レビュー
2本のブラシをワンアクションで切り替えられる「デュアルヘッド」搭載

レイコップのコードレススティック掃除機「RPC」の“使える度”チェック!

「ふとんクリーナー」というジャンルを確立し、「ふとんの掃除機がけ」という新常識を定着させたレイコップ。最近では、ふとん内部の温度をコントロールするふとんコンディショナーや、機能性枕水拭きロボット掃除機などさまざまな製品を展開しているが、2019年4月、満を持してコードレススティック掃除機市場に参入。同市場では後発となるレイコップが、ライバルひしめく激戦市場でどんなトピックを打ち出し、あまたのライバルたちにどう戦いを挑んだのか。最上位モデル「レイコップRPC」を使って確かめていこう。

1つのヘッドに2つのブラシ! 新提案の「デュアルヘッド」搭載

フローリングでもカーペットでも、きっちりゴミを取り除けます――。コードレススティック掃除機によくある謳い文句だが、搭載するヘッド(ブラシ)は基本的にひとつ。異なる床材を同じブラシで掃除して、果たして完璧にゴミを除去できるものなのだろうか? そんな疑問を市場に投げかけたのが、レイコップのコードレススティック掃除機「レイコップRPC」である。

フローリングに適した「ソフトブラシ」と、カーペットや絨毯に適した「メインブラシ」の2種類のブラシを搭載した「デュアルヘッド」。それぞれのブラシに独立した回転モーターが装備されており、「ソフトブラシ」は1,500〜1,700回転/分、「メインブラシ」は2,500〜2,800回転/分と回転数が異なる

「レイコップRPC」が搭載するヘッドは、フローリング掃除に最適な「ソフトブラシ」と、カーペットや絨毯の掃除に適した「メインブラシ」がひとつのヘッドに装備された「デュアルヘッド」。ヘッド後方に設けられたレバーを足で踏むだけで2つのブラシを切り替えられるので、フローリングもカーペットも、最適なブラシで掃除できるというわけだ。フローリング向けのヘッドとカーペット向けのヘッドが付属する製品はこれまでもあったが、いちいち腰をかがめてヘッドを交換するのはおっくうなもの。清掃力を高めると同時に、掃除の手間も減らしてくれるユニークかつ合理的なギミックである。

本体サイズは、254(幅)×1,240(高さ)×267(奥行)mm。重量は約2.9kgとやや重めだが、ヘッドを床につけて掃除する場合にはそれほど重さは感じない。とはいえ、本体を持ち上げて移動する時や、階段を掃除する時、高いところを掃除する時などには多少腕に負担を感じるかもしれない。最大消費電力は400W

ヘッド後方にあるレバーを踏むと、前方にある「ソフトブラシ」が持ち上がり、カーペットの奥に潜り込んだ微細なホコリを掻き出す「メインブラシ」に切り替わる

「デュアルヘッド」&強力な吸引力が生み出す高い集じん性能

疑似ゴミとして用意したパン粉をフローリング、カーペットの上にそれぞれまき、ワンストロークでどこまで取り除けるのかを確かめてみた。結果は動画の通りで、取り逃しは一切なし。フローリングの溝や毛足の長いカーペットの奥に入り込んだ疑似ゴミまで、いともたやすく一網打尽にしてみせた。

運転モードは、標準(40分)/パワー(20分)/ターボ(6分)モードの3種類。グリップ上部の電源ボタンを押すたびにモードが切り替わる仕組みだ。なお、吸引テストはもっともパワフルなターボモードで行った

吸引テスト フローリング

まずはフローリングから。ヘッドをスーッと前進させていくと、面白いように疑似ゴミが取り除かれていく。「レイコップRPC」には世界No.1の総合モーターメーカー「日本電産」のデジタルインバーターモーターが使用されているというが、その吸引力は想像以上に強力だ。

吸引力テスト カーペット

レバーを踏んで「メインブラシ」に切り替え、カーペットの上をワンストローク。こちらも疑似ゴミがキレイに取り除かれ、吸引力の高さはもちろん、ブラシ切り替えの効果もしっかりと確認できた。また、毛足の長いカーペット上でもスムーズにヘッドを前進させるのもポイント。モーターを内蔵した自走式ヘッドならではのアドバンテージだ。

掃除していて気になったのが、ソファやベッドの下を掃除する際のヘッドの動きだ。ヘッドの可動域は広く、手首の返しにスムーズに追従してくれるのだが、ノズルを床と水平にして家具の下の奥まで掃除しようとすると、ヘッドが浮いてしまい、やや掃除しづらかった。吸引力がかなり強力なだけに、率直に「もったいないな」と感じてしまった

排気のクリーン性能にも抜かりはなく、強力な吸引力と遠心力で空気とホコリを分離し、メタルフィルター、メッシュ状のウォッシャブルフィルター、マイクロHEPAフィルターで微細なゴミをキャッチする「4段階クリーンシステム」を採用。0.3μmの粉塵を99.97%キャッチできるため、極めて清潔な空気のみが排出される。

遠心力で大きなホコリと空気を分離し、サイクロン部のメタルフィルターで細かいホコリを分離。続いて半永久的に使えるウォッシャブルフィルターで微細なホコリをろ過し、最後に0.3μmの微細なホコリを99.97%除去するマイクロHEPAフィルターを通過させることで、清潔かつ安全な排気性能を実現している

レイコップのコードレススティック掃除機はふとん掃除も得意!

画期的な「デュアルヘッド」に加えてもうひとつ、「レイコップRPC」には大きな訴求ポイントがある。それは、「レイコップRPC」をふとんクリーナーとして使える「UVヘッド」が付属していること。レイコップのふとんクリーナーでおなじみの「叩き」「UV(紫外線)」「吸引」からなる独自技術「光クリーンメカニズム」が採用されており、99.9%のUV除菌、99.9%のウイルス除去、そして、3分間の掃除で90%のハウスダスト除去が可能となっている。

「UVヘッド」の奥行きを抑えるため、UVランプと叩き効果を発揮する「フィンパンチブラシ」が一体となった構造を採用している。なお、「フィンパンチブラシ」の叩きは4,200回/分と高速だ

延長パイプを外して「UVヘッド」を装着すれば、ふとんクリーナーに早変わり。ヘッドは横幅がそれなりに大きいが、重心バランスやヘッドの滑りもよいため、重さはほとんど感じない。畳などに布団を敷いている場合は、延長パイプに「UVヘッド」を装着し、立ったまま掃除機がけをしてもOKだ

「UVヘッド」のほかにも、ソファやクルマのシート掃除に便利な「ミニパワーヘッド」、狭いすき間の奥までヘッドが届く「すき間ノズル」、棚やブラインド、パソコンのキーボード掃除などに重宝する「2WAYノズル」、エアコンの天面などの高いところを掃除できる「フリーアジャスター」が付属。多彩な付属ツールで家中をくまなく掃除できるのがうれしい。

■「ミニパワーヘッド」

ヘッドがコンパクトな「ミニパワーヘッド」は、ソファやクルマのシート掃除にうってつけ

ヘッドがコンパクトな「ミニパワーヘッド」は、ソファやクルマのシート掃除にうってつけ

■「すき間ノズル」

ヘッドを「すき間ノズル」に付け替えて、窓のサッシを掃除。これまでは雑巾で掃除していた場所だったが、これなら簡単かつスピーディーにゴミが取り除ける

■2WAYノズル

ブラシのあり/なしを切り替えられる「2WAYノズル」も便利。テレビ台の上やキーボードなど、繊細な部分をブラシでやさしく掃除できる

■フリーアジャスター

ヘッドの角度が変えられる「フリーアジャスター」と「2WAYノズル」を組み合わせれば、高い所の掃除もスムーズに

本体を立てかけておける「壁掛け用ホルダー」も同梱される。デザインがシンプルかつスタイリッシュなので、リビングに置いておく「見せる収納」が可能だ

バッテリーは取り外し可能で、本体に装着したままでも、取り外した状態でも充電できる。フル充電にかかる時間は約3.5時間。フル充電で、標準モードなら約40分連続で使用できる

ゴミ捨ては、ダストボックスからサイクロン部を取り外し、ダストボックス内のゴミを捨てるだけと簡単。ダストボックス、メタルフィルター、ウォッシャブルフィルター、マイクロHEPAフィルターは水洗い可能なので、定期的なお手入れも苦にならないはずだ

フローリングにもカーペットにも、ふとん掃除にも強いレイコップの意欲作

「レイコップRPC」は、フローリングもカーペットもキレイに掃除できる「デュアルヘッド」もさることながら、一級品のふとんクリーナーとしても使える点に魅力を感じるユーザーは多いのではないだろうか。ふとん掃除ができるコードレススティック掃除機が珍しいわけではない。今やスタンダードな機能と言っても過言ではないだろう。しかし、ふとんクリーナーのパイオニアであり、リーディングカンパニーであるレイコップが開発した「UVヘッド」が付属し、寝具に潜むダニやハウスダストを効果的に除去できるという安心感は「レイコップRPC」でなければ得られない。

「レイコップRPC」の価格は52,704円(2019年9月17日時点の価格.com最安価格)と決して安くはないが、ハイエンドなコードレススティック掃除機とレイコップのふとんクリーナーの性能をあわせ持っていることを考えると、妥当なところだろう。本体重量や操作性など、気になるポイントがないわけではないが、「レイコップRPC」はそれを補って余りある魅力を備えた、コードレススティック掃除機を選ぶ際の有力な選択肢のひとつだと思う。

毛利真大

毛利真大

編プロでの広告制作、雑誌編集を経てフリーライター/エディターに。家電をはじめ、自動車、ファッション、ビジネス関連など幅広い分野で活動。86年、秋田県出身。「大曲の花火」とグミをこよなく愛する。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る