新製品レポート
つけっぱなしと停止、どちらがお得かも判断できちゃう!

“気象情報×AI”で汚れる前に空気をキレイにするパナソニックの新「エオリア」


2018年10月下旬発売予定のパナソニックのエアコン「Eolia(エオリア) WXシリーズ/Xシリーズ」(市場想定価格26〜43万円)は、気象情報とAIを組み合わせた“先読み運転”や、外出時にエアコンを止めるべきかを判断する機能を搭載。メディア向けセミナーで聞いた、新モデルの進化点を中心にお伝えします。

気象情報と住宅環境のデータをもとに、先回りで空気を清浄

2018年度モデルの「WX/Xシリーズ」から無線LANが内蔵されたエオリアは、専用アプリ「エオリアアプリ」(無料)をダウンロードしたスマートフォンで遠隔操作や室温確認ができるのはもちろん、アプリでのみ設定できる運転モードでより快適な空調コントロールを実現。新モデルではその機能が進化し、「ウェザーニュース」が提供するPM2.5や花粉の飛散予報データを取得して、室内の“空気が汚れる前”に空気清浄運転が行われるようになりました。実際に室内に侵入した汚れとウェザーニュースの予報との差を分析し、住宅環境に合わせたタイミングで先回り運転ができるように「エオリアAI」が補正していくので、使えば使うほど精度は向上していきます。この「AI先読み空気清浄」は、アプリで設定しておけば、エアコンが停止している状況でも稼働(キレイになったら停止します)。冷暖房運転をよく使用する夏や冬だけでなく、空気清浄機代わりとして通年で活躍してくれるでしょう。

ウェザーニュースのPM2.5と花粉の飛散予報データを1日分取得し、その汚れがどれだけ室内に侵入してくるのかを「エオリアAI」が住宅環境に合わせて予測。その予測値が、設定されたしきい値よりも高くなる前のタイミングで空気清浄運転が始まります

実は、前モデルにも空気清浄運転が自動で開始される機能は搭載されていましたが、運転を停止している状態では稼働せず、また、ホコリセンサーが汚れを感知したタイミングで運転が始まるため、どうしても一定量の汚れが室内に飛散してしまっていました。新モデルの「AI先読み空気清浄」で先回り運転すれば、そういったわずかな飛散も大幅に減少。下の動画のように、室内に溜まる汚れが圧倒的に少なくなります。

空気清浄に力を入れているエオリアには、清浄性能を高めるため、従来のフィルターの67倍も表面積が大きい「アクティブクリーンフィルター」が搭載されています。このフィルターは可動式となっており、冷暖房を優先すべき時には送風量を妨げないようにエアコン内部に収納され、設定温度に近づき、冷暖房運転が落ち着いてきたら吸込口のほうに移動。「AI先読み空気清浄」で空気清浄運転を行う際には、もちろん、アクティブクリーンフィルターは吸込口のほうに出て、集じんを強化します。

エアコンの上部にあるのがアクティブクリーンフィルター。0.1〜2.5μmの粒子を99%除去します

エアコンの上部にあるのがアクティブクリーンフィルター。0.1〜2.5μmの粒子を99%除去します

右側がアクティブクリーンフィルターを搭載したエアコン。空気清浄を強化する際には、エアコン天面の吸込口のほうにフィルターが移動します(天面から飛び出るように出ているのがアクティブクリーンフィルター)

アクティブクリーンフィルターにより、どれほど浄化スピードが違ってくるかは下の動画で確認できます。

<関連記事>アクティブクリーンフィルターの詳細は、2018年度モデルの発表会記事でチェック!

なお、Wi-Fi環境がなくアプリを使えない人のために、新モデルでは、ホコリセンサーが空気を検知すると、運転停止の状態からでも空気清浄運転が開始されるように設定できるようになりました。先読み運転は行えませんが、室内の空気の汚れを素早く対処してくれます。

リモコンの「ホコリみはり」を押すだけで、運転停止時でも室内の空気が汚れたら空気清浄運転が始まるように設定できます

そして、もちろん、エアコン(室内機)内部のキレイ対策もバッチリ! ゴミ捨てまで行われるフィルターの自動お掃除機能を備えているほか、熱交換器の端面にはホコリが付きにくいコーティングを施し、冷房/除湿運転のあとには「ナノイーX」を充満させ、40℃以上に加熱することでカビの成長を抑制するなどの清掃機能が搭載されています。

ナノイーXと内部清潔機能で行われるケアは「オートクリーンシステム」と称されています。オートクリーンシステムの有無で、カビの発生がこれだけ違う!

熱交換器にはカットした断面にもホコリを付着させないコーティングが施されているので

切断面(表面)の凸凹をなくし、ホコリを付着させないコーティングを施された熱交換器(左)は、確かに汚れが少ない!

そして、上にある「オートクリーンシステム」の写真にある送風ファンが、オートクリーンシステムの有無にかかわらずキレイだということに気付かれたでしょうか。実は、パナソニックのエアコンに搭載されている送風ファンには、汚れやカビを防ぐコーティングがされているので、特別なことをしなくてもキレイな状態がキープできるのです

不在時にエアコンを停止するか迷った時に役立つアプリ機能

ちょっと外出しなければならなくなった時、エアコンの冷暖房運転を停止させるか、そのままにしておくか悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。新モデルは「エオリアアプリ」の「つけっぱなし判定」を使い、運転継続と停止のどちらのほうが電気代がかからないかを知ることができます。

アプリで外出する時間を設定(最長3時間)し、「調べる」をタップすると、つけっぱなしにした場合と、運転を停止して帰宅後に設定温度になるまで冷暖房運転する場合の電気代が表示されます

なお、「つけっぱなし判定」にも「エオリアAI」とウェザーニュースの気象予報情報が加味されるので、外出中の室温変化も予測して電気代が算出されます。

たとえば、北海道と滋賀で「つけっぱなし判定」を同じタイミングで実行してみると……

たとえば、北海道と滋賀で「つけっぱなし判定」を同じタイミングで実行してみると……

気温や部屋の広さ、方角などが違うため、電気代も異なる結果に!

気温や部屋の広さ、方角などが違うため、電気代も異なる結果に!

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
季節家電のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る