新製品レポート
「もしかして今、におってる?」の不安から解放

うっかりスメハラする前に! タニタが「においチェッカー」を発売

においによって周囲を不快にさせる行為=「スメルハラスメント(スメハラ)」という言葉が浸透してきています。相手にいやな思いをさせるのはもちろん避けたいですが、「この人、汗臭い」「香水付けすぎ!」と思われるのが単純に恥ずかしいですよね。とはいえ、自分のにおいは判断しにくいですし、他人からは指摘しづらいので、ほとんどの場合、臭いまま生活し続けることになるわけです(ツライ……)。2018年7月1日にタニタが発売する「においチェッカー ES-100」(以下、においチェッカー)は、気になるにおいの強さを“見える化”してくれるそう。これで、うっかり「スメハラ加害者」になってしまう不安から解消される!?

気になるにおいを“見える化”してくれる「においチェッカー」

「においチェッカー」は、センサーを首まわりや頭部、脇など、においが気になる部位に約10秒間近づけるだけで、においの強さをレベル0〜10までの11段階で測定して教えてくれるエチケットアイテム。家を出る前や人に会う前に手軽にチェックすることで、人に悪印象を与えないよう対処できるほか、「大丈夫、におってない」と確認できることで、自信を持ってコミュニケーションにのぞむことができます。

センサーはまわりの空気と計測部のニオイの差を検知して評価するため、部屋のニオイも自分の体のニオイも気になるという場合は、部屋の外で使用したほうが、正確な数値が得られやすいそう。なお、センサーの仕様上、口臭のチェックはできないので、口臭が気になる際は同社が販売している「ブレスチェッカー」を併用してほしいとのこと。市場想定価格は14,000円前後です。

本体サイズは94(幅)×25(奥行き)×52(高さ)mm、重量は約60g(乾電池含まず)。カードケースほどのサイズと厚みで、スーツの内ポケットなどに入れてスマートに持ち歩けます

センサー部分をスライドさせ、開くだけで電源が入ります。測定機能の立ち上がりまでは30秒程度

センサー部分をスライドさせ、開くだけで電源が入ります。測定機能の立ち上がりまでは30秒程度

首まわり、頭部、脇に使用できるほか、背中にも届きやすい形状

首まわり、頭部、脇に使用できるほか、背中にも届きやすい形状

においの強さは、液晶部分にインジケーターで表示されます。レベル5が、「気をつけたほうがいい」という目安だそう

単3電池2本で駆動。センサーを収納する部分の近くには活性炭が仕込まれており、電源オフ時のセンサー付近の空気を浄化することで、測定の精度を高めるそうです

センサーは2,000回(または1年間)まで測定可能。別売りのセンサーカートリッジ(市場想定価格は5,000円前後)と交換すれば、継続して使用できます。別売りのセンサーカートリッジには活性炭も付属

においの感じ方には主観が大きく影響するため、「においチェッカー」は「いいにおい」と「嫌なにおい」を分けることなく、その強さを測定・表示するそう。発表会場にあるにおいサンプルに、「においチェッカー」がどのような反応を示すのかを試してみました。

柔軟剤を効かせたジャケットはレベル2を表示。今回は「ふんわりいいにおいがするな〜」くらいでしたが、強い柔軟剤のにおいが苦手という人もいるので、洗濯に香り付きの柔軟剤を使用している場合は、外出前にチェックしておくと安心ですね

タバコのにおいが付いたハンカチも測定してみました。においを嗅いでみるともっとレベルが高いように感じたのですが、こちらはレベル5の判定。タバコのにおいについては、ほかのサンプルよりも反応が鈍いような印象を受けました

においが第一印象を大きく左右! “におう人”にならないためには何をしたらいい?

発表会では、NPO法人日本サービスマナー協会講師の森良子氏と、皮膚ガス・大衆の専門家である東海大学理学部科学科教授・関根嘉香氏が登壇。マナーや科学的な観点から、においについての話をうかがうことができました。

森氏によると、においは第一印象を決めるのに大事な要素。嗅覚で得た情報は視覚で得た情報よりも記憶に残りやすいため、場合によっては外見のエチケット以上に気をつけなければいけないポイントなのだそう。

また、関根氏によると、体から放出されるにおいの原因は汗だけでなく、「加齢」や「疲労」が原因の場合もあるそう。これらは生活習慣が大きく関わってくるため、においがしない体を作るためには、普段の生活習慣から気をつける必要があると話していました。

におい(皮膚ガス)は汗をかいた時だけではなく、疲れた時や緊張した時にも放出されやすいそう。寒い季節だから、汗をかいていないからと油断できません

においやすい人の生活習慣。多く当てはまるという人は、生活習慣を見直すことでにおわない体質に近づけるかもしれないとのこと

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る