レビュー
編集部のアラサー男子とズボラ主婦が、調理家電の簡単レシピをお届け

もう焼きそばは炒めない! 高機能オーブンレンジにお任せで作れる【動画】

これは、価格.comマガジン編集部のアラサー男子とズボラ主婦が、調理家電を使って簡単&おいしい「ズボラめし」を作る動画です。今回取り上げる調理家電は、高機能オーブンレンジ。近年のオーブンレンジは、高性能センサーを搭載し、自動調理メニューを備える高機能モデルが増えています。食材を入れて調理をスタートすれば、自動でおいしく仕上げてくれるという超ズボラ調理アイテム! くわしくは上の動画をチェックしてみてください。

高機能オーブンレンジでズボラめし!〜もう焼きそばは炒めない〜

近年の高機能オーブンレンジの進化は、改めてスゴいです。搭載する高性能センサーにより、食材に合わせて最適な加熱を自動で行ってくれるので、調理中に火加減を気にする必要がありません。準備としては、具材となる野菜や肉をカットして、それを耐熱皿に入れるだけ。あとはオーブンレンジに任せておけば、自動でおいしく仕上げてくれるのです。しかも、焼き物や炒め物などそれなりに凝った料理が作れるのが便利すぎ。

というわけで今回は、高機能オーブンレンジの自動調理モードで、「炒めない焼きそば」を作りました! 以下、動画内容をダイジェストでご紹介しましょう。なお、動画では日立の「ヘルシーシェフ」を使用していますが、ほかの高機能オーブンレンジでも同等の自動調理機能を搭載しているものが多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

今回取り上げる調理家電は、高機能オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」(日立)。動画で使用しているのは、旧モデル「MRO-S8X」ですが、もちろん最新モデルにも同等の機能があって、むしろより進化しています

今回取り上げる調理家電は、高機能オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」(日立)。動画で使用しているのは、旧モデル「MRO-S8X」ですが、もちろん最新モデルにも同等の機能があって、むしろより進化しています

手順は簡単! 次の順番で、耐熱皿に具材を入れていくだけです。カットした野菜(約120g)、市販の焼きそば(1袋150gのもの)、ひと口大にカットした豚肉(約50g)。ここで焼きそばに付属するソースの素をふりかけて、塩コショウ少々。最後にカット野菜(約120g)を置いて、準備は終わりです。焼きそばはほぐす必要もありません。そのほかに、油も水も一切入れません

手順は簡単! 次の順番で、耐熱皿に具材を入れていくだけです。カットした野菜(約120g)、市販の焼きそば(1袋150gのもの)、ひと口大にカットした豚肉(約50g)。ここで焼きそばに付属するソースの素をふりかけて、塩コショウ少々。最後にカット野菜(約120g)を置いて、準備は終わりです。焼きそばはほぐす必要もありません。そのほかに、油も水も一切入れません

ふんわりラップをかけて、オーブンレンジにセットしたら、自動調理メニュー「48:焼きそば」を選択して加熱スタートします。途中から、加熱された野菜の甘い香りがしてきますよ

ふんわりラップをかけて、オーブンレンジにセットしたら、自動調理メニュー「48:焼きそば」を選択して加熱スタートします。途中から、加熱された野菜の甘い香りがしてきますよ

約7分後に加熱終了! 全体をよく混ぜ合わせて完成です

約7分後に加熱終了! 全体をよく混ぜ合わせて完成です

炒めていないのに、しっかり焼きそばになっているのがスゴい! 炒めすぎるという失敗がないので、水分が飛ばないおかげか、麺のモチモチ感がキープされています。野菜もシャキシャキですし、豚肉もしっとりできあがっていて美味

炒めていないのに、しっかり焼きそばになっているのがスゴい! 炒めすぎるという失敗がないので、水分が飛ばないおかげか、麺のモチモチ感がキープされています。野菜もシャキシャキですし、豚肉もしっとり仕上がっていて美味

というわけで、高機能オーブンレンジで作る「炒めない焼きそば」、いかがでしたか? 繰り返しになりますが、具材をカットして入れるだけで、あとはオーブンレンジにお任せすればおいしく作れちゃうんです。油を使わないので、ヘルシーに仕上がるのもイイんですよね。皆さんもぜひお試しください。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る