新製品レポート
スマートフォンや音声でシーリングライトや電球をコントロール

8畳用も1万円台! アイリスオーヤマのスマートスピーカー対応LED照明が手ごろでイイ!!


アイリスオーヤマから無線LANを内蔵したLEDシーリングライトとLED電球が登場。スマートフォンで遠隔操作できるほか、スマートスピーカーにも対応しているので音声操作も行えます。発表会で見てきた詳細をお伝えしましょう。

照明を遠隔操作してより快適な生活に!

2017年に無線LANを内蔵した手頃な価格のエアコンを発売したアイリスオーヤマが送る、“スマート家電”の第2弾はLED照明。今回発売される11機種すべてに無線LAN機能が搭載されており、設置後、スマートフォンにインストールした専用アプリ(無料)を使って設定することで、スマホやスマートスピーカーから操作できるようになります。なお、現時点で対応するスマートスピーカーは「Google Home」と「Amazon Echo」シリーズのみ。LEDシーリングライトは適用畳数6畳用〜12畳まで揃えられており、もっとも高機能である調光・調色ができるタイプ(12畳用)でも、メーカー希望小売価格20,800円(税別)と手頃な点も魅力です。

LEDシーリングライトはデザインが異なる2タイプが用意され、どちらも調光のみ、調光・調色が行えるモデルをラインアップ(2018年12月10日発売予定)。LED電球は調光/調光・調色モデルのほか、赤・緑・青・白とその中間色に調色できるモデルも揃えられています(2018年11月30日発売予定)。スペックや価格は下の表で確認してください


LEDシーリングライトに無線LANユニットが内蔵されているので、自宅に無線LANルーターとスマートフォン(専用アプリ)があれば、外出先などからでも遠隔操作が可能。スマートフォンを使えば、リモコンでは行えないタイマー設定もできるようになります

基本的な操作は付属のリモコンで可能(LEDシーリングライトのみ)

専用アプリを使えば、点灯させるタイミングをタイマーセット可能。ただし、調光や調色をタイマーには設定できないので、消灯する前の明るさや色で点灯します。登録してある照明すべてをアプリで管理できるので、いちいち各部屋に行かなくてもいいのは便利

そして、「Google Home」や「Amazon Echo」を用意しておけば、下の動画のように音声操作で点灯/消灯、調光、調色が行えるだけでなく、スマートスピーカーのアプリに設定しておいた天気やニュースを読み上げるといったことも連動して行ってくれます

「Amazon Echo」の場合、「Amazon Alexaアプリ」で実行条件(話しかけるワード)に対して行うアクションの中に、LEDシーリングライトやLED電球の点灯や照明を設定します

なお、LED電球にはリモコンが付属しないため、調光や調色がしたい場合は、スマートフォン(専用アプリ)が必要です。

RGBW調色機能を搭載したLED電球であれば、専用アプリで変更した色を選ぶと下の動画のように簡単に電球の色が変わります

アイリスオーヤマのLEDシーリングライトは機能と価格の安さが魅力的ですが、基本性能も非常にすぐれています。他メーカーのLEDシーリングライトは基板が樹脂でできていますが、アイリスオーヤマでは錫メッキ鋼板を採用。樹脂製の場合、放熱のために基板とLEDチップの間に金属をかまさなければなりませんが、錫メッキ鋼板の基板には直接LEDチップを埋め込むことができるので、広く配置でき、ムラなく照らせるといいます。

錫メッキ鋼板の基板を採用したこの構造は「メタルサーキット構造」と称されています。基板がインクで白く塗られているのも光を反射させるための工夫

かなり明るめの照度で点灯しても、まぶしさは感じませんでした

かなり明るめの照度で点灯しても、まぶしさは感じませんでした

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る