レビュー

アジア料理好きにも推せる! タイ米をパラパラ食感でおいしく炊ける三菱電機「本炭釜 KAMADO」

アジア料理やエスニック料理が大好きな筆者は、ずっと前から三菱電機のIH炊飯器「本炭釜 KAMADO NJ-AWB10」が気になっていました。なぜなら、長粒米(タイ米、ジャスミン米、インディカ米のこと)専用の炊飯モード「長粒米モード」が搭載されているからです! 今回は、「長粒米モード」を集中的に使ってみました。

タイ米は「早炊きモード」より専用の「長粒米モード」で炊くほうが断然おいしい!

パラパラとした口当たりと香りが特徴のタイ米(ジャスミン米/ジャスミンライス、インディカ米)は、研がずにすすぐ程度で留め(香りを消さないため)、浸水工程は省いて、短時間で炊くのが一般的なようです。じっくり吸水させて甘みを引き出し、ふっくらと炊き上げる日本米(ジャポニカ米)とは真逆と言える炊飯方法もしれません。そのため、日本米に合わせて作られている日本国内の炊飯器でタイ米を普通に炊くと、粘りが出てパラパラとした炊き上がりになりにくく、香りも飛びやすいのだそう。炊飯器でタイ米を炊いている人の中には、標準的な白米の炊飯モードより短時間で炊き上がる「早炊きモード」を使用している人もいるようです。

無印良品のジャスミン米の炊き方にも、炊飯器の場合、「早炊きモード」を使うとおいしく炊けると記してありました。早炊きモードは、浸水→炊き上げ→蒸らしといった各工程の時間を短縮しているため、通常の炊き方よりもごはんが硬めに炊き上がる傾向があります

無印良品のジャスミン米の炊き方にも、炊飯器の場合、「早炊きモード」を使うとおいしく炊けると記してありました。早炊きモードは、浸水→炊き上げ→蒸らしといった各工程の時間を短縮しているため、通常の炊き方よりもごはんが硬めに炊き上がる傾向があります

今回紹介するIH炊飯器「本炭釜 KAMADO NJ-AWB10」(以下、NJ-AWB10)にも、白米を普通に炊く(炊飯時間は約46〜55分)よりも短い、約19〜25分で炊き上がる「お急ぎ」(いわゆる早炊きモード)は用意されています。しかし、日本米のおいしさを引き出すための炊飯プログラムになっているため、タイ米には「長粒米モード」(炊飯時間は約23〜32分)を使用。吸水時間と蒸らし時間を短くし、本炭釜の高火力で一気に加熱することで、タイ米特有の香りを損なわず、パラパラとした食感に炊き上げるそうです。

前述の無印良品のジャスミン米を炊いてみます。軽くすすいだジャスミン米を内釜に入れ、「長粒米」の水位線目盛りに合わせて水をセット。ちなみに、長粒米モードで炊ける米の量は1〜3合となっています

前述の無印良品のジャスミン米を炊いてみます。軽くすすいだジャスミン米を内釜に入れ、「長粒米」の水位線目盛りに合わせて水をセット。ちなみに、長粒米モードで炊ける米の量は1〜3合となっています

米の銘柄から「長粒米」を選び、「ジャスミンライス」を選択。佐賀産の「ホシユタカ」以外の長粒米は「ジャスミンライス」を選びます。あとは、「炊飯」ボタンを押して待つだけ

米の銘柄から「長粒米」を選び、「ジャスミンライス」を選択。佐賀産の「ホシユタカ」以外の長粒米は「ジャスミンライス」を選びます。あとは、「炊飯」ボタンを押して待つだけ

今回、炊飯するのは2合。炊き上げ工程に入ると、タイ米特有の香りが部屋中に広がります

今回、炊飯するのは2合。炊き上げ工程に入ると、タイ米特有の香りが部屋中に広がります

約26分後、炊き上がり。保温に自動的に切り替わりますが、長粒米は、におい・変色・パサつきの原因になるため、保温しないようにと取扱説明書に記されていました。炊き上がり後、自動でオフになる設定にしてほしかった……

約26分後、炊き上がり。保温に自動的に切り替わりますが、長粒米は、におい・変色・パサつきの原因になるため、保温しないようにと取扱説明書に記されていました。炊き上がり後、自動でオフになる設定にしてほしかった……

炊き上がったジャスミン米が、こちら!

炊き上がったジャスミン米が、こちら!

細長い粒なので、しゃもじでよそうと潰れるかも……と心配でしたが、粒がしっかりしているようで、キレイな形状のまま! 粘りが少ない、パラッとしたタイ米らしい炊き上がりです

細長い粒なので、しゃもじでよそうと潰れるかも……と心配でしたが、粒がしっかりしているようで、キレイな形状のまま! 粘りが少ない、パラッとしたタイ米らしい炊き上がりです

さっそく、グリーンカレーをかけて食べてみました。スプーンを入れた瞬間から、ごはんがパラパラとしていることがわかります。カレーがごはんのひと粒ひと粒にコーティングされ、ジャスミン米の香りとミックスされて、普段、日本米で食べているグリーンカレーより断然おいしい。このごはんは、お店で出てくるごはんの食感や香りと変わらないレベルと言っても過言ではありません

さっそく、グリーンカレーをかけて食べてみました。スプーンを入れた瞬間から、ごはんがパラパラとしていることがわかります。カレーがごはんのひと粒ひと粒にコーティングされ、ジャスミン米の香りとミックスされて、普段、日本米で食べているグリーンカレーより断然おいしい。このごはんは、お店で出てくるごはんの食感や香りと変わらないレベルと言っても過言ではありません

想像以上にいい出来だったのですが、早炊きモードで炊いても似たような炊き上がりになるのでは?という疑念が残っているのも事実。ということで、筆者の実家にあるIH炊飯器の早炊きモードで、ジャスミン米を2合炊いてみました。炊飯時間は、NJ-AWB10の長粒米モードより若干短い程度です。

普通のIH炊飯器の早炊きモードで炊いたジャスミン米も、パッと見た感じはうまく炊き上がっている印象

普通のIH炊飯器の早炊きモードで炊いたジャスミン米も、パッと見た感じはうまく炊き上がっている印象

左がNJ-AWB10の長粒米モードで炊いたもので、右が普通のIH炊飯器の早炊きモードで炊いたもの。やはり、見た目では違いはわかりません

左がNJ-AWB10の長粒米モードで炊いたもので、右が普通のIH炊飯器の早炊きモードで炊いたもの。やはり、見た目では違いはわかりません

ただし、食感はまったく違います。早炊きモードで炊いたジャスミン米のほうが粘りがあり、やわらか。試しに、指でひとつまみしてみると、米粒同士がくっつき、かつ、指にもべったりくっついてなかなか落下しません。いっぽう、長粒米モードで炊いたジャスミン米は、少々粘りはあるものの、米粒同士はホロッと離れました

ただし、食感はまったく違います。早炊きモードで炊いたジャスミン米のほうが粘りがあり、やわらか。試しに、指でひとつまみしてみると、米粒同士がくっつき、かつ、指にもべったりくっついてなかなか落下しません。いっぽう、長粒米モードで炊いたジャスミン米は、少々粘りはあるものの、米粒同士はホロッと離れました

炊飯工程の時間を短縮しているとはいえ、早炊きモードも、日本米をおいしく炊けるように粘りやもちもち感を引き出す炊飯プログラムとなっているようです。そのため、ジャスミン米(タイ米)であっても粘りが出て、パラパラとした食感にはならなかった模様。炊飯時間はほとんど同じですが、長粒米モードのほうがタイ米の特性を生かした炊き上がりになることが確認できました。

長粒米モードで炊いたタイ米は冷蔵庫で保存できる?

NJ-AWB10の長粒米モードでは、炊飯後、そのまま炊飯器でごはんを保温することは非推奨となっています。1合から炊けますし、炊飯時間も約23〜32分と短いので都度炊いてもそれほど負担にはならないかもしれませんが、筆者は普段、ごはんは1度にたくさん炊いて冷凍保存しておく派なので、できればタイ米も冷凍保存したい……。なので、長粒米モードで炊いた前述のジャスミン米を冷凍保存し、その後、電子レンジで解凍・温めをしてみました。

ごはんをある程度冷ましてから、冷凍室に入れました

ごはんをある程度冷ましてから、冷凍室に入れました

ひと晩、冷凍保存しておいたジャスミン米を電子レンジで解凍・温めをしてみると、炊きたてよりは若干粘りが出た印象ですが、日本米のようにべったりくっつくことはありませんでした。十分、パラッとした食感と言えると思います

ひと晩、冷凍保存しておいたジャスミン米を電子レンジで解凍・温めをしてみると、炊きたてよりは若干粘りが出た印象ですが、日本米のようにべったりくっつくことはありませんでした。十分、パラッとした食感と言えると思います

せっかくなので、ガパオライスにしてみました

せっかくなので、ガパオライスにしてみました

ごはんがパラパラなので、半熟の黄身のからまりもバツグン! ただ、タイ米は日本米より水分量が少ない炊き上がりなので、冷凍室で長期間保存すると食感が変わってしまうかもしれません。1回で炊く量は、翌日には食べきれるくらいにしておいたほうがよさそう

ごはんがパラパラなので、半熟の黄身のからまりもバツグン! ただ、タイ米は日本米より水分量が少ない炊き上がりなので、冷凍室で長期間保存すると食感が変わってしまうかもしれません。1回で炊く量は、翌日には食べきれるくらいにしておいたほうがよさそう

ちなみに、長粒米モードで炊いたジャスミン米で作ったチャーハンをお昼に食べて、食べきれなかった分を冷蔵室で夕食まで保存。その後、電子レンジで解凍・温めをしてみましたが、大きな食感の変化はありませんでした。

具材は冷蔵庫にあったものを使用しただけですが、ナンプラーを加えて炒めたら、超簡単にアジア料理っぽいチャーハンが完成。想像以上にこれがおいしくて、毎日食べてもいいと思うくらい。筆者の実家にいる姪っ子(小学生)たちや母(70代)にも大好評でした

具材は冷蔵庫にあったものを使用しただけですが、ナンプラーを加えて炒めたら、超簡単にアジア料理っぽいチャーハンが完成。想像以上にこれがおいしくて、毎日食べてもいいと思うくらい。筆者の実家にいる姪っ子(小学生)たちや母(70代)にも大好評でした

食べきれなかった分にラップをし、冷蔵室で5時間ほど保存しておきました

食べきれなかった分にラップをし、冷蔵室で5時間ほど保存しておきました

ラップをしたまま電子レンジで解凍・温めを行い、夕食にいただきましたが、ごはんはパラパラでおいしさは変わらず。こうやって温め直してもおいしく食べられるのは、とても助かります。お弁当に入れるのもよさそう!

ラップをしたまま電子レンジで解凍・温めを行い、夕食にいただきましたが、ごはんはパラパラでおいしさは変わらず。こうやって温め直してもおいしく食べられるのは、とても助かります。お弁当に入れるのもよさそう!

日本米も粒感のある炊き上がり!

ここまで長粒米モードを紹介しましたが、もちろん、日本米もおいしく炊き上がります。特に、粒感が最高! 近年、日本国内のIH炊飯器の上級機では圧力IH方式が主流ですが、三菱電機は従来から圧力をかけないで炊くIH方式を採用しています。一般的に、水の沸点が100℃以上にできる圧力IH方式のほうが甘みと粘りが強いごはんに炊き上がると言われているものの、その半面、やややわらかめの食感になる傾向。それに比べ、非圧力式はほどよい甘みと硬さのある炊き上がりとなる印象です。今回使用したNJ-AWB10も、その特性を生かした炊き上がり。三菱電機によると、圧力をかけずに炊くことで、米を包み込み、うまみを閉じ込める水分「保水膜」が崩れないため、みずみずしさと粒感のある食感に炊き上がるのだそう。また、発熱が早く熱伝導にもすぐれる炭素材の内釜「本炭釜」を採用し、かまどを再現した断熱構造で熱を逃がさずに効率よく加熱することにより、炊きムラが抑えられ、ふっくらとした炊き上がりになるのも特徴。炊き上げ工程でも火力を弱めずに連続沸騰を続けられる構造となっているので、米のうまみもしっかり引き出されるといいます。

NJ-AWB10の最大炊飯容量(白米)は5.5合で、サイズは285(幅)×320(奥行)×249(高さ)mm。「月白」と「黒曜」の2色が用意されています

NJ-AWB10の最大炊飯容量(白米)は5.5合で、サイズは285(幅)×320(奥行)×249(高さ)mm。「月白」と「黒曜」の2色が用意されています

内釜には、純度99.9%の炭素材を使用。炭がまるごと発熱体となるため、内釜全体が一気に発熱します。また、炭ならではの遠赤効果で、米の芯までしっかり火が通るのも特徴

内釜には、純度99.9%の炭素材を使用。炭がまるごと発熱体となるため、内釜全体が一気に発熱します。また、炭ならではの遠赤効果で、米の芯までしっかり火が通るのも特徴

内ぶたにも炭コーディングが施されており、内釜と内ぶたで包み込むように遠赤外線を放射。さらに、胴周りの4重ヒーターとふたヒーター、そして底面のトリプルリングIHで全方向から加熱して炊き上げます。最大消費電力は1,400W

内ぶたにも炭コーディングが施されており、内釜と内ぶたで包み込むように遠赤外線を放射。さらに、胴周りの4重ヒーターとふたヒーター、そして底面のトリプルリングIHで全方向から加熱して炊き上げます。最大消費電力は1,400W

羽釜形状の内鍋は、炊飯器にセットした時に羽の上部がかまど内からはみ出るのもポイント。羽の上部空間で熱を冷やすことにより、ふきこぼれを防ぐことができ、大火力で沸騰させながら炊き上げることが可能に。羽が接する部分には「熱密封リング」(赤い部分)も装備されており、熱を逃がさずに効率よく加熱します

羽釜形状の内鍋は、炊飯器にセットした時に羽の上部がかまど内からはみ出るのもポイント。羽の上部空間で熱を冷やすことにより、ふきこぼれを防ぐことができ、大火力で沸騰させながら炊き上げることが可能に。羽が接する部分には「熱密封リング」(赤い部分)も装備されており、熱を逃がさずに効率よく加熱します

さらに、二重構造の内ぶたでも泡や蒸気を受け止めることで、ふきこぼれを防止。うまみと蒸気を分離し、蒸らし工程でうまみをごはんに還元します

さらに、二重構造の内ぶたでも泡や蒸気を受け止めることで、ふきこぼれを防止。うまみと蒸気を分離し、蒸らし工程でうまみをごはんに還元します

<関連記事>「本炭釜 KAMADO」の炊き方のメリットについては前モデル(NJ-AW109)でチェック!(基本構造はNJ-AWB10と同じ)

では、白米を炊いてみましょう。白米の炊飯コースは、好みの粘りや硬さで炊ける「炊き分け名人」や米の銘柄に合わせて炊く「銘柄芳潤 白米」なども搭載されていますが、今回は、「ふつう」で炊いてみました。

白米3合を炊きます。炊飯時間は約51分

白米3合を炊きます。炊飯時間は約51分

炊き上がったごはんには、おいしく炊けた証拠である“カニ穴”ができていました

炊き上がったごはんには、おいしく炊けた証拠である“カニ穴”ができていました

「保水膜」で米粒がしっかりコーティングされているので、しゃもじでかき混ぜても米粒がつぶれにくいのも特徴。食べてみても、粒が立っており、口当たりもおいしい。甘みは、圧力IH炊飯器で炊いたごはんより控えめかもしれませんが、かむと甘みが広がり、筆者はこのくらいで十分です。比較的さっぱりとした味わいなので食べやすく、おかずと一緒に食べるのにもちょうどいい印象

「保水膜」で米粒がしっかりコーティングされているので、しゃもじでかき混ぜても米粒がつぶれにくいのも特徴。食べてみても、粒が立っており、口当たりもおいしい。甘みは、圧力IH炊飯器で炊いたごはんより控えめかもしれませんが、かむと甘みが広がり、筆者はこのくらいで十分です。比較的さっぱりとした味わいなので食べやすく、おかずと一緒に食べるのにもちょうどいい印象

「保水膜」でおおわれた状態で炊き上がるNJ-AWB10は、冷めてもみずみずしい! 米粒がつぶれにくいので、おにぎりにも最適。粒感があっておいしいです

「保水膜」でおおわれた状態で炊き上がるNJ-AWB10は、冷めてもみずみずしい! 米粒がつぶれにくいので、おにぎりにも最適。粒感があっておいしいです

また、冷凍保存しても粒感は健在。電子レンジで解凍・温めを行うと、ごはんがベチャっとなることが多いのですが、NJ-AWB10で炊いたごはんは粒感が残っていました。

ひと晩、冷凍室に入れておいたごはんを電子レンジで解凍・温めをしても粒立っています。冷凍保存する前よりは若干粘りが出たような気もしますが、米粒がくっついてしまったり、乾燥してパサつく部分もなく、どこを食べても均一な印象

ひと晩、冷凍室に入れておいたごはんを電子レンジで解凍・温めをしても粒立っています。冷凍保存する前よりは若干粘りが出たような気もしますが、米粒がくっついてしまったり、乾燥してパサつく部分もなく、どこを食べても均一な印象

さらに、NJ-AWB10には「まとめ炊き(冷凍用)モード」が新たに搭載されました。このモードは、通常の炊き方よりもじっくり吸水させ、炊き上げ時の温度上昇をゆるやかにすることで甘さを引き出す炊飯プログラムになっているのだそう。いったん冷凍して解凍・温めを行った時に、通常の炊き方で炊いた時と同じ粒感とおいしさになるといいます。

白米「ふつう」で炊くよりも浸水工程の時間を長くし、炊き上げ時の温度上昇もゆるやかに設定されているからか、3合を炊くのにかかる炊飯時間は、白米「ふつう」よりも6分長くかかるようです

白米「ふつう」で炊くよりも浸水工程の時間を長くし、炊き上げ時の温度上昇もゆるやかに設定されているからか、3合を炊くのにかかる炊飯時間は、白米「ふつう」よりも6分長くかかるようです

炊き上がったごはんは、白米「ふつう」で炊くよりも若干やわらかめになるとメーカーの担当者に聞いていましたが、気になるほどではありませんでした。ちゃんと粒感もあり、まとめ炊き(冷凍用)モードで炊いたごはんでも十分おいいしい!

炊き上がったごはんは、白米「ふつう」で炊くよりも若干やわらかめになるとメーカーの担当者に聞いていましたが、気になるほどではありませんでした。ちゃんと粒感もあり、まとめ炊き(冷凍用)モードで炊いたごはんでも十分おいいしい!

念のため、ひと晩、冷凍室に入れておき、電子レンジで解凍・温めをしてみましたが、白米「ふつう」で炊いたごはんを冷凍保存したものと大きな違いは……、正直なところ、わかりませんでした。ひと晩くらいの冷凍保存では、差はそれほど出ないのかも!?

念のため、ひと晩、冷凍室に入れておき、電子レンジで解凍・温めをしてみましたが、白米「ふつう」で炊いたごはんを冷凍保存したものと大きな違いは……、正直なところ、わかりませんでした。ひと晩くらいの冷凍保存では、差はそれほど出ないのかも!?

今回、検証は筆者の実家で行ったため、ごはんを数日間冷凍保存しての試食はできませんでした。その代わりに、筆者の母が試食してくれたのですが、3日ほど冷凍保存して電子レンジで解凍・温めをしてもどちらもベチャッとせず、粒感があったとのこと。まとめ炊き(冷凍用)モードで炊いたごはんのほうが、粒離れがよりいいような気がするけれど、どちらもベチャっとしないからいいね!と高評価でした。

冷凍して解凍・温めを行っても米同士がべったりくっつかないから、おにぎりにできるのが気に入ったようです。写真の小さいおにぎりは、姪っ子たちが食べる用。姪っ子たちがいつもの倍以上食べていたので「きっとおいしかったんだと思うよ」と報告してくれました

冷凍して解凍・温めを行っても米同士がべったりくっつかないから、おにぎりにできるのが気に入ったようです。写真の小さいおにぎりは、姪っ子たちが食べる用。姪っ子たちがいつもの倍以上食べていたので「きっとおいしかったんだと思うよ」と報告してくれました

まとめ

長粒米モードは一般的な炊飯器には搭載されていないモードなので、比較しようがありませんが、タイ米を炊くのによく使われる早炊きモードより、断然、タイ米らしい炊き上がりでした。お店で食べる食感や香りに近く、不満はまったくありません。炊飯中、タイ米特有の香りが部屋に漂い、小学生の姪っ子たちが「変なニオイがする」とさわいでいましたが、炊き上がったジャスミン米で作ったチャーハンやガパオは気に入ったようで、「もっと食べる!」とおかわりを求められました。あまりにも本格的な炊き上がりだったので、アジア料理にハマっていて家でも作っているという筆者の友人に教えてあげたいと思いましたが、その友人はひとり暮らし。5.5合炊きタイプのNJ-AWB10はちょっと大きい。三菱電機の炊飯器には長粒米モードを搭載した「本炭釜 NJ-VWC10」「備長炭 炭炊釜 NJ-VXC10」「備長炭 炭炊釜 NJ-VVC10」「備長炭 炭炊釜 NJ-VVC18」もラインアップされていますが、これらも5.5合炊き(NJ-VVC18は1升炊き)タイプなので、3.5合炊きタイプにも機能を拡充してほしいです。

とはいえ、長粒米モードはあくまでもサブ機能。普段は、日本米を炊くことがほとんどだと思いますが、その炊き上がりも、もちろんおいしい。なにより、粒感がいいのが最高。圧力IH炊飯器で炊いたごはんよりもっちり感は少なめですが、筆者は粒立ちのある炊き上がりが好きなので、まったく問題なし。普段、あまり白米をたべない姪っ子たちもNJ-AWB10で炊いたごはんは好みだったようで(口当たりや喉ごしがいいので食べやすいのかも?)、いつもよりたくさん食べていました。粒感のあるごはんや硬めの食感のごはんが好きなら、NJ-AWB10は大満足できる炊飯器だと思います。

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る