ニュース

「ごはんとおかず」が同時につくれる炊飯器と「映える」卓上IHホットプレートをレコルトが発表

“ごはん”と“おかず”が同時に作れる「クッキングライスクッカー」と今期いちばん“映え”そうな「卓上IHクッキンググリドル」が、ウィナーズの展開する家電ブランド「レコルト」から発表されました。

もちろんただ「映える」だけじゃありません。新製品の気になるおいしさや使いやすさを新製品発表会で見てきましたのでレポートします。

「クッキングライスクッカー」の本体サイズは199(幅)251(奥行)×191(高さ)mm、重量は約2.1Kg。計量カップはもちろん、しゃもじとミトンが付属で、価格は12,100円

「クッキングライスクッカー」の本体サイズは199(幅)251(奥行)×191(高さ)mm、重量は約2.1Kg。計量カップはもちろん、しゃもじとミトンが付属で、メーカー希望小売価格は12,100円

「卓上IHクッキンググリドル」の卓上IHヒーターの本体サイズは260(幅)260(奥行)×55(高さ)mm、重量は約1.8Kg。カラーはクリームホワイトとグレーの2色展開

「卓上IHクッキンググリドル」の卓上IHヒーターの本体サイズは260(幅)260(奥行)×55(高さ)mm、重量は約1.8Kg。カラーはクリームホワイトとグレーの2色展開

クッキンググリドルプレートの本体サイズは約380(幅)330(奥行)×42(高さ)mm、重量は約1.0Kg。上記の卓上IHヒーターとプレートのセットで価格は19,800円

クッキンググリドルプレートの本体サイズは約380(幅)330(奥行)×42(高さ)mm、重量は約1.0Kg。上記の卓上IHヒーターとプレートのセットで、メーカー希望小売価格は19,800円

時短だけでなく省エネもできる1台2役の炊飯器

まずは10月24日に発売を予定している炊飯器「クッキングライスクッカー」を見ていきます。いちばんの特徴となるのは、なんと言ってもごはんを炊く際の蒸気を利用して、おかずも同時に調理できるところでしょう。

使い方も簡単で食材を入れる専用の「調理トレイ」が付属しており、トレイに食材を入れて内釜の上にセットして炊飯するだけ。ほったらかしたままでも、炊飯時の蒸気を生かして蒸し調理され、一度の調理でごはんとおかずが同時にできあがり、時短だけでなく省エネもできてしまうすぐれものです。

時間差でごはんをたべることが多い、忙しい共働き家庭はもちろん、朝ご飯とは別に「お弁当」用としておかずを準備したいときにも役立ちます。しかもモードを変更することで、“おかず”と“おかず”の2段調理もできるので、主菜と副菜を同時に作れて便利ですし、夜はおかずだけで晩酌するという人にもうれしいポイント。

炊飯はマイコン式を採用しており、最大3合の炊飯が可能。炊飯モードも通常の「白米」のほかに、通常時間より早く炊ける「早炊き」モード、浸水時間を長めに取った「ていねい炊き」モードなどを搭載し、「おやゆ」や「玄米」などにも対応

炊飯はマイコン式を採用しており、最大3合の炊飯が可能。炊飯モードも通常の「白米」のほかに、通常時間より早く炊ける「早炊き」モード、浸水時間を長めに取った「ていねい炊き」モードなどを搭載し、「おやゆ」や「玄米」などにも対応

内釜の上に調理トレイをセットして使用することで、“ごはん”と“おかず”の同時調理が可能で、「白米」「早炊き」「ていねい炊き」などで2段調理が可能です。もちろんご飯だけの調理もOK

内釜の上に調理トレイをセットして使用することで、“ごはん”と“おかず”の同時調理が可能で、「白米」「早炊き」「ていねい炊き」などで2段調理が可能です。もちろんご飯だけの調理もOK

付属のレシピブックにはさまざまなメニューが紹介されており、ごはんに合わせたおかずはもちろん、「おかずとおかず」の調理レシピも複数収録

付属のレシピブックにはさまざまなメニューが紹介されており、ごはんに合わせたおかずはもちろん、「おかずとおかず」の調理レシピも複数収録

内側のふたや蒸気口もロックレバーを解除すれば、簡単に取り外すことができ、分解してしっかり水洗いできるので、お手入れも安心

内側のふたや蒸気口もロックレバーを解除すれば、簡単に取り外すことができ、分解してしっかり水洗いできるので、お手入れも安心

コンパクトな内釜でもしっかりごはんをよそえるようにデザインされた立つしゃもじと、加熱された調理トレイをしっかり掴めるシリコンミトン

コンパクトな内釜でもしっかりごはんをよそえるようにデザインされた立つしゃもじと、加熱された調理トレイをしっかり掴めるシリコンミトン

“映える”“おいしい”“使いやすい”が全部入り!

続いては11月10日に発売を予定しているIH調理器「卓上IHクッキンググリドル」を見ていきましょう。こちらもスタイリッシュなデザインで、円形の卓上IHヒーターと専用プレートの「クッキンググリドルプレート」がセットになった製品です。

円形のスタイリッシュなデザインに目が行きがちな卓上IHヒーターですが、「加熱調理」以外に50〜90度まで温度調節が可能な「低温調理」や最大230度まで調節できる「揚げ調理」など、複数の調理機能を搭載しています。

専用プレートは、韓国で「グリドルパン」「マルチグリドル」などと呼ばれる鉄板をもとにデザインしており、日本でもアウトドアなどで使われることが多い調理器具です。円形で中心に向かって少し深くなっているので、汁気の多いメニューの調理もバッチリ。脂の多いお肉を焼くときも中央のくぼみに余分な脂が流れていきます。

チーズフォンデュやアヒージョやガレットなど、思わず作りたくなる「映えて」おいしいメニューが複数収録されたレシピブックが付属するので、普段使いはもちろん、気分を上げたい日にもうってつけです。

専用プレートの表面はフッ素樹脂で加工され、食材の汚れも落ちやすく、お手入れもしやすそう

専用プレートの表面はフッ素樹脂で加工され、食材の汚れも落ちやすく、お手入れもしやすそう

クッキンググリドルプレートの背面には、卓上IHヒーターとのズレを防止する“ツメ”が設けられているので、滑りづらく安心して調理できるところもポイント

クッキンググリドルプレートの背面には、卓上IHヒーターとのズレを防止する“ツメ”が設けられているので、滑りづらく安心して調理できるところもポイント

卓上IHヒーターを縦置きできる専用スタンドがあるので、場所を取らずにすっきり収納できます

卓上IHヒーターを縦置きできる専用スタンドがあるので、場所を取らずにすっきり収納できます

卓上IHヒーターを操作するタッチパネルは本体下部に出し入れが可能な仕組みで、スマートなデザイン

卓上IHヒーターを操作するタッチパネルは本体下部に出し入れが可能な仕組みで、スマートなデザイン

オプションで「IH対応鍋」も登場。本体サイズは270(幅)235(奥行)×115(高さ)mm、重量は約870g。クリームホワイトとグレーの2色展開で、メーカー希望小売価格は3,600円

オプションで「IH対応鍋」も登場。本体サイズは270(幅)235(奥行)×115(高さ)mm、重量は約870g。クリームホワイトとグレーの2色展開で、メーカー希望小売価格は3,600円

パーティーがさらに盛り上がる注目の新製品も!

さらに発表会で実演はなかったものの、注目の新製品として登場していたのがこの「パーティークッカー」。一見鍋のような形ですが、こちらも上下2段で調理ができる卓上調理器です。上部に付属の「グリルプレート」や「タコヤキプレート」をセットすることで、焼き調理や蒸し調理ができるだけでなく、本体側面に「ミニパン」を入れられる空間があり、ソースやトッピング具材のあたためができます。

新製品はどれも「映える」だけじゃなく「おいしさ」も追求して、さまざまな調理ができるものばかりなので、料理の幅を広げたい人はもちろん、みんなとごはんを楽しみたい人も、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

北島圭介(編集部)

北島圭介(編集部)

家電製品から文房具など、さまざまな商品を検証するモノ雑誌の編集経験を活かして、今日も気になる製品をレビューします。

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る