レビュー
栄養たっぷりレシピを動画でチェック

「ホットクック」はやはりスゴい! 管理栄養士も感激の「無水パスタ」レシピ

価格.comで人気の調理家電を使いこなそう! 管理栄養士・豊田愛魅さんによる、簡単&健康な料理レシピ動画をお届けします。

第6回は、シャープの「ヘルシオ ホットクック」で作る「無水パスタ」。豊田さんが調理を実践しながら、レシピに含まれる栄養&ウマさの秘密を解説します。くわしくは上の動画をチェック!

▼豊田愛魅(とよだまなみ)
管理栄養士。東京家政大学卒業後、オーガニックカフェのメニュー開発や健康美容業界のマーケティングなどにも携わる。 「食を通した美と健康」を人にわかりやすく伝えることをモットーに、だれにでも真似できるズボラな美容法が人気。現在では、 TV、ラジオ、雑誌など各種メディア出演 、書籍、コラム執筆 、セミナー・講演・トークショー 、食品会社をはじめとする、さまざまな企業とのコラボレーション・タイアップ 、商品・レシピ開発ならびに番組企画監修、楽天ショップ 『エアレ』運営 びふぃ寒天開発 など幅広く活動している。テレビ西日本『CUBE』医食同源コーナーを持つほか、『「生きているだけで痩せる体」をつくる食事術 ずぼやせ』(光文社)など国内外で著作も多数。
https://ameblo.jp/kanrieiyoushitoyoda/

【関連記事】
<第1回>「ヘルシオ」で作る「カレーからあげ」が超ウマい! 管理栄養士が教える家電レシピ術
<第2回>「ヘルシオ」の“あぶり焼き”はやっぱスゴい! 絶品ステーキレシピを動画で伝授
<第3回>動画で見るバルミューダのトースターレシピ【前編】「揚げないカツサンド風トースト」が美味!
<第4回>動画で見るバルミューダのトースターレシピ【後編】クラシックモードでおいしい「グラタン」
<第5回>大人気「ホットクック」で作る無水カレー! 栄養&ウマさの秘密を管理栄養士が解説

ヘルシオ ホットクックってどんな調理家電?

食事作りの手間を減らしてくれる「自動調理鍋」は、近年人気の高まっている家電のひとつ。その中でも特に売れ筋なのが、シャープのヘルシオ ホットクックです。食材と調味料を入れたら、あとはフタを閉じてボタンを押すだけで料理が完成するという手軽さ。途中で火加減を調整したり、焦げ付かないようにかき混ぜる必要がありません。まさに「ほったらかし」で料理できる便利さがウケています。

さらに、料理上級者でないと難しいイメージの「無水調理」が自動でできるのもポイントです。そこで今回は、ホットクック公式レシピを参考に、無水で作るパスタ料理にトライ! 食材と一緒にパスタを乾麺のまま入れて、ボタンをポンと押せば、自動で絶品ナポリタンができちゃうんです。

材料を入れたらあとは自動で料理を仕上げてくれる自動調理鍋、ホットクック。すべて自動でやってくれるので、調理中にかき混ぜたりする必要もありません! 絶妙な温度調理と調整で、料理にコクとうま味を出してくれます

「無水パスタ」レシピはこちら!

▼材料(4人分)
玉ねぎ(薄切り) 1個半(300g)
小さめのトマト(ひと口大に切る) 6個(200g)
乾燥パスタ(半分に折る) 200g(※リングイネなど、太めのパスタのほうがよりよい)
にんじん(細切り) 1/2本(※小さめのもの)
なす(細切り) 2本(150g)
ピーマン(細切り) 2個(50g)
厚切りベーコン(1cm幅に切る) 200g
ケチャップ 大さじ5
中濃ソース 大さじ3
コンソメ(顆粒)大さじ1と1/2
バター 10g
オリーブオイル 大さじ3
こしょう 適量
牛乳 大さじ3

※本記事では2.4Lタイプのホットクックを使用していますが、1.6Lタイプも同じ分量で作れます。1.0Lタイプは本レシピには非対応です(2020年1月20日時点)

【1】すべての材料をホットクックの内鍋に入れて、本体にセット(材料表の順に入れる)。

【2】ホットクックのフタに「まぜ技ユニット」を取り付けて、フタを閉める。

【3】ホットクックの本体ディスプレイから、メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.207(無水ナポリタン) → 調理を開始する → スタート → 約45分後に完成

水は使わず、野菜の水分だけでパスタを茹でる「無水パスタ」。材料を刻んだら、あとはそれを内鍋に入れるだけです。パスタも乾麺のまま2つに折って入れちゃえばOK。まろやかさを出すため、牛乳を加えるのが豊田レシピのコツ!

本体のフタに「まぜ技ユニット」を取り付けるのをお忘れなく。調理中に、自動で食材をかき混ぜてくれるパーツです

用意ができたらフタを閉じて、本体ディスプレイからメニューを選ぶだけ。あとはそのままほったらかしでOKです! 火加減を調整したり、途中で混ぜたりする必要はありません。ホットクックが自動でおいしく仕上げてくれます

45分後に完成! 今回は一般的な厚み1.7mm前後の乾燥パスタを使いましたが、少々やわらかめの仕上がりで、少しちぎれてしまいました。リングイネなど太めのパスタを使うと、より麺がちぎれにくいのでオススメです

野菜やベーコンのうま味が詰まった絶品ナポリタンになりました。本当においしかった!

野菜やベーコンのうま味が詰まった絶品ナポリタンになりました。本当においしかった!

▼豊田愛魅さんが教えるレシピのポイント
今回のレシピは、栄養満点ポイントがたくさん! 水を使わずにトマトや玉ねぎの水分だけで煮込むので、素材のうま味がパスタに凝縮されます。
玉ねぎに含まれる血液サラサラ成分「ケルセチン」や、トマトに含まれる抗酸化作用がある「リコピン」、血圧を下げてくれる「カリウム」などの栄養素が丸ごと摂れます。緑黄色野菜に含まれる「βカロテン」も、バターやオイルと一緒に摂ることで吸収率がアップ。また、今回は牛乳を加えることで、まろやかに仕上げました。
それにパスタを下茹でせず、乾麺のまま入れられるのは本当に簡単! 通常は、パスタを茹でる鍋とパスタソースを作る鍋、2つの鍋を使わなくてはなりません。それがホットクックひとつでできちゃうので、洗い物も減ります。

【実食レポ】ココがおいしい!

今回は、ホットクックならではの無水で作るパスタ料理にトライ。できあがったパスタは、これでもかと野菜とベーコンのコクが出た絶品ナポリタンに。食べると、口の中にうま味が充満するんです。普通にパスタを茹でてケチャップと一緒にフライパンで炒めて……という手順で作ったら、これだけのコクを出すのは料理上級者でないと難しいはず。ホットクック、改めてスゴい!

無水パスタのレシピは、ホットクックにかけておく時間が45分ほどですが、電動なのでほったらかしておけるのは本当に便利。その間に掃除や洗濯など別の家事をこなせますし、家族と会話する時間にもあてられます。1度使うと誰もが欲しくなる家電ホットクックの実力を、改めて実感しました。

【関連記事】
<第1回>「ヘルシオ」で作る「カレーからあげ」が超ウマい! 管理栄養士が教える家電レシピ術
<第2回>「ヘルシオ」の“あぶり焼き”はやっぱスゴい! 絶品ステーキレシピを動画で伝授
<第3回>動画で見るバルミューダのトースターレシピ【前編】「揚げないカツサンド風トースト」が美味!
<第4回>動画で見るバルミューダのトースターレシピ【後編】クラシックモードでおいしい「グラタン」
<第5回>大人気「ホットクック」で作る無水カレー! 栄養&ウマさの秘密を管理栄養士が解説

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る