選び方・特集
スムージーやジュース作りに便利

《2020年》人気のおすすめミキサー12選! 洗いやすさにも注目

栄養たっぷりのスムージーや、フレッシュジュース作りに便利なミキサー。ここでは、ミキサーの「フードプロセッサーやブレンダーとの違い」や、選ぶ際にチェックしたいポイントを解説するとともに、価格.comで人気のおすすめ12モデルをご紹介します。

スムージーやジュース作りに便利! ミキサーは何ができる?

ミキサーは、調理容器にセットされたカッターが高速回転することによって、食材をかくはんする調理器具です。ミキサーがあれば、スムージーやフレッシュジュースはもちろん、ポタージュスープなどが簡単にできるほか、料理の下ごしらえや、離乳食作りにも活用できます。

ロックアイスや冷凍食材など、対応しない食材もあります。取扱説明書などで対応食材を確認しましょう

ロックアイスや冷凍食材など、対応しない食材もあります。取扱説明書などで対応食材を確認しましょう

氷を入れてスムージーを作るならミキサー! ブレンダー、フードプロセッサーとの違い

ミキサーと似た用途の調理器具として、フードプロセッサーやブレンダーがありますが、用途はどのように違うのでしょうか?

大きく分けると、ミキサーやブレンダーは「食材の形をなくしてつぶしまぜる」のに対し、フードプロセッサーは「食材の形を残したまま細かく刻む」調理に使用します。

また、ポタージュスープやスムージーなど、水分を加えて行う調理の場合は、ミキサーやブレンダーを、みじん切りやペーストなど、比較的水分が少ない状態に仕上げる場合はフードプロセッサーを選ぶというのが、一般的な使い分けになります。

ブレンダーについては、用途はミキサーとほぼ同じですが、ここでは、容器にカッターが装備されているものをミキサー、手で持って使用するものをブレンダーとしています。ブレンダーは氷(角氷)に対応しないものがほとんどなので、氷入れてスムージーなどを作りたいという場合は、ミキサーを選びましょう。

<関連記事>
《2020年》人気のおすすめフードプロセッサー9選! ミキサーとの違いは?

ミキサーの選び方

ここからは、ミキサーを選ぶ際にチェックするポイントをご紹介します。

一度に作りたい容量

ミキサーは、一度に調理したい量に合わせて選ぶのがおすすめです。ファミリータイプのミキサーは容量1L前後のものが多いですが、最近は容量が400ml程度で、1〜2人分を作れるタンブラーミキサーも人気です。

タンブラーミキサーは、できあがったスムージーなどをグラスに移さず、タンブラーからそのまま飲むこともできるので、洗い物が少なく済みます。また、少量で調理できるので、離乳食作りにも便利です

刃の回転数

ミキサーの中には、「アボカドを皮や種ごと粉砕できる」というパワフルな製品もありますが、そんな「パワフルさ」の指標となるのが、刃の回転数です。刃の回転数は基本的に消費電力に比例し、刃の回転数が多く、消費電力が高いほど、なめらかな仕上がりが期待できます。

刃の素材・形状

刃の回転数のほかに仕上がりに関わってくるのが、刃の素材や形状。素材はステンレス製が主流ですが、強度や耐久性にこだわるなら、チタンコーティングされているものがおすすめです。

一見、どれも同じに見えるカッターですが、刃の枚数、形状や角度など、メーカーごとに工夫がこらされています

容器の素材

容器(ボトル、タンブラー)の素材も、ミキサー選びの重要なポイント。使い勝手はもちろん、お手入れのしやすさにも関わってきます。材質の種類は、ガラス、樹脂やプラスチックのいずれかが多く、それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

【ガラス】
メリット:傷やにおいが付きにくい
デメリット:重い、落とすと割れやすい

【樹脂やプラスチック】
メリット:軽い
デメリット:傷やにおいがつきやすい、食洗機非対応の場合がある

洗いやすさ

便利な調理家電も、お手入れに手間がかかると使用頻度が下がるもの。使用するたびに洗うパーツが多すぎないか、取り外しがめんどうではないか、食洗機には対応するかなど、洗いやすさもしっかり確認しておきましょう。

ミキサーの場合、容器と容器台(刃の部分)が分けられることが重要。この部分は汚れが残りやすく乾きにくいので、分解して洗えるものがベストです

安全機能

「刃物が高速で回転する」という仕様上、誤作動を起こさないための安全設計もチェックしておきましょう。多くの製品には、「容器が正しくセットされていないと動作しない」などの安全機能が備わっています。

小さい子どもがいる家庭の場合は、ふたとハンドルの2か所にロックが備わっているなどの、安全機能が手厚いモデルがおすすめです

おすすめミキサー ファミリータイプ6選

価格.comで人気の、おすすめミキサー12製品(ファミリータイプ、300〜600ml程度のタンブラータイプ各6選)をご紹介します。まずは容量1L前後のファミリータイプから。

1.テスコム「Pure Natura TM856」
「逆さボトル」でホコリが入らず清潔かつコンパクトに収納できる

たっぷり作れて、コンパクトに収納できるミキサー。冷蔵庫の角氷をクラッシュアイスにできる大型波刃ブラックチタンカッターを採用しています。容器はガラス製でにおいがつきにくく、収納時はボトルを逆さにして収納できるので、コンパクトかつ衛生面も安心!

調理容量:1,000ml
調理容器材質:ガラス
カッター材質:ブラックチタンコーティング
消費電力:190W
回転数:10,000回/分
角氷:対応
容器と刃の分離:可

2.パナソニック「MX-X701」
空回りしやすい葉野菜もふたを開けずにしっかりブレンド

のこぎり刃で鋭い切れ味のブラックハードチタンコートカッターを搭載したミキサー。繊維質を細かくかくはんできるだけでなく、角氷を粉砕してかき氷も作れます。ふたには、食材や水分の後入れができる「アレンジホール」を備えており、空回りしやすい葉野菜を、ふたを開けずにブレンドできる「スムージーバー」も付属。付属の容器を付け替えて、タンブラーミキサーやミルとしても使えます。

調理容量:ミキサー1,000ml、タンブラーミキサー400ml、ミル200ml
調理容器材質:ガラス
カッター材質:ブラックハードチタンコーティング
消費電力:255W
回転数:10,300回/分(ミキサー使用時)
角氷:対応
容器と刃の分離:可

3.Vitamix「E310」
8つの調理に対応する900Wの高級機

カッターの回転スピードを調整することによって、1台で「混ぜる」「温める」「冷やす」「つぶす」「刻む」「砕く」「挽く」「こねる」という8つの調理に対応し、フードプロセッサーとして使用できる高級ミキサー。900Wのハイパワーと硬化ステンレス製の刃で、アボカドを種ごとなめらかなスムージーにしたり、市販のロックアイスにも対応します。

調理容量:1.4L
調理容器材質:コポリエステル樹脂
カッター材質:硬化ステンレス
消費電力:900W
回転数:非公開
角氷:対応(ロックアイスにも対応)
容器と刃の分離:可

4.タイガー「Urban Life Series SKT-A100」
実感音を約45%カットした静音タイプ

従来モデルより実感音を約45%カットし、会話やテレビの音を妨げにくいミキサー。「パワフルモード」では、アボカドやキウイ、ブドウなどの皮や種ごと切削でき、なめらかな食感に仕上げます。コードリールは巻き取り式で、すばやくすっきり収納できます。

調理容量:1,000ml
調理容器材質:樹脂
カッター材質:ステンレス(ブラックチタンコーティング)
消費電力:270W
回転数:約9,000回/分
角氷:対応
容器と刃の分離:可

5.シャープ「ヘルシオ 真空ブレンダー EM-SB1A」
真空保存で翌日もおいしい! 栄養成分をキープできる真空ミキサー

容器内を真空状態にしてかくはんすることで材料の酸化を抑え、材料の栄養成分をキープできる真空ブレンダー。泡立ちが少なく、口当たりのよい濃厚なスムージーが作れます。ブレンダー容器のほか、ドリンクボトル、保存容器が付属。できあがったスムージーをドリンクボトルに移して真空保存しておけば、翌朝もおいしく飲むことができます。

調理容量:1,500ml
調理容器材質:トライタン製
カッター材質:ステンレス
消費電力:450W
回転数:約15,000回/分
角氷:対応
容器と刃の分離:可

おすすめミキサー タンブラーミキサー6選

ここからは、300〜600ml程度のタンブラータイプのおすすめ6選をご紹介します。

6. 象印マホービン「ヘルシーミックスBM-RF08」
「クリーニングボタン」搭載ですっきりきれい!

丈夫で切れ味がよく、かき氷も作れる「Wフィンチタンコートカッター」を採用したミキサー。最適なスピードでかくはん洗浄を行う「クリーニングボタン」を搭載し、手では洗いにくい刃の周りや、容器上部の油汚れなどもすっきりきれいにしてくれるのが特徴です。ふたロックとハンドルロックを解除すると運転可能な状態になる「安全ダブルロック構造」で安心。

調理容量:750ml
調理容器材質:ガラス
カッター材質:チタンコーティング
消費電力:225W
回転数:約10,500回/分
角氷:対応
容器と刃の分離:可

7.テスコム「Pure Natura TML162」
ミルやお茶ミルとしても使えるコンパクトミキサー

1台でマルチに使えるミル&ミキサーです。ミルはドライ&ウェット対応で、乾物の粉砕はもちろん、離乳食やドレッシング作りにも便利。フタ付きでそのまま保存もできます。茶葉を粉末にできるお茶カップも付属。ミキサータンブラーは、調理の途中で材料を足すのに便利なセンターキャップ付きです。

調理容量:ミキサーボトル400ml、ミルカップ75ml、お茶カップ大さじ1(12g)
調理容器材質:非公開
カッター材質:チタンコーティング刃
消費電力:130W
回転数:20,000回/分(ミル使用時)
角氷:対応
容器と刃の分離:可

8.ティファール「ミックス&ドリンク ネオ BL13AEJP」
コンパクトながら300Wのハイパワー

横幅10.5cmのコンパクト設計ながら、氷も砕くハイパワーと、耐久性にすぐれた4枚刃カッターを搭載しています。刃の回転速度は高速と低速の2段階で調整可能。モーターを冷やすことでパフォーマンスが長続きする「エアークーリングシステム」も使いやすさのポイントです。また、2段階ロックシステムの安心設計。ミルアタッチメントが付属する「ルビーレッド」と「シルバー」の2色がラインアップされています。

調理容量:600ml
調理容器材質:プラスチック
カッター材質:チタンコーティング
消費電力:300W
回転数:最大20,000回/分
角氷:対応
容器と刃の分離:可

9.アイリスオーヤマ「IBB-600」
大小ボトルが付属するお手頃価格の1番人気モデル

2020年6月24日時点の価格.com「ミキサー・フードプロセッサー 人気売れ筋ランキング」の「ミキサー」部門で1番人気のボトルブレンダー。3,000円を切るお手頃価格(同、価格.comでの最安価格)ながら、容量の異なるボトルが2本と専用のドリンクキャップが付属するので、必要量に応じてボトルを使い分けたり、持ち運びにも便利です。

調理容量:330ml、600ml
調理容器材質:トライタン
カッター材質:ステンレス(チタンコーティング)
消費電力:350W
回転数:非公開
角氷:対応(3cm角以下)
容器と刃の分離:可

10.パナソニック「MX-XP102」
するどい切れ味でなめらかなスムージーが作れる

切削性の高いカッターを搭載し、なめらかな食感のスムージーが作れるタンブラーミキサー。タンブラーは食洗機対応で手入れが簡単なトライタン樹脂製です。清潔感がありシンプルなデザインも魅力。

調理容量:400 ml
調理容器材質:トライタンTM樹脂製
カッター材質:非公開
消費電力:260W
回転数:11,200回/分
角氷:対応
容器と刃の分離:可

11.日立「VEGEE HX-C2000」
手動ポンプを搭載したコンパクトな真空ブレンダー

手動方式の「真空ポンプ」を備えることで、コンパクトなサイズでも「真空かくはん」を実現したパーソナルブレンダー。ボトル内を真空にすることで、食材の変色・酸化・分離を抑え、口あたりなめらかなスムージーを作れます。できあがったスムージーは保存ボトルに移して、真空保存も可能。

調理容量:600ml
調理容器材質:トライタン
カッター材質:チタンコーティング
消費電力:180W
回転数:非公開
角氷:対応
容器と刃の分離:可

12.BRUNO「コンパクトブレンダー BOE023」
レトロなデザインがおしゃれで、コンパクトなのにハイパワー

おしゃれ家電で人気の「BRUNO(ブルーノ)」の、レトロでかわいいブレンダー。約154(幅)×306(高さ)mmとコンパクトながらも、氷や冷凍フルーツを粉砕できるパワーです。ミキサーの速度は2段階で切り替え可能なので、メニューに合わせて使い分けが可能。ミキサー容器と容器台が取りはずせず、カッター単独で洗えないの点が惜しいです。

調理容量:400ml
調理容器材質:PCTG樹脂
カッター材質:ステンレス
消費電力:250W
回転数:非公開
角氷:対応
容器と刃の分離:不可

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る