新製品レポート
33℃±1℃の快眠温度をキープする世界初の布団ケア製品が誕生

温度のチカラで快眠をサポート! レイコップ「ふとんコンディショナー」を体験してきた

布団クリーナーの先駆者であるレイコップが、さらに快適な睡眠環境を提供するために、新たな寝具ケア製品「ふとんコンディショナー」を発表。寝床を睡眠に適した温度にコントロールすることで、ぐっすり眠れるだけでなく、スムーズな入眠、すがすがしい目覚めを実現するといいます。発表会で見てきた、ふとんコンディショナーの詳細を紹介しましょう。

「ふとんコンディショナー レイコップ futocon ECST-100」は2018年2月23日発売で、市場想定価格は12万8000円(税別)

ふとんコンディショナーって、どんなもの?

布団クリーナーは寝具にひそむダニなどのアレルゲンを除去することで寝具を快適にしますが、今回発表されたふとんコンディショナーは本体から専用のマットレス「エアマット」に温風を放出し、寝床内を“快眠温度”であるという33℃付近にキープすることで理想的な睡眠をサポートする製品。しかも、睡眠における体温変化に温度をコントロールしてくれるのがポイントです。基本的に人は入眠時に体温が下がり、起床時には体温が高くなっているため、この体温の変化にあわせて寝床温度も調整されないと睡眠が妨げられやすいのだそう。そこで、ふとんコンディショナーは入眠時には体温にあわせて寝床温度を徐々に下げ、起床時は徐々に上げていくことで、眠りやすく、すっきりとした目覚めを提供。そして、就寝時には深い睡眠がとれるように寝床温度を32〜34℃に維持します。

また、マットレス「エアマット」もこだわりの仕様となっています。96%が空気の層で構成された「エアスペーサー」(東洋妨と共同開発)を使用したエアマットは通気性や体圧分散性にすぐれ、高い反発力も保持。温風を効率よく広範囲に行き渡らせ、就寝中に発生する湿気もこもりません。

本体とエアマット、そしてエアマット用のカバーがセットとなっています。サイズは本体が463.5(幅)×223.5(奥行)×526.5(高さ)mm、エアマットが1,980(幅)×1,010(奥行)×45(高さ)mm。現時点ではシングルサイズしかありませんが、今後ラインアップを増やしていく予定とのこと

ふとんコンディショナーは、本体とエアマットを接続して使用。本体から出た温風がエアマットに送風され、エアマット表面は通気性のある素材となっているので、かけ布団にも温風が伝わります

本体には集じんフィルターが搭載されており、そのフィルターを通過した空気が温風となるため、ホコリやアレルゲンを寝具に寄せつけません

本体の設置場所は、足もとのほか、左右2か所で選択可能

本体の設置場所は、足もとのほか、左右2か所で選択可能

ベッドと本体の送風口の高さがほぼ同じ時には写真左のように直接エアマットと接続し、あわない時には写真右のように付属の延長ユニットを接続する仕様なので、一般的な床置きのベッドであれば対応するでしょう

また、本体カバーを外し、ひっくり返すと送風口が下になるので、床敷きの布団でも使えます

また、本体カバーを外し、ひっくり返すと送風口が下になるので、床敷きの布団でも使えます

エアマットはオーバーレイマットレスなので、敷布団やベッドの上に敷くことが推奨されています。なお、エアマットとは、エアスペーサーにインナーカバー、アウターカバーをかけたものの呼称

エアマットに使われるエアスペーサーは、硬さの異なる3層構造。体に接する最上部は体を包み込むようにやわらかく、少し硬めの中間層で圧力を拡散、そして最下部は体をしっかり支えられるようにもっとも硬くなっています。水洗いも可能

エアマットに寝転ぶと、宙に浮いているような感覚に! これが、圧力が分散されるというものなのでしょうか。筆者宅の布団は、横になると腰に負荷がかかるので(これを体験するまでは体の一部に負荷がかかっていると思っていませんでした)、感動的な軽やかさ。また、高い反発力があるので寝返りもスムーズに行えるということだったので試してみたところ、軽い動きで体の向きが変えられました

エアマットの快適さに感動していましたが、ここからが本番! 寝床の温度を快眠温度に保つ「睡眠ケア」モードを体験します。

操作は天面にある操作部かリモコンで行います

操作は天面にある操作部かリモコンで行います

「睡眠ケア」モードは、あらかじめ眠る時間と起きる時間を設定して使います

「睡眠ケア」モードは、あらかじめ眠る時間と起きる時間を設定して使います

かけ布団をかぶせた状態で「睡眠ケア」モードを押しておくと、就寝のタイミングに最適な寝床温度になるように、設定しておいた就寝時間の10分前にふとんコンディショナーが作動します

運転が始まってまだ10分経っていませんが、すでにかけ布団までポカポカに!

運転が始まってまだ10分経っていませんが、すでにかけ布団までポカポカに!

寝床の温度はエアマットに装着したセンサーで検知。温度と湿度もチェックし、発熱や風量を調整してくれます

寝床の温度はエアマットに装着したセンサーで検知。温度と湿度もチェックし、発熱や風量を調整してくれます

33℃前後の寝床は暑すぎるのではないかと思っていたのですが、実際に布団に入ってみるとカラッとしていて心地よい! レイコップによると、専用のエアマットを使ったこの環境下では最適な温度なのだそう。また、夏もこの温度帯で快適だとのこと

なお、「睡眠ケア」モードには送風のみの運転も用意されています。室内の空気が放出されるだけですが、けっこうすずしい!

運転音は最大38dBですが、就寝中に33℃付近をキープする時には38dBよりも小さくなるそう。下の動画は本体に接近して撮影しましたが、実際に使用する際には本体は足もとにありますし、それほど運転音は気にならないような気がします。なお、「睡眠ケア」モードの定格消費電力は22〜570W(設定した就寝時間の10分前に始まる予熱時は970W)。レイコップによると、ひと晩にかかる電気代は50円程度で済むそうです。

ダニ対策できるモードもあり!

ここまでは毎日使うであろう「睡眠ケア」モードを紹介してきましたが、ふとんコンディショナーにはダニに効果を発揮する「寝具ケア」モードも搭載されています。「寝具ケア」モードを使うと、50℃の温風とレイコップが独自開発した「ハメスタイオン」を120分間放出。99.9%の除菌を実現するとともに、ダニの繁殖を防ぎ、人の汗などが原因で発生する不快臭も90%脱臭してくれます。

使い方は「睡眠ケア」モードと同じで、かけ布団をかぶせた状態で「寝具ケア」モードを長押しするのみ。「寝具ケア」モードの定格消費電力は970Wです

とはいえ、エアマットはエアスペーサーを使用しているので、ダニが繁殖することはなさそう

とはいえ、エアマットはエアスペーサーを使用しているので、ダニが繁殖することはなさそう

エアマットの下に敷いた敷布団や、上にかぶせたかけ布団のダニ対策に効果がありそうですが、たとえダニが死滅したとしても死がいを残したままではダメ。「寝具ケア」モードで本機を作動させたあとは、布団クリーナーでケアしたほうがいいでしょう

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る