お得な超ハイスペックモデルから1万円の格安モデルまで

コスパで選ぶ! おすすめデスクトップパソコン2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンと言えば最近はノートパソコンが主流ですが、用途によってはデスクトップパソコンを選んだほうがいいケースもあります。たとえば、大きな画面で作業したい場合や、ゲームや動画編集など負荷の高い作業を、できるだけ快適に行いたい場合などです。また、メンテナンスがしやすく、外部インターフェイスが豊富なのもデスクトップパソコンの魅力。購入後にユーザー自身でメモリーやHDD、グラフィックボードの交換ができるモデルが多いのもメリットと言えるでしょう。本特集では、デスクトップパソコンの選び方とおすすめモデルをご紹介。おすすめモデルはコストパフォーマンスを重視して選んでみました。ぜひ参考にしてみてください。

※価格.com最安価格はすべて2017年12月18日時点の情報です。

目次
デスクトップパソコンのメリットは?
・デスクトップパソコンの種類と選び方
・タワー型のおすすめモデル
・省スペース型のおすすめモデル
・液晶一体型のおすすめモデル
・スティックPCのおすすめモデル

デスクトップパソコンのメリットは?

デスクトップパソコンを選ぶ最大のメリットは、何と言ってもスペックの高さです。モデルにもよりますが、ノートパソコンでは搭載できない高性能なCPUやグラフィックボードを搭載でき、ゲームや動画編集など負荷の高い作業を快適に行えるのです。また、モデルによっては、購入後にユーザー自身がメモリーやHDDなどのパーツを交換することが可能。メーカー保証外となるパーツ交換は上級者向けではありますが、購入後にパワーアップできるで、長く使い続けられるのはデスクトップパソコンならではのポイントと言えます。

同じ「Core i7」「Core i5」「Core i3」というブランドでも、デスクトップパソコン向けのCPUは、ノートパソコン向けのCPUよりも処理性能は高め。なお、コンパクトな省スペース型モデルや液晶一体型モデルの中には、消費電力の少ないノートパソコン向けのCPUを採用しているモデルもあります

AMDの「Ryzen」、インテルの「第8世代Coreプロセッサー」など、最新CPUが続々と登場しており、デスクトップPCはますますパワーアップしています

好みのディスプレイを使えるのもデスクトップパソコンのいいところです。複数のウィンドウを開いて作業するのに適した、大画面で高解像度なディスプレイを組み合わせれば、作業効率が高まります。最近は手ごろな価格の大型液晶ディスプレイが増えており、価格.comで調べると2万円前後でフルHD解像度の27型や24型の液晶ディスプレイが購入できます。5万円も出せば4K解像度のモデルすら選べます。PCゲームをヘビーにプレイするなら、応答速度の速いディスプレイを選ぶといいでしょう。複数台の液晶ディスプレイを使ってマルチディスプレイ環境を構築してもおもしろいかもしれません。もちろん、ディスプレイだけでなく、キーボードやマウスも好きなものを選べます。

デスクトップパソコンの種類と選び方

デスクトップパソコンにはさまざまな種類がありますが、代表的なもとのとしてタワー型、省スペース型、液晶一体型の3つがあります。

タワー型は、拡張性の高さが大きな魅力。高性能なパーツを搭載しているモデルが多く、特に高性能なグラフィックボードを搭載したモデルは、高いグラフィック性能が求められるゲームやグラフィック用途に適しています。比較的簡単にパーツの交換ができるので、購入後にメモリーやHDDを交換したいという人にも向いています。設置場所を取るのが難点ですが、スペックや拡張性を重視するならタワー型を選ぶといいでしょう。

省スペース型は、本体がスリムで、文字通り設置スペースを取らないのが魅力。ただし、本体がスリムな分だけ、内部のスペースが狭く、高性能なグラフィックボードを搭載しにくいなど、タワー型よりもスペックは少しだけ落ちます。

最後の液晶一体型はディスプレイとパソコン本体が一体になったモデル。ディスプレイを別途用意したり、接続したりする手間がなく、ほぼディスプレイのみの設置スペースですむのが特徴です。また、国内メーカー製を中心に、画質や音質にこだわったモデルが多いのもポイント。なかにはテレビチューナーを内蔵したモデルもあり、テレビ兼HDDレコーダーとしても利用できます。

価格.comにおけるデスクトップパソコンの売れ筋価格帯(2017年11月時点)

価格.comにおけるデスクトップパソコンの売れ筋価格帯(2017年11月時点)

価格.comにおけるデスクトップパソコンの売れ筋価格帯は、50,001〜75,000円。この価格帯のタワー型および省スペース型は、CPUに「Core i3-7100」や「Core i5-7400」を搭載するモデルがほとんど。同価格帯のノートパソコンはCPUに「Atom」や「Celeron」を搭載しているものが多く、CPUだけを見ても性能が高いことがわかります。ディスプレイなどを別途用意する必要はありますが、パソコンとしての基本性能を考えると、ノートパソコンよりもコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

いっぽう液晶一体型は、ディスプレイが付いている分だけ価格は高めとなっています。テレビチューナーやブルーレイドライブを搭載した高性能モデルだと16万円前後が相場。スペックが控えめという条件は付きますが、5万〜6万円で購入できるモデルもありますが、こちらはテレビチューナーを搭載せずに、「Celeron」や「Pentium」といった低価格CPUを搭載するものがほとんどです。

上記の3つ以外では、USBメモリーサイズの超小型PC「スティックPC」に注目です。一昨年登場し、新しいパソコンのカテゴリーとして定着した感のあるスティックPC。その魅力は、HDMI入力端子を備えたテレビに挿すだけで、テレビがパソコンに早変わりする手軽さにあります。1万円前後で購入できる、その“安さ”も人気の理由でしょう。スペックは必要最低限で、主な用途はインターネットやメールに限られますが、リビングで手軽に使えるマシンがほしいなら、スティックPCをチェックしてみるといいでしょう。

タワー型のおすすめモデル

1.マウスコンピューター「LUV MACHINES LM-iG440SN-SH2」
バランスのとれたスペックが魅力の万能型デスクトップPC

バランスのとれたスペックと手ごろな価格が魅力のタワー型デスクトップPC。CPUが「Core i7-7700」(3.60GHz、最大4.20GHz)、メモリーが16GB、ストレージが240GB SSD+2TB HDDという構成で、グラフィックには「GeForce GTX 1050」(ビデオメモリーは2GB)を搭載しています。ゲームも動画の編集もこなせる万能モデルです。この内容で、価格.com最安価格は129,384円なので、コストパフォーマンスは高いと言っていいでしょう。なお、価格.com限定モデルですが、グラフィックボード非搭載の「LUV MACHINES LM-iH440XN-SH2-KK」もラインアップ。こちらは価格.com最安価格109,800円と、2万円ほど安くなっています。好みのグラフィックカードを搭載したいという方は、こちらを選ぶといいでしょう。

LUV MACHINES LM-iG440SN-SH2

LUV MACHINES LM-iG440SN-SH2

2.デル「XPS タワー プレミアムグラフィック」
「第8世代Coreプロセッサー」搭載の高性能モデル

CPUに”Coffee Lake“こと最新の「第8世代Coreプロセッサー」を搭載したタワー型デスクトップPC。6コア12スレッドの「Core i7 8700」は、前世代よりも2つコアが増え、マルチタスクをより高速に処理できるようになっています。GPUにはコストパフォーマンスにすぐれる「GeForce GTX 1050Ti」を搭載。ストレージは256GBのSSDと2TBのHDDを組み合わせ、スピードと容量を両立しています。拡張性の高さも魅力。フルサイズのグラフィックカードを2枚、最大4つのストレージをサポートするほか、増設や交換にドライバーが不要なのもうれしいポイントです。最新CPUを搭載した高性能モデルを安く購入したい人はぜひチェックしてみてください。

XPS タワー プレミアムグラフィック

XPS タワー プレミアムグラフィック

省スペース型のおすすめモデル

3.レノボ・ジャパン「ideacentre 510S 90GB0046JP」
メモリーがワンランク上の省スペース型

オーソドックスな省スペース型で、際立った特徴はありませんが、同価格帯のほかのモデルよりもスペックがワンランク上なのが魅力です。5万円前後の省スペース型は、CPUが「Core i5-7400」(2.70GHz、最大3.30GHz)、メモリーが4GB、ストレージが1TBのHDDというのが標準的なスペックですが、本モデルは、CPUとHDDこそ「Core i5-7400」と1TBですが、メモリーが8GBと2倍となっています。このほかにも、複数のメディアに対応したカードリーダーやDVDスーパーマルチドライブなど、省スペース型に求められる基本機能をしっかりと押えています。

ideacentre 510S 90GB0046JP

ideacentre 510S 90GB0046JP

4.ASUS JAPAN「VivoMini VC65-G421Z」
コンパクトサイズながら高性能CPUを搭載

省スペース型の中でも、コンパクトなモデルとして人気の「VivoMini」シリーズ。最新の「VC65-G421Z」は、197.5(幅)×196.3(奥行)×61.9(高さ)mmというお弁当箱サイズのコンパクトボディながら、高性能な「Core i7-6700T」(2.80GHz、最大3.60GHz)やDVDスーパーマルチドライブを搭載しているのが魅力です。VESA規格のマウントが付属しており、薄型テレビやディスプレイの背面に取り付けることも可能。できるだけコンパクトで、かつ高性能なモデルを探している人に適しています。価格.com最安価格は102,884円。省スペース型としては少し高めの価格ですが、このサイズ感と高い基本性能を両立しているのは本モデルだけなので、用途や目的がしっかりしていれば買いのモデルと言えるでしょう。

VivoMini VC65-G421Z

VivoMini VC65-G421Z

液晶一体型のおすすめモデル

5.富士通「FMV ESPRIMO FH90/B2」
27型フルHD液晶を搭載する大画面&高音質モデル

液晶一体型としては最大クラスとなる27型フルHD液晶を搭載するデスクトップパソコン。地上/BS/110度CSデジタル対応のTVチューナーを2基搭載し、大画面でテレビが視聴できるほか、裏番組の録画・再生も楽しめます。本体下部には、パイオニアと共同開発したハイレゾ対応の2.1chスピーカーシステムを搭載。ハイレゾプレーヤー「CurioSound for FUJITSU」も搭載しており、DSD形式などハイレゾ音源も再生できます。これだけAV機能が充実した液晶一体型は珍しく、エンターテインメントコンテンツを思う存分楽しみたいという人に注目してほしいモデルと言えます。

FMV ESPRIMO FH90/B2

FMV ESPRIMO FH90/B2

6.NEC「LAVIE Desk All-in-one DA770/HA」
定番のテレビパソコン

液晶一体型の定番モデル。23.8型フルHD液晶を搭載したテレビモデルで、地上/BS/110度CSデジタル対応のTVチューナーを2基搭載します。画質を少し落として長時間録画できる「セミファインロング」モードを使えば、地上デジタル放送の番組を最長約4312時間も録画できるので、年末年始に見た番組がたくさんあっても安心です。サウンド面では、YAMAHAサウンドシステムを採用しており、ハイレゾ音源の再生にも対応しています。カラーはファインブラック、ラズベリーレッド、ファインホワイトの3色が用意されています。

LAVIE Desk All-in-one DA770/HA

LAVIE Desk All-in-one DA770/HA

スティックPCのおすすめモデル

7.ドスパラ「Diginnos Stick DG-STK3 K/05700-10a」
必要十分な性能を備えた1万円のスティックPC

約1万円という安さが魅力のスティックPC。インターネットやYouTubeの視聴、メールのチェックといった用途には必要十分な性能を備えたモデルです。CPUには「Atom Z3735F」(1.33GHz、最大1.83GHz)を採用。メモリーは2GB、ストレージには32GBのeMMCを備えます。スペックはほかのスティックPCと同じですが、本体に金属メッシュを使うことで、ファンを使わずに冷却性能を高めているのが、ほかのモデルとの違い。これにより、長時間の連続使用でも安定した動作が見込めます。もちろん、ファンがないので動作音も静かです。

Diginnos Stick DG-STK3 K/05700-10a

Diginnos Stick DG-STK3 K/05700-10a

8.インテル「Compute Stick STK2m3W64CC」
「Core m3」を搭載する希少なハイスペック・スティックPC

スティックPCとしては珍しいハイスペックなモデル。そのスペックは、CPUが「Core m3-6Y30」(900MHz、最大2.00GHz)、メモリーが4GB、ストレージが64GBのeMMCと、ほかのスティックPCより明らかに高性能です。「スティックPCに興味はあるが、スペック面が心配」という人なら注目でしょう。価格.com最安価格は46,309円。1万円前後が相場のスティックPCとしては、かなり高めですが、快適に使いたい、仕事でも使いたいという人は、高性能な本モデルを選んだほうが満足度は高いはずです。

Compute Stick STK2m3W64CC

Compute Stick STK2m3W64CC


>>価格.comユーザーのおすすめは?デスクトップパソコン人気売れ筋ランキング
>>価格.comでそのほかのデスクトップパソコンをチェックする

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2018.1.15 更新
ページトップへ戻る