特集
一家に1台あれば便利

アウトドアから車中泊、停電時まで活躍! AC出力対応モバイルバッテリー&ポータブル電源を厳選

外出先でも電子機器を充電できるモバイルバッテリーは非常に便利ですが、一般的なものは出力がUSBポートに限られており、スマートフォンやタブレットといった小型の電化製品しか充電できません。

電化製品で最も多く使用されているのは、ACコンセントから電力をとるAC電源タイプです。つまり、ACコンセント出力(以下、AC出力)に対応したモバイルバッテリーがあれば、旅行やアウトドア、さらには停電時の緊急電源として使用できます。しかし、AC出力対応モバイルバッテリーと言っても、さまざまなタイプのものがあり、どれを買えばいいのか迷ってしまいがちです。

本記事では、そんなAC出力対応のモバイルバッテリーの選び方を徹底解説。おすすめの製品もピックアップしたので、購入の参考にしてみてください。

※2019年2月1日より、リチウムイオンバッテリーを使用するモバイルバッテリーが電気用品安全法(PSE法)の規制対象になり、「PSE」マークがない製品は販売不可になります。特に海外メーカー製の製品の中には「PSE」マークがないものもあるのでご注意ください。本記事に掲載している海外メーカー製品については、PSEマークの有無を調査中です。

一家に1台あると、いざというときに役立つAC出力対応モバイルバッテリー&ポータブル電源をピックアップ

一家に1台あると、いざというときに役立つAC出力対応モバイルバッテリー&ポータブル電源をピックアップ

AC出力対応モバイルバッテリーを買う際にチェックすべきポイント

AC出力対応モバイルバッテリーには大きく分けて2種類があります。ひとつは、カバンに入る大きさで持ち運びに最適なモバイルタイプ。簡単に言ってしまえば、スマホ向けモバイルバッテリーにAC出力ポートが搭載されているもので、容量がそこまで大きくないものの、出張や旅行先で活躍します。ただし、バッテリー容量がすくないので、消費電力の大きな電化製品の場合、十分に動作しないこともあります。

スマホ向けバッテリーよりも少し大きめのサイズながら、AC出力に対応するモバイルタイプ(画像はリンクス「enerpad AC-80K」)

もうひとつは、サイズは大きいながらも大容量バッテリーを搭載するポータブル電源です。カバンには入りませんが、アウトドアや車中泊、非常時の電源として使えます。容量や出力も高く、さまざまな電化製品を動かすことが可能です。

家庭のACコンセントを持ち歩くイメージのポータブル電源(画像はsuaoki「PS5B」)

家庭のACコンセントを持ち歩くイメージのポータブル電源(画像はsuaoki「PS5B」)

まとめると、モバイルタイプは外出先でノートPCやカメラのバッテリーを充電するといった使い方が基本であり、使用製品が限定されるものの非常時の緊急電源としても使用できます。ポータブル電源は、アウトドアで照明やアンプスピーカーなどに使用できるほか、緊急時でも幅広い電化製品に給電可能です。

どちらのタイプを選ぶ際も、注意したいのはバッテリー容量。一般的に「mAh」(ミリアンペア・アワー)で表示されますが、特にポータブル電源の場合は「Wh」(ワット・アワー)もあわせてチェックしましょう。

「mAh」は、1時間にどれくらいの電流(mA)を流せるかを意味する単位であり、電圧については考えられていません。対して、「Wh」は「Ah」(=1000mAh)に「V」(電圧)を掛けた値で表され、たとえば、1000Whであれば、消費電力100Wの電化製品を10時間使用できる(実際には変換効率によりもう少し短くなる)ということになります。

スマートフォンやノートPCのような消費電力がさほど高くない製品使う場合は「mAh」をバッテリー容量の参考にしても問題ではありませんが、消費電力の高い電化製品を使うに場合は、「mAh」よりも「Wh」を参考にしてください。

また、出力(W)も要チェックです。簡単に言うと、出力が高いほど消費電力の高い電化製品を利用可能であり、反対にモバイルバッテリーの出力が使用したい電化製品の消費電力に足りない場合は利用できないので注意してください。使いたい電化製品の消費電力に合わせた出力を備えるモバイルバッテリーを選びましょう。

最後にチェックすべき項目は「正弦波」対応か否かです。特に、精密機器やマイコン制御の電化製品を使用する場合は正弦波対応のバッテリーでないと動作しません。基本的にスマホ向けのような小型のモバイルバッテリーは正弦波に対応していません。正弦波が必要な機器を使用する際は、バッテリーのスペックをしっかり確認しましょう。

ここまでAC出力に対応するモバイルバッテリーや選び方について説明しましたが、いくつものポイントを押さえて自分で選ぶのは面倒だ!という人のために、価格.comマガジンがコスパ優秀モデルからハイスペックモデルまでジャンル別にピックアップしました。ぜひ購入の参考にしてみてください。

AC出力対応モバイルバッテリー

1.Omars「OMESS2U1ABKJP」

AC出力ポートに加え、USB出力ポート(最大2.4A)×2を備え、スマートフォンやノートPCなどを充電できるモバイルバッテリー。ACのポート出力は100V/80Wです。24000mAhの大容量で、満充電の状態からスマートフォンを6〜7回フル充電できます。本体サイズが124.8(幅)×188(高さ)×44(厚さ)mm、重量が940gと、カバンにも十分入るサイズで、旅行時などにも活躍します。

Omars「OMESS2U1ABKJP」

Omars「OMESS2U1ABKJP」

2.サンワダイレクト「700-BTL025」

AC出力ポートとUSB出力ポート(最大2.4A)を1基ずつ備えるモバイルバッテリー。ACのポート出力は100V/80W。バッテリー容量は11400mAhで大容量とまでいきませんが、その代わりに96(幅)×148(高さ)×34(厚さ)mm、約600gというコンパクトなボディが持ち運びに適しています。いくつものデバイスを充電できるパワーには欠けるものの、外出中の緊急時などに使うのには十分なスペックを備えています。

サンワダイレクト「700-BTL025」

サンワダイレクト「700-BTL025」

3.RAVPower「RP-PB055」

AC出力ポートとUSB出力ポート(最大2.4A)×2に加え、USB Type-Cポートを搭載するモバイルバッテリー。ACのポート出力は110V/100W。27000mAhの大容量で、「12インチMacBook」であれば約1.8回充電可能です。USBケーブル(CtoC)の使用時でも、わざわざ変換アダプターを用意する必要がありません。スマートフォンやノートPC、カメラのバッテリーなどを充電するのには十分な容量で、複数のデバイスを外出先で使用するのに重宝します。

RAVPower「RP-PB055」

RAVPower「RP-PB055」

4.リンクス「enerpad AC-80K」

モバイルバッテリーとしては最大級のバッテリー容量80400mAhを備える「enerpad AC-80K」。最大250W出力のAC出力ポートを2基と、USB出力ポート(3.4A)を2基、そしてUSB Type-Cポートを1基搭載する、非常にパワフルな設計が魅力です。本体サイズは194(幅)×257×(幅)×50(高さ)mmで、重量約1.8kgとサイズこそ大きいですが、疑似正弦波にも対応しており、外出先での使用から防災用途のバックアップ電源として幅広いシーンで活躍してくれます。

リンクス「enerpad AC-80K」

リンクス「enerpad AC-80K」

アウトドアから停電時まで使えるポータブル電源5選

5.Anker「PowerHouse A1701011」

120600mAh/434Whという大容量のポータブル電源「PowerHouse A1701011」は、AC出力ポートとDC出力ポート(シガーソケット)を1基ずつ備え、それぞれの出力は120W。一般的なノートPCであれば、公称で約15回のフル充電が可能です。4基あるUSB出力ポートは、Ankerの独自急速充電技術「PowerIQ」に対応。サイズは200(幅)×145(奥行き)×165(高さ)mmで重量は約4.2kgです。

Anker「PowerHouse A1701011」

Anker「PowerHouse A1701011」

6.suaoki「PS5B」

120000mAh/400Whというバッテリー容量はAnker「PowerHouse A1701011」とほぼ同等ですが、AC出力ポート(最大300W/純正弦波)を2基、DC出力ポート(シガーソケット)を1基、USB出力ポート(5V/3.5A)を4基備える豊富な出力ポートに加えて、ジャンプスタートやソーラー充電(ケーブル付属。ソーラーパネルは別売り)に対応します。キャンプや車中泊にはもってこいでしょう。本体サイズは23.3(幅)×14.8(奥行き)×23.7(高さ)で、重量は5.6kgです。

なお、初期モデルは充電用アダプターについてリコールが出ましたが、現在発売されているモデルはリコール対策品です。念のため、購入の際は対策品かどうかお店に確認しましょう。

suaoki「PS5B」

suaoki「PS5B」

7.SmartTap「ポータブル電源 PowerArQ」

174000mAh/600Wという特大容量が特徴の「ポータブル電源 PowerArQ」。AC出力ポート(合計最大300W/純正弦波)を1基、DC出力ポートを3基(シガーソケット+6.5mm×2)、USBポート3基(5V/2.1A)を備えます。出先で充電できないアウトドアや非常時の電源として活躍するでしょう。別売りのソーラーパネルを使えば太陽光でも充電可能です。とにかく長持ちするポータブル電源を探している人は、一度チェックしてみてください。

SmartTap「ポータブル電源 PowerArQ」

SmartTap「ポータブル電源 PowerArQ」

8.iMuto「M5」

iMuto「M5」は、バッテリー容量が50000mAh/182Whと、ほかのポータブル電源に比べて少ないものの、サイズが121(幅)×100(奥行き)×100(高さ)mm、重量が1.45kgと、片手で楽々持ち運べるほどコンパクトなのが特徴です。USBポートが3基(1基のみQC3.0の急速充電対応)、DC出力(最大19V/4A)が4基備わっており、AC出力は別売りのACインバーター(出力100W/正弦波)を購入する必要がありますが、本体と両方をそろえても2万円台というコストパフォーマンスの高さもポイントです。側面にはLEDライトを3つ備えているため、真っ暗なキャンプなどで役立ちます。複数の家電製品に給電するようなヘビーな使い方をしないなら十分なスペックです。

iMuto「M5」

iMuto「M5」

9.Webetop「ポータブル電源/167Wh」

Webetopの「ポータブル電源/167Wh」は、45000mAh/167Whというバッテリー容量ながらもカバンに入るくらい小さいコンパクトタイプのポータブル電源。AC出力ポート(出力150W/短形波)を2基、DC出力ポート(9〜12.6V/10A)を3基、USB出力ポートを2基(QC3.0対応)備えています。ポータブル電源としては非常に安価な価格に抑えられており、コスパ良好のモデルです。

Webetop「ポータブル電源/167Wh」

Webetop「ポータブル電源/167Wh」

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る