新製品レポート
今冬発売予定の新製品を一挙発表

USB充電器に完全ワイヤレスイヤホン、ロボット掃除機まで! Ankerの新製品をまとめてチェック

2018年11月29日、Anker製品の日本展開を手がけるアンカー・ジャパンが発表会を開催。モバイルバッテリーや充電器を中心に取り扱いを行っているAnker、オーディオブランドのSoundcore、ロボット掃除機などの生活家電やIoT機器を手がけるEufy、Ankerのサブブンドでドライブレコーダーなどのカー用品を取り扱うROAV、Ankerのサブブランドでプロジェクターなどのエンタメ機器をそろえるNEBULAの計5ブランドから、今冬発売予定の新製品群を一挙発表した。ここでは、注目の新製品をブランドごとに紹介していこう。

Ankerが新製品を一挙発表

AnkerからはGaN(窒化ガリウム)採用の次世代急速充電器や人気モバイルバッテリーの大容量モデルが登場

同社の本丸ともいえるAnkerブランド。注目は、世界に先駆けて発表した次世代パワー半導体素材「GaN(窒化ガリウム)」を採用したUSB充電器「PowerPort Atom」シリーズ。従来のシリコン素材を使った半導体はエネルギー変換効率の限界が近づいており、USB Power Delivery(USB PD)で大きな電力を送るためには変換ロスによる発熱に対応するために筐体の大型化が避けられないという課題がったが、新素材のGaN(窒化ガリウム)は、従来のシリコン素材に比べて大きな電力をより高効率に変換できるため、筐体の小型化ができるのが最大の特徴となっている。

シリコンよりも変換効率にすぐれたGaNを初めて採用

シリコンよりも変換効率にすぐれたGaNを初めて採用

実際、今回発表された第1弾製品となる「PowerPort Atom PD1」も、大きさわずか4cm四方、重さ65gという超小型・軽量筐体ながら、USB PD対応のUSB Type-Cポートから最大27Wの出力を実現。従来モデル「PowerPort Speed 1 PD30」の約65%のサイズ・重量で同等の性能を実現したというのだから驚きだ。今冬発売予定で、価格は現時点で未定とのこと。

Anker「PowerPort Atom PD1」。4cm四方という超小型ボディが最大の特徴だ

Anker「PowerPort Atom PD1」。4cm四方という超小型ボディが最大の特徴だ

ちなみに、「PowerPort Atom」シリーズではさらに高出力に対応したモデルも準備中。2つのUSB Type-Cポートを備えた「PowerPort Atom PD2」は最大60W、2つのUSB Type-Cポートと2つのUSB Type-Aポートを備えた「PowerPort Atom PD4」は最大100Wの出力に対応する予定とのことだ。こちらは発売日・価格ともに未定となっている。

「PowerPort Atom PD2」は最大60Wの出力に対応

「PowerPort Atom PD2」は最大60Wの出力に対応

4つのUSB出力を備えた「PowerPort Atom PD4」。最大出力は100Wだ

4つのUSB出力を備えた「PowerPort Atom PD4」。最大出力は100Wだ

モバイルバッテリーの機能とUSB充電器の機能の両方を備えた人気シリーズ「PowerCore Fusion」には、大容量モデルの新製品「PowerCore Fusion 10000」が加わった。筐体の大型化を最小限に抑えつつ、モバイルバッテリー機能を従来モデル比2倍となる10000mAhへと引き上げているのがポイント。USB出力ポートも、USB Type-Aポート×2から、USB Type-Aポート×1とUSB Type-Cポート×1の形に変更されている。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色。発売時期は2019年第1四半期で、価格は4,999円(税込)となっている。

10000mAhのモバイルバッテリー機能とUSB充電機能を1台に収めた「PowerCore Fusion 10000」

10000mAhのモバイルバッテリー機能とUSB充電機能を1台に収めた「PowerCore Fusion 10000」

「PowerCore Fusion 10000」(写真下)と「PowerCore Fusion 5000」(写真上)。バッテリー容量を2倍にしつつ、本体の大型化は最小限に抑えた

USBだけでなく、ACやDCの出力にも対応し、非常時の電源確保にも使える「PowerHouse」シリーズには、バッテリー容量を57600mAhに、重さを約2.7kgにまで抑えて可搬性を高めた「PowerHouse 200」が登場。USB出力がUSB Type-Aポート×2とUSB Type-Cポート×1となり、USB PDにも新たに対応した。発売時期は2019年第1四半期で、価格は39,800円(税込)だ。

USB/AC/DC出力に対応した「PowerHouse 200」は、キャリングハンドルつきの筐体を採用。重さは約2.7kgだ

USB/AC/DC出力に対応した「PowerHouse 200」は、キャリングハンドルつきの筐体を採用。重さは約2.7kgだ

完全ワイヤレスイヤホンとBluetoothスピーカーが一挙登場したSoundcore

オーディオブランドのSoundcore(+Zolo)には新製品が6製品投入された。

ユーザーの注目度が高い完全ワイヤレスイヤホン分野には、AirPodsのような縦長スタイルのイヤホン本体を採用した「Liverty Air」を新たに投入。充電ケースが従来の「Liverty」シリーズよりもコンパクトになっているのがポイントで、イヤホン本体はIPX5相当の防水性能や、ノイズアイソレーション機能を装備。充電ケース含めて最大20時間の音楽再生が楽しめる。Bluetoothは5.0対応で、コーデックはSBCとAACをサポート。カラーはホワイトとブラックの2色展開になるようだ。発売時期は2019年第1四半期で、価格は7,999円(税込)。

コンパクトな充電ケースを採用した完全ワイヤレスイヤホン「Liverty Air」

コンパクトな充電ケースを採用した完全ワイヤレスイヤホン「Liverty Air」

イヤホン本体はアップルのAirPodsのような縦長スタイルとなった

イヤホン本体はアップルのAirPodsのような縦長スタイルとなった

また、Soundcoreに統合されたはずのZoloブランドからも完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty S」が登場。「Zolo Liberty」のアップグレード版という位置付けで、充電ケースとあわせて最大100時間という超ロングバッテリーを実現したのがウリだ。発売時期は2019年第1四半期で、価格は未定となっている。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンのフルラインアップ。バッテリー駆動時間や本体形状の違いなどで、全5モデル用意されている

Bluetoothスピーカーは、丸みを帯びたユニークな形状を採用する「Sondcore Model Zero」をはじめ、ハイレゾ対応のプレミアムモデル「Soundcore Motion+」、「SoundoCore Sport」の流れを汲むコンパクトモデル「Soundcore Icon Mini」、IPX7の防水性能や高い防塵性能をウリにしたアウトドアシーン向けの「Soundcore Icon」など4モデルが登場予定。「Sondcore Model Zero」は、4月のブランド発表時に投入予定とアナウンスされていたものがついに発売される形だ。発売時期は、「Sondcore Model Zero」が12月4日、「Soundcore Icon」が2019年第1四半期、そのほかが未定。価格は「Sondcore Model Zero」が19,800円(税込)、そのほかが未定とアナウンスされている。

「Sondcore Model Zero」は12月4日発売予定

「Sondcore Model Zero」は12月4日発売予定

ハイレゾ再生にも対応した「Soundcore Motion+」

ハイレゾ再生にも対応した「Soundcore Motion+」

「Soundcore Icon Mini」は、手のひらに収まるほどのコンパクトボディが特徴

「Soundcore Icon Mini」は、手のひらに収まるほどのコンパクトボディが特徴

アウトドアシーンなど、屋外での利用にぴったりな「Soundcore Icon」

アウトドアシーンなど、屋外での利用にぴったりな「Soundcore Icon」

Eufyのロボット掃除機「RoboVac」に最上位モデル追加。Alexa対応の電球も披露

生活家電やIoT機器をラインアップするEufyからは、ロボット掃除機「RoboVac」シリーズの最上位モデル「RoboVac 30C」が新登場。シリーズ初のWi-Fi搭載モデルで、スマートフォンの専用アプリを使ってお掃除の開始・終了のコントロールやスケジュール管理などが行えるようになったのが特徴だ。掃除時間は従来モデル同様の最大100分だが、吸引力は最大1500Paに向上。掃除エリアを調整できる境界線テープも新たに付属される。ダスト容量は0.6L。発売は11月30日で、価格は34,800円(税込)となっている。

Wi-Fi機能に対応したロボット掃除機最上位モデルの「RoboVac 30C」。発売は11月30日で、価格は34,800円(税込)だ

スマートフォン向けの専用アプリから遠隔操作も可能。専用リモコンに比べて直感的に操作できるのはうれしいポイントだ

IoT機器分野ではスマートスピーカーの新製品発表こそなかったが、開発中のスマート電球「Lumos 2.0 Smart Bulb」が披露された。Amazon Alexaに対応し、声による調光設定が可能なほか、スマートフォンアプリ経由でスケジュール設定なども行えるという。明るさは最大800ルーメン。発売日・価格ともに未定とのこと。

開発中のスマート電球「Lumos 2.0 Smart Bulb」。音声操作で調光などを操作できる予定

開発中のスマート電球「Lumos 2.0 Smart Bulb」。音声操作で調光などを操作できる予定

Roavからは高機能ドラレコが登場!Nebulaはモバイルプロジェクター新モデルを投入

Ankerのサブブランドで展開されているRoavとNebulaからも注目製品が投入される。

Roavからは、ドライブレコーダー「DashCam」シリーズで初めて“Pro”を冠したプレミアムモデル「DashCam C2 Pro」が登場。シリーズ初のWi-Fi&専用のRoavアプリ対応モデルで、専用アプリからは撮影した動画データはもちろん、走行中のルートも確認できるという。また、ソニーのStarvisセンサーを新たに採用。NightHawkテクノロジーで夜間でもナンバープレートを正確に撮影できるという。12月下旬の発売予定で、価格は13,800円(r税込)となっている。

Anker「Roav DashCam C2 Pro」

Anker「Roav DashCam C2 Pro」は12月下旬発売予定

Nebulaからは、缶ジュースほどのスマートな円筒形筐体を採用した人気モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」シリーズの最新モデル「Nebula Capsule II」が登場予定。世界初のAndroid TV搭載モバイルプロジェクターとなっており、これ1台でさまざまなエンタメ機能が楽しめるのが最大の特徴だ。Android TVの操作を行うリモコンも付属する。ローカルコンテンツ再生時のバッテリー駆動時間は3時間以上を予定。解像度は1280×720で、明るさは200ANSIルーメンだ。発売時期は2019年第2四半期を予定しており、価格は現時点では未定となっている。

Anker「Nebula Capsule II」は、円筒形のスリムな筐体を採用したモバイルプロジェクターだ

Anker「Nebula Capsule II」は、円筒形のスリムな筐体を採用したモバイルプロジェクターだ

モバイルプロジェクターとして世界で始めてAndroid TVを搭載

モバイルプロジェクターとして世界で始めてAndroid TVを搭載

Android TVの操作用に専用リモコンも付属される

Android TVの操作用に専用リモコンも付属される

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る