新製品レポート
ドアホンの枠を超えた新しいコミュニケーションツール

ビデオ通話できるドアホン! 家族のみまもりにも役立つパナソニック「外でもドアホン」で安心を!!


来訪者を室内のモニターで確認してからドアを開けるかどうかを判断できる「ドアホン」。パナソニックも、戸建てから集合住宅までカバーする「テレビドアホン」シリーズを展開しています。そんなテレビドアホンに、より“家族とつながる”ことをテーマとした新モデル「外でもドアホン 505シリーズ」が登場。日本国内の戸建て用ドアホンとしては業界初となるビデオ通話できる機能が装備された点が大きな特徴の505シリーズは、小さな子どもがいる家庭や離れて暮らす親のことが心配という人には、うってつけなアイテムかもしれません! 体験会で見てきた詳細をお伝えします。

親機にカメラを搭載したドアホンで“つながる”を提案

戸建て用の「テレビドアホン」にはいくつかのラインアップが用意されており、大きく分けると、有線でカメラ玄関子機とモニター親機をつなぐベーシックな機能のタイプと、カメラ玄関子機とモニター親機、ワイヤレス子機がセットになった「どこでもドアホン」(一部、スマートフォン連携をしており、ワイヤレス子機は付属しないモデルもあり)に分類されます。今回発表された「外でもドアホン 505シリーズ」は、「どこでもドアホン」シリーズのミドルレンジモデルとして追加されました。

「外でもドアホン 505シリーズ」はモニター親機、カメラ玄関子機、ワイヤレス子機がセットになっています。使用するためには、親機をルーター経由でインターネットに接続できる環境が必要

「外でもドアホン」シリーズにはスマートフォンとの連携機能が搭載されているため、これまでも来訪者をスマートフォンで確認し、応対することができました。もちろん、新モデル「505シリーズ」にもこの機能は装備されており、下の動画のように、ドアホンが鳴ると親機のモニターに来客が表示されると同時に、スマートデバイス(無料の専用アプリインストール必須)に通知が届き、来訪者の映像がリアルタイムで確認できるので、留守にしていても応対できます。
※今回はカメラ玄関子機とスマートデバイスを近い位置で使用しているため、音が反響していますが、実際にはこのようなことは起こりません。

なお、応対をした/しないに関わらず、来訪者の映像は記録されます。本体メモリーに30秒動画を最大100件録画可能。SDメモリーカード(別売)をセットしておけば、最大3,000件の録画・録音が行えます

現在、「外でもドアホン」は、既存の「705シリーズ」と新モデル「505シリーズ」の2ラインアップ。505シリーズは7インチのモニターを搭載した最上位機「705シリーズ」よりもモニターサイズは小さい5インチとなりますが、親機にカメラが装備されたことにより、自宅にいる人と外出先の家族がビデオ通話できるように! たとえば、スマートフォンを持っていない子どもが帰宅した際に、505シリーズに登録しておいた親のスマートフォンを呼び出せば、お互いに顔を見ながら会話できます(下の動画参照)。

親機のカメラは可動するので、映したい位置を調整できます

親機のカメラは可動するので、映したい位置を調整できます

ただ、子どもがまだ小さくて、親機を操作できそうにないようであれば、「みまもりリモコン(VS-WD100-K)」(別売)を用意してあげるといいでしょう。外出からみまもりリモコンを持った子どもが帰宅すると、モニター親機が検知し、あらかじめ登録しておいたスマートフォンに帰宅したことを通知してくれます。また、モニター親機に搭載されている「ビデオ通話の呼び出し」「スマートフォンへの通知」「電気錠の施錠/解錠」といった機能の一部を、みまもりリモコンのボタンに設定することも可能(設定できるのは1種類の機能のみ)。前述のように、自宅から親のスマートフォンにビデオ通話することも、みまもりリモコンのボタンを押すだけで行うことができます。

みまもりリモコンは、モニター親機1台につき6台接続可能。メーカー希望小売価格は2,000円(税別)

みまもりリモコンは、モニター親機1台につき6台接続可能。メーカー希望小売価格は2,000円(税別)

みまもりリモコンを持った子どもが帰宅すると、親のスマートデバイスに通知が届きます。ただし、リモコンと親機間の通信は定期的(2分/5分/15分)に行われるため、帰宅の情報はリアルタイムで送信されるわけではありません

みまもりリモコンに「ビデオ通話の呼び出し」機能を設定しておくと、リモコンのボタンを押すことでモニター親機が起動し、外出先の親とビデオ通話できるようになります

そして、親機に搭載されたカメラはもうひとつ別のビデオ通話も実現しました。505シリーズ同士であれば、インターネットを介して親機のモニターでビデオ通話ができるのです。1台は自宅に、もう1台を離れて暮らす実家に設置しておけば、下の動画のようにお互いに様子を見ながら会話が可能に!

通話先の実家のモニター親機には、ビデオ通話してきた人の顔が映し出されます

通話先の実家のモニター親機には、ビデオ通話してきた人の顔が映し出されます

このようなビデオ通話はスマートフォンでも行えますが、小学生のスマホ保有率は30%、60歳以上のスマホ保有率は33%と、7割が所有していない状況なのだそう。今回発表された外でもドアホンは、共働き世帯で子どもがひとりで留守番することが多い方、離れて暮らす高齢の親がいるような方たちが、簡単に家族とつながってコミュニケーションをとれるようにという思いを込めて開発されました。ドアホンの導入を検討しており、かつ、留守番中の子どもや、遠方に住む親の健康状態が気にかかるようなら、「外でもドアホン 505シリーズ」を選ぶと安心が手に入るかもしれません。

親機のモニターはタッチパネルなので指紋などの汚れが付いてしまいますが、布などで拭く際に反応しない機能が搭載されているのは、ありがたい!

505シリーズには仕様の異なる玄関子機が2種ラインアップ

「外でもドアホン 505シリーズ」には、玄関子機が露出/埋込のどちらにも対応する「VL-SWD505KS」(市場想定価格8万円前後)と、露出型の「VL-SWD505KF」(市場想定価格6万円前後)の2機種が用意されています。いずれも、2018年10月18日発売予定。

VL-SWD505KSの玄関子機はアルミヘアライン仕上げの露出/埋込両用型(左)で、VL-SWD505KFは露出型(右)

VL-SWD505KSの玄関子機はアルミヘアライン仕上げの露出/埋込両用型(左)で、VL-SWD505KFは露出型(右)

別売のセンサーカメラを接続して、防犯に役立てることもできます

別売のセンサーカメラを接続して、防犯に役立てることもできます

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
住宅設備・リフォームのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る