ニュース
パナソニックのスキンケアシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21を試用レビュー!

世界初! 剃るだけでお肌がうるおう「ラムダッシュ」の斬新シェーバー

パナソニックは、シェービングと同時に肌のお手入れができるスキンケアシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21を、2020年7月1日より発売する。

シェービングしながらイオンの力でスキンケアできるシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21

シェービングしながらイオンの力でスキンケアできるシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21

本モデルは、ヘッド部に搭載された「イオンプレート」が肌に接触することで、あらかじめ肌に塗っておいた化粧水の主な保湿成分を角質層まで浸透させられる機能を搭載。いつもどおりのシェービングを行うだけで、手間をかけずに肌の乾燥防止対策ができる。なお、この「電気浸透流」機能の搭載は、家庭用電気シェーバーとしては世界で初となる。

価格.com最安価格は、28,710円(2020年5月29日時点)。

「イオンプレート」を当てながらシェービング

「ラムダッシュ」ES-MT21の最大の特徴は、「イオンプレート」を外刃の下部とヘッドの側面に搭載すること。男性諸君にとっては、「イオンプレート」は聞き慣れない言葉かもしれないが、これはプラスからマイナス電極へ向かって発生する水の流れを利用し、保湿成分の角質層への浸透性を高める「電気浸透流」を起こすプレート。同社の導入美顔器などにも採用されている機能だ。

外刃の下、ヘッド部天面から前面にかけて搭載されたパーツが「イオンプレート」だ

外刃の下、ヘッド部天面から前面にかけて搭載されたパーツが「イオンプレート」だ

化粧水を塗った肌にイオンプレートを当てながらシェービングすることで、化粧水の保湿成分「ヒアルロン酸」の浸透量は、ただ手で塗っただけの時と比べて1.7倍にもなり、化粧水塗布から3時間後の肌水分減少は、4分の1に抑制できるという。つまり、いつものようにシェービング後に化粧水を塗るよりも、肌によりうるおいを与えられるわけだ。

実際にヒゲを剃ってみた!

「STAY HOME」が続いたことで、ヒゲを伸ばしっぱなしという人も少なくないだろう。筆者もご多分にもれず、ボッサボサ。そこで実際に、本機でシェービングしてみた。

誰とも会う予定がないと、あまり剃る気が起きないのは、筆者だけではないだろう

誰とも会う予定がないと、あまり剃る気が起きないのは、筆者だけではないだろう

いきなり外刃でシェービングするには長過ぎたので、本体に搭載されたトリマー刃でプレシェービングしてから、ヒゲが生えている部分に化粧水をたっぷり塗った。化粧水は、普段使用しているものでOK。

本体背面に搭載された収納式の「トリマー刃」。もみあげの形を整えるのにも使える

本体背面に搭載された収納式の「トリマー刃」。もみあげの形を整えるのにも使える

化粧水は、ヒアルロン酸などの保湿成分を含むものを使う

化粧水は、ヒアルロン酸などの保湿成分を含むものを使う

本体前面には、電源スイッチのほか、「イオンスイッチ」と「温感スイッチ」が搭載されている。どちらも2段階で、強弱を変えられる。今回は両方とも「強」を試してみた。

上から電源スイッチ、「イオンスイッチ」、「温感スイッチ」。ランプ1個で「弱」、2個で「強」の状態を表す

上から電源スイッチ、「イオンスイッチ」、「温感スイッチ」。ランプ1個で「弱」、2個で「強」の状態を表す

これで準備万端。シェービングに移ろう。

「イオンプレート」の「電気浸透流」機能をしっかりと生かすには、ちょっとしたコツがいる。ひとつめは、本体背面に搭載された「イオンパネル」を持ち手でしっかりと握ること。

「イオンパネル」はチタン素材。ここを手のひらで押さえるようにして本体を握る

「イオンパネル」はチタン素材。ここを手のひらで押さえるようにして本体を握る

2つめは、外刃でシェービングしていく際、その下部(天面)の「イオンプレート」を肌にしっかりと当てること。これにより、プラス電極の「イオンプレート」(ヘッド部)から、マイナス電極の「イオンパネル」(本体背面)へと電気浸透流が流れ、化粧水の保湿成分の浸透が促進される。

肌に対して刃を直角に当てれば、自然と「イオンプレート」も肌に密着する。動かし方の目安は、肌の上を1 cm動かすのに1秒程度の速さ

いつもよりゆっくりとシェ−バーを動かす必要があるので、せっかちな筆者などは少しストレスを感じたが、そこはさすがの「ラムダッシュ」ブランド。シェービング機能もほかの「ラムダッシュ3枚刃」シリーズとほぼ同等のものが搭載されているので、肌にやさしく、しっかり深剃りできる。

たとえば、早剃りのために毎分約13,000ストロークの高速リニアモーター駆動を採用しており、濃いヒゲでもパワーロスを低減。また、毎秒約200回のセンシング技術「ラムダッシュAI」でヒゲの濃さを検知するため、濃いところはパワフルに、薄いところは肌にやさしくシェービングできる。

刃の手前に搭載されているバーは、「スムースローラー」。肌への摩擦を減らして、スムーズな剃り心地を実現する

「ラムダッシュ」ブランドおなじみの「密着スイングヘッド」や「30°鋭角ナノエッジ内刃」なども搭載しており、しっかりと深剃りも可能だ。

ヘッド部は左右に30°可動。顔の凹凸に密着して多くのヒゲをとらえる。なお、前後には動かない

ヘッド部は左右に30°可動。顔の凹凸に密着して多くのヒゲをとらえる。なお、前後には動かない

「イオンスイッチ」の効果は体感しづらいが、「温感スイッチ」によって温められた「イオンプレート」は、とても心地よい。たとえるなら、理髪店でシェービングされる前に、温タオルで顔を温めてもらった時の心地よさに似ている。

また、本体のグリップ部分には、ザラザラした表面加工が施されており、手になじんだ。また持ち手が滑りにくいので、シェービング中の操作感も悪くない。

そして特に問題なく、3分ほどですべて剃り終えた。ちなみに、もし途中でシェーバーの滑りが悪いなと思ったら、化粧水を付け足してもよいとのこと。

写真で見ても、肌がしっとりしているのがわかるくらいツヤツヤに!

写真で見ても、肌がしっとりしているのがわかるくらいツヤツヤに!

ヒゲの剃り具合は申し分なし。いつもと異なるのは、肌の質感だ。いつもは乾燥しがちなのに、今回はもっちりしっとりとしている。そしてもうひとつ驚いたのが、シェービング後、ある程度時間が経った後でも、その肌の質感がいつもよりキープされていたことだ。

「イオンケアモード」ではほかのスキンケア用品も使える!

本機には、シェービングせずにスキンケアのみを行うモード「イオンケアモード」も用意されている。

「イオンケアモード」では、化粧水のほか、乳液や美容液、クリーム、シートマスクなども使用可能。それらを塗布後、ヘッド部側面に搭載された「イオンプレート」を当てて、保湿成分を浸透させる。目尻や頬、口周り、額のお手入れにぴったりだ。

なお、「イオンケアモード」はヒゲが生えている肌に対しても利用できる。

「イオンケアモード」ではキャップを付けて使用。1か所につき、3秒程度「イオンプレート」を押し当てていく

「イオンケアモード」ではキャップを付けて使用。1か所につき、3秒程度「イオンプレート」を押し当てていく

メンテナンスも簡単!

本機は、IPX7の防水設計のため、本体まるごと水洗いが可能。もちろんお風呂(ウェット)剃りも可能で、シェービングホームやジェルローション、スクラブなしの洗顔剤や石鹸も一緒に使用できる。

充電は、付属の充電スタンドに挿しておくだけ。フル充電から、化粧水浸透シェービング(3分)と「イオンケアモード」の使用(3分)を1日各1回利用したとして、約5日間使用できる。

充電スタンドは、本体グリップ部と同じカラー

充電スタンドは、本体グリップ部と同じカラー

【まとめ】1台2役のモデルとしてはお得な価格!

一般的に男性の肌は、女性の肌より乾燥しやすいと言われている。特に30代以降になると、ベタついているけど実は乾燥している「インナードライ」の状態の人が多いという。男性のスキンケアが一般的になりつつある今、ヒゲを剃るといういつもの習慣の中で、手間をかけずにスキンケアできる本機は、面倒くさがりな人でも使いやすいはずだ。

本機は、3万円弱と「ラムダッシュ5枚刃」シリーズに近い価格ではあるが、シェービングに関してほぼ同性能の「ラムダッシュ 3枚刃 ES-ST8S」(2020年7月1日発売)が18,800円で、先述の同社の導入美顔器「イオンエフェクター EH-ST78」が31,253円(どちらも2020年5月29日時点の価格.com最安価格)と考えると、むしろお得とも言えるだろう。

また、シェーバーではめずらしく、落ち着いたグレーとシルバーのカラーリングを採用しており、形状も丸みを帯びているのも特徴的。洗面所などのサニタリー空間の中で違和感なく置いておけるこのデザイン性も、従来のシェーバーにはない魅力だ。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る