ニュース
吸気と排気で快適なステイホーム空間作り

“2つの換気”と“除湿”で強化! ダイキンの換気できるエアコン「うるさらX」がパワーアップ

テレワークの普及もあって在宅時間が増え、室内の換気について気にする人が増加している昨今、ダイキンのエアコンに注目が集まっています。そう、ダイキンのエアコンと言えば、「エアコンしながら同時に換気もできる」というのが最大の特徴。このステイホーム時代、その価値がいっそう求められる状況になっていると言えるでしょう。

そんな中、同社製エアコンのフラッグシップモデル「うるさらX」(Rシリーズ)の2022年モデルが発表されました。最大の特徴である換気機能が強化され、さらに除湿機能もパワーアップしたんです。以下より、詳細をお伝えていきましょう。

新しいうるさらX(Rシリーズ)は、6畳用から29畳用まで、単相100V/200Vのモデルを合計10機種ラインアップし、2021年10月28日より発売予定。価格はオープンですが、26万〜32万円前後での実売が想定されます

新しいうるさらX(Rシリーズ)は、6畳用から29畳用まで、単相100V/200Vのモデルを合計10機種ラインアップし、2021年10月28日より発売予定。価格はオープンですが、26万〜32万円前後での実売が想定されます

従来の「吸気換気」に、新たな「排気換気」が加わった!

上述の通り、うるさらXは、以前から「換気ができるエアコン」であることが大きな特徴だったわけですが、今回の新モデルでは「2種類の換気機能」に対応したことがトピックです。まずはこの点からご紹介しましょう。

ひとつめの換気は、従来のうるさらXにも備わっている「吸気換気」。これは、室外機で外気を取り込み、換気ホースを通して、室内機から室内へ送る機能です。特にポイントとなるのは、外気を取り込んだあと、温めたり冷やしたり温調をしてから室内に放出すること。そのおかげで、換気中も部屋の温度がそれほど変動せず、快適性を保てます。元々はフラッグシップのうるさらXだけに搭載されていましたが、2020年には換気需要の高まりを受けて、下位モデルにもこの吸気換気機能が拡充されました(→詳細はこちら)。

これに加え、新たなうるさらXでは、もうひとつの換気機能「排気換気」が搭載されたのです。これは、ひと言で言うと「吸気換気の逆」。室内機で室内の空気を吸い込み、換気ホースを通して室外機から外へ排出する機能です。室内の空気を入れ替えたいときに効果を発揮するほか、夏場や梅雨時期などに、室内にこもった熱気を排出することで、冷房の立ち上げを効率的にアシストします。

このように新しいうるさらXでは、エアコンしながら同時に「吸気」と「排気」を切り替えることで、より効率的に室内環境を快適にしていきます。

以前からある吸気換気のイメージ。外から新鮮な空気を取り込みます。吸気風量は29m<sup>2</sup>/h(AN40ZRPにおいて)

以前からある吸気換気のイメージ。外から新鮮な空気を取り込みます。吸気風量は29m2/h(AN40ZRPにおいて)

新しい排気換気のイメージ。帰宅時のリビングや就寝前の寝室などにこもった熱気を排出するなど、特に夏場や梅雨時期など、室内の不快な空気が気になるときに効果を発揮します。排気風量は27m<sup>2</sup>/h(AN40ZRPにおいて)

新しい排気換気のイメージ。帰宅時のリビングや就寝前の寝室などにこもった熱気を排出するなど、特に夏場や梅雨時期など、室内の不快な空気が気になるときに効果を発揮します。排気風量は27m2/h(AN40ZRPにおいて)

▼新開発の「ダンパー構造」と「高静圧ターボエンジン」

この2つの換気を実現するのが、室外機に新しく搭載される「ダンパー構造」と、それにあわせて開発された専用の「高静圧ターボファン」。ダンパー構造によって、吸気と排気の2方式を切り替えられる設計になっています。実際の操作は、リモコンの「換気」ボタンを押すことで、簡単に「吸気換気」と「排気換気」のモードを切り替えられます。

リモコンに搭載された「換気」ボタンを押すだけの簡単操作で吸気と排気を切り替え可能

リモコンに搭載された「換気」ボタンを押すだけの簡単操作で吸気と排気を切り替え可能

室外機の上部に内蔵されるダンパーが前後に稼働することで、吸気と排気をスムーズに切り替えます。左が吸気モードで室内側へ送風、右が排気モードで機外へ排気を行う状態です

室外機の上部に内蔵されるダンパーが前後に稼働することで、吸気と排気をスムーズに切り替えます。左が吸気モードで室内側へ送風、右が排気モードで機外へ排気を行う状態です

室外機の右端に配置されているのが、ダンパーに合わせて専用設計された高静圧ターボファン。薄型で高静圧なターボファンと加湿器で培われたファンモーター技術を採用しており、吸気と排気構造による抵抗増加にも対応します。この専用ファンの下に、上述のダンパーが配置されています

室外機の右端に配置されているのが、ダンパーに合わせて専用設計された高静圧ターボファン。薄型で高静圧なターボファンと加湿器で培われたファンモーター技術を採用しており、吸気と排気構造による抵抗増加にも対応します。この専用ファンの下に、上述のダンパーが配置されています

排気換気中の換気ホースを、サーモグラフィで見たところ。室内に溜まった熱気が通っているため、換気ホースの温度がかなり上がっています。なお、吸気換気も排気換気も1本の換気ホースを使って切り替えて行うので、施工の条件は従来と変わりません

排気換気中の換気ホースを、サーモグラフィで見たところ。室内に溜まった熱気が通っているため、換気ホースの温度がかなり上がっています。なお、吸気換気も排気換気も1本の換気ホースを使って切り替えて行うので、施工の条件は従来と変わりません

▼AI快適自動+換気で、「換気自動」モードに対応

また、室内と室外の温度を検知して、自動で吸気と排気を切り替える「換気自動」機能も搭載しています。具体的には、「夏場や梅雨時期などにエアコンをつけた直後、外温に比べて室温のほうが高くなっていたら、まず排気換気を行い、続いて吸気換気に切り替える」といった運転を自動で行ってくれます。

リモコンの「AI快適自動」をオンにして、「換気」ボタンを押すだけで、「換気自動」モードに設定できます。手動モードに戻したい場合は、冷房運転にしてから「換気」ボタンを押せばOK

リモコンの「AI快適自動」をオンにして、「換気」ボタンを押すだけで、「換気自動」モードに設定できます。手動モードに戻したい場合は、冷房運転にしてから「換気」ボタンを押せばOK

そのほか、エアコン停止後の内部クリーン時に、排気運転を実施し、エアコン乾燥時の不要な湿気を外へ排出するようにもなっています。これにより、内部クリーン時に室内へ湿気が戻ってしまうのを防ぎます

そのほか、エアコン停止後の内部クリーン時に、排気運転を実施し、エアコン乾燥時の不要な湿気を外へ排出するようにもなっています。これにより、内部クリーン時に室内へ湿気が戻ってしまうのを防ぎます

ちなみに、エアコン本体やリモコンで室内の換気状況をモニタリングする表示機能はないですが、CO2センサーを搭載する「Beside」(ビサイド)を使えば、スマホアプリ上で室内のCO2濃度の推移などを確認することができます

ちなみに、エアコン本体やリモコンで室内の換気状況をモニタリングする表示機能はないですが、CO2センサーを搭載する「Beside」(ビサイド)を使えば、スマホアプリ上で室内のCO2濃度の推移などを確認することができます

業界初の除湿制御機能「さらら除湿」

換気のほかにもうひとつ、ステイホーム下での生活に合わせてダイキンが新しく追求したのが、「湿度」の制御技術です。ダイキンによれば、人が長時間在宅する昨今は、料理や食事をしたり、衣類を部屋干ししたり、窓の開閉も増えたりして、室内に湿気が発生するシーンがより多くなっているそうです。また、最近増えている高気密・高断熱の省エネ住宅でエアコンを使った場合、湿度が設定値に達しても、湿気自体はなかなか取りづらいという課題もあります。

しかし従来のエアコンの除湿運転は、冷媒流入量が固定された一定運転なので、室温が高いときは効率的に湿度を下げるものの、室温が低い場合に同じ運転をすると室温がさらに下がって寒く感じてしまいがち。また、寒くならないために再熱除湿を行うことによって、消費電力が増加してしまうという欠点もあります。

そこで新しいうるさらXでは、こういった幅広い湿度の状態に合わせて、高効率に除湿できる技術「さらら除湿」を新搭載。ポイントは、エアコン本体に内蔵される、業界初の「多段階電子膨張弁」です。この膨張弁のおかげで、冷媒流入を大容量から小容量まで細かくコントロールできるようになりました。夏場の窓開け換気による急激な温湿度の上昇や、肌寒い日の部屋干し、料理時の湿度上昇など、それぞれの湿度の変化に合わせて高効率な除湿を実現し、室内の快適性をキープします。具体的な数値では、従来モデル比1.5倍となる最大1,500cc/hの除湿量を実現しました。

エアコン本体の右側に内蔵される多段階電子膨張弁

エアコン本体の右側に内蔵される多段階電子膨張弁

従来の除湿弁には、弁を開けるか閉めるかの2パターンしかありませんでしたが、新しい多段階電子膨張弁では、弁が無段階での調整に対応。大容量から小容量まで冷媒流入を細かくコントロールでき、効率のよい制御を可能とします

従来の除湿弁には、弁を開けるか閉めるかの2パターンしかありませんでしたが、新しい多段階電子膨張弁では、弁が無段階での調整に対応。大容量から小容量まで冷媒流入を細かくコントロールでき、効率のよい制御を可能とします

「抗ウイルスフィルター」を室内機に搭載

そのほか、室内機には、ウイルス抑制効果を持つ加工を施した静電フィルター「抗ウイルスフィルター」も搭載しており、より清潔な空気作りができるように配慮されています。この抗ウイルスフィルターと、10万℃の熱エネルギーに匹敵する酸化分解力で有害物質を分解する「ストリーマ空気清浄運転」モードの相乗効果によって、室内の浮遊ウイルスを抑制することが可能だと言います。換気機能に加えて「抗ウイルス」という面でもしっかりこだわった設計は、ステイホーム時代のエアコンとしてかなり魅力的ではないでしょうか。

北里科学研究所の試験によると、高ウイルスフィルター+ストリーマ空気清浄の組み合わせで、空気中の浮遊ウイルス抑制効果が確認できたそうです

北里科学研究所の試験によると、高ウイルスフィルター+ストリーマ空気清浄の組み合わせで、空気中の浮遊ウイルス抑制効果が確認できたそうです

そのほか、さまざまな社会状況に合わせて設計も強化。年々猛暑になっている日本の状況に合わせ、室外機は外気温50℃まで対応して冷房運転できるタフ仕様です。また、電力供給のひっ迫にも配慮し、電力の抑制運転「パワーセレクト」機能にも対応

そのほか、さまざまな社会状況に合わせて設計も強化。年々猛暑になっている日本の状況に合わせ、室外機は外気温50℃まで対応して冷房運転できるタフ仕様です。また、電力供給のひっ迫にも配慮し、電力の抑制運転「パワーセレクト」機能にも対応

ちなみに2000年に登場した「うるるとさらら(うるさら)」シリーズは、今回の2022年モデルをもって22周年を迎えます

ちなみに2000年に登場した「うるるとさらら(うるさら)」シリーズは、今回の2022年モデルをもって22周年を迎えます

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
季節家電のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る