家を建てるライターが住宅設備を(嫁と)選ぶ!
家を建てるライターがガチ取材 住宅設備を(嫁と)選ぶ!!

第2回 キッチン後編〜キッチンだけじゃ物足りない!! こだわるならコンロも自分で選べ!!

ライターの僕(と嫁)が、マイホームに取り付ける理想の住宅設備を求めてメーカーを取材して回る連載の第2回。キッチン選びの第1弾として前回はサンワカンパニー、パナソニックを取材しました。

せっかくキッチンを選ぶのだから、個性的なキッチンメーカーを取材しようと、僕がリクエストして3社目に訪問したメーカーが「タカラスタンダード」です。

ホーロー製にこだわりを持つ「タカラスタンダード」

タカラスタンダードのショールーム。取材したのは新宿ショールームですが、ここのほかにも全国170か所以上にあります

「タカラスタンダード」−−住宅設備関連では、特にキッチンで一目置かれているメーカーだと思います。その理由はホーロー(琺瑯)という、金属の表面をガラス質で包んだ素材を随所に使っていることです。 タカラスタンダードは、そんなホーローをキッチン全面に採用している老舗メーカーです。

ショールーム入ってすぐにあるタカラスタンダードのキッチン。ホーローはガラス質なのでパネルは基本的に光沢のあるツルツルした仕上がりです

さっそくキッチンの説明をしてもらうと……やはりタカラスタンダードといえば“ホーロー”。お料理が得意な人なら、ホーロー製の鍋なら持っている人も居るかもしれませんが、タカラスタンダードで採用しているのは高品質(そして高価)なホーローです。

キッチンもそんな高品位ホーロー製で焼き物なので火を当てても大丈夫、時間が経った汚れも大丈夫、油汚れも大丈夫、表面がガラスなので匂いも汚れも付きません。衛生的に保ちたいキッチンには重要なことですよね!!

汚れがつきにくく、傷もつかず、サビもしないホーロー製。金属製のブラシでこすってもびくともしません

汚れがつきにくく、傷もつかず、サビもしないホーロー製。金属製のブラシでこすってもびくともしません

当然、加熱機器のパネルもホーロー製。ホーローの耐久性を確認するために鉄球を落とすデモもしてくれます

当然、加熱機器のパネルもホーロー製。ホーローの耐久性を確認するために鉄球を落とすデモもしてくれます

収納まで全部「ホーロークリーンキャビネット」。インナー収納までホーロー製。磁石が付くのも便利

収納まで全部「ホーロークリーンキャビネット」。インナー収納までホーロー製。磁石が付くのも便利

キッチンはお料理をする場なので作業効率も重要です。

シンクは「家事らくシンク」という3層構造のものも選べ、シンクは洗い物だけでなくシンクの上で調理もできます。一番上のワークトップスペースは野菜を切って水切り、一段下のアシストスペースはまな板も設置対応、さらに下のミドルスペースは、水跳ねしても大丈夫とマルチに活用できます。

板を付け替えてマルチに活用できる3層構造の「家事らくシンク」

板を付け替えてマルチに活用できる3層構造の「家事らくシンク」

コンロはオプションで選べるリンナイ製のグリルレスコンロを選択

コンロはオプションで選べるリンナイ製のグリルレスコンロを選択

45cm幅の食器洗い機もリンナイ製

45cm幅の食器洗い機もリンナイ製

ホーローシステムキッチンの全体のラインアップは「レミュー」「エマージュ」「リテラ」「エーデル」とあり、引き出しの仕様や天板(ワークトップ)、パネルのデザイン、オプション等でシリーズが決まります。僕達の希望する幅2700mmのアイランド型と伝えると、自動的に最上位の「レミュー」に決まりました。

ラグジュアリー感溢れる最上級の”レミュー”

ラグジュアリー感溢れる最上級の”レミュー”

ワークトップ(天板)はゴージャスな高級人造大理石”クォーツストーン”が使えるんです!! 93%天然物の石を使って樹脂で強度を高めた“クォーツストーン”、このデザインの高級感は半端ないです。なお、「レミュー」はキッチンパネルもホーローを二度がけしたハイグレードパネルで、光沢感もワンランク上。

93%自然の石の高級人造大理石”クォーツストーン”

93%自然の石の高級人造大理石”クォーツストーン”

デザインはワークトップが16種類、パネルが19種類

デザインはワークトップが16種類、パネルが19種類

僕のコーディネートは「天板:ジュエルブラック パネル:ウォルナットブラウン」のコーディネート

僕のコーディネートは「天板:ジュエルブラック パネル:ウォルナットブラウン」のコーディネート

デザイン的には、タカラスタンダードで目指すのはラグジュアリー系ですね。その路線でいうと「クランベリーソルト」の質感は本当に素晴らしいです。でも、僕らの家のインテリアには合わない……。もうひとつ、細かいことだけど木目パネルの木目が横向きしか選べないのが残念……。

いっぽう、タカラスダンダードで予想外に気に入ったものもありました!! それがホーローを使った「ホーロークリーンレンジフード」。

油汚れが取れやすいホーローを使いたい為に、自社でレンジフードを作っていますという代物。汚れの9割がホーロー部分に付くので汚れ落ちしやすいし、パネルは三か月に一度、ファンは年に一度のお掃除です。ちなみに、レンジフード単体購入も可能だそうです。

見た目にもカッコイイ「ホーロークリーンレンジフード」。一式で約16万円

見た目にもカッコイイ「ホーロークリーンレンジフード」。一式で約16万円

レンジフードの整流板がホーロー製

レンジフードの整流板がホーロー製

ファンのお掃除は一年に一度です

ファンのお掃除は一年に一度です

ショールームでは話をした内容から、後日見積もりが送られてきました。グリルレスのコンロ、大型食器洗い機、気に入ったレンジフード等込みで見積もりを作ってもらうと総額201万円。タカラスタンダードは値引きを前提としていない“適正価格主義”なので、購入価格もほぼ同じです。

うーんこの価格はちょっと手が出ません。この値段の原因が高級人造大理石ワークトップ(約40万円)なので、見た目のラグジュアリー感は、しっかり価格に比例しているということですね!!

取材のアポができた3社のキッチンを比べて、嫁と僕で本当に導入するキッチンの相談を始めます。

嫁はやっぱりデザイン重視のサンワカンパニーの「グラッド45」。僕もお気に入りだし、予算的にも手頃。それにしても、パナソニックの横並び3つ口コンロも惜しかった……。

そこで思い出したのがサンワカンパニーを取材した際に、「コンロは、自社扱いのない製品も、入れたい機種を指定すれば、必ず入るように製造してくれる」というお話。嫁が「何でも付けられるなら、ガスとIH、両方付くコンロってない?」と言い出しました。

そしてネットでリサーチしたら……ありましたリンナイ製のビルトインコンロです!!

関連記事
ページトップへ戻る