特別企画
iPhoneやAndroidスマホの充電を高速化。Nintendo Switchでも利用可能

最新USB PD充電器とケーブルの選び方&カタログ

USB Type-Cポートを使って、大電力で充電できるUSB Power Delivery(以下、USB PD)に対応するスマートフォンが増えている。これにともない対応する充電器も少しずつ製品層が厚くなってきた。ここでは、USB PD充電器とケーブルの選び方とともに、代表的な製品をピックアップした。

iPhoneやAndroidに加え、Nintendo Switchでも使えるUSB PD充電器

USB Type-Cポートを使った「USB PD」は、最大100Wまでの大電力に対応する、注目の給電技術。特に、アップルのタブレット「iPad Pro」や、「iPhone 8」以降のiPhone各機種、USB Type-Cポートを備えたAndroidスマートフォンなどの急速充電技術として普及が進んでいる。また、アップル「Macbook Pro」やパナソニック「レッツノート SV7」などのノートPCもUSB PD対応だ。これに加えて、任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」でも利用可能なUSB PD対応充電器もある。このように、USB PD充電器が1台あれば、様々なデバイスで利用できるのも大きな魅力だ。

USB PD対応の充電器は、出力のワット数(W)が製品選びの大きな指標である。規格の上限は100Wだが、国内で正規販売される製品は、まだ100Wに対応していない。スマートフォンやタブレットを充電するのであれば18W程度でも十分だが、モバイルノートPCの充電が目的なら30〜60W程度の出力が目安になるだろう。なお、供給される電力が少ない場合、機種によっては、充電ができなかったり、動作に制限が生じる場合がある。

気になる充電時間だが、iPhoneシリーズでUSB PD充電器を使った場合、バッテリー残量0%から50%までにかかる時間はわずか30分。同梱の充電器(出力5W)を使った場合のおおむね半分まで充電時間を短縮できる。いっぽうのAndroidスマホでも、従来からの「Quick Charge」方式の急速充電と並んで、このUSB PD方式に対応するデバイスが増えてきている。

「USB PD」対応ケーブルの選び方

ケーブルが同梱されていない充電器については、USB PD対応のUSBケーブルが別途必要だ。コンビニや100円ショップで売っているような安価なUSB Type-Cケーブルでは、USB PDに対応していないことが多いので注意したい。なお、Lightningポートを備えるiPhone・iPadの場合、現状、USB Type-C→Lightningのケーブルはアップル純正品しかないのでこちらを使うことになる。

注意したいのは、USB Type-Cのケーブルといっても、いろいろな種類があるということ。データの転送速度だけで見ても、上限が480MbpsのUSB 2.0対応品、5Gbps対応のUSB3.0 Gen.1対応品、10Gbpsのデータ転送に対応するUSB3.1 Gen.2対応品の3種類に分かれている。さらに、USB Type-Cポートを「Thunderbolt 3」や「Displayport」として利用できる「オルタネートモード」に対応する製品もあるなど、複数の規格が入り乱れており、状況は複雑だ。なお、USB PDについても対応する電力の上限値があり、USB PD対応ケーブルのすべてが規格の上限である100Wに対応しているわけではない。

(2019年1月15日訂正、文中通信速度の単位の間違いを、以下のように修正いたしました。5Mbps→5Gbps。10Mbps→10Gbps。以上、お詫びいたします。)

こうした対応スペックが高くなるほど、ケーブルの値段も高くなるし、ケーブル自体も太く硬くなる。給電だけが目的ならば、不要な機能のある高いケーブルをあえて選ぶ必要はない。自分の使うデバイスの対応状況にあわせて、リーズナブルなケーブルを選ぶようにしよう。

なお、USB PD充電器とケーブルの中には、USBの標準化団体「USB-IF(USB Implementers Forum)」の認証を取得しているものがある。市場に出回る商品の中には、USB PD対応と言いつつも互換性が不十分なものも一部に存在しているが、USB-IFの認証を取得していれば安心なので、購買の際の指針のひとつとして活用したい。

以下に、代表的な最新USB PD対応充電器とケーブルを紹介しよう。

30Wの出力に対応するUSB-IF認証取得モデル
エレコム「MPA-ACCP01」

30Wの出力に対応する、USB Type-Cポートを1基備えたシンプルなUSB PD対応充電器。USB-IFの認証を取得している。コンセントプラグにはスイングプラグを採用しているので持ち運びにも便利だ。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されている。

サイズ(幅×高さ×厚さ):75×53×34mm
重量:約110g
搭載ポート(最大出力):USB Type-C(30W)×1
同梱品:なし

実売2,000円台前半の小型モデル。Nintendo Switchでも利用可能
ティ・アール・エイ「cheero USB-C PD Charger CHE-324」

小型軽量設計が特徴のUSB PD対応充電器。サイズは、約43(幅)×43(高さ)×38(厚さ)mmで、重量は約55gとかなりコンパクトだ。コンセントプラグは折りたたみ可能なスイングプラグなので、携帯性もよい。搭載するポートはUSB Type-Cが1基で、最大18Wの出力に対応する。USB PD充電器としては出力が小さいが、スマートフォンやタブレットの急速充電用途としては十分。対応機器のリストには、「Macbook」などのノートPCやNintendo Switchの名前も掲載されている。

サイズ(幅×高さ×厚さ):43×43×38mm
重量:約55g
搭載ポート(最大出力):USB Type-C(18W)×1
同梱品:なし

2基のUSB Type-Aポートもあわせ持つUSB PD充電器
プリンストン「Unitap PPS-UTAP9WH」

USB PD対応のUSB Type-Cポート1基に加えて、2基のUSB Type-Aポートを備え、同時に3台の充電が行える。USB Type-Cポートは最大出力45W、USB Type-Aポートは2ポートの合計で12Wの出力に対応する。なお、3ポート合計の出力上限は45Wである。こちらの製品もコンセントプラグは折りたたみ可能なスイングプラグで、「Nintendo Switch」でも利用できる。

サイズ(幅×高さ×厚さ):28×53×76mm
重量:約130g
搭載ポート(最大出力):USB Type-C(45W)×1、USB Type-A(2ポート合計12W)×2
同梱品:なし

USB-IFの認証を取得。ケーブルも付属する
GOPPA「E00460A1C」

1基のUSB Type-Cポートを備えたシンプルなUSB PD対応充電器。最大出力は46Wで、USB IFの認証を取得している。なお、最大100Wまで対応するUSBケーブルが同梱されているが、こちらもUSB IFの認証品だ。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。なお、65Wの出力に対応する兄弟モデル「E00650A1C」もラインアップされている。コンセントプラグはスイングプラグで、動作確認機器のリストの中にはNintendo Switchが含まれている。

■46Wモデル
サイズ(幅×高さ×厚さ):30×70×68mm
重量:約146g(本体+日本・アメリカ用プラグの重量)
搭載ポート(最大出力):USB Type-C(46W)×1
同梱品:USB Type-Cケーブル(1.8m、USB 2.0対応、100Wまでの給電対応)

■65Wモデル
サイズ(幅×高さ×厚さ):30×77×72mm
重量:約190g(本体+日本・アメリカ用プラグの重量)
搭載ポート(最大出力):USB Type-C(65W)×1
同梱品:USB Type-Cケーブル(1.8m、USB 2.0対応、100Wまでの給電対応)

USB PDの給電に適した安価なUSB-IF認証ケーブル
エレコム「U2C-CC5P05NBK」

100Wまでの給電に対応するものの、USB 2.0対応であるほか、Thunderbolt 3やDisplayportといったオルタネートモードへの対応を見送ることで価格を抑えた製品。データ転送などはあまり行わずUSB PDの給電用途として考えるなら十分アリだ。なお、USB-IFの認証も取得しており、0.5m、1.0m、1.5m、2.0m、3.0m、4.0mの各ケーブル長が用意されている。

USB PDに加え、最速のUSB 3.1 Gen.2、Thunderbolt 3、Displayportに対応する高機能ケーブル
StarTech.com「USB31C5C1M」

価格.comの最安価格は2019年1月11日時点で3,282 円と高価だが、USB PDは100Wまでの給電に対応するほか、USB 3.1 Gen.2(10Gbps)やThunderbolt 3、Displayportに対応するなど高機能。もちろんUSB-IFの認証も取得している。給電にとどまらず、さまざまな用途でUSB Type-Cポートを使いたい場合に適した高級ケーブルだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る