新製品レポート
高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」や「スグ電」で差異化

NTTドコモが2016年夏モデルを発表! 注目の4機種を徹底チェック

NTTドコモは2016年5月11日、2016年の夏モデルとして、スマートフォン5機種、タブレット1機種、モバイルルーター1機種の合計7機種を発表した。5月19日から順次発売する。ここでは7機種の中でも注目度が高いスマートフォン4機種の特徴を紹介したい。

死角なしの優等生モデル!?
サムスン「Galaxy S7 edge SC-02H」

約5.5インチの有機ELディスプレイを搭載するGalaxy S7 edge SC-02H。大画面モデルながら、7.7mmとスリムで手にフィットする。大容量バッテリーと4GBのメモリーを搭載するほか、外部メモリーにも対応。カメラ機能も強化され、完成度の高いモデルに仕上がっている

ディスプレイの両端がカーブした「デュアルエッジスクリーン」が特徴的なハイスペックなスマートフォン。ディスプレイは、前モデルの「Galaxy S6 edge」(約5.1インチ)より大きな約5.5インチ(1440×2560)の有機ELディスプレイを採用する。大画面モデルでありながら、厚さ約7.7mm、横幅73mmというスリムで持ちやすいサイズ感を実現しているのがポイントだ。

ハードウェア面では4GBのメモリー(RAM)とNTTドコモのスマートフォンとしては最大となる3600mAhの大容量バッテリーを搭載するのが見どころ。また、ユーザーからの要望に応え、Galaxy S6 edgeで非対応だった外部メモリーをサポート。最大200GBまでのmicroSDXCカードを利用できる。ボディはキャップレスの防水・防塵仕様(IPX5/IPX8、IP6X)。アウトカメラは1600万画素から1220万画素へ画素数が下がり、F値が1.9から1.7へと明るくなるなど、暗いシーンに強くなっている。デジタル一眼レフカメラに搭載されるデュアルピクセル技術を採用しており、高速なオートフォーカスが可能なのも見逃せない。高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」や「スグ電」など、NTTドコモ独自の新機能も網羅。受信時最大375Mbpsの「PREMIUM 4G」もサポートする。本体サイズは約73(幅)×151(高さ)×7.7(厚さ)mm、重量は158g。カラーはBlack Onyx、White Pearl、Pink Goldの3色。5月19日に発売する。

カラーバリエーションはPink Gold 、Black Onyx、White Pearlの3色。いずれも高級感のある色味と質感だった

カラーバリエーションはPink Gold 、Black Onyx、White Pearlの3色。いずれも高級感のある色味と質感だった

F1.7の明るいレンズを搭載するアウトカメラは暗所に強い。「Galaxy S5」では難しい暗い場所でも、しっかり被写体を捉えられる様子をデモンストレーションしていた

NTTドコモ版は下り375MbpsとVoLTE(HD+)に対応!
ソニーモバイル「Xperia X Performance SO-04H」

約5.0インチフルHD液晶を搭載する「Xperia X Performance SO-04H」。カラーは、White、Graphite Black、Lime Gold、Rose Goldの4色。背面パネルだけでなく、サイドフレームやディスプレイ表面部分まで同じ色でカラーリングされている

「Xperia X Performance SO-04H」は、「Mobile World Congress 2016」で発表された「Xperia X」シリーズ最上位モデル「Xperia X Performance」のNTTドコモ向けモデルだ。これまで展開していた「Xperia Z」シリーズを置き換えるフラッグシップモデルで、約5.0インチフルHD液晶を搭載した本体は、「Xperia」シリーズとして初となるアルミ素材を使用したフルメタルボディを採用し、これまでのXperia Zシリーズの見た目から大きく印象が変わっている。また、カメラ機能については、「Xperia Z5」シリーズでサポートしていた4K動画撮影機能が省かれたものの、より高画質に自撮りできるようにインカメラの画素数を約1320画素に引き上げたり、アウトカメラ/インカメラともに起動から撮影まで約0.6秒で行なえる高速レスポンスに対応するなど、より実用性を重視した内容に強化されているのがポイントだ。

ちなみに、auとソフトバンクからもXperia X Performanceが発表されているが、NTTドコモ版は、受信時最大速度375MbpsのPREMIUM 4G LTEと、従来の「VoLTE」よりもさらに高音質な通話が可能なVoLTE(HD+)に対応しているのがポイント。また、デザイン面でも違いがあり、NTTドコモ版の背面パネル部分のデザインは、中央にNTTドコモのロゴ、右上に型番、下部にXperiaのロゴが刻印されている。背面を覆うようなケースを付けてしまえば見えなくなるとはいえ、auとソフトバンクに比べるとNTTドコモが全面に押し出されたデザインのため、この点については好みが分かれそうだ。発売は6月中旬予定。

SIMカードとmicroSDカードの装着部分は、アップルの「iPhone」のような一体型のトレータイプに変更され、着脱可能になった

WhiteとGraphite Blackの背面部分のみ、ヘアライン加工が施されている。ロゴの位置はいろいろと賛否が分かれそうだ

耐久性のすぐれた中級モデル
富士通「arrows SV F-03H」

約5.0インチの液晶ディスプレイを搭載するarrows SV F-03H。手ごろな価格帯の中級モデルだが、アルミフレームを使うなどデザインと質感にこだわっている

デザインや質感にこだわった中級モデル。防水・防塵に加え、米国国防総省調達基準(MIL規格)14項目に準拠したすぐれた耐久性が特徴で、側面にはハードアルマイト処理を施したアルミフレームを採用する。実物は、高級モデルのような高い質感だった。ディスプレイは約5.0インチ(720×1280)のIPS液晶、CPUはクアッドコア(1.2GHz)、メモリー(RAM)は2GBと控えめなスペックだが、その分、「手ごろな価格で提供する予定」(説明員)だという。

カメラはインカメラに広角(85度)なレンズを採用し、複数人での自撮りがしやすいように配慮。アウトカメラはF2.0の明るいレンズと裏面照射型センサーで、暗いシーンでも人物や背景を鮮明に撮影できるという。富士通製のスマートフォンではおなじみの日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」も搭載する。本体サイズは約72(幅)×144(高さ)×7.8(厚さ)mm、重量は140g台(暫定)。カラーはGold、Black、Whiteの3色。6月下旬に発売する。

背面は傷や汚れに強いハードコート処理が施されている。カラーはBlack、White、Goldの3色

背面は傷や汚れに強いハードコート処理が施されている。カラーはBlack、White、Goldの3色

側面のアルミフレーム。持ちやすいように四隅に段差を設けているのがポイント

側面のアルミフレーム。持ちやすいように四隅に段差を設けているのがポイント

AQUOS史上最高となる約2260万画素のカメラを搭載!
シャープ「AQUOS ZETA SH-04H」

「AQUOS ZETA SH-04H」は、5.3インチフルHD液晶を搭載。カラーはGreen、Black、Whiteの3色をラインアップ

「AQUOS ZETA SH-04H」は、5.3インチフルHD液晶を搭載。カラーはGreen、Black、Whiteの3色をラインアップ

ハイエンドシリーズ「AQUOS ZETA」の最新モデルとなる「AQUOS ZETA SH-04H」。最近の「AQUOS」シリーズは、液晶画面の上と左右の縁を極限まで省いた三辺狭額縁デザイン「EDGEST」を積極的に採用していたが、AQUOS ZETA SH-04Hではデザインを一新し、他社製スマートフォンに近いフォルムに生まれ変わったのが大きな特徴だ。また、アウトカメラにAQUOSシリーズ史上最高となる有効画素数約2260万画素のCMOSセンサーを搭載したのもポイント。カメラアプリもブラッシュアップされており、カメラ起動が2015年冬モデルの「AQUOS ZETA SH-01H」のおよそ半分となる約0.4秒に短縮したほか、花火が開いた瞬間を自動で撮影できる「花火撮影モード」や、動画から静止画を切り出せる「あとからキャプチャー」といった機能も新たに追加された。AQUOSシリーズでおなじみの人口知能「エモパー」も「エモパー4.0」にバージョンアップしている。

このほか、AQUOS ZETA SH-01Hでは本体背面にあった指紋リーダーが、本体右側面に移動している。AQUOS ZETA SH-04Hでは、電源ボタンと指紋リーダーが物理的に別になっており、電源ボタンを押したあとに指紋リーダーを通すことでロックを解除できるほか、本体のグリップを感知する「グリップマジック」機能と組み合わせることで、片手でロック解除できるようになっている。発売は6月上旬の予定。

三辺狭額縁デザインのEDGESTと比べると、液晶画面の左右の縁は同様に狭いが、液晶画面の上部については狭くなっておらず、一般的なスマートフォンらしいデザインになった

液晶パネルには、120Hzの高速液晶駆動を実現する「ハイスピードIGZO」を採用。縦長のWebサイトを閲覧するときに自動的にスクロールしてくれる「スクロールオート」や、生活パターンを学習し、就寝時間に近づくと自動的に目にやさしい画質に変更してくれる「リラックスオート」といった新機能も利用できる

“快適化”で他社と差異化

同社の2016年夏のテーマは“快適化”。端末が横並びになりつつある中で、通信速度や音声通話の品質、使い勝手など、スマートフォンをより快適に使えるような独自のサービスや機能を打ち出す。通信速度では、国内最速となる受信時最大375Mbpsを実現。Galaxy S7 edge、Xperia X Performance SO-04H、モバイルルーターの「Wi-Fi Station HW-01H」の3機種が対応する。

音声通話では、次世代通話用コーデック「EVS」を活用した通話サービスのVoLTE(HD+)を国内初導入。既存のVoLTEよりも、さらに高音質で肉声に近いクリアな通話が可能だ。Galaxy S7 edge、Xperia X Performance SO-04H、AQUOS ZETA SH-04Hの3機種で利用できる。

使い勝手の面では、画面を一度もタップせずに電話を受けたり、発信したりできる「スグ電」を用意。発信の操作は、本体を振って耳に当てるだけ。あらかじめ登録した人(左耳と右耳で2人まで登録可能)にすぐに電話をかけられる。Galaxy S7 edge、Xperia X Performance SO-04H、AQUOS ZETA SH-04H、arrows SV F-03Hの4機種が対応する。

VoLTE(HD+)は、FMラジオ相当の音質。会場で聴き比べたが、VoLTEよりも聴きとりやすかった

VoLTE(HD+)は、FMラジオ相当の音質。実際に聴き比べてみたが、VoLTEよりも聴きとりやすかった

スグ電の発信画面。端末を振ると、この画面が表示され、耳にあてると発信できる

スグ電の発信画面。端末を振ると、この画面が表示され、耳にあてると発信できる

発表会には同社のテレビCMに出演中の高畑充希さん(中央)と綾野剛さん(右)がゲストとして登場した。左は同社の加藤薫社長

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る