レビュー
エアコンが設置できない狭い場所に

ライトとサーキュレーターが一体化! 熱気のこもるトイレや脱衣所が涼しくなる♪

ようやく本格的な夏がやって来ました。梅雨が明けてうれしい半面、今年も暑さに悩まされています……。もちろんエアコンは稼働させていますが、どうしても涼しさが行き渡らない場所ってありますよね? たとえば、脱衣所やトイレ、キッチンなど。

そういった狭い場所にはエアコンや扇風機が設置しにくいですし、熱気がこもりやすいためか、気温以上に暑く感じてしまいます。そこで我が家では、こんなアイテムを導入しました。

LEDライトとサーキュレーターが一体化!

ドウシシャ「サーキュライト ソケットモデル DSLS61NWH」

ドウシシャ「サーキュライト ソケットモデル DSLS61NWH」

こちらの商品は、サーキュレーターとLED照明が一体化したアイテムで、その名も「サーキュライト」。こういうの、ありそうでなかったですよね。

大きさは約180(直径)×190(高さ)mmで、重量は400g。中央に羽根が付いています。周りの半透明の部分がLEDライト

取り付けは超簡単! 通常の電球を取り替える要領で差し込むだけ

取り付けは超簡単! 通常の電球を取り替える要領で差し込むだけ

私が持っているのはソケット(口金サイズE26)に付けるタイプで、電球の色は昼白色。このほかにも、引掛けシーリングに付けられるタイプや、電球色、調光色のラインアップもあります。

首の角度は、水平方向、垂直方向ともに約300°調整可能

首の角度は、水平方向、垂直方向ともに約300°調整可能

脱衣所に設置して明るさとファンの強さをチェック

今回は、我が家の脱衣所に設置したときの様子をお届けします。

我が家の脱衣所は洗面所でもあり、広さは約1.5畳。お風呂場と隣接しているため、季節問わず常に湿気でむんむんしています

取り付け方は、電球を替える方法とまったく同じ。ソケットに挿して回すだけです。

ライトをONにしてみると……まぶしい!

ライトをONにしてみると……まぶしい!

明るさは2段階で切り替え可能で、強で約810Lm(ルーメン)、弱で約485Lmです。強ではかなり明るく感じました。

操作はこの専用リモコンで行います。ケースも付属しており、壁などにネジで設置することもできます

操作はこの専用リモコンで行います。ケースも付属しており、壁などにネジで設置することもできます

リモコンのボタンは、上半分がファン関係、下半分がLEDライト関係です

リモコンのボタンは、上半分がファン関係、下半分がLEDライト関係です

では、ファンの動きを動画で撮影してみたのでご覧ください。
動作としては、LEDライトが「強」の状態から始めて、ファン起動(弱→中→強)→LED調光ボタンで照明を「弱」に変更→ファン停止→照明停止という流れです。

ファンの運転音が、思ったよりも「ブーーーン」と大きく聞こえますよね。しかし、これでも旧型の2019年モデルより、音の大きさは約13%ダウンしているそう(風量は約10%アップ)。

風の強さをチェック

風の強さをチェック

風を直接浴びた場合の感じ方としては、「弱」の場合はかなりやさしい風当たり。「中」でいい感じに涼を感じました。「強」にすると、扇風機の風をしっかり浴びているような涼しさがあります!

設置前と設置後の温度をチェック

暑いと感じたときに直接風を浴びる、扇風機としての使い方でももちろんいいのですが、本来は、天井付近にこもった熱を拡散し、空気を循環させるサーキュレーターとしての使い方がメインです。
そこで、このサーキュライトを回す前と回した後で、その空間の気温や湿度がどう変化するかをチェックしてみました。

以前、「部屋干しアイテム」の記事で紹介した「部屋干し番」を使います。上の数字が気温、下が湿度を表しています

計測場所は先ほどと同じ脱衣所。計測日の天気は晴れで、日中の最高気温は30℃くらいでした。

まずは、「サーキュライト」を使用する前の状態がこちら。

気温は29.8℃、湿度は38%です

気温は29.8℃、湿度は38%です

それでは、脱衣所で「サーキュライト」を一番強い風で稼働させ、2時間ほど放置してみたいと思います。

2時間後、「部屋干し番」を確認すると……。

気温は27.9℃、湿度は41%に変化していました

気温は27.9℃、湿度は41%に変化していました

脱衣所に入った瞬間に「お、涼しい」と感じたのですが、実際に室温が約2℃下がっていました。しかし、なぜか湿度に関しては2%増える結果に……。
調べたところ、これはおかしいことではないようです。空気は、温度が下がると、空気中に含むことができる水分量が減少します。そのため、室温が下がると、空気中の水分量が同じであれば、湿度はむしろ上昇するそうです。しかし、実際には空気のかくはんによって空気中の水分量は減少しているので、体感としては涼しく感じるようです。確かに、湿度の数値は上がっていても、2時間後のほうが明らかに涼しく感じました。
もちろん夏なので、エアコンをかけたようにヒンヤリとするわけではありませんが、むわっと熱気がこもったようなあの感じがなくなるだけでも、結構快適ですよ。

熱気がこもりがちな狭い場所も快適に!

ライトとファンを同時に使うのはもちろん、ファンだけを回すことも、ライトだけを点けることも可能です。一度リモコンで設定した明るさや風量は記憶してくれているので、壁スイッチでON/OFFを切り替えても、切る直前の設定で動いてくれます。

また、最後に操作してから約12時間が経過すると、ファンが自動的に停止するようになっています。定格消費電力は、ライトの強で約9W、ファンの強で約4W。

脱衣所では、角度をやや斜めに調整して、お風呂から上がったときに直接風を浴びられるようにしています

脱衣所では、角度をやや斜めに調整して、お風呂から上がったときに直接風を浴びられるようにしています

どうしようもなく暑くなる、トイレでも使っています

どうしようもなく暑くなる、トイレでも使っています

これまでは、脱衣所やトイレで汗をかいてしまうほどの熱気に悩まされていましたが、サーキュライトを導入してからは、少しましになりました。脱衣所では、お風呂上がりの湿気でカビが発生しないか心配だったのですが、サーキュライトを導入してからはこれまでよりも早く乾くようになった気がしますね。

このサーキュライトには、今回ご紹介した電球タイプだけでなく、リビングなどで使える大きなシーリングライト型のモデルもあるので、そちらの導入も考えています。
空気をうまく循環させて、猛暑に対処していきましょう!

ペパーミント

ペパーミント

都内を中心に活動するミュージシャンです。歌ったり作ったりしています。よろしくお願いいたします! http://www.peppermint-web.net/

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る