ニュース
次世代パワー半導体素材「GaN(窒化ガリウム)」で小型化を実現

61W出力対応でこのサイズはヤバい! RAVPowerのコンパクトUSB充電器「RP-PC112」が魅力的

RAVPower「RP-PC112」

RAVPower「RP-PC112」

RAVPowerが8月1日に発売した「RP-PC112」は、次世代パワー半導体素材「GaN(窒化ガリウム)」を採用し、61WのUSB PDに対応した世界最小クラスのUSB充電器だ。初回販売分が即完売になった大注目ガジェットをさっそくレビューしていこう。

段違いに小さい!61W USB PD出力対応で世界最小クラスのコンパクトボディ

USB Type-C対応デバイスの増加にともない、ここ最近USB PDに対応した充電器がさまざまなメーカーから発売されているが、「RP-PC112」の最大の特徴は、なんといってもそのサイズ感だろう。本体サイズは49(幅)×49(高さ)×32(奥行)mmと、手のひらに収まるほどの小ささ。これで最大61WのUSB PDに対応しているというのだから驚きだ。

本体サイズは49(幅)×49(高さ)×32(奥行)mm。これだけコンパクトなサイズ感で最大61WのUSB PDに対応している

手元にあった46W USB PD対応のGOPPA「Energear」や、アップル「MacBook Pro 15」に付属する87W USB PD対応の純正充電器と大きさを比べてみたが、「RP-PC112」はとにかく段違いに小さい。これくらいのサイズ感の製品になるとプラグが折りたためないものもあるが、「RP-PC112」はしっかりと折りたたみ式プラグを採用し、コンパクトに収納できるのも◎。実際に手にしてみると、中身がけっこう詰まっているようで、重さは約105gと見た目よりもずっしり感じるが、「MacBook Pro 15」純正充電器の約292gと比べればかなり軽く、外出先にも積極的に持ち出せそうだ。ちなみに、今回はホワイトカラーのものを使用したが、ブラックカラーも用意されている。

一番左から87W USB PD対応Apple純正充電器、61W USB PD対応の「RP-PC112」、46W USB PD対応のGOPPA「Energear」

重ねてみると「RP-PC112」の小ささがよくわかる

重ねてみると「RP-PC112」の小ささがよくわかる

高さを抑えたためか、厚みは「RP-PC112」が一番厚かった

高さを抑えたためか、厚みは「RP-PC112」が一番厚かった

持ち運びに便利な折りたたみ式プラグを採用、小型USB充電器の中にはプラグが折りたためずに携帯性が悪いものもあるが、「RP-PC112」はそのあたりもしっかりと考えられている

重さは約105g。手に持つと中身がしっかりと詰まっている感じがよくわかる

重さは約105g。手に持つと中身がしっかりと詰まっている感じがよくわかる

さっそく、USB Type-C電圧・電流チェッカーを使って実際のUSB PD出力を計測してみた。手持ちの機材に61W USB PDにぴったり対応したデバイスがなかったため、今回は87W USB PD対応の「MacBook Pro 15」に「RP-PC112」を接続してテストを実施。接続直後から徐々に出力が高まっていき、最終的にはカタログスペックの最大61Wに近い約58W前後で充電できていることが確認できた。

USB Type-C電圧・電流チェッカーを使って、最大61WのUSB PD出力がしっかり出ているかをチェック

USB Type-C電圧・電流チェッカーを使って、最大61WのUSB PD出力がしっかり出ているかをチェック

87W USB PDによる急速充電に対応した「MacBook Pro 15」でテストを実施

87W USB PDによる急速充電に対応した「MacBook Pro 15」でテストを実施

実測値は58W前後だった。カタログスペックの最大61Wにはわずかに届いていないが、これだけ出ていれば御の字だろう

これだけ小さいと充電中の発熱も気になるところ。スマートフォン用サーモグラフィーカメラ「FLIR ONE」を使って、「MacBook Pro 15」に急速充電中の表面温度を計測してみたところ、もっとも熱い箇所で約60°という値を示した。「RP-PC112」は発熱を抑制するため、GaN(窒化ガリウム)を採用したことをアピールしているが、サーモグラフィーカメラの画像を見る限り、筐体全体でうまく熱を発散するようにしているようだ。手で触れた感じではじんわりと発熱していることがわかるレベルで、触ってすぐにやけどするといったことはまずなさそうだ。

サーモグラフィーカメラ「FLIR ONE」で急速充電中の発熱具合を確認。スポットで60°近い温度が計測されているものの、手で触れるとそれほど熱くは感じなかったのは、筐体全体で効率よく放熱しているからだと推測される

持ち運び用に1台持っておきたいコンパクトなUSB充電器

近年、USB Type-CとUSB PDの登場でより大きな電力を必要とするデバイスにも安定して電力を供給できるになったいっぽうで、扱う電力の増加に合わせてUSB充電器の大型化が気になっていたので、このサイズ感を実現した「RP-PC112」の登場は大いに歓迎したい。最大61WのUSB PDということで、スマートフォンやタブレット、モバイルノートPCなど、1台あればいろいろと使えそうだ。価格も4,599円(ホワイト)/4,799円(ブラック)とお求めやすいので、カバンの中に忍ばせても邪魔にならないコンパクトサイズで高出力のUSB充電器を探している方は、ぜひ導入してみてはいかがだろうか。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る