“走る”フリーライターが、履いて、走って、確かめた!

プーマの新作「Speed IGNITE NETFIT」は、シューレースの結び方が無限大!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いろんなシューズを試したものの、なかなか自分の足に合うものが見つからない」。そんな悩みをお持ちのランナーは多いはず。私もこれまで、さまざまなランニングシューズを履いてきました。しかしその悩み、シューズを変える以外に解決策があるかもしれません。それを提案してくれるのが、今回ご紹介するプーマ「Speed IGNITE NETFIT(スピード イグナイト ネットフィット)」。通常は縦一列に配置されるシューレースホール(シューレースを通す穴)が、なんとシューズ全体に配置されています! その特徴や期待できる効果について、くわしくお伝えしましょう。

シューズ全体がシューレースホールという斬新なデザイン

シューズ全体がシューレースホールという斬新なデザイン。シューレースは、色の異なる2本が付属する(本体カラーによって、シューレースの色は異なる)

高いフィット感を生み出す2つの要素

足の形状は、人によって異なります。たとえば私はやや横広で、足指の間が開いているため、特につま先の狭い靴は窮屈に感じることも。また、足底もやや厚くなっています。そう聞いて「自分も似ている」という人がいれば、いっぽうで「全然違う」という人もいるはず。また、生まれながらの身体つきだけでなく、日々の生活やランニング時の走り方などからも、足はその形を変化させるのです。

シューズを脱いでみると、足の形は誰もが違っていることに気付きます

シューズを脱いでみると、足の形は誰もが違っていることに気付きます

そうなると、同じシューズを履いても人によってフィット感が違うのは当然。そしてフィット感を大きく左右するのが、“シューレースの結び方”です。この「Speed IGNITE NETFIT」はその点に着目し、シューレースによるフィット感向上にたけたシューズ。なぜなら、通常なら足の甲部分のみに一列で設けられたシューレース用の穴が、なんと足側部を含めたシューズの側面全体にあるのです。どこにでも自由自在にシューレースを通せるため、自分の足に応じて最適なフィッティングが行えるというわけ。

どこにシューレースを通すかは自分次第!フィット感が大きく変化します

どこにシューレースを通すかは自分次第!フィット感が大きく変化します

そもそも、シューズがうまくフィットしないと走り心地が悪く、ランニング時のパフォーマンス低下につながることさえあります。たとえばゆるいと足がシューズの中で動いてしまい、着地が不安定になるほか、マメなどの原因になりかねません。逆にキツイと圧迫による痛みや、血流の悪化を招くこともあるのです。

そしてもうひとつ、注目したいのが素材。シューズには伸縮性の高い素材が採用されており、特に足首部分はピッタリとくっつく感覚です。ここは、シューレースだけでカバーできない部分。素材の選択もまた、フィット感アップに貢献しています。

伸縮性のある素材もフィット感の向上につながっている

伸縮性のある素材もフィット感の向上につながっている

私は中学陸上部での指導やランニングのパーソナルレッスンも行っていますが、いつも最初に行うのがシューズチェック。シューズを軽く動かして、ちゃんと足にフィットしているかを確かめます。それくらい、シューズのフィッティングは重要なのです。試しにいつも通りシューズを履いて、そのシューズを前後・左右・上下に動かしてみてください。シューズの中で足が浮いたり、足首がカパカパと動いたりする方は多いはずです。

トレーニングやコースに応じて結び方をカスタマイズ

何度でもさまざまなパターンでシューレースを結び変えられる「Speed IGNITE NETFIT」。トレーニングメニューや走る場所などによって、結び方をカスタマイズすることも可能です。

たとえば足元の不安定な場所などでは、プロネーション(足の外側から着地して内側に倒れ込むような動作)が起きて痛み・ケガが起こりやすくなります。そこで、内側をやや下方から巻き込むように結べば、このプロネーションを抑止する効果が期待できるといった具合です。

内側だけやや下方の穴にシューレースを通します

内側だけやや下方の穴にシューレースを通します

あるいは、ペースを上げたインターバル走などでは、かかと部分をサポートするようシューレースを結ぶと安定感が増すようです。こうすると、シューズがスピードに合わせて足にしっかりついてきてくれる感覚があります。

通常の結び方から、かかと付近のみ左右とも下方の穴にシューレースを通します

通常の結び方から、かかと付近のみ左右とも下方の穴にシューレースを通します

実際に陸上トラックやダート、ロード、坂道など、シューレースの結び方を変えながらいろいろ試してみました。時にLSDで、あるいは思い切りダッシュして。同じ結び方でも安心感、あるいは走りやすさが異なるのを感じます。それは結果として、競技パフォーマンスやトレーニングで得られる効果にも関わってくるのではないでしょうか。

シューレースの結び方については、PUMAの公式サイトでもいくつか解説されています。こちらを参考にしながら実際に走って検証し、最適な結び方を見つけてみてください。それもまた、ランニングするうえで新しい楽しみのひとつになるかもしれません。

三河賢文

三河賢文

“走る”フリーライター。マラソン・トライアスロン競技を中心に、全国各地を走り回りながら取材・執筆中。83年生まれ・仙台市出身。ナレッジ・リンクス(株)代表。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.11.21 更新
ページトップへ戻る