レビュー

ASUS「Vivobook 15X OLED」レビュー、第12世代Core Hシリーズ&15.6型の2.8K有機EL搭載

ASUS JAPANは2022年7月14日、ノートパソコンの新モデルとして「Vivobook 15X OLED X1503ZA」と「Vivobook 14X X1403ZA」の2機種を発表した。高い処理性能が求められるゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCに採用されることが多い、インテルの第12世代Core i7-12700Hという高性能なCPUを搭載するのが特徴だ。PCゲームはしないが、日々の作業をなるべく快適にこなしたいという人向けのモデルと言える。

今回は発売前に「Vivobook 15X OLED X1503ZA」を試すことができたので、そのパワーをチェックしていきたい。

 15.6型の2.8K有機ELディスプレイを搭載する「Vivobook 15X OLED X1503ZA」。変哲のないスタンダードノートに見えるが、第12世代Coreプロセッサーの中でも高性能な「Hシリーズ」を搭載した高性能なモデルだ

15.6型の2.8K有機ELディスプレイを搭載する「Vivobook 15X OLED X1503ZA」。変哲のないスタンダードノートに見えるが、第12世代Coreプロセッサーの中でも高性能な「Hシリーズ」を搭載した高性能なモデルだ

デスクトップ級の性能を実現する「Hシリーズ」を搭載

「Vivobook 15X OLED X1503ZA」は15.6型の2.8K有機ELディスプレイを搭載するスタンダードノート。一見、普通のノートパソコンに見えるが、中身がひと味違う。

パソコンの処理性能を左右するCPUに、「Hシリーズ」と呼ばれる第12世代Core i7-12700Hを搭載しているのだ。一般的なスタンダードノートやモバイルノートは、TDP(熱設計電力)が28Wの「Pシリーズ」や15W/9Wの「Uシリーズ」を搭載するのに対して、本モデルが搭載する「Hシリーズ」はTDPが45WとデスクトップPC向けCPUに匹敵するTDPとなっているのだ。

この「Hシリーズ」はゲーミングノートPCやクリエイター向けPCに採用されることが多く、高いパフォーマンスが期待できる半面、冷却性能を高めるために本体が大きく厚くなってしまう。その点、本モデルは特別に設定されたマザーボードとデュアルヒートパイプにより、厚さ20.2mmのスリムボディを実現している。重量も約1.7kgに抑えられている。

搭載されるCore i7-12700Hは、6コア12スレッドのPコア(Performance-core)と8コア8スレッドのEコア(Efficient-core)で構成される合計14コア20スレッドのCPU。動作周波数はPコアが2.3GHz〜4.7GHz、Eコアが1.70GHz〜3.50GHzとなっている。メモリーはDDR4-3200の16GB、ストレージは512GB SSD(PCI Express 3.0 x2接続)とCPU以外のスペックは、比較的ベーシックな仕様となっている。

そのパフォーマンスを定番ベンチマークプログラムでチェックしてみた。

CPUの処理性能を計測するベンチマークプログラム「CINEBENCH R23」の結果。12668はなかなかのハイスコアだ。12コア16スレッドのCore i7-1260P(デル「XPS 13 Plus」)の結果はCPUが7988、シングルコアが1671だった。シングルコアはPシリーズのCore i7-1260Pのほうが上だが、CPU全体のスコアはHシリーズのCore i7-12700Hの圧勝で、コア数の違いが差に出ていると考えられる

CPUの処理性能を計測するベンチマークプログラム「CINEBENCH R23」の結果。12668はなかなかのハイスコアだ。12コア16スレッドのCore i7-1260P(デル「XPS 13 Plus」)の結果はCPUが7988、シングルコアが1671だった。シングルコアはPシリーズのCore i7-1260Pのほうが上だが、CPU全体のスコアはHシリーズのCore i7-12700Hの圧勝で、コア数の違いが差に出ていると考えられる

CPUの処理性能を計測するベンチマークプログラム「CINEBENCH R20」の結果。こちらもCore i7-1260Pと比べると、CPUのスコアが高くコア数がその差に出ている

CPUの処理性能を計測するベンチマークプログラム「CINEBENCH R20」の結果。こちらもCore i7-1260Pと比べると、CPUのスコアが高くコア数がその差に出ている

パソコンの総合性能を計測するベンチマークプログラム「PCMark 10 Professional Edition」では5394のハイスコアを記録。クリエイティブ作業の快適さを示す「Digital Content Creation」が6574と特に高く、写真や動画の編集作業を快適にこなせそうだ

パソコンの総合性能を計測するベンチマークプログラム「PCMark 10 Professional Edition」では5394のハイスコアを記録。クリエイティブ作業の快適さを示す「Digital Content Creation」が6574と特に高く、写真や動画の編集作業を快適にこなせそうだ

グラフィックはCPU内蔵の「Iris Xe グラフィックス」。グラフィック処理性能を測定するベンチマークプログラム「3DMark Professional Edition」の「Time Spy」の結果だが、PCゲームを楽しみたいなら、同社の「ROG」シリーズや「TUF Gaming」シリーズなどゲーミングノートPCを選んだほうがよさそうだ

グラフィックはCPU内蔵の「Iris Xe グラフィックス」。グラフィック処理性能を測定するベンチマークプログラム「3DMark Professional Edition」の「Time Spy」の結果だが、PCゲームを楽しみたいなら、同社の「ROG」シリーズや「TUF Gaming」シリーズなどゲーミングノートPCを選んだほうがよさそうだ

CPU性能を測定するベンチマークプログラム「CINEBENCHR23/R20」の結果からは、そのパワーの高さがしっかりと発揮されているのがうかがえる。CPUパワーが生きるのは日常のあらゆる作業だ。リモート会議やビデオ電話をしながら、こっそり作業をするといったマルチタスクをする人にとっては、CPUパワーの高い本モデルはぴったりだ。いろいろな作業を同時にこなすと、動作が重くなったり、カクついたりするという人は、CPUパワー全フリの本モデルをチェックしてみてもらいたい。

鮮やかな15.6型の2.8K有機ELディスプレイ搭載

「Vivobook 15X OLED X1503ZA」のもうひとつの特徴がディスプレイだ。ASUS JAPANは有機ELディスプレイを積極的に採用しており、本モデルにも2.8Kの15.6型有機ELディスプレイを搭載する。

解像度は2880×1620で、リフレッシュレートは120Hz。ゲーミングノートPCではないが、滑らかな表示だ。表面はグレアで反射も抑えられている。

2880×1620の2.8K有機ELディスプレイは、鮮やかで高精細な表示だ。ゲーミングノートPCではないが、リフレッシュレートが120Hzに対応している。黒系のUIやスクリーンセーバーなど焼き付きを軽減するための仕組みも盛り込まれている

2880×1620の2.8K有機ELディスプレイは、鮮やかで高精細な表示だ。ゲーミングノートPCではないが、リフレッシュレートが120Hzに対応している。黒系のUIやスクリーンセーバーなど焼き付きを軽減するための仕組みも盛り込まれている

92万画素Webカメラを上部に搭載。物理的にカメラを隠すプライバシーシールドを搭載しており、安心感もある。AIノイズキャンセリング機能も搭載しており、クリアな声でビデオ会議などに参加できる。

物理的にカメラを隠すプライバシーシールドを搭載するWebカメラ

物理的にカメラを隠すプライバシーシールドを搭載するWebカメラ

クセの少ないキーボード&タッチパッド、外部インターフェイスが充実

最後に使い勝手をチェックしていこう。キーボードは3列のテンキー付きだ。キーピッチは実測で19mmほどのアイソレーションキーボード。キーストロークは実測で2mmほど、打鍵感は柔らかめだがしっかりしたクリック感があり、快適にタイピングできた。タッチパッドは広めだが、表面の滑りが少しだけ悪い。タッチパッドの表面の滑りが悪いのが少し気になるが、キーボードを含めクセのない少ない操作性と言える。

本体カラーは「クワイエットブルー」。落ち着いた紺色でシンプルなデザインだ

本体カラーは「クワイエットブルー」。落ち着いた紺色でシンプルなデザインだ

ディスプレイは180°開くので、対面の人と画面を共有するときに便利

ディスプレイは180°開くので、対面の人と画面を共有するときに便利

テンキー付きのキーボード。オーソドックスなキー配列ですぐになじめそうだ。細菌を99%抑制する効果が約3年間つづく「アンチバクテリアガード」が施されている。なお、14型の「Vivobook 14X X1403ZA」はタッチパッド上に指紋認証センサーが搭載される

テンキー付きのキーボード。オーソドックスなキー配列ですぐになじめそうだ。細菌を99%抑制する効果が約3年間つづく「アンチバクテリアガード」が施されている。なお、14型の「Vivobook 14X X1403ZA」はタッチパッド上に指紋認証センサーが搭載される

外部インターフェイスが豊富なのもポイント。USB 3.2 Gen1 Type-C、USB 3.2 Gen1 Type-A×2、USB 2.0、HDMI出力、マイク入力/ヘッド本出力を搭載しており、手持ちの周辺機器を接続するのに苦労はしなさそうだ。

外部インターフェイスが豊富なのもポイント。USB 3.2 Gen1 Type-C、USB 3.2 Gen1 Type-A×2、USB 2.0、HDMI出力、マイク入力/ヘッド本出力を搭載しており、手持ちの周辺機器を接続するのに苦労はしなさそうだ。

豊富な外部インターフェイスを搭載

豊富な外部インターフェイスを搭載

90WのACアダプター。コンパクトで場所を取らない

90WのACアダプター。コンパクトで場所を取らない

まとめ

「Vivobook 15X OLED X1503ZA」の価格.com最安価格は124,800円から。デスクトップ級の性能を発揮する高性能なCPUと鮮やかな有機ELディスプレイを搭載していることを考えると、コスパの高いモデルだ。

また、CPU性能の高いスタンダードノートという最近は見かけないコンセプトにも注目したい。高性能なノートパソコンは欲しいが、ゲーミングノートPCは派手で選びにくいという人は、「Vivobook 15X OLED X1503ZA」をぜひチェックしてもらいたい。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

ガジェットとインターネットが好きでこの世界に入り、はやいもので20年。特技は言い間違いで、歯ブラシをお風呂、運動会を学芸会、スプーンを箸と言ってしまいます。お風呂とサウナが好きです!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る