レビュー
シワ伸ばしとニオイケアにも効果アリ

これで加齢臭に勝つ…! 綾瀬はるか愛強めのオッサン、パナソニックの衣類スチーマーに感激

こんちは、こんどーです。今回はパナソニックの衣類スチーマー「NI-FS750」をレビューしたいと思います。洋服をハンガーにかけたままでシワ伸ばしができる便利な家電、衣類スチーマー。なかでもNI-FS750は、価格.com「アイロン」カテゴリーの売れ筋ランキングで常に上位にラインクインする大人気シリーズの最新モデルです。

【関連記事】
実演販売士のレジェンド松下さんも太鼓判! 使用時間が2倍になったパナソニックの衣類スチーマー

ん、そういえばパナソニックの衣類スチーマーといえば、綾瀬はるかのCMにムッハー! となったお父さんも多いはず。綾瀬はるか、かわいですよね。私も好きです。

パナソニックといえば綾瀬はるか! まず綾瀬はるかについて語る!

綾瀬はるかといえば「海街diary」と「今夜、ロマンス劇場で」はいい映画でした。

「海街diary」は鎌倉を舞台にした四姉妹の物語で、吉田秋生の漫画が原作。私は漫画原作の実写映画化はあまり好みではないのですが、この映画だけは別格です。綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずという日本を代表する旬の4女優が出演し、鎌倉の風景とともに、四姉妹を巡る恋模様・人生模様が淡く美しい映像で綴られる、是枝裕和監督らしい秀作でした。漫画のほうは昨年12月に最終巻が出て完結しましたが、その記念に原作ファンの友人たちと一緒に聖地巡りしてきたほど、私はこの漫画が大好きでした。

いっぽうの「今夜、ロマンス劇場で」は、モノクロ映画のヒロインがスクリーンの中から飛び出し、映画監督を目指す若者と恋に落ちるという、どこかで聞いたことがあるようなストーリーですが、「ローマの休日」や「蒲田行進曲」など名作映画のオマージュが各所に散りばめられており、映画好きにはたまらない作品です。なにより、綾瀬はるか演じるヒロインがとてもかわいらしく、観ているうちにどんどん感情移入して、最後はボロボロと大泣きしてしまいましたよ、おじさんは。

さて、そんなかわいらしい綾瀬はるかをCMに起用した、パナソニックの衣類スチーマー最新モデルのポテンシャルはどんなものなのでしょうか? CMどおりに使い勝手はいいのでしょうか。ここからは比較的真面目にレビューします。

みなさん、ここから衣類スチーマーのレビューです!

衣類スチーマーが最も売れる時期は4〜5月です。新卒入社のビジネスマン/ビジネスウーマンが数少ない通勤服を着回すために、主にスーツやシャツのシワ取りに使う用途で購入するから。ではなぜ筆者がNI-FS750を今レビューするかというと、この時期ならではの2つの利便性を実感できるからなのです。というわけで、まずはNI-FS750の特徴から説明していきましょう。

NI-FS750本体のほか、100ml入る計量カップ、熱いアイロンを置くスタンドが付属します

NI-FS750本体のほか、100ml入る計量カップ、熱いアイロンを置くスタンドが付属します

▼スチーマーにもアイロンにもなる2Wayスタイルが魅力

魅力は、「衣類をハンガーにかけたままでスチームする使い方」と、「一般的なアイロンと同様に衣類をプレスする使い方」の2Wayで使えること。

朝、会社に行くために着替えようとしたらシャツが皺だらけだったというときに、前身頃(みごろ)だけならハンガーにかけたままサッとスチームをかけてシワを伸ばせますし、襟・前立て・袖口もパリッとしたいときはアイロン台でしっかりプレス。そんな風に、忙しい朝でも臨機応変に使い方を変えられるのがよいところです。

重心が低く設計されているので手首にかかる負担が小さく、握力の弱い女性でもスチームがけが楽にできます

重心が低く設計されているので手首にかかる負担が小さく、握力の弱い女性でもスチームがけが楽にできます

アイロンとしても使えます。本体が小さいので細かい部分のシワ伸ばしがやりやすい

アイロンとしても使えます。本体が小さいので細かい部分のシワ伸ばしがやりやすい

▼水タンク容量が従来モデルの2倍に! 連続使用時間も長くなった

本機は、水タンクの容量が昨年モデル(NI-FS540)の2倍に増えたことがひとつのポイントです。約100mlの水を入れることができ、連続スチーム時間も従来比2倍の約8分になりました。シャツの前身頃のシワだけをササッと取るなら水は100mlも必要ありませんが、アイロンとしてワイシャツ全体のシワをしっかり伸ばしたい、1度に複数の衣類に使いたいというときには便利です。

タンクが2倍になっても本体の大きさはそれほど大きくなっていません。むしろ高さが約2cm縮小しています。これは、本体の長さを約1cm、幅を約1cmだけ大きくしたり、ポンプの位置を変更することで実現しています。高さが低くなったことで重心も下がって使用時のバランスがよくなり、手の負担を軽減するなど、使い勝手が大きく改善しています。

水タンク容量が2倍に! しかし、重心を低く設計することで持ちっぱなしでも疲れにくくなっています

水タンク容量が2倍に! しかし、重心を低く設計することで持ちっぱなしでも疲れにくくなっています

タンクの工夫により、360°どの方向に持ってもスチームがかけられるのも使い勝手がよい

タンクの工夫により、360°どの方向に持ってもスチームがかけられるのも使い勝手がよい

使ってみてわかる、今の時期ならではの利便性!

では、実際に使ってみましょう。まずポイントとなるのは、その立ち上がりの早さです。ぜひ以下の動画をご覧ください。付属の計量カップから注入口に水を入れ、スイッチをONにして待つことたった24秒! 赤いランプが点滅から点灯に変わりました。さらに38秒あたりからスチームが出始め、47秒あたりで安定してきます。

朝、あわてて衣類のシワ伸ばしをしなければというときに、衣類スチーマーの立ち上がりが遅かったら遅刻してしまいます。30秒とかからずに準備が完了すれば、あとはシャツの前身頃だけにスチームをかけるなら3〜4分で終了するので、トータル5分ほどでお出かけの準備が完了します。朝の忙しいときにはうれしい性能ですね。

▼麻など、シワになりやすい夏物衣類に超使える!

ここで、この時期ならではの利便性その1。蒸し暑い時期になると麻の衣服を着ることが多くなりますが、麻はとにかくシワになりやすい。シャツの前身頃だけでもシワとりしておくと清潔感がかなりアップします。ここ大事。いくらクールビズが当たり前になってきたからといって、ヨレヨレのシャツを来ていたのではオフィスの女子たちに嫌われますよ。オッサンが女子に嫌われないためには、まず清潔感です!

おろしたてのリネンシャツの折ジワも1分のスチームで目立たなくなります

おろしたてのリネンシャツの折ジワも1分のスチームで目立たなくなります

うちの妻が喜んだのは、麻のスカートの座りジワが簡単に取れること。梅雨の篠突く雨でスカートが濡れたままオフィスの椅子に座るとスカートがシワだらけになります。さあ会社に行こうと着替えようとしたら座りジワが目立って格好悪い。そんなときに衣類スチーマー。「なんていいタイミングで家にあるの」と、嬉々としてスカートにスチームかけて出かけていきました。パパの株がちょっとだけ上がった瞬間です。以下の動画をご覧いただくと一目瞭然。麻のスカートの座りジワも、1分程度でこのくらいキレイになるんです。

また、綿100%のシャツの場合は、誰かに会う予定がない場合は洗いざらしのまま会社に行きますが、記者会見とかちょっとした会合がある場合はせめても目立つシワぐらいは取っていきたいと常々思っていました。前身頃をスチームでサッとシワ取りし、前立てと襟はプレスしてしっかりシワ伸ばしすれば、だらしなさがなくなり、カジュアルながら清潔感が出るので、フランクなミーティングくらいならこれで十分です。綿シャツの襟のプレスは30秒程度で終わってしまいます。

共働きの場合、アイロンがけも男がするのが当たり前。しかし筆者は、面倒なのでフォーマルシャツはノンアイロンOKのものを購入しています。……が、逆にカジュアルシャツのほうがシワだらけという事態になりがち。そこで衣類スチーマーがあればすぐにカジュアルシャツのシワ取りができるので、クールビズでもイケてるオッサンを演出できます。

▼加齢臭や生乾き臭など、あらゆるニオイの除去に!

次に、この時期ならではの利便性その2。汗およびオヤジ臭と、洗濯物の生乾き臭の除去です。筆者は頭髪が寂しいため(泣)、真夏は頭部への直射日光が厳しいので帽子が欠かせません。また、冷え性気味なので冷房がガンガン効いた電車の中や会議室、記者会見場は辛いため真夏でも上着を持ち歩くことがあります。で、やはり汗臭・オヤジ臭はすごいです(笑)。 

夏にかぶるハットは洗うことができないので、これまでは消臭スプレーで対応してきました。単に香りでごまかしているのか、なかなか加齢臭が取れずに困っていたのですが、衣類スチーマーなら大量のスチームがニオイの粒子を繊維の外に一気に押し出し、臭いを除去するのでスッキリ(ただし、スチーム不可の材質もあるので注意!)。

妻も顔を突っ込めるまでオヤジ臭が取れました

妻も顔を突っ込めるまでオヤジ臭が取れました

ハットだけでなくジャケットの脇、襟周りの加齢臭もスッキリ取れて満足です。NI-FS750には3倍量のスチームが出る「瞬間3倍パワフルスチーム」モードがあるので、しつこいオヤジ臭にも対応できます。以下の動画は、スチーム噴出中にトリガーを2回早押しして、瞬間的に3倍のスチームが出る「瞬間3倍パワフルスチーム」モードに切り替えたところ。

オヤジ激臭の集大成であるジャケットの脇の下はパワフルモードで念入りに

オヤジ激臭の集大成であるジャケットの脇の下はパワフルモードで念入りに

さらに、洗濯物の生乾き臭にもスチームは効果を発揮します。梅雨のこの時期、室内干しをする日が増えているので、雨の日は洗濯洗剤そのものを部屋干し対策商品に変えて使っている人も多いと思います。しかし、実は生乾き臭は室内干しのときだけでなく、外干し時にも発生する場合があります。どんより曇っているけど雨は降っていないので外に干す、というときは要注意。

梅雨の時期は気温が高くても大気中の湿度が高いため、衣類が乾くのに時間がかかります。そのとき、衣類に雑菌が繁殖して生乾き臭が発生するのです。あの、なんとも言えない、雑巾のような生乾き臭って嫌ですよね。そんなときこそ衣類スチーマーの出番です。乾ききった洗濯物をスチームでひとなでするだけ。スチームかけたあとは扇風機をあてたりエアコンの風をあてて水分をしっかり飛ばしましょう。これにより、生乾き臭はすっかり消え失せます!

特にバスタオルは生乾き臭が発生しやすい。でも、スチームをサッとかけてエアコンの下で湿気を飛ばしたらキレイにニオイが取れました

ニオイが気になる世代に必須の家電! そしてさすが綾瀬はるか

というわけで夏に大活躍する衣類スチーマーですが、それだけでなく、秋の長雨、その後の冬の低温時にも、生乾き臭の除去などで1年中使いどころ満載です。また、4月に販売が増加することからわかるように、新社会人が多く買い求めていますが、若い人たちだけのものにしておくのはもったいない! むしろ、いろいろとニオイが気になる40代以降の男女にこそ必須の家電だと、日々娘たちに「臭い」と言われている筆者は考えます。結論として、やっぱり綾瀬はるかが使う衣類スチーマーの実力は高かった! さすが、綾瀬はるか。

近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

1966年生まれ、福島県出身。大学では考古学を専攻。家電製品のフリーペーパーを発行しつつ、ライターとしても活動中。得意分野は家電流通、生活家電。趣味は、ゴルフ、ギター、山登り、アニメ、漫画。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る