レビュー
昭和レトロなたたずまいも魅力! 「炊飯」「蒸し物」「煮込み」がこれ1台

超ロングセラー。台湾の万能調理器「大同電鍋」が評判どおりの名品だった

炊飯や蒸し調理、煮込み調理に使えて同時調理もできる台湾製の万能調理器「大同電鍋(大同電気釜)」が、ここ数年日本でも評判です。なんと台湾では1960年の発売以降、60年近く一般家庭で愛用されており、台湾好きの間では以前から話題となっていて、台湾旅行の際に買って持ち帰る人も少なからずいたようです。2015年に日本向けの電気鍋を発売し日本での販売法人も立ち上がり、さらに2018年に生活情報雑誌「Mart(マート)」で取り上げられたことで、日本での認知度がより高まりました。今回は、この電鍋を使って、「炊飯」「蒸し物」「煮込み」などの調理を行い、料理の出来栄えや使い勝手をチェックしていきたいと思います。

日本では6合タイプと10合タイプの2サイズで展開。カラーは写真のグリーンのほか、オレンジ、ピンク、ホワイトの計4色ですが、台湾ではより細かいサイズ展開をしているようです

昭和レトロなたたずまいが泣ける! スイッチがたった2つの超シンプル設計!!

製品が入った箱を開け、目の前に現れた「大同電鍋」の“昭和”なレトロデザインに感涙! 筆者は1960年代生まれですが、子供時代にこんな炊飯器が家にありました。さすが、60年近くロングセラーを続ける製品だけあります。

左が10合タイプ(Lサイズ)で、サイズは約348(幅)×256(高さ)×290(奥行)mmで重さは4.4kg。右が6合タイプ(Mサイズ)で、サイズは約310(幅)×240(高さ)×255(奥行)mmで重さは3.2kg

写真上段右から、外釜一体型の本体、内釜、蒸し皿(スチームプレート)、下段右から計量カップ、しゃもじ、内釜ふた、外ふた。内釜ふたは炊き上がったご飯や加熱終了後の煮込み料理を保存するのに使い、基本的に加熱中は使いません

また、デザインだけでなく機能も「たぶん昔のまんま?」と思わせるシンプルさ。スイッチは「炊飯」(加熱)と「保温」の2種類だけです。

日本仕様の製品には、加熱スイッチと保温スイッチの2つのみ搭載。保温スッチを入れて加熱スイッチを押すと、加熱終了後に自動的に保温モードになります。保温スッチを入れていないと、加熱終了後は電源オフに。ちなみに台湾仕様のモデルはスイッチがひとつだけで、加熱終了するとそのまま保温モードに移行、電源コードを抜くことで保温モードを解除します

大同電鍋は、炊飯も蒸し調理も煮込み調理も、基本は「蒸す」という加熱方法を採用しています。炊飯や煮込み調理の場合は、内釜に材料と調味料を入れ、さらに外釜に水を入れて外ふたをして加熱します。スイッチを入れると外釜内の水が沸騰し、その蒸気と熱で内釜の中の食材にムラなく火が通ります。水が蒸発してなくなると自動でスイッチが切れて安心。加熱時間は外釜に入れる水の量で調節します。

米の量(カップ数)に合わせて内釜の目盛りまで水を入れます。この工程は日本の炊飯器と同じです

米の量(カップ数)に合わせて内釜の目盛りまで水を入れます。この工程は日本の炊飯器と同じです

内釜と外釜の間に水を入れます。レシピ本に書いてある通り、内釜をセットしてから外釜に水を注ぎましたが、最初に水を注いでから内釜をセットしてもいいようです

蒸し調理の場合は内釜は使わず、外釜に水を張ってから付属の蒸し皿を敷いて、その上に食材を置いた皿や容器をセットします。加熱時間を水の量で調節するのも同様。水を1度に入れすぎると沸騰したお湯が吹き出すので、6合タイプは付属のカップ1.5杯まで、10合タイプはカップ3杯までにして、長時間加熱する場合は、こまめに水を足して加熱時間を延長するようにします。

蒸し調理するもっとも簡単な方法は、外釜に水を張って蒸し皿を置き、そこに食材を乗せた皿を置く方法です

蒸し調理するもっとも簡単な方法は、外釜に水を張って蒸し皿を置き、そこに食材を乗せた皿を置く方法です

ちなみに、内釜と外釜の間に水を入れる加熱法は、東芝が開発した日本初の電気炊飯器に採用されていた技術。実は大同電鍋の開発時に、東芝の技術サポートがあったのだそうです。今や日本の炊飯器はIH加熱が主流ですが、当時の技日本の術が台湾で脈々と受け継がれ、また日本に戻ってきたという“歴史”は、しみじみと感動的です。

では、各調理法の使い勝手と料理の仕上がりをチェックしてみましょう。

【炊飯】白米はさっぱり食感に炊き上げ。もち米を使ったおこわの仕上がりは絶品!

まずは基本の白米炊飯。山形県産「つや姫」3合を研いだあと30分吸水させ、取扱説明書に従って外釜に水をカップ1杯入れて炊飯しました。約27分後にスイッチが自動オフになり、そのまま保温モードに。15分間蒸らしたあと、全体をほぐしました。

炊飯終了してから15分蒸らしたあとのご飯。米のふくらみがやや弱く、見るからにしゃっきりした食感です

炊飯終了してから15分蒸らしたあとのご飯。米のふくらみがやや弱く、見るからにしゃっきりした食感です

圧力をかけずに炊飯しているせいか、ご飯のふっくら感はやや控えめ。やや硬めの炊き上がりながら、もちもち感もあります。甘味がありつつさっぱりした後味に好感が持てました。やわらかめの食感が好きな人は、内釜の水量を少し多めにしたほうがいいでしょう。

ご飯茶碗によそうと、米の周りのおねばがかなり少ないのがわかります。食べると口の中で1粒ひと粒がほどけますが、硬い食感というわけではなく、噛むとモチっとした弾力がありました

次に、もち米を使って台湾風おこわを炊いてみました。「大同電鍋でつくる美味しい家庭料理」(光文社刊)に掲載されていたレシピを参考に作りましたが、もちもちした食感が絶品。おこわを作るのは初めてでしたが、1回目にしてここまでうまくできるとは驚きです。

もち米2合を洗ったあと、炒めた豚ばら肉やしいたけ、干しエビなどを入れて炊飯。外釜には白米の倍程度の1と1/4カップの水を入れて、長めに加熱します

強いもちもち感がありながらおこわがだんごにならず、食べごたえと喉越しが抜群。まるでお店で食べるおこわのような、上級な食感に仕上がりました。これがいつでも家で食べられるとは幸せです

【蒸し調理】初めて作った茶碗蒸しが自分でも驚くクオリティに!

蒸し調理では、和食の定番ながら、上手に作るのが難しいといわれる茶碗蒸しに挑戦。ちなみに筆者は茶碗蒸しを作るのも人生初です。レシピはネット検索で調べ、外釜に入れる水の量だけ取扱説明書を参考にしました。

蒸し皿の上に茶碗蒸しをセット。蒸している途中で水分が入らないように、アルミホイルのふたをしました。スイッチを入れて約13分後に水がなくなり加熱終了したので、追加でカップ2目盛りほど水を入れて再加熱。約8分後にスイッチを強制的に上げて加熱終了

アルミホイルを外すと、茶碗蒸しがきれいに仕上がっていました! みつばの緑も鮮やかです

アルミホイルを外すと、茶碗蒸しがきれいに仕上がっていました! みつばの緑も鮮やかです

最初は玉子に「す」が入ったり、玉子とつゆが分離したりしがちな茶碗蒸しですが、なんと1回目でほぼ完璧な仕上がりに! 玉子も口どけトロトロで、まるでお店の味です。ふだんはスーパーで出来合いのものを買っているのですが、こんなに簡単なら家で作る気にもなれます。

続いて、同じ蒸し調理で、前述の「大同電鍋でつくる美味しい家庭料理」に紹介されていた「ひき肉太陽蒸し 塩辛入り」を作ってみました。元々魚の塩漬けを使うベトナム料理をイカの塩辛で代用したものだそうです。ひき肉に卵白を混ぜることで適度にふんわりした食感になり、しょうがのみじん切りが塩辛の臭みも消してくれて、意外にマイルドな後味。でもしっかりクセになるおいしさでした。

豚ひき肉にひとつまみの塩を入れ、よく練り混ぜてから卵白と塩辛、ネギ、しょうがなどを混ぜ、皿に敷き詰めて蒸し皿にセット。外釜にはカップ1/2の水を入れました。15分程度で加熱終了したので、表面に卵黄を塗り、さらに5分ほど加熱しました

最後に長ネギと糸唐辛子を乗せて完成。卵黄が小さめでひき肉の上全体を黄色で覆うことはできませんでしたが、味はバッチリでした

【煮込み調理】スイッチひとつで手間なくできるが、味付けには工夫と経験が必要

煮込み調理は「鶏手羽元のうま煮」を作ってみました。これまた「大同電鍋でつくる美味しい家庭料理」のメニューです。作り方は材料と調味料をすべて内釜に入れて、外釜に水1カップを入れて加熱するだけ。約28分後にスイッチが切れたあと30分間そのまま保温にして、食材に味を染み込ませます。

食材は鶏手羽元と玉ねぎだけ。砂糖や醤油、酢などの調味料のみで、水は一切入れていませんが、玉ねぎの水分だけでたっぷりのおつゆができていました

試食してみると、火はしっかり通っているものの味はやや薄め。大同電鍋での煮込み調理は水分があまり外に逃げないためつゆが煮詰まらず、味が少しぼんやりしがちです。しっかりした味付けが好みなら、こまめに味見するのがよさそう。また、鶏肉はまずまずやわらかい仕上がりではあるものの、圧力鍋調理のように骨から身がホロッと崩れるとまではいきませんでした。ただし、加熱後の保温時間をもっと長めに取れば、よりやわらかい食感になったと思います。

調理中つゆに使っていなかった部分が白く、もうひとつ味の染み込みが弱い印象。加熱終了後にそのまま保温するのでなく、1度全体をかき混ぜたほうがよかったかもしれません

【同時調理】“蒸し”と“煮込み”と“温め直し”の組み合わせ自由で、利用シーンは非常に高い!

大同電鍋の大きな魅力のひとつは、2品〜3品の同時調理ができること。蒸し物の同時調理のほか、“蒸し”と“煮込み”の同時調理も可能です。

同時調理の方法も多彩というかアバウトで、外釜の上に中華せいろを乗せて蒸す方法もありますし、深めの皿やどんぶりの上にお箸を2本置いて、その上に皿を置いて一緒に蒸す方法もあります(お箸でなくステンレスの水切り網を使うのもあり)。蒸し調理と煮込み調理を同時に行う場合は、内釜にお箸や水切り網を置いて、外ふたをして加熱します。

今回は、煮物は肉じゃが、蒸し物は冷凍焼売の温めを同時に行いました。肉じゃがの食材と調味料をすべて内釜に投入し、箸を2本を渡して焼売を並べた皿を置いてスイッチオン。約27分後に加熱終了したので、焼売だけ取り出して肉じゃがの材料をかるく混ぜ、外釜に水を1/2カップほど入れて再加熱。そのまま保温モードで放置して味を染み込ませました。

内釜の上に割り箸を2本置いて、そこに皿を乗せるやり方がワイルド! 肉じゃがも焼売温めも外釜に入れる水量が1カップだったので、この組み合わせにしました

約27分後に加熱終了したので外ふたをオープン。焼売がたっぷり水分をまとって、見るからにおいしそうです

約27分後に加熱終了したので外ふたをオープン。焼売がたっぷり水分をまとって、見るからにおいしそうです

最初に加熱終了したあと、全体をかき混ぜて味を回します。まだジャガイモに火が通り切っておらず、少し硬かったので、さらに10分ほど加熱しました。10分後にジャガイモやニンジンがやわらかくなっているのを確認して、さらにしばらく保温しました

焼売の蒸し上がりは感動的。皮はトゥルントゥルン、中身もふわふわの食感で、まさに本格中華料理の店で食べる味です。

大同電鍋で蒸したのと同じ冷凍焼売を電子レンジで加熱して比較。左が蒸した焼売ですが、皮の表面がみずみずしくツヤツヤしており、中にも肉汁がたっぷり詰まっていました。いっぽう、レンジ加熱した焼売(右)は、表面が乾き気味で、ひき肉ダネもややジューシーさに欠けていました

肉じゃがは、ジャガイモはやわらかく仕上がっており、なおかつ煮崩れもありませんでした。ただ、味付けはやはり薄めで、途中でかき混ぜた時に味を微調整する必要があったと反省しきりです。

ジャガイモはメイクイーンを使用。そのせいもあるかと思いますが、直火のようにつゆが沸騰しないので、ジャガイモの角もカットしたときの形がしっかり残っています。なのに食べるとしっとりした食感で、火の通りは文句なしでした

台湾では、冷凍したご飯やおかずの温め直しにも電鍋が活用されているようで、専用のタッパーらしきものを積み上げて3品同時調理している写真がネットにも上がっています。水蒸気加熱だとレンジ加熱よりしっとりふっくら仕上がるのを冷凍焼売でも体感しましたし、「同時温め直し」は、蒸し調理や煮込み調理以上に日常使いで活躍しそうです。

加熱時間が水の量で決まる構造はシンプル。大量の蒸気と火傷には要注意!

大同電鍋の使い勝手は、どの調理法でもおおむね良好。加熱時間に関しては、外釜に入れた水量でだいたい決めるという方式で、正確に「○分」と指定することはできませんが、加熱が足りなければ水を足して加熱を続ければいいですし、多少加熱しすぎても(筆者の調理レベルでは)まったく問題ないように思いました。

ただし、調理中に大量の水蒸気が出るのには要注意。特に、カウンターキッチンの仕切り部やレンジ棚の中など高さのない場所で使うと、上部が蒸気でビショビショになってしまいます。できれば換気扇近くや、天井が高く換気しやすい場所で使ったほうがいいでしょう。また、炊飯中や炊飯直後の外釜や外ふたを触ると火傷するのでご注意を。小さな子供のいる家庭はで、子供の手の届かない場所で調理したほうがよいでしょう。

外ふたはロック機能などなくただ乗っかっているだけなので、加熱中は盛大に蒸気が出ます。上部にスペースがないと、すぐビショビショになってしまい、傷みの原因になります

本体正面左側の取っ手に金属製のフックが付いています。取扱説明書にも説明がなく、「これは何に使うのだろう」と思っていたのですが、実は外ふたを引っかけるためのものでした。煮物などを皿に盛り付けるときなど、さっと置けて便利です。

挟む力はそれほど強くないので、外ふたをかけたままご飯をよそったりして本体が動くと簡単に落ちてしまいます。また加熱直後はふたの裏に大量の水滴がついていて下にこぼれやすいのでご注意を

メンテはおおむねラクだが、唯一外釜の手入れだけがちょっとめんどう

メンテナンスに関しては、蒸し調理時に食材の汁がこぼれない限り、汚れが付くのは内釜くらいで、外釜や蒸し皿、外ぶたは水や水蒸気がつくだけ。内釜についても基本的に直火のような高温にはならないので、焦げ付き汚れはできません。炊飯後のご飯のこびりつき汚れも、しばらくお湯に浸けておけば楽に取れます。

ただし、外釜のお手入れはちょっとめんどう。料理のニオイ移りを防ぐためにも、使用後は毎回洗浄するのが望ましいですが、その際、電源部が濡れないように注意が必要です。特に10合タイプの場合、本体がかなり大きくて重く、スイッチ周りや本体下の電源部が濡れないように洗うのはけっこう大変でした。

10合タイプは外径が約29cmあり、外側にあまり水が回らないように洗う必要があるので、けっこう気を使います

10合タイプは外径が約29cmあり、外側にあまり水が回らないように洗う必要があるので、けっこう気を使います

本体裏の電源部。防水仕様になってるわけではないので、水を溜めたシンクの中に入れて洗うのは厳禁です

本体裏の電源部。防水仕様になってるわけではないので、水を溜めたシンクの中に入れて洗うのは厳禁です

炊飯・蒸し調理・同時調理の実用性は抜群。幅広いシーンで使える!

今回は大同電鍋を使って7品料理を作りましたが、水がなくなると勝手に電源オフ(もしくは保温モード)になるのが安心でした。加熱時間の指定もアバウト(同じ1カップの水を入れても調理によって微妙に加熱時間が違う)なのに不思議と失敗が少ないです。

炊飯では、白米に関しては日本の炊飯器のほうがふっくらやわらかく炊けると感じました。一般家庭にはすでに炊飯器はあるでしょうし、白米炊飯のためにわざわざ大同電鍋を買う必要はないと思います。いっぽう、おこわは元々もち米を蒸して作る料理なので、大同電鍋との相性は非常によいです。

蒸し調理に関しては、中華せいろなどが特になくても本格調理が手軽にできてとても便利です。ただ、外釜の底に蒸し皿を敷き、その上に食材を置いて調理する場合、出来上がった皿を取り出すのが大変。外釜にうっかり触ると火傷してしまいます。せいろの中の食器を取り出すのに便利な“茶碗蒸しホルダー”が日本でも買えるので、電鍋を買うなら合わせて購入するのもいいでしょう。

茶碗蒸しホルダーは蒸し物料理を皿ごと取り出すのに便利。写真は貝印の「茶碗蒸しホルダー DH7333」ですが、同様のアイテムはいろいろなメーカーから販売されています※画像は貝印の製品ページより

煮込み調理についても、スイッチを入れたらほったらかしでほかの料理を作れるのは便利。ただし味は薄めになりがちなので、通常の煮込み料理より味付けを少し濃くし、できるだけ水を加えず調理するほうがいいでしょう。最初に食材と調味料をよく絡めてから加熱したり、内釜内にクッキングペーパーなどで落としぶたをするのも食材にしっかり味を付けるのに有効だそうです。

同時調理は大同電鍋最大の“ウリ”ですが、やってみると確かに便利で、しかも簡単でした。蒸し物や煮物の同時調理だけでなく、冷凍食材などの温めも加えると、日常で使える幅がぐんと広がります。ひとつ気になったのは、煮込み料理の上で蒸し調理をする場合、蒸した食材の汁が煮込み料理に落ちたり、逆に煮込み料理のニオイが蒸し物に移ったりしないかということ。今回の肉じゃがと焼売では問題ありませんでしたが、気になる人は下で魚を調理する場合は上で蒸す料理も魚介系にするなど、料理の組み合わせに注意するといいでしょう。

大同電鍋を使ったレシピは書籍やネットでたくさん見つかる

ちなみに、取扱説明書の説明はかなり簡単というか大雑把です。掲載レシピは「もち米」「お粥」「茶碗蒸し」「蒸しケーキ」など7種類が簡単に書かれているだけ。ただ、炊飯時の米と水の配分表が付いていて、外釜に入れる水の量と加熱の自動オフ時間が書いてあるので、それで水の量と加熱時間のだいたいの関係がつかめるはずです。また、大同電鍋を使ったレシピ本も数冊出ていますし、ネットで検索すれば、大同電鍋のレシピを掲載したサイトがいくつも見つかります。

facebookには「大同電鍋愛好会in日本」というコミュニティがあり、レシピの情報交換や料理紹介なども行われているようです

ちなみに台湾本国では、積み重ねて使える蒸し皿、蒸し卵用ラック、ステンレス製せいろなど、多彩な大同電鍋専用アタッチメントが売られている模様。これらは日本ではなかなか手に入らないので、ネット上のコミュニティやユーザーのブログなどの情報を参考に、そうしたアタッチメントの代用アイテムをホームセンターや調理器具の店などで見つけて買い足していくのもいいかもしれません。

購入時には6合タイプを選ぶか10合タイプにするか、非常に悩ましいが……

最後に、「購入するなら6合タイプと10合タイプのどちらがよいか」。結論をいえば、置き場所に困らなければ10合タイプのほうが使い勝手はよいと思います。たとえば肉まんを蒸す場合、10合タイプならコンビニサイズの肉まんが3個入りますが、6合タイプは2個しか入りません。大きめの肉まんなら10合タイプに入るのは2個、6合タイプは1個です。また、深皿などで蒸し物をする際も、6合タイプだと外釜の底には直径18cmまでの皿しか入らず、調理できる量に物足りなさを感じるはず。ただ、それでも「10合タイプは大きすぎて無理」という人は、6合タイプでも中華せいろなどを別途購入などすれば、調理できる量を増やすことができるでしょう。

定価は10合タイプで1万3,800円(税込)、6合タイプで1万1,800円(税込)と、電気調理鍋としては比較的手頃。蒸し物も温め直しも電子レンジよりおいしく仕上がりますし、約60年前の技術がベースながら、今も多彩な料理に問題なく対応できます。煮込み調理の味付けに多少のスキルが必要なのと、それなりに置き場所を取るのが弱点ですが、特に置き場所の問題が解決できれば買って損はなし。蒸し物調理、台湾〜アジア料理を中心に、料理のレパートリーが増えること請け合いです。

平島憲一郎

平島憲一郎

雑誌やWEB媒体において、生活家電の紹介記事やお試し記事を執筆。家電ジャンルは調理家電から掃除機、美容・健康家電など幅広くこなす。夫婦共働きのため、調理など家事も応分に担当(ただしあくまでダンナ目線)。立食いそばも好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る