ジダラキング
フィリップスの「セルフヘアーカッター QC5572/15」試用レビュー

「セルフ坊主カット」が超簡単に! フィリップスの最強バリカンを使ってみた

ようやく全国的に緊急事態宣言も解除されたんですが、家から出ないほうがいい状態なのは相変わらずで。結局のところ、自宅でゴロゴロと自堕落に生活していれば、大勝利ってことですよね。

ただ、その生活環境にも少し困ったことがあって。髪が伸びるの、止められない。

普段は月1ペースで、近所の1000円カットの理容室で3mmの坊主にしてもらっているんですが、今年の2月末から現在まで、恥ずかしながら約3か月ノーカット伸ばし放題です。

だらしなく伸びた坊主、というかなり恥ずかしい現状

だらしなく伸びた坊主、というかなり恥ずかしい現状

いつもはハゲをごまかすために3mmに揃えているので、ここまで伸びたのはヘタすると10年ぶりぐらいかも……

いつもはハゲをごまかすために3mmに揃えているので、ここまで伸びたのはヘタすると10年ぶりぐらいかも……

そもそも普段はずっと帽子をかぶっているからバレないし、人と会う機会も大幅減だし、いいかな……で、何となく放置していたら、このありさま。何より、どこの理容室も3密を避けてお客の回転数を落としているため、いつ行っても大混雑で、店の外までお客が並んでいます。とてもじゃないけど、気軽に切りには行けません。

とはいえ、さすがに伸び過ぎてウザいし、毛が耳元でチクチクするしで、放置も限界っぽい。じゃあもう、自分でやっちゃうぞ! どうせ坊主刈りなんだから、バリカンでガーッてやっちゃえばいいだろ!

セルフ坊主には最強! 角度可変型バリカン

……うん。勢いづいて「ガーッて自分でバリカンやっちゃう」と言ってはみたものの、はたして本当に自分でできるのか?と、ちょっと怖くなってきました。だって、今までセルフカットやったことないし、失敗したら当分はリカバリーが効かない系の話なので、ちょっと慎重にいかねば。

そこで、簡単にセルフ坊主にできるバリカンってないものか……と探してみたら、バッチリこれだわ、というのが見つかりました。フィリップスの「セルフヘアーカッター」こと「QC5572/15」です。

革新的な角度可変機構を持つフィリップスの「セルフヘアーカッター QC5572/15」

革新的な角度可変機構を持つフィリップスの「セルフヘアーカッター QC5572/15」

真横から見るとこんな感じ。バリカンとしてはだいぶ特殊な形状です

真横から見るとこんな感じ。バリカンとしてはだいぶ特殊な形状です

見た目は、ボディ部分の1段下から刃が伸びたクランク型。一般的なバリカンのイメージからはちょっと離れた、独特の形状です。

で、この形状の何がどうセルフ坊主に最適かというと、実はボディと刃をつなぐ軸がマイナス90°〜90°(=180°)の間でグリッと回る!

この通り、刃が左右に90°ずつ回転。角度は45°刻みで固定可能です

この通り、刃が左右に90°ずつ回転。角度は45°刻みで固定可能です

なるほど、刃がボディ(持ち手)に対してL字型になるまで可変するので、後頭部や側頭部でもセルフでまっすぐ刈り上げることができる、というわけだ。

確かにこれなら、途中で持ち方を変えたり、肩を変な角度に曲げたりすることなく、素直にガーッと刈っていけそうです。数年前に強烈な四十肩(左肩)と骨折(右肩)を同時にキメて以降、肩の可動範囲が極端に落ちている僕としては、もうこれ以外に選択肢はない気が。

残す髪の長さを調整するダイヤルを回すと、コームが上下します。視覚的に「これぐらいの長さに揃うんだな」と把握しやすくていいかも

さらに、軸のダイヤルを回して高さ調整すれば、仕上がりを3〜15mmまで2mm刻みで変更可能。また、先端コームを外せば最短の0.5mm、付属の細部コームに付け替えれば1〜3mmを0.5mm刻みでカットできます。取りあえず、いつもの3mm坊主も問題なくできるっぽいのでひと安心。

付属品はこれだけ。電源ケーブルは長さ2mあるので、充電アダプターを本体につなげたまま使用する場合も、カットしやすいはず

付属品は、先述の細部コームに加え、充電アダプターとクリーニングブラシのみとシンプルな構成です。
本機のワンランク上のモデルである「QC5582/15」には、頭部をツルツルに剃り上げるためのシェービングヘッドも付いていますが、それ以外は機能的には同じっぽいので、今回はスルー。

電源は、60分満充電で、60分可動。万が一途中で電池切れになっても、充電アダプターを本体につないだまま使うことができる仕様なのは、ありがたい。

初心者でも思ったより簡単! 「QC5572/15」でセルフ坊主

いざ、やるか!となるとなかなか勇気が出ませんが、バリカンを触っているだけで髪の毛が短くなるわけじゃなし……。
ここは覚悟を決めて、実際にセルフ坊主にチャレンジです。

髪の毛が飛び散ると後始末がウザいので、風呂場で刈るのがよさそう。写真のようなセルフカット対応の散髪ケープなどがあるとなおよし

まず前髪は、刃の角度を変えずにそのまま刈っていけるんですが、少し場所を変えて耳周辺から側頭部にかけては、そのままだと早くも体勢がつらくなっていきます。

そこで刃を45°だけ回転させると……、おお、一気に刈りやすくなった! 動きに無理がないので、刈る効率も高いような気がします。鏡を見つつ、手で髪を触って残り具合を確認しつつ、ガーッと刈っていきましょう。

うわー、刃が回転するだけでめっちゃラク!

うわー、刃が回転するだけでめっちゃラク!

後頭部に到達したら、刃を90°回転させて再びガーッと。肩関節がろくに上がらないオッサンでも、これなら超簡単です。逆サイドを刈る場合は、刃を反対側に回転させて、またガーッ。うん、簡単。

もし刃が回転しないバリカンだったら、本体を逆手に握るなど、かなり不自由なモーションを強いられるはず。そういう辛さゼロでカットできるのは、さすが「セルフヘアーカッター」を名乗るだけはあります。

セルフ坊主の鬼門と言われる後頭部も、この通りスイスイと

セルフ坊主の鬼門と言われる後頭部も、この通りスイスイと

最後は、合わせ鏡で刈り残しを確認しつつ仕上げていけば……セルフ坊主、完成です。

約3か月ぶりの爽快感!

約3か月ぶりの爽快感!

場合によっては、「虎刈り」もやむなしと覚悟していただけに、かなりうれしい仕上がりです

場合によっては、「虎刈り」もやむなしと覚悟していただけに、かなりうれしい仕上がりです

【まとめ】刃の自動研磨システムのおかげでケアが楽チン!

今回は初めてのチャレンジということで、少しおっかなびっくりの作業でしたが、所要時間20分強で刈り終えました。意外と早くやりきった感。

坊主刈りがひとりでこれぐらいできるなら、まぁ上等なんじゃないかな、と。もうちょい手のかかる髪型だと、自分ではたぶんお手上げなんですが。

あともうひとつ、この機種を選ぶメリットとしてあげたいのが、メンテナンスのラクさです。一般的なバリカンだと、使用後は洗浄して毛を洗い落とした後、切れ味を保つために刃に注油してやる必要があります。これが毎回必要になるのがどうにも面倒で。

ところがこの機種は……、というかフィリップスのヘアカッター/シェーバー全般に言えることなんですけど、刃の自動研磨システムという特殊な機構を持っています。これは、外刃の裏側と内刃とを擦り合わせて切れ味をキープするため、ケアは洗浄のみでオッケー、というもの。僕はフィリップスのヒゲ用トリマーを長年愛用していますが、これ、本当にラクで便利。

使用後は、刃を取り外して水洗いするだけの簡単ケア。メンテナンスに手間をかけるのが苦手なので、これだけでも選ぶ価値あり

本体価格は、1000円カット6回分くらいでペイするわけで、コスト的にもありがたい。これぐらい簡単に済ませられるなら、今後もこのお手軽セルフ坊主を継続しない理由はありません。は〜、サッパリした。

きだてたく

きだてたく

最新機能系から雑貨系おもちゃ文具まで、何でも使い倒してレビューする文房具ライター。現在は大手文房具店の企画広報として企業ノベルティの提案なども行っており、筆箱の中は試作用のカッターやはさみ、テープのりなどでギチギチ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る