レビュー
使える?旅行やアウトドアにも持っていける手のひらサイズの洗濯機

洗濯王子が「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」の実力をガチ検証!

こんにちは、洗濯家の中村祐一です。この夏、海外旅行やキャンプに出かける方は多いと思いますが、みなさんは長期の旅行中やキャンプの時、汚れた衣類はどうしていますか? 手洗いもいいですが、何日も続くと大変ですよね。そこで今回は、軽量かつコンパクトで旅行にも持っていける、サンコー「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を試してみることに。手のひらサイズの製品ですが、本当に汚れを落としてくれるのでしょうか? 検証してみましょう!

電源と水を溜める場所さえあれば、どこでも使える

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」はその名の通り、USB接続することで使える「ポータブル洗濯機」です。USB接続すると本体が振動し、洗濯桶や洗面器など水を溜めたところに洗剤と一緒に入れて30分置いておくだけで、その振動によって汚れを落としてくれるというものです。

本体サイズは60(幅)×40(高さ)×80(奥行き)mm。重量は342gなので、350mlのペットボトル飲料1本分といったところ。旅行かばんに入れてもそんなにじゃまにならないでしょう

USBケーブルの長さは185cmです。このコネクターの形状、どことなくアップル製品のものに似ているような……(笑)。今回は、iPhoneの電源アダプターにつなげて使ってみることにしました

USB接続の電源アダプターにつなげてコンセントに挿して使うほか、モバイルバッテリーでも使用できるので、アウトドアシーンでも問題ありません

どのくらい汚れが落ちるかテストしてみました

それでは、「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」の実力を検証していきましょう。同じように汚れをつけたTシャツを用意し、「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を使ったものと、「洗剤のみでつけ置き」をしたもので比べてみました。汚れ落ちにはどれほど差が出るのでしょうか?

上段左から、醤油、口紅、ファンデーション。下段左から、ラー油、泥、赤ワイン。それぞれ同じ量を塗りつけました

洗濯桶に水を5L入れ、規定量の液体洗剤を溶かします

洗濯桶に水を5L入れ、規定量の液体洗剤を溶かします

「洗剤のみでつけ置き」は、汚れをつけたTシャツをそのままひたします

「洗剤のみでつけ置き」は、汚れをつけたTシャツをそのままひたします

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」は、汚れの部分がよく振動するようにTシャツで包みます

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」は、汚れの部分がよく振動するようにTシャツで包みます

Tシャツと本体が外れないように、そのまま洗剤を溶かした水に入れます

Tシャツと本体が外れないように、そのまま洗剤を溶かした水に入れます

両方洗濯桶に浸ったところで、30分タイマースタート! このまま30分間待ちます

両方洗濯桶に浸ったところで、30分タイマースタート! このまま30分間待ちます

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」が運転中の様子は、下の動画で確認できます。スイッチはないので、ケーブルをUSB電源に挿すだけで振動し始めます。音は意外と大きいので、テレビを見たり、会話をしている場所からは離れた所で使用したほうがよさそう。

30分後の結果は!?

30分経ったところで、Tシャツを取り出して軽く手で絞り、広げてみると……。ん〜……どちらかと言うと、「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」なしで普通に浸け置き洗いしたほうが汚れが落ちているような気がします。

左が「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を入れたもの、右が「洗剤のみでつけ置き」したもの

左が「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を入れたもの、右が「洗剤のみでつけ置き」したもの

この後、両方一緒に洗濯機ですすぎを1回、そして脱水をして広げてみましたが、やはり、普通に浸け置き洗いしたほうが、汚れが落ちているように見えます。

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」使用

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」使用

「洗剤のみでつけ置き」

「洗剤のみでつけ置き」

洗剤の代わりに「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」の「振動」を利用してみる使い方はどうか

先ほどの検証では「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」の効果を感じることができなかったので、今度は洗剤を使用せずに洗濯してみましょう。洗剤を使わなければ、すすぎが必要なくなりますからね。すすぎがいらないとなれば、汚れ落ち以外のメリットを見出せます。ということで、洗剤なしでもう一度試してみました。汚れのつけ方は先ほどと同様です。

汚れの種類は先ほどと同じ。上段左から、醤油、口紅、ファンデーション。下段左から、ラー油、泥、赤ワイン

汚れの種類は先ほどと同じ。上段左から、醤油、口紅、ファンデーション。下段左から、ラー油、泥、赤ワイン

先ほどと同様の要領で、それぞれ5Lの水にTシャツを浸け30分放置しました。やはり、ほとんど差がないように見えます。

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を入れたほう

「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を入れたほう

何も入れずに浸けたほう

何も入れずに浸けたほう

「ポータブル洗濯機」という発想は素晴らしいけれど……

今回の検証では、「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」の汚れを落とす能力を確認することができませんでした。「ポータブル洗濯機」は、洗濯機がない時に洗濯機で洗ったかのような洗浄力を手軽に持ち運べるためのものであってほしいわけですが、現時点では本機を使うシチュエーションが見出せません。実験結果どおりの効果しかないのであれば、洗剤を入れて浸け置きで十分ですし(むしろそのほうが落ちた印象……)、洗剤を使わずに、その代わりとして「振動」を利用するという使い方であっても、水のみで浸け置くのと大差がないように感じてしまいました。

今回の実験は、あくまで簡易的なものなので、キチンとした汚染布を用いた詳細な試験であれば、「どこでもUSB洗濯機 ウォッシュブル」を使ったほうが優位になるのかもしれません。ですので、もし、そういった洗浄力の試験データなどがあれば、ホームページなどに掲載していただいたほうがいいのでは?と思いました。

ただ、「ポータブル洗濯機」という発想自体は素晴らしいと思いますので、さらに改良を加えていただいて、誰が見ても「おー!」と驚くような洗濯機になることを期待しています!

【関連リンク】
《2018年》おすすめのドラム式洗濯乾燥機、縦型洗濯機7選! 本当の狙い目はこれ

中村祐一

中村祐一

国家資格のクリーニング師で、洗濯アドバイザー。“洗濯王子”の愛称で呼ばれ、テレビや雑誌などの各種メディアでも活躍中。自身のホームページでも、洗濯に関する相談などを受け付けている。

関連記事
ページトップへ戻る