という点は同じだが、クッション性が若干異なっている

左が「INZONE H7」、右が「INZONE H3」のイヤーパッド。ナイロン素材使用という点は同じだが、クッション性が若干異なっている

可動式のブームマイクは、フリップアップでミュートになる仕様。「INZONE H9」と「INZONE H7」はホワイトカラーの両指向性のエレクトレットコンデンサーマイクを、「INZONE H3」はブラックカラーの単一指向性エレクトレットコンデンサーマイクとなっている。

マイクはフリップアップでミュートになる仕様だ

マイクはフリップアップでミュートになる仕様だ

ワイヤレスモデルの「INZONE H9」と「INZONE H7」は、専用のUSBドングルを使った2.4GHz接続に加え、Bluetooth接続(SBC/AAC)もサポートし、2.4GHzとBluetoothの同時接続にも対応。バッテリー駆動時間は、「INZONE H9」が最大32時間(ノイキャンOFF)、「INZONE H7」が最大40時間で、両モデルともUSB充電しながらの利用も可能となっている。なお、ワイヤレスモデルの「INZONE H9」と「INZONE H7」は、専用ドングルを活用して「PlayStation 5」との接続にも対応。PS5の「Tempest 3Dオーディオ」への対応はもちろん、画面上でのヘッドセットステータス表示や、ヘッドセット本体に用意されたボタンでのゲーム/ボイスチャットの音量バランス調整切り替えなどが利用できる「Perfect for PlayStation 5」にも対応する。

「INZONE H9」と「INZONE H7」に付属する専用USBドングル

「INZONE H9」と「INZONE H7」に付属する専用USBドングル

「Perfect for PlayStation 5」に対応した「INZONE H9」と「INZONE H7」は、画面上でのヘッドセットステータス表示も可能だ

「Perfect for PlayStation 5」に対応した「INZONE H9」と「INZONE H7」は、画面上でのヘッドセットステータス表示も可能だ

本体重量は、「INZONE H9」が約330g、「INZONE H7」が約325g、「INZONE H3」が約299g。3モデルとも7月8日発売で、市場想定価格は「INZONE H9」が36,000円前後、「INZONE H7」が29,000円前後、「INZONE H3」が12,000円前後だ。

「INZONE H9」「INZONE H7」「INZONE H3」の主なスペック

「INZONE H9」「INZONE H7」「INZONE H3」の主なスペック

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る