レビュー
パタパタあおがなくても送風できる電動うちわが意外に便利

どこにでも持ち運べる扇風機!? 「モバイルうちわ」って涼しいの?

夏、本番! 部屋の中は冷房が効いているけれど、外は暑いですよね。そんな時に重宝するうちわや扇子ですが、あおがないと涼めません。継続してパタパタと動かすのって、けっこう疲れる……と思っていたところに、“あおがないうちわ”「モバイルうちわ 9ZF011RH03」(以下、モバイルうちわ)を発見! どのぐらい涼めるのかを調査してみました。

構造をチェック!

「モバイルうちわ」は、簡単に言うと携帯できる扇風機。乾電池で動くので、いつでもどこでも使えます。ファンが回るだけの単純な作りのように思われるかもしれませんが、送風の構造に工夫あり! 薄型ボディながら2種類のファンを搭載することで、直進性のある風を生み出すそう。つまり、小さくてもパワフルな風が作れるのです。

単3形アルカリ電池3本で駆動し、最大5時間以上の連続運転できるそう(購入時、電池3本同梱)。サイズは135(幅)×247.5(高さ)×28(奥行)mmで、重量は180g(電池含め)

うちわと比べると半分ぐらいのサイズでしょうか

うちわと比べると半分ぐらいのサイズでしょうか

コンパクトなので、バッグに常時入れておいてもじゃまになりません

コンパクトなので、バッグに常時入れておいてもじゃまになりません

紐を通せるようになっており、モバイルうちわ単体での持ち歩きもラクラク

一般的な卓上タイプのUSB扇風機と比較すると、高さはありますが奥行はスリム

一般的な卓上タイプのUSB扇風機と比較すると、高さはありますが奥行はスリム

自立はしませんが、缶などに差し込めば手で持たなくても涼めます

自立はしませんが、缶などに差し込めば手で持たなくても涼めます

電源を入れるON/OFFしかスイッチはなく、風量や風向は調整できません

電源を入れるON/OFFしかスイッチはなく、風量や風向は調整できません

後側にあるファン(2)で空気を集めて、前側の細めのファン(1)で風をより集約して放出。この構造により、風がまっすぐ送られるそう

どのぐらいの風が放出されるのかをチェックしてみましょう。下の動画のように、30cmの距離にあるビニールテープは勢いよく揺れました。風自体は3m近くでも届きますが、涼しいと感じるのは1mちょっとぐらいまでのような気がします。しかし、室内で使うには少々音が響くような……。騒音は約40dBなので図書館レベルということですが、少々高音が耳につく感じです。

小型なわりに風速90m/分という風が放出されますが、非常に風はなめらか。顔の前に設置しても、不快感や息苦しさはありません。風にムラのある扇風機の場合、送風部分の前で発声すると声が震えますが、モバイルうちわではそのような現象は起こらず

外で涼んでみよう!

室内で使った際には十分涼しさを得られましたが、太陽が照りつける屋外でも役立つのでしょうか。モバイルうちわを持って公園に行ってみました。

炎天下で風がない時には、送風できることがものすごくありがたい! でも、日差しの強さには勝てないので、なるべく日陰に入るようにしましょう

髪の毛が長いとうなじに汗がびっしょり。あおぐ必要がないので、うなじや背中にもぶつからず容易に送風できます

意外と胸や腹部にも汗は流れるもの。直進性が高いので、狭いすき間からも風を届けられました

意外と胸や腹部にも汗は流れるもの。直進性が高いので、狭いすき間からも風を届けられました

そして、汗が出やすい脇にもサッと送風! さりげなく乾燥させることができます

そして、汗が出やすい脇にもサッと送風! さりげなく乾燥させることができます

スカートは通気性がよく思われますが、けっこう熱がこもります。女性ならやったことがあるであろうスカートの中に送風することも、モバイルうちわだとスマート!

まとめ

室内で電源をONにした時には少々耳につく音が気になりましたが、屋外ではまったく気にならず。部屋の中でも、テレビがついていたり会話しているような、いわゆる生活空間ではさほど運転音は気にならないと思います。なにより素晴らしいのは、風の質。パタパタとあおがないので手が疲れないだけでなく、風にムラがありません。2種類のファンの効果か、とにかくやさしい風なのです。風量は一定ですが、風がなめらかなので長時間当たっていても不快感ゼロ。かなり心地よく涼めます。列ができるようなテーマパークやスポーツ観戦、お祭りなどに持っていけば非常に役立つでしょう。また、何かを焼いて煙たい時や酢飯を冷ましたりする際にうちわでパタパタしているなら、モバイルうちわを使うとラクかも。見た目の印象よりも快適度は高いので、外に出る機会が多い人ならバッグに1台入れておいてもよさそう!

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
季節家電のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る