レビュー
多機能・コスパ抜群・コンパクト

ミニマリストに推す! ひとり暮らしにはアイリスオーヤマの電気圧力鍋があればいい

ひとり暮らしを始める時、必須調理家電リストにあげられることはまずない「電気圧力鍋」。「電気圧力鍋の前に炊飯器とか電子レンジとか、もっといろいろあるだろう」と思われるでしょうが、最近の電気圧力鍋は多機能なので、我が家(ひとり暮らし)はキッチンに付設するIHコンロ(1口)とアイリスオーヤマの電気圧力鍋のみで、不便なく生活しています。ここでは、我が家におけるアイリスオーヤマの電気圧力鍋の活用状況をレポートしたいと思います。

使用しているのは、インターネット限定販売のホワイトモデル「PC-MA2」。「KPC-MA2」(ブラック)より自動メニューの数が少なく、操作パネルの仕様も「KPC-MA2」とは異なりますのでご注意を

「KPC-MA2」のくわしい使い勝手や圧力調理の例については、こちらの記事をチェックしてください。以下、「PC-MA2」(ブラック)「KPC-MA2」(ホワイト)を合わせて「MA2」シリーズと記載します。

【関連記事】
グリル鍋にもなる! アイリスオーヤマの電気圧力鍋は1〜2人世帯にちょうどイイ

【炊飯器の代わりに】炊飯は水多めが◎

「KPC-MA2」(ホワイト)に搭載されている自動メニューは「白米」「煮つけ」「角煮」「おでん」「ケーキ」の6種類。手動メニュー数は「PC-MA2」(ブラック)と同様で、「圧力調理」「温度調理」「低温・発酵」「なべモード」「無水調理」「蒸し調理」の6種類です。

なかでも毎日欠かさず使用しているのが、自動メニューの「白米」です。つまり、炊飯器として使っています。マイコン炊飯器と同様の炊き方なので、IH炊飯器で炊くのと同等の味というわけにはいきませんが、私は毎日特段不満なく食べています。水は多めで炊いたほうがよく、経験上、1合の場合1.3合分くらいの水を入れるとちょうどいい気がしています。

白米なら1度に3合まで炊けます。炊飯時間は70分と炊飯器より長く、早炊きには対応していないので、予約機能を活用。保温が長くなると乾燥するので、保温はなるべく切るようにしています

なお、「圧力調理」(加圧6分くらい)で炊くこともできます。この場合、炊飯時間が46分と短くなるうえ、「炊飯」よりもつやよく炊けます。

【電子レンジ代わりに】蒸し調理・食品の解凍・あたため

「MA2」シリーズには、専用の蒸しプレートが付属されているのですが、これ、とても活用しています。内なべに水を張り、この蒸しプレートに食材を入れて「蒸し調理」で加熱するだけで、たいていのものをふっくら温めることができるのです。

蒸しプレートは脚が付いているだけではなく器状になっていて、カット野菜などをそのまま乗せてもこぼれにくいので使いやすいです

蒸しプレートは直径20cmほど。肉まんの場合、1度に温められるのはひとつ。ひとり分にぴったりのサイズです

蒸しプレートは直径15cmほど。肉まんの場合、1度に温められるのはひとつ。ひとり分にぴったりのサイズです

直径15pくらいの肉まんの場合、約15分の加熱で中まで熱々になります

直径12pくらいの肉まんの場合、約15分の加熱で中まで熱々になります

冷凍食材の解凍や温めにも活用しています。手軽さ、早さは電子レンジにはおよびませんが、電子レンジで温めたものよりおいしいと思います。

冷凍ブロッコリーも、100gなら10分ほどで解凍&あたためが完了。やわらかく蒸し上がります

冷凍ブロッコリーも、100gなら10分ほどで解凍&あたためが完了。やわらかく蒸し上がります

蒸し台にクッキングシートを敷けば、冷凍ご飯などのあたためも可能。150gの冷凍ご飯の場合、15分ほどでふっくらほぐれます。水滴がご飯に落ちるのが気になる場合は、上から軽くクッキングシートをかぶせておきましょう

なおこの方法は、袋のままレンジで加熱するタイプの冷凍麺や、からっと温めたい揚げ物などには不向きです。冷凍食品をフル活用予定の方や揚げ物好きな方は、電子レンジのほうが便利でしょう。

【グリル鍋として】思い立ったらすぐひとり鍋!

「なべモード」を使用すれば、グリル鍋としても使用できるのが、「MA2」シリーズの売り。カセットコンロを用意する必要はなく、本体ごと食卓に移動させるだけなので、思い立った時に気軽にひとり鍋を楽しめます。もちろん、友人が遊びに来た時にチーズフォンデュなどを楽しむのにも便利です。

内なべの深さは10cmほどですが、一般的なグリル鍋に比べると本体の高さがあるので、少し取り分けづらいですが、許容範囲。専用コードの長さは1mで、卓上で使用する場合は延長コードが必要になる可能性が高いです

「鍋をすると2日連続で鍋になりがち」というのはひとり暮らしあるあるですが、食べ残しはそのまま冷蔵庫に入れておいて、「なべモード」で再加熱できます

オーブンがなくてもケーキが作れる

年に1、2回、ふいに「お菓子を作りたい」という気持ちが湧いてくるのは筆者だけでしょうか。実はケーキを焼きたいがためにオーブンレンジの導入を検討したことがあるのですが、「MA2」シリーズには「ケーキ」モードが搭載されているので、オーブンレンジ導入の必要はなさそうです。

付属のレシピブックにレシピが載っていますが、市販のスポンジケーキの素「モントン」1袋でもちょうどよかったです。ホットケーキミックスを使ったり、バナナなどを入れてアレンジしたり、いろいろ楽しめそう

焼きムラがほとんどない、美しい焼き上がり。冷めてもしぼむことなく、ふわふわなままでした。「ケーキ」モード、優秀です!

【低温調理器として】ヨーグルトや甘酒まで作れる

「低温・発酵」は、低温調理器やヨーグルトメーカーのように使用できます。内なべの調理容量は1.4Lなので、ヨーグルトや甘酒などの発酵食品をたっぷり作れるだけでなく、ローストビーフや鶏ハムなどの低温調理も可能です。

温度は30〜70℃の範囲を5℃単位で調整できます。細かい温度調整を必要とする特殊菌ヨーグルトの培養などは難しいですが、最高温度は70℃と一般的なヨーグルトメーカーより高温での保温ができるので、そういった意味では調理の幅が広いです

そしてやっぱり「圧力調理」の威力がすごい

現状、我が家では肝心の圧力調理を行う頻度はそこまで高くないのですが、それでも圧力調理を行うと、「やっぱ圧力鍋ってすごいわ!」と、うなる仕上がり。適当な材料を放り込んだだけのスープやカレーが、自分が作ったと思えないほどおいしいのです。

また、我が家はキッチンがIHコンロなので、ブレーカー落ちが心配(実際、落ちたことあり)で、エアコンやドライヤーなどの家電を複数使用している最中に長時間コンロを使用する煮込み調理はタイミングが難しいのですが、電気圧力鍋なら、短時間の加熱で済むという点でも助かってます。

ひとり暮らしをしていると、「使い切れなかった野菜でスープを作る」というタスクが発生しがち。「なべモード」は「炒め」にも使用できるので、炒め工程が必要なスープも1台で作れます

野菜の甘みと肉のうま味が凝縮されたスープ。圧力調理では、1時間弱の加熱で「2日目の味」を出してくるからスゴイ

モノを増やしたくないひとり暮らしにイチオシ

誤解のないようにお伝えしておくと、「圧力調理」「温度調理」「低温・発酵」「無水調理」「蒸し調理」「炊飯モード」などを搭載している電気圧力鍋は多いです。「ケーキが作れる」という炊飯器もありますね。筆者がそれでも「MA2」シリーズを選んだのは、グリル鍋として使用できるワンランク上の多機能性、本体の高さが抑えられていて狭いキッチンでも圧迫感がないこと、鋳物風のおしゃれなデザイン。これらを総合して、「お値打ち」だと感じたからです。

料理好きの人はいろんな調理にチャレンジしたくなるものですが、ひとり暮らしのキッチンはとにかく狭い。スペースを有効活用するためには、1台の家電がどれだけの役割を担えるかはとても重要です。そういった意味で、ほかの調理家電をひと通りそろえた後で、これだけ多機能な電気圧力鍋を購入するのはもったいないと思ってしまうのです。これからひとり暮らしを始めるという方で、「炊飯器は絶対にIH式がいい」というこだわりがないのであれば、まず電気圧力鍋から始めてみる、というのも、意外とアリではないでしょうか。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る