特集
裏返さなくても魚が焼ける!

魚を焼くのに気になる煙やニオイが抑えられる「フィッシュロースター」5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

旬の魚を焼いて食べるのは至福の喜びですが、魚を焼くのは面倒ですよね。裏返さないといけないし、目を放すとすぐ焦げてしまうことも。煙やニオイの問題もあります。もっと手軽に焼き魚ができないものか……。とお悩みの方は、魚を手軽に焼ける調理家電「フィッシュロースター」を使ってみてはいかが? 本特集では、フィッシュロースターの魅力をお伝えするとともに、価格.com上での人気製品を紹介します!

時短しながら魚を焼けるフィッシュロースター

実際にフィッシュロースターを使っている価格.comユーザーの声を見てみると、「お手入れが簡単」「魚を裏返さなくても焼けた」「ガスコンロより煙らないし臭わない」といった点が高く評価されています。

その秘密はフィッシュロースターならではの構造にあります。庫内の上下に設置されたヒーターで両面同時焼きを行うため、魚を裏返さなくてもOK。そして調理中のニオイと煙を抑えられる浄化フィルターを搭載するため煙や臭いもあまりでず、さらに食材から出た脂汚れをキレイにできる分解洗いができるため、清潔さも保てます(ヒーター部の取り扱いは製品によって異なります)。

しかし逆に、高級機を除けば、性能や見た目はほぼ同じ印象。特に1万円台やそれ以下の価格帯では基本的な構造や機能は共通しています。それゆえ、各製品の見るべきポイントは以下の3つになります。

アイリスオーヤマのフィッシュロースター「EMT-1100」。基本的な構造はどの製品も似ており、ヒーターを含む本体部のほか、受け皿、焼き網、カバーから構成されます

・庫内(または焼き網)の大きさ
標準的なサイズは幅30〜32cm程度。ワイドなものだと35cmまで対応するものも。ただし、庫内のサイズが大きいほど本体サイズも大型化していきます。

・反射板
ヒーターからの熱を拡散させるために工夫を凝らしています。比較的安い製品はシンプルなメタルプレートが採用され、高級機では熱が拡散しやすい塗装やくぼみ加工などの工夫がされています。

・定格消費電力
さんまを4尾同時に焼けるロースターでは1000W〜1300Wが標準的です。一度にたくさん焼く場合はパワーの大きなほうに安心感がありますが、ひとりで使うなら小さいほうでも十分。

なお、除煙・脱臭の浄化能力の違いもありますが、一部製品を除けば、「セラミック触媒フィルター」か、それよりワンランク上の「プラチナ触媒フィルター」を使うのが一般的になっています。

燻製機能だけではない、魚焼き器としてもワングレード上をいく高級機
パナソニック「けむらん亭 NF-RT1000」

家庭用フィッシュロースターの高級機として君臨するのが、パナソニックの「けむらん亭」シリーズ。立ち上がりの早いヒーターを採用することで余熱不要。そして小柄なボディでありながらヒーターと受け皿の距離を十分離すことで水なし調理を実現。さらにマイコンによるオート制御で、焼き魚系のメニューはほぼボタンひとつで調理可能。と手軽さが価格.comユーザーにも支持されています。また、製品名にもなっている「けむらん」の通り、14層の多層触媒フィルターと強制排気ファンによりニオイと煙を大幅にカットしてくれます。

これらの機能は、現在2モデルがラインアップされている「けむらん亭シリーズ」共通のスペックです。上位モデル「NF-RT1000」にはさらに室内で楽しめる燻製機能を搭載するのが大きな見どころですが、実は魚焼き器としての性能もワングレード上を行っています。

燻製機能付きの上位モデル「けむらん亭 NF-RT1000」

燻製機能付きの上位モデル「けむらん亭 NF-RT1000」

下位モデルの「けむらん亭 NT-RF800」

下位モデルの「けむらん亭 NT-RF800」

特に上部ヒーターに遠赤効果の高いブラックヒーターを採用し、皮目のパリパリ感をさらにアップ。また、マイコンオートメニューでは「切身」専用キーを搭載し(「NF-RT800」では「干物/切身」にまとめられている)、日々の食卓で多く供される切身魚をよりジューシーに仕上げられます。さらに、オートメニューで対応できないものは、6段階の温度調整(220/240/250/260/270/280℃)機能とタイマーで、細やかなコントロールが行えます。ちなみに、さんまの塩焼きにかかる時間は1〜4尾(長さ28cm、重さ約180g)で13〜19分となっています。

また、お手入れも簡単です。ワンボタンでできるオートクリーンモードを搭載し、庫内の脂汚れを水と炭酸ガスに分解(「NF-RT800」では20分のタイマー設定のうえ焼き加減強で手動実行)。庫内のセルフクリーニングコートについても備長炭セラミック入りにのものにグレードアップしています。

「NF-RT1000」の主な仕様
・定格消費電力:1300W
・ヒーター:遠赤ブラックヒーター(上)、シーズヒーター(下)
・焼き加減:弱/中/強(自動メニュー時)
・温度設定:6段階(220/240/250/260/270/280℃)
・タイマー:1〜30分(1分刻み)
・焼き網:フッ素加工
・庫内サイズ:32.8(幅)×5.2(高さ)×22.3(奥行)cm
・本体サイズ:45(幅)×18.5(高さ)×35.5(奥行)cm
・重量:5.4kg

「NF-RT800」の主な仕様
・定格消費電力:1300W
・ヒーター:遠赤外線ヒーター(上)、シーズヒーター(下)
・焼き加減:弱/中/強
・温度設定:なし ※3段階の焼き加減(弱/中/強)を選択可能
・タイマー:1〜30分(1分刻み)
・焼き網:フッ素加工
・庫内サイズ:32.8(幅)×5.2(高さ)×22.3(奥行)cm
・本体サイズ:45(幅)×18.5(高さ)×35.5(奥行)cm
・重量:5.4kg

ワイド庫内で除煙・脱臭性能にもすぐれたお買い得機
象印「EF-VG40」

象印「EF-VG40」

象印「EF-VG40」

象印「EF-VG40」は、焼き網部35cmという比較的大きな魚も焼けるワイド設計が特徴のモデル。さんまの塩焼き調理時間の目安は、4尾で13〜15分(2尾で9分〜10分)と短めになっています。ユニークなのがフロート反射板。これは、水受け皿に浮かべて使う下部ヒーター用の反射板で、上部とダブルで使えるのが特徴。ニオイや煙についてもその成分を90%カットできる「プラチナ触媒フィルター」を搭載。焼いた魚を崩さず取り出せる「魚取器」が付属するのもうれしいところです。

主な仕様
・定格消費電力:1300W
・ヒーター:高温赤熱ワイドヒーター
・フィルター:プラチナ触媒フィルター
・タイマー: 30分
・庫内サイズ:非公表(ただし、焼き網サイズは幅35×奥行21cm)
・焼き網:ステンレス(コーティングは非公表)
・本体サイズ:48.5(幅)×19.5(高さ)×29.5(奥行)cm
・重量:4.7kg

身崩れしにくいブラックシリコーンコーティングの焼き網を採用
東芝「FG20SB」

東芝「FG20SB」

東芝「FG20SB」

東芝「FG20SB」は、焼き網サイズが32(幅)×21.2(奥行)cmとコンパクトなモデル。特徴は反射板。ニオイや汚れがつきにくく熱を伝えやすいホーロー加工のうえ、無数の小さなくぼみが施されたディンプル加工も採用。これらの工夫により熱をすみずみまで行き渡らせているようにしています。また、ブラックシリコーンコートが施された網目の狭い焼き網によって、身がこびりつきにくく身崩れしにくくなっているのも特徴です。さんまの塩焼きにかかる時間は4尾で15〜20分。除煙・脱臭には、こちらもプラチナ触媒フィルターが採用されています。

主な仕様
・定格消費電力:1250W
・ヒーター:高温赤熱ワイドヒーター(上下)
・フィルター:プラチナ触媒フィルター
・タイマー: 30分
・庫内サイズ:非公表(ただし、焼き網サイズは幅32.2×奥行21.2cm)
・焼き網:ブラックシリコーンコーティング
・本体サイズ:44.1(幅)×18.4(高さ)×28.5(奥行)cm
・重量:4.7kg

大きめな魚も焼けるお手ごろモデル
アイリスオーヤマ「EMT-1100」

アイリスオーヤマ「EMT-1100」

アイリスオーヤマ「EMT-1100」

5,000円程度で購入できるお手ごろモデルながら、焼き網サイズが34.8(幅)×20.4(奥行)cmとワイドなのが特徴。さんまの塩焼きにかかる時間は4尾で15〜17分。プラスアルファの機能はありませんが、ワイドな庫内でお手ごろな製品を探している方にピッタリなモデルです。ちなみにカラーラインアップとしてレッドが用意されています。

主な仕様
・定格消費電力:1100W
・ヒーター:非公表
・フィルター:セラミックフィルター
・タイマー: 30分
・庫内サイズ:非公表(焼き網サイズは幅34.8×奥行20.4cm)
・焼き網:フッ素加工(ステンレス)
・本体サイズ:49.6(幅)×19.2(高さ)×30.6(奥行)cm
・重量:4.2kg

5,000円以下で購入できる格安モデル
アビテラックス「AFR-1103S」

アビテラックス「AFR-1103S」

アビテラックス「AFR-1103S」

今回紹介する中でもっともお手ごろなモデル。焼き網サイズは31.6(幅)×19.8(奥行)cmと狭めですが、その分本体サイズも45.5(幅)×17.5(高さ)×30.0(奥行)cmととってもコンパクト。ひとり暮らしや夫婦世帯に向いています。さんまの塩焼きにかかる時間は4尾で17分前後。フタ開閉時にはヒーターの電源が自動で切れる安全設計も施されています。

主な仕様
・定格消費電力:1000W
・ヒーター:500W×2
・フィルター:セラミックフィルター
・タイマー: 30分
・庫内サイズ:非公表(焼き網サイズは幅31.6×奥行19.8cm)
・焼き網:フッ素加工
・本体サイズ:45.5(幅)×17.5(高さ)×30.0(奥行)cm
・重量:3.8kg

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る