レビュー
コンセントにさえ届けば、家中どこにでも設置できるというプチ革命

シロカの「工事なしで使える食洗機」が思った以上にアリ! でした

食器洗い乾燥機(以下、食洗機)が欲しい! と思った時に多くの家庭でハードルとなるのが、設置スペース問題。食洗機はコンセントだけでなく水道ともつなぐ必要があり、設置場所はキッチンの限られたスペースになるため、欲しい気持ちだけでは迎え入れるのが難しい家電です。

「それでも私は食洗機が欲しい……!」。そんな食洗機難民の希望の光が、シロカのタンク式・分岐水栓のどちらでも使える「SS-M151」です。

サイズは約42(幅)×43.5(奥行)×43.5(高さ)cmで、重さは約13kgで、タンクを搭載しているぶん本体サイズが大きい、ということはありません。実勢価格も5万円前後と、同容量の一般的な食洗機と変わらぬ価格帯

手動で給水できるから、工事なしでも使える&設置場所の選択肢が広がる!

通常、食洗器を設置するには分岐水栓を使用し、給水導線を作る工事を行う必要がありますが、「SS-M151」は給水タンクと、手動で給水ができる給水口を備えることで、工事なしでも使用することができます。

これによって、設置場所の選択肢が広がるだけでなく、届いてすぐに使うことができ、工事を依頼するコストも抑えることができます。今回は女性ひとりで設置しましたが、10分もかからずに簡単に設置完了しました。

なお、「SS-M151」には専用の給水ホースが同梱されているので、分岐水栓を用意して工事を行えば、給水を自動化することもできる2WAY仕様となっています。

給水ホース・排水ホース(各1.5m)と、給水カップが同梱されています

給水ホース・排水ホース(各1.5m)と、給水カップが同梱されています

かごの下に配置されている回転ノズルから360°に水を噴射し、汚れを落とします。回転ノズルの手前には、残さいフィルターとメッシュトレイが設置されています

吸水口は本体上奥に配置。ここに給水時はカバーを外し、手動で水を注ぎます

吸水口は本体上奥に配置。ここに給水時はカバーを外し、手動で水を注ぎます

工事をせずに使用する場合は、本体に排水ホースをつなげるだけでOK。あとはコンセントにプラグを挿せば使用できます。コード長は2mです

こんな感じでシンクのそばに設置し、シンクに排水するのがよいのでしょうが、筆者の家の場合、調理スペースがなくなってしまいました

究極、コンセントと排水用の容器があればどこでも使える

「SS-M151」は工事せずに使用できるとはいえ、排水ホースの出口をシンクに向けるとなると、設置場所の選択肢はそう広がらないのが現実。「設置したらまな板を置くスペースがなくなった」なんてことになるのは、筆者の家だけではないはずです。

そこで考えたのが、排水先さえ確保できれば、コンセントに届く場所ならどこでも使用できるのではないか。ということです。我が家では、キッチンの後ろの台に空きスペースを捻出できたため、そこに「SS-M151」を設置してみることに。排水先として、下に洗い桶を設置してみました。

本体より下に排水用容器をセット。1回の運転で使用する水量が5Lなので、7Lの洗い桶を用意しました

本体より下に排水用容器をセット。1回の運転で使用する水量が5Lなので、7Lの洗い桶を用意しました

排水ホースは水圧で動いてしまうので、排水ホースを結束バンドなどで固定しておけば安心。固定用の吸盤は付属しているのですが、吸着力はそこまで強くないです

結束バンドは30本入りが110円で手に入りました。今回は使い捨てタイプを選びましたが、繰り返し使用できるものもあります

洗浄コースは4種類。運転音は40dBくらい

さっそく、朝食で使用した食器を洗ってみます。「SS-M151」に搭載されているコースは、「標準」「念入り」「おいそぎ」「ソフト」の4種類で、各コースと組み合わせできる「ドライキープ」モード(送風と停止を繰り返して、再結露やにおいのこもりを防止する)と、1〜6時間後の運転開始を予約できる予約機能も備えています。

標準収納容量は16点(大皿2点、中皿2点、小皿2点、中鉢2点、小鉢2点、茶わん2点、汁わん2点、コップ2点、小物類)で、家族3人分の食器を1度に洗うことができます。今回は、中皿、茶わん、デザート皿、カップ、グラスを各2点ずつ洗ってみました。

操作部は軽く触れるだけで操作できるフラットボタン。凹凸がないので手入れがしやすいです。中央の液晶パネルでは、運転残り時間などが確認できます

各洗浄コースの詳細

各洗浄コースの詳細

食べ残しや残さいを取り除いてから、かごに食器をセット。食器を本体の内側に向けて入れるのが、きれいに汚れを落とすコツ。まだまだスペースに余裕があります

なお後日、同じ量の食器を入れた後に直径26cmの深型フライパン(取っ手が外れるタイプ)を追加してみたところ、問題なく収まりました

洗剤投入場所は扉を開いた右側にあり、洗剤を入れた状態で扉を閉めれば投入されます

洗剤投入場所は扉を開いた右側にあり、洗剤を入れた状態で扉を閉めれば投入されます

使用量は6g。洗剤投入場所には目盛りがついているので、軽量せずに直接注ぐことができます

使用量は6g。洗剤投入場所には目盛りがついているので、軽量せずに直接注ぐことができます

洗剤は、食洗機用であれば液体、粉どちらにも対応します。「SS-M151」に限ったことではありませんが、スポンジ用の食器洗い洗剤の使用は厳禁です

電源を入れて、「標準」コースを選択。運転残り時間の右側に表示されている蛇口のマークは「給水アイコン」

電源を入れて、「標準」コースを選択。運転残り時間の右側に表示されている蛇口のマークは「給水アイコン」

食器をセットしてモードを選んだら、給水カップ約3杯分、5L分の水を注ぎます。タンクが満水になるとブザーで知らせ、液晶の「給水アイコン」が消えます。

注水は3回繰り返すとなると気持ちがはやり、どうしても勢いがついてしまいます。ゆっくり入れないと飛び散ってしまうので、もうちょっと吸水口が大きいといいなと思いました

あとはスタートボタンをタッチするだけ

あとはスタートボタンをタッチするだけ

扉に窓があるので、運転中も中の様子が確認できます

扉に窓があるので、運転中も中の様子が確認できます

運転音を本体から10pの位置で測定してみたところ、音量は40dB前後。寝室の位置によっては就寝時に動かすと気になるかもしれませんが、起きている間であれば特に気になりませんでした

運転終了までの間、数回に分けて水が排出されます。洗い桶で全然イケる! ただ、この排水を捨てないまま連続して使用すると大変なことになるので、排水の処理だけは忘れないように注意です

汚れ落ちは十分満足。毎日使っても電気代はひと月約640円

洗い上がりをチェックしてみたところ、どの皿も汚れが残ることなく、文句なしの洗い上がりでした。食器洗い機用の洗剤の特性なのか、どの食器も手洗いよりもつやが出ています。

半熟の目玉焼きを食べた後の中皿。こびりついた黄身も完全に落ちています

半熟の目玉焼きを食べた後の中皿。こびりついた黄身も完全に落ちています

納豆ご飯を食べた後の茶わん。ご飯のカピカピ、納豆のヌルヌルはまったく残っていません

納豆ご飯を食べた後の茶わん。ご飯のカピカピ、納豆のヌルヌルはまったく残っていません

カップにこびりついていたホットミルクの「まく」もすっきり

カップにこびりついていたホットミルクの「まく」もすっきり

ヨーグルトを食べた後のデザート皿もきれいになりました

ヨーグルトを食べた後のデザート皿もきれいになりました

気になる電気代ですが、「SS-M151」の最大消費電力は526W。仮に526Wで1日90分毎日使用したとしても、1か月の電気代は約640円。実際に最大消費電力で運転し続けることはないですし、使用する水量は手洗いより少なくなるので、家計に負担がかかることはほぼないでしょう。

ちょっと水滴が残ることがあるけれど、さっとぬぐえば問題なし

少し気になったのが、洗いあがった食器に水滴が残っていることがある、ということです。取扱説明書にも、「ヒーターを使用しない送風乾燥のため、熱に弱い食器にもご使用いただけますが、完全に乾かずに少し水滴が残る場合があります」とあるので、この点を許容できるかは、購入前に要検討です。

水滴の残り具合はその時によって異なります。気になる場合は、食器棚に戻す際にふきんで軽く拭く必要があります

筆者の場合、最初こそ気になっていたのですが、食器棚に戻すついでに軽くぬぐえば問題ない程度。特別手間がかかるということでもないため、何回か使用するうちに問題には感じなくなりました。

残さいフィルターとメッシュトレイは毎回、ノズルは月1回お手入れする

「SS-M151」の使用後は、残さいフィルターとメッシュトレイは毎回、ノズルは月1回お手入れが必要です。ちょっとニオイが気になるかも、と思った場合は、空の状態で「標準コース」で運転させることで、気にならなくなりました。

かごを取り出し、残さいフィルターとメッシュトレイ、ノズルを本体から外して洗います

かごを取り出し、残さいフィルターとメッシュトレイ、ノズルを本体から外して洗います

残さいフィルターは汚れがついたまま放置すると庫内にニオイがこもるので、使用後はなるべく早めに洗ったほうがよさそう

まとめ

「SS-M151」を使用する前は、「手動給水=簡易的な製品」という印象を持っていたので、ちゃんと洗えるのかと心配していましたが、一般的な食洗機同様にきれいな洗い上がりでした。食洗機として安心して使用できる製品だと思います。

ただ正直、一般的な食洗機がある生活をしたことがある人にとっては、手動での給水は若干めんどうに感じると思います。今回はさらに「排水を捨てる」というひと手間を追加しての使用だったので、筆者も食後の片付けから完全に解放されたという気分にはなれませんでした。なので、食洗機の便利さを最大限に享受したいのであれば、工事をして使用するのが一番という気持ちに変わりはありません。

とはいえ、やはり食洗機がある生活は最高。キッチンにスペースがなくても食洗機がある生活がかなう「SS-M151」の登場は、個人的にはちょっとした革命です。キッチンに設置スペースがない家庭はもちろん、引っ越しが多い家庭など、今後住宅環境が変わっても使い続けられる安心感が欲しいという方には、「SS-M151」は頼もしい選択肢となるでしょう。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る