メーカー未発表のオリジナルクーラーモデルも多数展示

Radeon RX 470/RX 460は今夏発売! AMD Radeon RXシリーズ発表会レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月11日、日本AMDは東京都内でPolarisアーキテクチャーを採用する「Radeon RX」シリーズに関する記者発表会を開催した。ここでは、記者発表会で明らかになった新情報を中心にレポートしよう。

ゲーミング市場のど真ん中をターゲットにしたPolaris。ハイエンド市場向け製品は2017年の“Vega”までお預け

Radeon RXシリーズは、AMDの最新GPUアーキテクチャー“Polaris”を採用する新GPUシリーズのことだ。2016年6月29日に販売が開始された「Radeon RX 480」に加え、「Radeon RX 470」と「Radeon RX 460」がラインアップされていることがすでに明らかになっているが、今回の記者発表会では、Radeon RX 470とRadeon RX 460が今後数週間以内に発売されることが明らかにされた。

Rsadeon RX 470は、Radeon RX 480と同じPolaris 10チップを採用するが、Compute Unitはフルスペックの36基から32基に削減。ちなみに、スライドではリファレンスデザインのカードの写真が掲載されているが、メーカーからはオリジナルデザインの製品が登場予定とのこと

Polaris 11チップを搭載するRadeon RX 460。Polaris 11は、フルスペックで16基のCompute Unitを搭載するが、Radeon RX 460は14基となっている

ベンチマーク速報の記事でも軽く触れたが、Polarisは、同社のGPUとして初めて製造プロセス技術に14nm FinFETを採用。従来の28nmプロセス技術を採用したGPUに比べ、電力効率とコストパフォーマンスの高さが大きな特徴となっている。ちなみに、Radeon RX 480、Radeon RX 470、Radeon RX 460のそれぞれの製品位置付けだが、Radeon RX 480が1080p以上の解像度でのゲームプレイや、VR体験をしたいユーザー向け、Radeon RX 470は1080pでグラフィック設定を高めた状態でゲームプレイしたいユーザー向け、Radeon RX 460はeスポーツ向けとなっている。

Radeon RXシリーズ。現時点では、Radeon RX 480、Radeon RX 470、Radeon RX 460の3モデルがラインアップされている

Radeon RXシリーズでは、製造プロセス技術の変更やマイクロアーキテクチャーのチューニングにより、前世代の製品に比べてワット当たりのパフォーマンスが最大2.8倍向上しているという

発表会に登壇したAMD Radeon Technologies GroupのKorhan Ereneben氏は、新GPUシリーズについて、PCゲーミング市場の84%が100〜300ドルのグラフィックカードを使用していること、95%のユーザーが1080pでゲームをしていることを挙げ、「Polarisはこの価格帯に対して最高の製品を提供していくことを念頭に開発してきた」と説明。また、「HTC Vive」や「Oculus Rift」の登場で大きな盛り上がりを見せているVR市場については、VRを体験できる処理能力を持ったPCの台数が現時点で非常に限られていることを挙げ、「Radeon RX 480の投入により、VRを体験できるPCの台数を大きく伸ばしていける」と意気込みを語った。

AMD Radeon Technologies GroupのKorhan Ereneben氏

AMD Radeon Technologies GroupのKorhan Ereneben氏

PCゲーミング市場の84%が100〜300ドルのグラフィックカードを使用しているという

PCゲーミング市場の84%が100〜300ドルのグラフィックカードを使用しているという

95%のユーザーがフルHD環境(1080p)でゲームをプレイしているという

95%のユーザーがフルHD環境(1080p)でゲームをプレイしているという

Polarisでは、VRにも注力。これまではハイエンドビデオカードでしか実現できなかったVR体験を、ミドルレンジ製品でも実現していくことで、VR市場のさらなる拡大を図っていくという

このほか、近年のPCゲーミング市場ではストリーミング需要が高く、高品位でリアルタイムのストリーミングができることも重要になっていることを挙げ、Polarisではマルチメディア機能にも注力していると説明。コネクティビティ周りでは、ディスプレイ出力のHDR対応をアピールしていた。

ニーズが高まっているゲームのストリーミング配信向けに、マルチメディア機能も強化していくという

ニーズが高まっているゲームのストリーミング配信向けに、マルチメディア機能も強化していくという

Polarisでは、DisplayPort 1.3/1.4とHDMI 2.0bをサポートし、4K/60fps出力とHDR(High Dynamic Range)に対応。HDRについては、今のところメジャーな機能とは言い難いが、今後、対応コンテンツが増えてきたときにしっかりと対応できるように対応することを決めたという

Polarisでは、DirectX 12への最適化が進み、パフォーマンスがより引き出せるようになってきており、DirectX 12対応タイトルのラインアップも今後強化していくという

なお、発表会の最後に行われた質疑応答では、ハイエンドセグメントへの製品投入の予定はあるかという質問が挙がったが、これについてKorhan Ereneben氏は、「Polarisはミドルレンジのセグメントをターゲットにして開発した製品で、ハイエンド市場向けには、2017年投入予定の“Vega”で再参入する予定」とコメントした。AMDとしてハイエンド市場をあきらめていないということが分かり、ひとまずは安心だが、ハイエンド市場向け製品が当分お預けという状況は少々残念なところではある。

Radeon RXシリーズのモバイル展開も検討しているという

Radeon RXシリーズのモバイル展開も検討しているという

メーカー未発表のオリジナルクーラーモデルも多数展示

今回行われた記者発表会は、同日に行われたユーザー限定イベント「Radeon新製品発表会〜体感せよ、この強烈な臨場感〜」と同会場だったこともあり、会場の一部に設けられたビデオカードメーカーの展示ブースには、オリジナルクーラを搭載した未発表のRadeon RX 480搭載ビデオカードも多数展示されていた。最後に、そちらのフォトレポートをお届けしよう。

PowerColor「Red Devil Radeon RX 480 8GB」。同社ハイエンドカードでおなじみの「DEVIL」の名を冠した製品で、オリジナルの3連ファンを搭載する

謎のサングラス男でおなじみの玄人志向のブースには、2連ファンを搭載したRadeon RX 480搭載カードが展示されていた

SAPPHIREブースは、NITROシリーズのRadeon RX 480搭載ビデオカード「NITRO Radeon RX 480」を参考出展

SAPPHIREブースは、NITROシリーズのRadeon RX 480搭載ビデオカード「NITRO Radeon RX 480」を参考出展

MSIは、「Twin Frozr VI」を採用した「GAMIN X 8G」を参考出展

MSIは、「Twin Frozr VI」を採用した「GAMIN X 8G」を参考出展

ASUS「STRIX-RX480-O8G-GAMING」。銅製パイプを直接GPUに当てることで、冷却性能を30%向上させているという

ASUS「STRIX-RX480-O8G-GAMING」。銅製パイプを直接GPUに当てることで、冷却性能を30%向上させているという

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.6.25 更新
ページトップへ戻る