ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

ゴルフ始めよう! 初心者におすすめの「クラブセット」はコレだ

クラブセットはゴルフの"スターターキット"

ゴルフの楽しさ伝道師・小倉です。ゴルフを始めるうえでの高いハードルのひとつが、そろえるものが多いこと。特にクラブに関しては、やれウッドだのアイアンだのパターだの……何をどれだけそろえればいいのよ!? いくらかかんのよ!? なんて思っている方も多いことでしょう。

ですがご安心ください! クラブメーカーさんもゴルフというスポーツを多くの人に楽しんでもらいたくて、初心者にも使いやすい魅力的な商品をちゃんと用意しています。それがスターターキット的な役割を果たす「クラブセット」です。今回は、ゴルフギアブランドとして人気の高いキャロウェイの「WARBIRD」という製品を例に、クラブセットというものはどんなものなのかをご説明していきましょう。

これがクラブセット一式です。スターターキット的な役割とはいえ、内容は充実しています

これがクラブセット一式です。スターターキット的な役割とはいえ、内容は充実しています

必要なだけのクラブとバッグがセットになっている

クラブセットをひと言でいえば「必要なクラブとそれを入れるバッグ(キャディバッグ)がセットになった商品」です。ゴルフでは、アイアン(後述)を除くほとんどのクラブを単品で買うのに対して、クラブセットにはそれら必要なクラブがほとんど入っています。ですので、クラブをそろえる手間も省けるのがメリットのひとつです。

クラブセットは、だいたい10本程度のゴルフクラブとそれを入れるバッグ(キャディバッグ)がセットになった商品です。各社から発売されていますが、安いもので4万円台、高いものだと10万円を超えるものもあります。しかし、単品クラブが1本で6万〜8万円、もしくはそれ以上の値段がすることを考えると(ドライバーの場合)、クラブセットは価格面で非常にお得であるといえます。

クラブを入れるバッグを「キャディバッグ」と呼びます。クラブを入れた状態で垂直に立つタイプと、バッグを倒すと足が出てきて斜めに自立するタイプの2種類があります。このバッグは垂直に立つタイプですね

この「WARBIRD」には10本のクラブがセットになっています。ゴルフのルールでは14本まで使用することが許されていますが、初心者の頃は、クラブが多いとかえって迷ってしまうので、最初は10本で十分です

クラブは「最大14本」まで使用可
目的や好みでセットを組んでいく

ゴルフではルールでクラブの本数を「14本」まで使えることになっています。ゴルフは狙った距離を打ってボールを穴(カップ、もしくはホールと呼ばれる。以下カップと呼ぶ)に入れるゲームなので、14本のクラブはすべて飛距離が異なっています。中にはクラブの種類は違えど、打てる距離が同じようなクラブも存在します。どちらにするかはゴルファーが自分のスイングや好みで選択するのです。

一般的に使われるクラブ一覧と目安の飛距離

一般的に使われるクラブとその目安の飛距離をまとめてみました。ゴルファーの体力やスイングによってこの飛距離は変わりますが、これは成人男性の平均的な体力でクラブを振ったくらいのスピード(クラブを振るスピードのことをヘッドスピードと呼び、HSと略称します)、毎秒42メートルくらいで打ったときのおおよその目安です。クラブについての記載内容は以下のとおりです。

カテゴリー:カテゴリー名/略称
特徴
カテゴリーに属するクラブ一覧:目安飛距離
________________
カテゴリー:ウッド/「W」
特徴:平たく大きなヘッドを持ち、飛距離を出しやすい
・ドライバー(1W) 240ヤード
・3W 220ヤード
・4W 210ヤード
・5W 200ヤード
・7W 190ヤード
・9W 180ヤード
________________
カテゴリー:ユーティリティー/「UないしUT」
特徴:上記ウッドと下記アイアンをかけ合わせたようなクラブ。そのため「ハイブリッド」とも呼ばれる
・2UT 200ヤード
・3UT 190ヤード
・4UT 180ヤード
・5UT 170ヤード
・6UT 160ヤード
________________
カテゴリー:アイアン/「I」
特徴:平たいヘッドを持ち、飛距離よりコントロール性能を重視
・2I 195ヤード
・3I 185ヤード
・4I 175ヤード
・5I 165ヤード
・6I 155ヤード
・7I 145ヤード
・8I 135ヤード
・9I 125ヤード
________________

カテゴリー:ウェッジ/「W」
特徴:短い距離を正確に打てるクラブ
・PW 110ヤード
・AW 90ヤード
・SW 60ヤード
________________
カテゴリー:パター −/「PないしPT」
特徴:ボールを転がしてカップに入れるためのクラブ
・PT −
※ヤードはゴルフで使われる長さの単位で、1ヤードは約0.9メートル

ゴルフクラブには大きく分けて5つのカテゴリーがあります。「ウッド」「ユーティリティー」「アイアン」「ウェッジ」「パター」です。それぞれ略称は「W」「UないしUT」「I」「W」「PないしPT」と表記されます。アルファベットの前の数字は「番手」と呼ばれ、数字が小さくなるほど飛距離が出ます。ウッドでいえば、3Wと5Wでは3Wのほうが遠くに飛ばせるのです。ウェッジは「PW」「AW」「SW」など独特の表記をします。

クラブセットには「いいとこどり」の
クラブが"10本程度"入っている

上記のように数多くあるクラブの中から、「クラブセット」の中身は初心者の役に立つ十数本が選ばれています。クラブには初心者には使いにくい番手もありますが、そういうものはクラブセットには入っていないのでご安心くださいね。



<クラブ紹介-1:ドライバー>

各ホールの1打目に使用
もっとも遠くへ飛ばせるクラブ

「WARBIRD」に入っているクラブを紹介します。これは「ドライバー」と呼ばれるクラブです

「WARBIRD」に入っているクラブを紹介します。これは「ドライバー」と呼ばれるクラブです

まずは、一番飛距離の出るクラブからご説明しましょう。「ドライバー」です。ゴルフをやらなくてもなんとなく耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? スープなどをすくうオタマのような形状にボールを打つフェースと呼ばれる面が付いており、「DR」「DW」「1W」などの略称でも呼ばれます。コースでは主にティーグラウンドという整地されたエリアから、地面に刺したティーというグッズに乗せたボールを、地面から少し浮かせた状態で打つために使用するクラブです。

主に各ホールの1打目で使用しますが、必ずしもドライバーを使わなければならないわけではありません。逆に、ドライバーでは飛びすぎてしまう距離のホールもあります。

ピンク色のグッズがティー。これにボールを乗せて浮かせ、ドライバーで打ちます

ピンク色のグッズがティー。これにボールを乗せて浮かせ、ドライバーで打ちます

ちなみに表記の「W」はWoodつまり「木」という意味です。昔は今のような金属ではなく、硬い柿の木などを削ってクラブを作っていました。その名残で今でも「ウッド」と呼ばれます。

ドライバーを構えたときの見た目です

ドライバーを構えたときの見た目です

ドライバーは、フルスイングするクラブの中では一番長く、ヘッド(シャフトの先に付いている、ボールを打つ部分)は大きく作られています。クラブはフェース(ボールが当たる部分)の真ん中あたりにある重心の中心、つまり“芯”で打つと飛距離が出やすいように設計されています。しかし、クラブが長くなればなるほどクラブのスピードが上がってコントロールしにくくなり、芯で打つのが難しくなっていきます。だから少々芯を外しても飛距離が出るようにヘッドを大きく作っているのです。



<クラブ紹介-2:フェアウェイウッド>

2打目以降で距離を出したいときに使う
底が滑りやすく芝の上から打ちやすい

「WARBIRD」に入っている2本のウッドのうちの1本、5Wです

「WARBIRD」に入っている2本のウッドのうちの1本、5Wです

ドライバーと同じカテゴリー「ウッド」に属するクラブです。ドライバーとの違いは、芝から打つことを前提に設計されていること。芝の抵抗を減らすため、形状はドライバーとそっくりですが、よりヘッドが小さくボールも上がりやすい工夫がなされています。
ドライバー(1W)以外のウッドには、「FW(フェアウェイウッドの略)」という別の呼称があります。ゴルフコースで芝が短く刈られた場所をフェアウェイと呼び、そこから打つウッドなので、フェアウェイウッドと呼ばれています。

上記の表のようにFWにはいくつかの番手があり、ヘッドに書いてある数字が大きくなるにつれクラブが短くなり、ボールが上がりやすく飛距離が出なくなるように作られています。「ドライバーより飛距離は出ないが地面からでも球が上がりやすく、比較的飛ぶクラブ」といったポジションです。2打目以降に使い、目的であるカップまでボールをできるだけ近付けるためのクラブです。

「WARBIRD」には5Wが入っています。3Wは初心者が使いこなすには難しいので、まずはこの5Wで練習するといいでしょう。



<クラブ紹介-3:アイアン>

狙った距離と方向を"正確に"打つクラブ
セットの本数の半分近くを占める

鉄やステンレスで作られたクラブが「アイアン」です

鉄やステンレスで作られたクラブが「アイアン」です

これはアイアンと呼ばれるクラブです。ウッドと違い、オタマのような奥行きがありません。なぜならウッドとアイアンでは役割が異なるからです。ウッド類は、飛距離を出したいクラブなのでボールの高さを出したり、多少ミスをしても曲がりにくくしたりするためにあのような形をしていますが、アイアンはそれほど飛距離を必要としません。むしろ飛距離よりも、狙った距離と方向を"正確に打てるように"設計されています。言い換えれば、アイアンはできるだけ遠くに飛ばすことを目的としたクラブではありません。きちんと飛距離を打ち分けることがいいスコアを出すポイントになるため、アイアンはクラブセットの半分近くの本数を占めています。

アイアンは、より細かい距離の打ち分けを同じ力加減のスイングでできるように本数が多く用意されています。そのほうが、1本のクラブで様々な距離を打ち分けるよりも簡単だからです

ウッド同様ヘッドには数字が表記されており、数字が大きいほどボールが上がりやすく距離が出ないように設計されています。近年の一般的なアイアンは#5(5番)からセットになっていて、この「WARBIRD」も#5(5番)から入っています。まったく不足はないでしょう

アイアンは複数本のセットになっており、この「WARBIRD」も5番から9番まで、5本のアイアンが入っています。

アイアンはゴルフの目的であるカップに近付けるためのクラブです。複数本のアイアンを使い分けて、カップまでの距離を打ち分けるのです。



<クラブ紹介-4:ウェッジ>

アイアンよりも短い距離を打つクラブ
サンドウェッジはバンカーからの脱出に使う

アイアンとは異なり、アルファベットが書かれているのが「ウェッジ」です

アイアンとは異なり、アルファベットが書かれているのが「ウェッジ」です

アイアンとほぼ同じ形状ですが、少し用途が違うのがウェッジです。「ウェッジ」とは「くさび」のことで、形状が似ていることからそう呼ばれています。目標を正確に狙うように設計されているのはアイアンと同じですが、より短い距離からの打ちやすさを追求し、ボールの状況が悪くても(芝が薄かったり、逆に芝が伸びていたりする場所などからでも)打ちやすくなっています。カップのあるグリーン(芝が非常に短く刈られた場所)の周囲から、ボールをカップに寄せるのが主な用途です。

ヘッドには数字ではなく「P」や「S」などのアルファベットが記載されており、「PW」(ピッチングウェッジ)「SW」(サンドウェッジ)と表記します。「PW」のピッチングとはピッチショット(ボールを高く打ち出し転がりを抑えてグリーンを狙うショット)に適したクラブとしてこういった名前が付いています。「SW」のサンドは文字どおり砂のある場所、バンカーからの脱出等に適した設計がなされています。



<クラブ紹介-5:パター>

グリーンに乗ったボールを転がして
カップインさせるためのクラブ

今までのクラブと構造がまったく異なるクラブが「パター」です

今までのクラブと構造がまったく異なるクラブが「パター」です

パターは、目標であるカップの周りのグリーンやその付近で主に使うクラブです。ボールを空中に飛ばすほかのクラブと違い、ボールを正確に転がすことを目的に設計されています。ボールをカップインさせるには、距離と方向のどちらがズレてもいけないので、いい結果を出すにはとても重要なクラブです。



<シャフトについて>

クラブの"棒状"の部分のこと
素材や硬さで特性が異なる

矢印で示した棒状の部分が「シャフト」です

矢印で示した棒状の部分が「シャフト」です

ゴルフクラブの棒状の部分を「シャフト」と呼びます。ゴルファーがクラブを持ってスイングするとシャフトがしなり、しなったシャフトが戻ることによってクラブヘッドに勢いが付くのです。シャフトが長いほどクラブのヘッドには強い遠心力がかかって加速し、ボールを遠くに飛ばせるエネルギーが生まれます。

同じクラブでも、素材と硬さによって異なるシャフトがいくつか用意されていることがほとんどで、ゴルフクラブを買う際にはシャフトのチェックが重要になります。それはクラブセットも同様です。
シャフトの素材は大きく2つ、カーボンとスチール(鉄)があります。カーボンは軽く作りやすく、しなるポイントを細かく設計できるのが特徴です。スチールシャフトは重く作りやすくしっかりした振り心地になりやすいのが特徴で、主にアイアンやウェッジ、パターに採用されています。

シャフトにはフレックス(硬さ)の表記があります

シャフトにはフレックス(硬さ)の表記があります

カーボン、スチールともシャフトにはフレックスという“しなり量”を示す基準があります。一般的な男性モデルだとおおむね4段階に分かれています。

「R」(レギュラー−標準の硬さ)
「SR」(SとRの間)
「S」(スティッフ−硬い)
「X」(エクストラスティッフ−非常に硬い)

シャフトが硬いということは、しなる量が少ないということです。逆に軟らかいシャフトは硬いシャフトよりも大きくしなります。一般的に、硬いシャフトはクラブを速く振れる体力のある人に、軟らかいシャフトはそれほど力のない人や、ゆったりとしたスイングの人に向いています。

紹介している「WARBIRD」にはシャフトが「S」のセットと「R」のセット、2種類が用意されます。SはRよりしっかりした(しなりにくい)特性で、アイアンにはスチールシャフトが装着されています。対してRはしなる量がSに比べて大きく、アイアンには軽いカーボンシャフトが付いています。 20~30代の一般的な男性であれば体力もあるので、しっかりした振り心地の「S」でちょうどよいでしょう。逆に体力にそれほど自信がないとか、一般的な女性の場合は「R」でいいと思います。

*******************************************

その他おすすめのクラブセット

■ナイキ スリングショット■

当てやすさを重視した460ccの大型ヘッドを持ち、45インチというやや短めのドライバーに、FW1本と、ウッドとアイアンのいいとこ取りをした「ユーティリティー」を1本セットに追加したクラブセット。より長く使えるセッティングを採用したモデルです

■クリーブランド BOX SET■

クラブ全体を現代の平均的長さよりも短く設定し、飛距離よりもボールを芯で打つことを重視したモデルです。クラブの本数は11本と十分で、このままコースに行っても十分使える実戦的なセットだといえます。

*******************************************

今回ご紹介したクラブセットは練習場からコースまで、すべてのゴルフシーンで使うことができます。ですがあくまで“入門用”ですので、あなたのスキルが上がると物足りなくなってくるでしょう。“外に出るための道具”と割り切っておいたほうがいいかもしれませんね。

本格的にゴルフを続けるのであれば「まずはドライバーから買い替える」など、単品クラブをそろえていくことになると思います。クラブを中心とした用具にこだわるのもゴルフの楽しみのひとつです。これも非常に楽しい世界ですよ!

撮影協力:ユニオンゴルフクラブ
http://union-golfclub.com/

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る