レビュー
狙ったところに当てやすいガンみたいな形状がかっこいい!

もっと洗浄したくなる! バッテリーで稼働するケルヒャー「ハンドヘルドクリーナー」最速レビュー


ケルヒャーが、共通化させたバッテリーで稼働する「バッテリーパワー」シリーズを2019年10月3日より発売する。シリーズ第1弾として登場するのは「バッテリー式高圧洗浄機 K 2 バッテリーセット」(直販オンラインショップ販売価格54,800円/税別)、「ハンドヘルドクリーナー KHB 5 バッテリーセット」(直販オンラインショップ販売価格29,800円/税別)、「乾湿両用コードレスバキュームクリーナー WD 1 バッテリーセット」(直販オンラインショップ販売価格25,800円/税別)の3製品だ。そんな新製品の中から、ケルヒャー初のハンドヘルドクリーナーをさっそく試してみた!

手前から「乾湿両用コードレスバキュームクリーナー WD 1 バッテリーセット」、「バッテリー式高圧洗浄機 K 2 バッテリーセット」、「ハンドヘルドクリーナー KHB 5 バッテリーセット」。現在、バッテリーパワーシリーズは3製品だが、今後、バッテリーに適合する製品ラインアップは増やしていくという

バッテリーパワーシリーズのバッテリーは、その名のとおり「バッテリーパワー」と称され、これがシリーズ名となっている。バッテリーパワーには容量2.5Ah(18V)と5Ah(18V)、5Ah(36V)の3種類があり、「バッテリー式高圧洗浄機 K 2 バッテリーセット」のみ5Ah(36V)で、残り2製品は2.5Ah(18V)が同梱される

パワーバッテリーはディスプレイを備えており、バッテリー残量が%表示されているが、製品に装着して使用している最中は稼働可能な時間の表示に切り替わる。また、急激な劣化を防ぐため、自動的に保管時充電レベルを約70%に維持するようになっているとのこと

「ハンドヘルドクリーナー KHB 5」って、どんなもの?

今回紹介する「ハンドヘルドクリーナー KHB 5 バッテリーセット」(以下、ハンドヘルドクリーナー)は、圧力をかけて水を噴射して汚れを落とす洗浄機。ただし、高圧洗浄機ではない。一般的な高圧洗浄機の最大許容圧力は10MPa(メガパスカル)くらいなのに対し、ハンドヘルドクリーナーは2.4MPaと1/4程度であることから、ケルヒャーでは「高圧洗浄機」ではなく「クリーナー」と称している。高圧洗浄機ほどの勢いのある水は噴出できないが、本体がコンパクトなので持ち運びしやすく、バッテリー駆動であるため、サッと使えて取り回しにもすぐれるのが大きなメリット。窓やベランダ、アウトドア用品の洗浄など、手軽に幅広く使うことができるという。

本体のサイズは105(幅)×365(長さ)×295(高さ)mmで、重量は約2.7kg。片手でもラクに持てる重さとサイズ感だ

まず、本体後方に給水するためのホースを接続

まず、本体後方に給水するためのホースを接続

電力となるバッテリーを装着。スライドさせるだけなので、片手でラクラク行える

電力となるバッテリーを装着。スライドさせるだけなので、片手でラクラク行える

あとは、ノズルを差し込めば準備完了。バッテリーを装着すると重量は増すが、慣れればノズルの交換も本体を持ったままできる

こちらが使用時の姿。なんだか、ガンっぽい! 本体+ノズル+バッテリーの総重量は約3.3kgになる

こちらが使用時の姿。なんだか、ガンっぽい! 本体+ノズル+バッテリーの総重量は約3.3kgになる

水の噴射具合は、ノズルを交換することで変えられる。標準ノズルとして、「1ジェットノズル」(上)と「サイクロンジェットノズル」(下)という2種類が付属

標準ノズルの水の噴射の様子をチェックしてみよう。ちなみに、水を噴射させるには手もとのトリガーを引く。引いている時しか水が出ないので、不要な時にはすぐに止められる。

トリガーを引くと水が噴射するのもガンっぽい!

トリガーを引くと水が噴射するのもガンっぽい!

●1ジェットノズル

口が横長なこともあり、扇状に広がった水が噴射する(下の動画参照)。レンガや樹脂素材の家具、木製製品、土壁、籐(ラタン)製家具、自動車、オートバイ、自転車などに適しているという。

幅広く使える標準的なノズルだ

幅広く使える標準的なノズルだ

●サイクロンジェットノズル

高圧の水を回転させながら噴射(下の動画参照)。敷石やコンクリートの汚れや、金属表面、農機具などの洗浄に最適だという。ただし、水の勢いが強いため、自動車の塗装面などに使用すると塗装が剥がれたり、破損するおそれがあるとのこと。

「1ジェットノズル」よりも勢いのある水が噴射される

「1ジェットノズル」よりも勢いのある水が噴射される

高圧洗浄機ではないものの、想像以上に水の勢いがいい。実は、ケルヒャーには、バッテリーで駆動する「マルチクリーナー OC 3」という洗浄機があり、筆者も使ったことがあるのだが、常用吐出圧力が0.5MPaと低く、噴射される水の勢いもそれほど強くなかった。そのため、「バッテリーで動く高圧ではない洗浄機」と聞いた時点で、ハンドヘルドクリーナーも同じようなものだろうと思っていたら、この水の勢いだ! 最初にトリガーを引いて水を噴射させた時には「おぉ!」と思わず声がもれたほど驚いた。これなら、いろいろな汚れが落とせそうだ。

2018年に発売された「マルチクリーナー OC 3」。水道の約2倍の圧力(常用吐出圧力0.5MPa)で噴射された水が出るので、普通にホースを使うよりは勢いがある。給水タンクが一体型となっているため、水場が近くにないところでも洗浄できるのが大きなメリット

なお、ハンドヘルドクリーナーに標準で同梱されるノズルは2種類だが、オプションとして4種類のアクセサリーが用意されているので紹介しておこう。

●フレキシブル可変ノズル360° VJ 24

ノズルの向きが360°に変えられるのがポイント。下から上を狙ったり、斜めの方向を狙ったりといろいろな方向を洗浄できるので、見えにくい場所や狭い場所などの掃除に役立つだろう。

「フレキシブル可変ノズル360° VJ 24」の直販オンラインショップ販売価格は3,980円(税別)

「フレキシブル可変ノズル360° VJ 24」の直販オンラインショップ販売価格は3,980円(税別)

●5-in-1 マルチジェット MJ 24

5種類のノズルが装備されており、先端を回すだけで、扇状の噴射や直噴、ミストというようにスプレーモードを切り替え可能。今回はこのノズルは借りられなかったが、洗浄だけでなく、花壇の水やりなどにも使える。

「5-in-1 マルチジェット MJ 24」の直販オンラインショップ販売価格は4,480円(税別)

「5-in-1 マルチジェット MJ 24」の直販オンラインショップ販売価格は4,480円(税別)

●デッキクリーナー PS 20

ブラシでタイルなどをこすりながら洗浄できるツールで、これを装着している時にも勢いよく水が噴出しているので、汚れを落としやすい。先端部分は90°回転するようになっているので、横方向では入らない場所もブラッシングできる。

「デッキクリーナー PS 20」の直販オンラインショップ販売価格は4,980円(税別)

「デッキクリーナー PS 20」の直販オンラインショップ販売価格は4,980円(税別)

「デッキブラシか……」と思っていたのだが、水はこのくらいの勢いで噴射される。これなら、ブラシで落とした汚れを洗い流すこともできそうだ

自転車を洗浄してみよう!

まずは、同梱されているノズルのみで自転車(マウンテンバイク)を洗ってみよう。なお、今回は洗浄する場所に蛇口がないため、オプションの「自吸用ホース SH 5」を使用する。バケツなどにくんでおいた水を使えるので便利だ。

「自吸用ホース SH 5」の長さは約5m。直販オンラインショップ販売価格は3,980円(税別)

「自吸用ホース SH 5」の長さは約5m。直販オンラインショップ販売価格は2,680円(税別)

洗浄するのは、このマウンテンバイク。この日のために、オフロードを走って汚れたまま放置しておいた

洗浄するのは、このマウンテンバイク。この日のために、オフロードを走って汚れたまま放置しておいた

遠目にはわかりづらいが、近くで見るといたるところに泥汚れが飛び散っている

遠目にはわかりづらいが、近くで見るといたるところに泥汚れが飛び散っている

事前に洗剤で手洗いはせず、ハンドヘルドクリーナーの水の勢いだけで汚れを落としてみる(下の動画参照)。使用するノズルは「1ジェットノズル」のみ

噴射の勢いはなかなかのもので、汚れが落ちていく手ごたえを感じながら洗浄できる。しかも、扇状の広角に噴射されるものの、ある程度的が絞られているので、狙いたいところにしっかりとアプローチ可能。トリガーから指を外せば、瞬時に水が止まるので水の無駄遣いにならないのもありがたい。

ザっと洗浄しただけだが、マウンテンバイク1台を洗浄するのにかかった時間は1分30秒くらい

ザっと洗浄しただけだが、マウンテンバイク1台を洗浄するのにかかった時間は1分30秒くらい

フレームがだいぶん乾いたところで汚れ落ちをチェックしてみたが、泥汚れはキレイに消えていた

フレームがだいぶん乾いたところで汚れ落ちをチェックしてみたが、泥汚れはキレイに消えていた

マウンテンバイクは細かいパーツが多く、なかなか洗いづらいのだが、ハンドヘルドクリーナーはそういった部分の汚れも落とせる。しかも、苦労せすにだ!

自動車を洗浄してみよう!

自転車の洗浄で想像以上の効果が得られたので、今度は自動車を洗ってみることにした。自転車の汚れは乾いていたとはいえ、比較的最近付いた汚れなので落ちやすかったかもしれないが、自動車のほうは結構長い期間洗浄せずおいたので、落ちにくそうだ。

遠目からでも目立つくらい、汚れがびっしり

遠目からでも目立つくらい、汚れがびっしり

ステップまわりなど車体の下のほうには、かなりの量の泥汚れが……。ここの汚れはがんこそうだ

ステップまわりなど車体の下のほうには、かなりの量の泥汚れが……。ここの汚れはがんこそうだ

汚れ具合を見ると、噴射の勢いがより高いサイクロンジェットノズルを使いたいところだが、塗装が剥がれる可能性があるので、取扱説明書にあるように「1ジェットノズル」で洗浄スタート(下の動画参照)

洗浄時間は50秒ほどだが、ボディの汚れはキレイに落ちたように見える

洗浄時間は50秒ほどだが、ボディの汚れはキレイに落ちたように見える

激しく泥がついていた部分も、ピカピカになっている。水が均一に噴射されているからだろうか、ムラなく洗えている印象だ

あっという間に自動車の右側のボディが洗浄できたので、細かい部分にも目が行ってしまい、自然と手が動く。タイヤハウスの中は狭くて洗いにくいのだが、ハンドヘルドクリーナーならしっかり狙える

せっかくなので、なかなか掃除しづらい車体下や屋根なども洗っておきたい! そういう時に便利なのがノズルの向きを自在に変えられる「フレキシブル可変ノズル360° VJ 24」だ。

屋根はノズルを上にして洗浄(下の動画参照)。上のほうを水洗いすると服や靴が濡れやすいのだが、ハンドヘルドクリーナーで洗浄した時にはほとんど濡れなかったのも好印象だ(濡れたといっても、風が強かったため、軽くしぶきが飛んできた程度。風が弱い日なら濡れないだろう)

屋根を洗浄した流れで、フロント側も洗ってしまう。ノズルに角度がついているので、フロント側に回り込めない場所でも洗浄しやすい

そして、車体下を洗う時はノズルを上に向ければOK(下の動画参照)

そして、車体下を洗う時はノズルを上に向ければOK(下の動画参照)

車体下を洗っている時に、タイヤハウスの中は「フレキシブル可変ノズル360° VJ 24」を使ったほうが洗いやすいことに気付いた。角度をつけるだけでなく、真っ直ぐな状態でも使用できるので、「1ジェットノズル」のような役割も果たせる。このノズルは便利!

普段の洗車では洗おうと思ったこともないバックミラーも、ついでに洗ってしまったほど、洗浄する手が止まらない! というか噴射しているのが楽しいので、もっと洗いたくなってしまうのだ

ここまで洗浄したところで、20Lのバケツに入れた水がなくなってしまった。満水までは入れていないので、19Lくらいだろうか。最初のノズルによる噴射具合の違いを撮影するところや自転車の洗浄も含めてなので、ムダな水は使わないように普通自動車1台をここで紹介したやり方で洗浄するなら、30Lくらいあれば十分だろう。

ただし、洗車というのは水が乾いてから本当に汚れが落ちたのかがわかるもの。ここで終わりではない。

激しく汚れていた部分の泥は落ちているものの、うっすらと泥汚れが残っていた

激しく汚れていた部分の泥は落ちているものの、うっすらと泥汚れが残っていた

これ以上水圧の高い洗浄機で洗うと塗装が落ちる恐れもあるので、水流は適正。はっきり言って、筆者の自動車ほどの汚れであれば、水で汚れを洗い流したあと、洗剤で洗い、すすいで仕上げるという洗浄方法が一般的だ。洗浄をまめにしてある自動車や汚れが付いたばかりであれば、ハンドヘルドクリーナーで水を噴射するだけで汚れはキレイに落ちるだろう。

ということで、洗剤で自動車を洗う

ということで、洗剤で自動車を洗う

洗剤を落とす時にはハンドヘルドクリーナーを使用。洗剤が乾く前に洗い流すのが鉄則だが、ハンドヘルドクリーナーなら、あっという間に洗い流せるので問題なし!

そして、早く洗い流せるだけでなく、水の勢いがいいと隙間に入った洗剤もしっかり落とせることに気付いた。この部分は、落としきれないことが多いので非常にうれしい

こちらが洗車後の状態。ボディも窓も見違えるほどキレイに! 自分で驚くほどラクに洗車できてしまった

こちらが洗車後の状態。ボディも窓も見違えるほどキレイに! 自分で驚くほどラクに洗車できてしまった

そして、このタイミングでバッテリー残量がゼロに。満充電の状態から約10分、連続使用できるということだが、もっと長く使えていたように感じる。自動車1台と自転車1台が洗浄できたので、連続使用時間に不満はない。

バッテリーにあるディスプレイに残量が表示されるので、状況を把握しやすいのも◎。ちなみに、バッテリーも防水仕様なので、装着時に濡れても問題ない

ただ、使用中に表示される「使用可能な残り時間」が、ハンドヘルドクリーナーの場合、位置的に確認できない。これはちょっと残念なところだ

もちろん、交換用のバッテリーを用意しておけば、さらに長時間使うことも可能だ。なお、同梱されるバッテリーは2.5Ah(18V)だが、オプションで5Ah(18V)の容量タイプも用意されている。直販オンラインショップ販売価格は2.5Ahが11,980円(税別)、5Ahが19,980円(税別)。

バッテリーの充電は専用の充電器で行う。バッテリー残量ゼロの状態から満充電になるまで約310分かかる

バッテリーの充電は専用の充電器で行う。バッテリー残量ゼロの状態から満充電になるまで約310分かかる

充電中、ディスプレイには充電が完了するまでにかかる時間が表示される

充電中、ディスプレイには充電が完了するまでにかかる時間が表示される

ちなみに、もっと早く充電したい人はオプションの「バッテリーパワー専用急速充電器 BC 18V」(直販オンラインショップ販売価格5,980円/税別)を用意すれば、バッテリー残量ゼロの状態から満充電まで83分で完了する(2.5Ah/18Vの場合)

自宅でも活躍の場はいっぱい!

自動車や自転車の洗浄を紹介してきたが、ハンドヘルドクリーナーは自宅でも活躍の場はたくさんある。窓や網戸などの汚れを落とすのにも使えるという。今回は、筆者宅で気になった2か所の汚れを落としてみた。

まずは、長期間放置していた屋外にある水場。蛇口にホースをつなぎ、水道自体は使用しているものの、洗面台は手入れしてこなかったので、気持ち悪いくらいになってしまった。正直、触りたくないので、ハンドヘルドクリーナーを使ってみる。がんこな汚れなので、勢いのある水流が出る「サイクロンジェットノズル」を装着。祈るような気持ちで洗浄を始めたところ、ある程度、集中して噴射すれば汚れが落ちた! 完全にキレイにはならなかったが、手で掃除してもいいと思えるくらいにはなったので、満足している(下の動画参照)。

もうひとつ、使ってみたかったのが「デッキクリーナー PS 20」だ。第1印象はいまひとつだったのだが、水を勢いよく噴射させながら、ブラシでこすり洗いできる点が高評価となった。これでぜひ、自宅の玄関を洗ってみたいと思っていたのだ。下の動画にあるように、水を噴出させながらブラシでこすって汚れを落とし、仕上げはブラシを浮かして水をかけて汚れを外に流してしまえばいい。想像していた以上にラクで、感動した。

運転音は77dBなのでそれなりの音は響くが、連続で使う時間はそれほど長くないため、個人的にはうるさくは感じなかった。撮影してくれた人とも洗浄しながら会話できていたので、使用する場所や時間に配慮すれば運転音が問題にはならないだろう。

まとめ

ハンドヘルドクリーナーは高圧洗浄機ではないと聞いていたので、コードレスで取り回しはいいけれど、洗浄力はあまり期待できないと思っていたのだが、最初にトリガーを引いた時の噴出の勢いに驚いた。長い年月が経過してこびりついた汚れを落とせるほどのパワーはないが、洗浄するモノを傷めない程度の勢いというのはむしろ使いやすい。

実は、今回の洗車は片側だけ洗って撮影を終える予定だったのだが、ハンドヘルドクリーナーで洗い始めたら楽しくなってしまい、気付いたら自動車1台、それも隅々まで洗浄してしまっていた。正直、ホースでも洗車はできるが、ハンドヘルドクリーナーのように狙ったところに水がきちんと届き、汚れを落とすまではなかなかできない。そして、なにより、ラクさが圧倒的に違う。ハンドヘルドクリーナーは使用時の重量が約3.3kgあり、トリガーを引いていないと水が噴射されないため、腕や指が疲れそうに思われるかもしれないが、自転車と自動車を連続で洗ってもまったく疲れなかった。スピーディーに洗い流せるので短時間で済むということもあるが、コードレスで動きやすいうえに、持った時の収まりがいいので体への負担が少なくて済む印象だ。

また、ケルヒャーの家庭用製品といえば黄色がベースカラーなのだが、ハンドヘルドクリーナーはブラックが基調となっており、特に、男性の物欲を刺激しそうなかっこよさがある。はっきり言って、最初にトリガーを引いた瞬間からすごく欲しいと思ってしまった。直販オンラインショップ販売価格は29,800円(税別)とそこそこの値段ではあるが、ものぐさな筆者でさえ、洗車が楽しく感じ、ついでに自宅の玄関まで掃除してしまったほどなので、買って損をすることはないだろう。

本体とノズルを分離すれば、10×40cmのスペースがあれば収納できる。コンパクトで、じゃまにならないところもいい

なお、ケルヒャーの直販オンラインショップでは「急速充電器」がもらえる「先行予約キャンペーン」を2019年10月10日まで開催中。

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る