Google I/O 2016で初お披露目!

Googleの新ガジェット「Daydream」と「Google Home」ってナニ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが5月18日(現地時間)から開催している開発者向けカンファレンス「Google I/O 2016」。Googleの新しいサービスやアプリ、最新のAndroid OS「Android N」の詳細など、多種多様な発表が行われたが、今回はその中から、近年大きな高まりを見せている“VR”に向けた新しいプラットフォーム「Daydream」と、スマートホーム向けの新デバイス「Google Home」について、現時点で判明している特徴などをご紹介しよう。

スマホを使ったモバイルVRの大本命!? 「Daydream」

Daydreamとは、Googleが開発を進めている最新のVR向けプラットフォームのことだ。同社はこれまで、スマートフォンを取り付けて使用する段ボール製の簡易VRヘッドマウントディスプレイ「Cardboard」を展開していたが、今回のDaydreamでは、Android Nで新たにサポートされる「VR Mode」、VR対応のスマートフォン、ヘッドセットと専用コントローラー、アプリを組み合わせることで、Cardboardよりも高品質なVR体験を実現できるというのがウリだ。

Googleが開発を進めている最新のVR向けプラットフォーム「Daydream」

Googleが開発を進めている最新のVR向けプラットフォーム「Daydream」

ハードウェアについては、「Oculus Rift」や「HTC Vive」、「PlayStation VR」といった専用モニターを内蔵するスタンドアローンタイプではなく、サムスンの「Gear VR」のようにスマートフォンを取り付けてモニター代わりにするモバイルVRタイプとなる。ちなみに、現時点ではハードウェアのデザインのみ公開されている。今後、このデザインに合わせた製品がサードパーティから登場するほか、本家Googleからも製品が登場することが明らかになっている。なお、スマートフォンを使ったモバイルVRでもすぐれたVR体験を実現するため、スマートフォンのハードウェアについてもあらかじめ仕様が定められている。今後、この仕様に準拠した「Daydream-Ready」のスマートフォンがサムスンやHTC、ASUSなどから発売されるとのことだ。

「Daydream」のハードウェアのデザイン

「Daydream」のハードウェアのデザイン

Daydreamのハードウェアで面白いのが、任天堂「Wii」の「Wiiリモコン」のような専用コントローラーが用意されていること。従来のモバイルVRの場合、顔の動きで簡易的な操作しかできないものが多かったが、Daydreamなら専用リモコンを使い、VR内で多彩な操作ができるようになっているのだ。アプリのメニュー操作はもちろん、ゲームアプリでは、コントローラーを魔法の杖やつり竿に見立ててさまざまなアクションを楽しめる。これは従来のモバイルVRになかった大きな利点といえるだろう。

このほか、対応アプリについては、Googleが「YouTube」「Streetview」「Phoots」「Google play movies」の開発をすでに進めているほか、NetflixやHulu、Electronic Arts、Ubisoftなども開発を進めていることが明らかになっている。Daydream自体は、スタンドアローンタイプの製品よりも安価に登場することが予想されるので、今秋の対応製品登場までの対応アプリの充実度次第では、大きな注目を集めそうだ。

おうちで使う音声アシスタントデバイス「Google Home」

Google I/O 2016で発表された対話型の音声アシスタント機能「The Google Assistant」は、既存の「Google Now」と異なり、自然言語を理解して最適な内容を回答してくれるのが最大の特徴。たとえば、「今夜上映されている映画は?」と質問すると、近くで○○を上映している映画館の情報を回答し、それに続いて「子供と一緒に見に行く」と伝えると、子供と一緒に見られる映画に絞って回答し、その上、「チケットを予約しますか」とサジェストまでしてくれるのだ。この最新のThe Google Assistantを活用したデバイスとして発表されたのが「Google Home」だ。

Google「Google Home」

Google「Google Home」

スピーカーは本体に内蔵

スピーカーは本体に内蔵

手のひらサイズのコンパクトボディ

手のひらサイズのコンパクトボディ

本体はどんなインテリアにもマッチするようにデザインしたという

本体はどんなインテリアにもマッチするようにデザインしたという

「Google Home」は、自宅のリビングや寝室などに設置して使用する音声アシスタントデバイスだ。本体にスピーカーとマイクを搭載しており、本体にしゃべりかけることで、The Google Assistantの機能を利用できる。また、「Chromecast」や「Chromecast Audio」、スマートホームデバイスとの連携にも対応しており、話しかけるだけで検索したYouTubeの動画をテレビに表示したり、部屋の照明をつけたりといったことができる。発売時期は年内とアナウンスされているが、日本での発売は未定だ。似たようなデバイスとしては、米アマゾンが販売している「Echo」があるが、どのように差別化していくのか。今後の展開に注目したい。

テレビや照明とも連携するという

「Chromecast」やスマートホームデバイスと組み合わせて使用することで、テレビや照明とも連動できるので、さまざまな使い方ができそうだ

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.16 更新
ページトップへ戻る